CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
神奈川のサル 4割減らす (日本経済新聞) [2017年09月22日(Fri)]
神奈川県は頻発するニホンザルによる農作物や生活被害の軽減を狙い、2022年3月までに県内生息数を現状から4割減らすことを決めた。地域・群れごとに新たに捕獲目標を設定。行動域が住宅に隣接し、生活被害の恐れがあるなど、9群200頭強については、被害軽減策が取れないなどとして、初めて「根絶」へと踏み込んだ。適正な管理を徹底し、ヒトとの住み分けを図る。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB13H6L_T10C17A9L82000/
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:07 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
県内鳥獣被害、26%減 昨年度/宮崎(宮崎日日新聞) [2017年09月22日(Fri)]
県は21日、県内の2016年度のシカやイノシシなど野生鳥獣による農林業被害が、前年度比26%減の4億5891万円だったことを明らかにした。被害額の減少は4年連続で、集落ぐるみの対策や防護柵の整備が進んだことなどが要因とみられる。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_28188.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:06 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
耕作放棄地に牛放牧、イノシシの農地出没減る/熊本(読売新聞) [2017年09月22日(Fri)]
イノシシによる農産物の食害を防ごうと、熊本県天草市が6月から、農地の周辺にある耕作放棄地で牛を放牧している。
 牛に雑草を食べてもらうことで見晴らしを良くし、警戒心の強いイノシシが近づかないようにする。イノシシの農地への出没が減るなど効果が出ているといい、市は手応えを感じている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170921-OYT1T50122.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:05 | 獣害防止 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
シカの解体ショー 猟友会が海老名で実施/神奈川(タウンニュース) [2017年09月22日(Fri)]
市内中央の「ショットバーアスパラ」でこのほど、南足柄猟友会が狩猟したシカの解体ショーが行われ、その後参加者はジビエ料理を楽しんだ。
鳥獣からの農作物被害を減らそうと活動する同会。メンバーの高齢化などを要因に将来に向けた「ハンター確保」の課題を抱える中、狩猟活動を多くの人に知ってもらおうと実施した。
http://www.townnews.co.jp/0402/2017/09/22/399549.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:04 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部改正等について (EICネット) [2017年09月22日(Fri)]
環境省は、オオタカの種の保存法における国内希少野生動植物種の指定解除を踏まえ、鳥獣保護管理法による適切なオオタカの保護及び管理を図るため、鳥獣保護管理法施行規則の一部改正を行い、
オオタカの
 希少鳥獣の指定解除、
 販売禁止鳥獣等の追加等、
 輸入を規制する鳥獣の追加等
を行うともに、鳥獣保護管理法基本指針の一部変更を行い、オオタカの捕獲許可の考え方、販売禁止鳥獣等の販売許可における条件等を定めた。
http://www.eic.or.jp/news/?act=view&serial=39648&oversea=0
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:03 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ジビエ 全ての部位をフル活用 1頭当たり販売額の最大化へ(全国農業新聞) [2017年09月21日(Thu)]
いまや注目株の「ジビエ」(野生鳥獣の肉)。鳥獣害対策の切り札として期待され、各地で事業化の動きが目立つ中、収益性アップを狙い、鹿や^の全ての部位をフル活用する加工の取り組みが話題を呼んでいる。精肉にならない部位は総菜や煮込み料理に、内臓はペットフードや飼料原料として利用し、資源の有効活用と1頭当たり販売額の最大化を目指す。
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=9946
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:02 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ストップ鳥獣害(97) 効率良く財政負担も減少 福岡・宗像市ほか宗像市外2市1町鳥獣加工処理施設(全国農業新聞) [2017年09月21日(Thu)]
福岡県宗像市は、野生鳥獣による農作物被害に悩む近隣の3市町(福津市、宮若市、岡垣町)とタッグを組み、2013年2月に共同施設「宗像市外2市1町鳥獣加工処理施設」を建設・稼働した。
http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=9973
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:01 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
駆除イノシシ 生ハムに◇上島 ハンターら商品化/愛媛(読売新聞) [2017年09月21日(Thu)]
田畑を荒らすイノシシを駆除し、食肉にして販売する取り組みに、上島町のハンターらが力を入れている。8月には県や町が進める獣害対策の一環で、初の加工食品として生ハムを業務用で販売を始めた。11月からは個人向けの通販も行う予定で、関係者らは「獣臭さがなく、うまみ豊かな肉を知ってほしい」と意気込んでいる。
http://www.yomiuri.co.jp/local/ehime/news/20170920-OYTNT50248.html
Posted by NPOスサノオ事務局 at 18:00 | ジビエ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
有害鳥獣「緩衝帯」に耕作放棄地 岡山県方針、活用へ補助制度紹介も(山陽新聞) [2017年09月21日(Thu)]
9月定例岡山県議会は20日、一般質問を続行。渡辺英気(自民、倉敷市・都窪郡)、波多洋治(同、岡山市北区・加賀郡)、山田総一郎(公明、倉敷市・都窪郡)、渡辺吉幸(自民、津山市・苫田郡・勝田郡)の4氏が県政全般をただした。県は、将来的に営農を継続する見込みのない水田について、イノシシやシカといった有害鳥獣を集落に寄せ付けないための「緩衝帯」としての活用を支援する考えを示した。
http://www.sanyonews.jp/article/600593
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:58 | 有害鳥獣捕獲 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
誕生、女子高生ハンター ジビエで地域活性化 高森高3年生/熊本(くまにちコム) [2017年09月19日(Tue)]
イノシシやシカなど有害鳥獣の駆除・捕獲を担うハンターの高齢化が進む中、高森高3年の野尻岬さん(18)=高森町=が狩猟免許を取得した。県自然保護課によると、高校生の取得は県内初で、「若者が狩猟に興味を持つきっかけになれば」と期待している。
http://kumanichi.com/news/local/main/20170919003.xhtml
Posted by NPOスサノオ事務局 at 17:59 | 狩猟 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ