CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
平成生まれの新米シカ猟師、師匠は95歳 限界集落の絆/静岡/朝日新聞 [2019年01月17日(Thu)]
年がおよそ70歳離れたシカ猟師の師弟が静岡県伊豆市持越にいる。高齢者が大多数を占める典型的な過疎集落。昨年移住してきた平成生まれの弟子が、大正生まれの師匠から指導を受けている。
https://www.asahi.com/articles/ASLDT3WNGLDTUTPB001.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 20:01 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシの捕獲情報をスマホで確認可能に、マスプロ電工がLPWA活用の通知システム/日経XTECH [2019年01月17日(Thu)]
マスプロ電工は2019年1月16日、愛知県日進市および日進市猟友会と共同で、イノシシなどの有害獣が箱罠で捕獲された情報をLPWA (Low Power Wide Area)を利用して通知するシステムの実証実験を開始したと発表した。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/03856/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:59 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
意外と知らない最旬グルメ「ジビエ」の高い栄養価/@DIME [2019年01月16日(Wed)]
狩猟が解禁される冬期は、「ジビエ」のシーズンでもある。ジビエとは、野生の鳥獣の肉を意味するフランス語。日本では主にシカやイノシシの肉を指し、グルメな人以外にも広く注目されつつある。
https://dime.jp/genre/650158/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:17 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
〜ジビエの安全な調理技術習得のための独自カリキュラム提供〜『調理科教員向け 国産ジビエ料理セミナー』2月17日(日)東京で開催!/PRTIMES [2019年01月16日(Wed)]
食のプロを育成する教育機関、辻調理師専門学校(大阪市、校長:辻芳樹)は、一般社団法人日本ジビエ振興協会(長野県、理事長:藤木徳彦)に協力し、「調理科教員向け 国産ジビエ料理セミナー」を2月17日(日)に、東京で開催いたします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000016404.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:16 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【50代オッサン記者 新人猟師日記(21)】ついに捕らえた 念願のイノシシ/サンスポ [2019年01月16日(Wed)]
1月某日。ことし2度目の猟は、まず「どの山を攻めるか?」からだった。今季はワナにはかかるのだが、猟果があまり上がらずベテランたちも頭を悩ませていた。
https://www.sanspo.com/geino/news/20190116/sot19011611000001-n1.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:15 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
マタギ 命尊び、クマ猟 獲物の魂、山の神に返す儀式必ず 北秋田 /秋田/毎日新聞 [2019年01月16日(Wed)]
東北には、今も山と向き合い、共生しながら暮らすマタギたちがいる。猟だけで生計を立てるのは難しいにもかかわらず、弟子入りしたいとやってくる若者もいる。なぜ危険を冒して山へ入るのか。その姿を追った。
https://mainichi.jp/articles/20190115/ddl/k05/040/016000c
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:13 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ料理に挑戦! 奈留の小学生 野生の味を堪能 五島猟友会 手ほどき/長崎 [2019年01月16日(Wed)]
長崎県五島市猟友会の会員らが、イノシシやシカの肉「ジビエ」を使った郷土料理の作り方を教える教室が12日、同市奈留町の奈留離島開発総合センターであった。参加した地元の小学生らはイノシシ汁などの調理を通して、五島に伝わる狩猟文化の一端に触れた。
https://this.kiji.is/457730004638827617?c=39546741839462401
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:12 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
質感好評の岡山製イノシシ革製品 3障害者施設「亥年」特需期待/山陽新聞 [2019年01月16日(Wed)]
岡山県内の障害者たちが、就労支援施設で作ったバッグやアクセサリーなどイノシシの革製品が人気だ。「質感がいい」などと好評で、関係者はイノシシが話題になりやすい亥(い)年を迎え、さらなる売り上げ増に期待している。
http://www.sanyonews.jp/article/853132
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | イベント | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「坂網猟」見学 食事会も 加賀でツアー、カモ肉に舌鼓/石川/中日新聞 [2019年01月14日(Mon)]
加賀市の伝統的なカモ猟「坂網猟」の見学ツアーと食談会が十二日、市内であり、県内をはじめ東京都や熊本県などから十六人が参加した。
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190114/CK2019011402000043.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:11 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イノシシ威嚇のロボ開発着手 金沢・四十万の住民団体/北國新聞 [2019年01月14日(Mon)]
四十万の里山整備に取り組む住民団体「みんなの畑の会」は13日までに、イノシシなどの害獣を遠ざけるロボットの開発を始めた。構想では、動物が近づいてきた場合、人工知能(AI)を搭載したロボットがケーブル上を移動し、威嚇する仕組み。取り組みには、動物生態学を専門とする県立大の大井徹教授と民間企業が協力し、3年後の実用化を目指す。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190114103.htm
Posted by NPOスサノオ事務局 at 19:10 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ