CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
害獣ハンター”絶滅危機” 平均年齢70歳、「若い人やってくれない」 熊本県甲佐町/熊本日日新聞 [2018年09月23日(Sun)]
イノシシなどの有害鳥獣を駆除するハンターの高齢化と、後継者不足が深刻だ。熊本県甲佐町鳥獣駆除隊も例外でなく、隊員23人の平均年齢は70・2歳。隊の存続を危ぶむ声もある。現状を知るため、隊の活動に同行した。
https://this.kiji.is/416416011136877665?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:08 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ、イノシシ死骸見つからず 岐阜市など調査開始/岐阜新聞 [2018年09月23日(Sun)]
岐阜市で養豚場の豚や野生イノシシが家畜伝染病「豚(とん)コレラ」に感染した問題で、市と市猟友会は22日、同市の三田洞、秋沢両地域で野生イノシシの生態調査を始めた。両地域とも、イノシシの死骸などは見つからなかった。調査は23日も行う。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20180923/20180923-76142.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:06 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
福山に初の有害鳥獣加工処理施設 ジビエ料理活用へ民間業者設立/広島/山陽新聞 [2018年09月23日(Sun)]
有害鳥獣のイノシシやシカなどを加工処理する施設が、福山市に初めて開設された。市内では捕獲した鳥獣の多くが焼却処理されてきたが、ジビエ(狩猟肉)料理などへの活用を進めようと民間業者が設立。同市でも農作物の被害は増加しており、捕獲鳥獣の受け皿として利用を呼び掛けている。
http://www.sanyonews.jp/article/793150/1/?rct=bingo
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:05 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農業担い手不足、鳥獣被害…深刻 中山間地課題解決探る 県が5年プロジェクト 集落ビジョン策定へ意見交換/佐賀/佐賀新聞 [2018年09月23日(Sun)]
佐賀県は本年度から「それぞれの中山間チャレンジプロジェクト」と銘打った取り組みを始めている。農業の担い手不足や耕作放棄地の増加、有害鳥獣被害などの深刻な課題に直面する中、自分たちの集落をどのように維持、活性化していくか−。解決方法を模索し、将来のビジョンづくりへと動き出す地域も出てきた。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/278397
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:03 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥取の日本一の鹿肉を缶詰にして全国販売! クラウドファンディングに挑戦します/プレスリリースゼロ [2018年09月22日(Sat)]
今年で創業38年目、鳥取最古のイタリア料理店ペペネーロが食のボキューズ・ドール国際料理コンクールで日本代表に選ばれ日本一の品質を得た鳥取県産の鹿肉を洋風缶詰として商品化するため、FAAVO鳥取にてクラウドファンディングに挑戦いたします。目標金額は50万円。資金調達後は全国に通信販売をしていきます。
http://pressrelease-zero.jp/archives/134037
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:48 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
獣害 若手農家がハンター組織 イノシシ捕獲し肉も活用/熊本/毎日新聞 [2018年09月22日(Sat)]
イノシシによる農作物被害が深刻化する中、熊本県内の若手農家らが自衛組織「くまもと☆農家ハンター」を結成し、多彩な活動を展開している。メンバー自ら狩猟免許を取得し、情報通信技術(ICT)を駆使。箱わなによる捕獲を続けながら、電気柵など防御の普及に取り組み、捕獲したイノシシ肉の活用や骨や皮などの堆肥(たいひ)化も模索する。目指すはイノシシ対策を通じて地域の「希望の星」になることだ。
https://mainichi.jp/articles/20180922/k00/00e/040/249000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:47 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「クマの大量出没年」冬眠前のエサ探し活発化か/群馬/読売新聞 [2018年09月22日(Sat)]
群馬県内のクマ出没情報が、今年4〜8月の累計で484件となり、過去2番目に多かったことが県の集計でわかった。今年は「クマの大量出没年」にあたるとされる。秋の行楽シーズンは冬眠前のクマのエサ探しが活発化する時期と重なるため、県は一層の注意を呼びかけている。
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20180921-OYT1T50039.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:46 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロ伝授 イノシシ調理法/岡山/読売新聞 [2018年09月21日(Fri)]
真庭市中島の県立真庭高校久世校地で20日、第1回ジビエ料理講習会があり、課題研究でジビエ商品の開発に取り組む食品科学科の2年生4人が、料理人からイノシシ肉のさばき方やソース作りを学んだ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/news/20180921-OYTNT50072.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:58 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
豚コレラ イノシシ対策模索 県、電気柵無償貸与 拡散防止検討会/岐阜/毎日新聞 [2018年09月21日(Fri)]
岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚(とん)コレラウイルスが検出された問題で、県は20日、周辺で相次ぐ野生イノシシへの感染拡散を防ぐ対策検討会を開いた。これまでに養豚場から10キロ圏内で、5頭の野生イノシシへの感染が確認されている。
https://mainichi.jp/articles/20180921/ddl/k21/040/144000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:57 | 野生生物 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳴き声でカラス撃退 ごみ荒らし防止装置開発 宇都宮のクロウラボ/栃木/下野新聞 [2018年09月21日(Fri)]
カラス被害対策コンサルティングのCrowLab(クロウラボ)(宇都宮市中央3丁目、塚原直樹(つかはらなおき)社長)は、カラスのごみ荒らしを防止する装置「クロウコントローラー」を開発した。カラスが警戒時に発する鳴き声を使い、装置を設置したごみ集積所から遠ざける仕組み。同社製品第1号で、10月からの販売を予定する。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/77319
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:56 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ