CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
サポートツール全国キャラバン2014「教材教具研修会」in大分 「発達障害がある子ども一人ひとりのニーズに応じた 指導・支援の具体的方法」 [2014年12月19日(Fri)]
特別支援教育が法律に基づいて本格的に実施されてから7年が経過し、今、質的な充実を求める声が高まっています。LD等発達障害のある子どもの特性は一人ひとり異なり、抱えている困難さも様々で、学び方も異なります。しかし、それぞれのニーズに応じた適切な指導や有効な教材・教具(サポートツール)の使用によって、子どもたちは自分自身の学び方を身に付けていくことができます。それは、自分に合ったサポートを周囲に求めていく力を付けていく道筋といえます。
今回、講演とワークショップを通じて、発達障害のある子どもをサポートする際に必要な視点・指導の工夫のみならず、家庭との連携や子どもに「学ぶこと」への関心を持たせる工夫や子どもの姿勢保持や身体の使い方など、具体的なサポート例をともに学びたいと思います。多くの方のご来場をお待ちしています。
• 日 時:2015年2月22日(日)午前10時00分〜午後4時30分(受付は午前9時40分から)
• 会 場::大分県立芸術文化短期大学 人文棟 205講義室
 〒870-0833 大分県大分市上野丘東1番11号
• 定 員:80 名
• 参加費:1,000 円(但し、全国LD親の会加盟の親の会会員及び賛助会員は、500円)
• 主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
• 共 催:大分県発達支援親の会「じゃんぷ」
• 後 援:大分県教育委員会、大分市教育委員会、社会福祉法人大分県社会福祉協議会、
  大分合同新聞社、一般社団法人日本LD学会、一般社団法人日本作業療法士協会、
  公益社団法人大分県作業療法協会、日本感覚統合学会
• 申 込 : (1)下のお申し込みフォームから
     (2)E-MAIL oita.jump@gmail.com
     (3)FAX 097−597−0319
※必要事項(件名:サポートツール全国キャラバン2014「教材教具研修会」in大分参加申込、記載事項:郵便番号、住所、氏名、氏名ふりがな、電話番号、所属)を明記の上、(参加希望者のお名前はすべて書いて下さい)メールまたはFAX(裏面の申込票にご記入ください)にてお申し込みください。
※数人まとめてお申し込みの場合、参加希望者のお名前をすべて書いて下さい。

大分研修会ちらし.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 19:34
第2回 研修会 「東京都における特別支援教育の取りくみ」 〜発達障害のある子どもたちへの適切な指導と必要な支援について〜 [2014年12月19日(Fri)]
通常学級で学んでいる発達障害のある子どもたちの教育環境は、どのように整っているのでしょう。 特別支援教育は、特別な支援を必要とする子どもたち全てが在籍する学校で実施されていますが、 発達障害のある子どもたちにも、適切な指導と必要な支援が届いているのでしょうか?
第2回の研修会では、東京都で実施されている「特別支援教育推進計画第三次実施計画」での取り組みや、 基本的な考え方をお聞きしながら、最新情報を取り入れる機会となるよう計画しました。
多くの皆さま、ぜひご参加ください。ご来場をお待ちしています。
• 日 時:2015年2月7日(土)午後2時00分〜午後4時30分
(受付は午後1時40分から)
• 会 場:タワーホール船堀 307会議室
    東京都江戸川区船堀4丁目1番1号 TEL 03−5676−2211
• 講 師:山本 優 先生
(東京都教育庁指導部特別支援学校教育担当課長)
• 定 員:42 名
• 参加費:無料
• 対 象:発達障害のある子どもの保護者や家族(東京東部地区在住の方優先)、
    支援者、教育・福祉関係者、その他一般の方
• 主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
• 協 力:東京東部地域に在住の保護者有志のみなさん
• 申 込 : 上記の講演会の案内用紙でお申込みください。
    (1)E-MAIL ldkouza_tokyoeast@outlook.jp
    (2)FAX 03-6276-8985
 ※必要事項(郵便番号、住所、氏名、電話番号、所属)を明記の上、メールまたはFAX(裏面の込票にご記入ください)にてお申し込みください。
 (参加希望者のお名前はすべて書いてください。)
 先着順受付で、定員になり次第締め切ります。FAXは2月3日(火)で申込みを締め切ります。定員に達し、お受けできなくなった場合のみ、こちらからご連絡します。

東京東部第2回研修会ちらし.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 19:30
サポートツール全国キャラバン2014「教材教具研修会」in高知 「発達障害がある子ども一人ひとりのニーズに応じた指導・支援の具体的方法」  [2014年11月19日(Wed)]
特別支援教育が法律に基づいて本格的に実施されてから7年が経過し、今、質的な充実を求める声が高まっています。LD等発達障害のある子どもの特性は一人ひとり異なり、抱えている困難さも様々で、学び方も異なります。しかし、それぞれのニーズに応じた適切な指導や有効な教材・教具(サポートツール)の使用によって、子どもたちは自分自身の学び方を身に付けていくことができます。それは、自分に合ったサポートを周囲に求めていく力を付けていく道筋といえます。
今回、講演とワークショップを通じて、発達障害のある子どもをサポートする際に必要な視点・指導の工夫のみならず、家庭との連携や子どもに「学ぶこと」への関心を持たせる工夫や子どもの姿勢保持や身体の使い方など、具体的なサポート例をともに学びたいと思います。多くの方のご来場をお待ちしています。
• 日 時:2015年1月11日(日)午前10時00分〜午後4時30分(受付は午前9時40分から)
• 会 場:高知市文化プラザかるぽーと 中央公民館 11階 大講義室
    〒780−8529 高知市九反田2−1

• 定 員:120 名
• 参加費:1,000 円(但し、全国LD親の会加盟の親の会会員及び賛助会員は、500円)
• 主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
• 共 催:高知LD親の会 sky
• 後 援:高知県、高知県教育委員会、高知市教育委員会、
     高知県市町村教育委員会連合会、一般社団法人日本LD学会、
     一般社団法人日本作業療法士会、一般社団法人高知県作業療法士会、
     日本感覚統合学会、高知さんさんテレビ株式会社、高知新聞社
• 申 込 : (1)下のお申し込みフォームから
      (2)E-MAIL kochild.sky@gmail.com
※必要事項(件名:サポートツール全国キャラバン2014「教材教具研修会」in高知参加申込、記載事項:郵便番号、住所、氏名、氏名ふりがな、電話番号、所属)を明記の上、(参加希望者のお名前は すべて書いて下さい)、メールまたはFAX(裏面の申込票にご記入ください)にてお申し込みください。
※数人まとめてお申し込みの場合、参加希望者のお名前をすべて書いて下さい。

高知研修会ちらし.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 18:38
第1回 研修会 保護者による子育てトーク&座談会 「発達障害のある子どもたちの高校進学〜高校進学の選択とその後の状況について〜」  [2014年10月17日(Fri)]
小学校や中学校では色々な支援を受けてきた発達障害を持つ子どもたちにとっても、「義務教育の先には どんな選択があるのだろう」と不安を感じている保護者は多いと思います。
うちの子は、高校・大学と進学して、ちゃんとやっていけるのだろうか。勉強が苦手なのに、高校を卒業 できるのだろうか。特別支援学校へ行った方がいいのだろうか。他にどんな選択肢があるのだろうか。
発達障害を持つ子どもたちの保護者のそんな不安に応えようと、先輩お母さま方がそれぞれの選択につい て、生の報告を致します。お子様の将来を見据えて、今何をすればいいのかを考える場になればと思います。 皆さまのご来場をお待ちしています。
• 日 時:2014年12月13日(土)午後2時00分〜午後4時30分
(受付は午後1時40分から)
• 会 場:タワーホール船堀 307会議室
    東京都江戸川区船堀4丁目1番1号 TEL 03−5676−2211
• 話題提供者:保護者 3名
(普通高校の場合・通信制サポート校の場合・職業高校の場合)
• 定 員:42 名
• 参加費:無料
• 対 象:東京東部地区の発達障害のある子供の保護者、家族
• 主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
• 協 力:東京東部地域に在住の保護者有志のみなさん
• 申 込 : 上記の講演会の案内用紙でお申込みください。
    (1)E-MAIL   ldkouza_tokyoeast@outlook.jp
    (2)FAX 03-6276-8985
※必要事項(郵便番号、住所、氏名、電話番号、所属)を明記の上、メールまたはFAX(裏面の申込票にご記入ください)にてお申し込みください。
(参加希望者のお名前はすべて書いてください。)先着順受付で、定員になり次第締め切ります。

子育てトーク&座談会ちらし.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 17:39
26年度ボランティア支援員養成講座 in 福岡のお知らせ [2014年10月04日(Sat)]
NPO法人全国LD親の会では、日本財団からの助成を受け、特別支援教育支援員の養成、保護者・学生等のボランティアの養成方法の研究・開発を行うことにより、発達障害等の障害のある児童・生徒への支援の充実、特別支援教育の推進、保護者のエンパワメント、障害のある幼児児童生徒に対する社会一体となった支援の充実に資することを目的とした事業に取り組んでおります。
今回の講座はこの事業の一環として実施するものです。講師陣は、一般社団法人日本LD学会、一般財団法人特別支援教育士認定協会のご協力を得て、特別支援教育士スーパーバイザーの有資格者等を中心としております。学校におけるボランティア支援員だけでなく、学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等に必要な知識や技能を織り込んだ最適のカリキュラムです。多くの方のご参加をお待ちしております。
• 講座の種類:ボランティア支援員コース
[講習:10科目・2日間(13.5時間)]
学校等で有償・無償のボランティアとして、学校長や担任教諭の指示の下で、発達障害等の障害のある子どもの支援、保護者等に対する相談支援が行える者の養成
• 日時:
第1日 平成26年 12月6日(土) 9:10〜17:50
第2日 平成26年 12月7日(日) 9:00〜16:50
本講座のカリキュラムは、別紙をご覧ください。
• 会場:
中村学園大学 西2号館 2604中講義室
所在地:福岡市城南区別府5丁目7番1号
• 対象:
(1) ボランティア支援員を目指す方
学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等
(2)全日程を出席できることが条件となります。
• 募集人員および参加費:
募集人員:60名
参 加 費: 6,000円 (参加費には、配布資料代を含みます。)
• 主催:NPO法人全国LD親の会
共催:福岡発達障がい者親の会「たけのこ」
後援:福岡県教育委員会 福岡市教育委員会
• 申込締切:2014(平成26)年10月27日(土)
応募者多数の場合は、書類選考により受講者を決定させていただきます。
受講の可否につきましては、平成26年11月15日までにお知らせいたします。
• 修了証の交付:
全講習を受講した方に、修了証を交付します。

[申込及びお問い合わせ]
別紙により、メール(ファイル添付)・FAXでお申し込みください。
FAX:092−681−1181
E-mail :ldkouzafukuoka2014@outlook.jp

受講生募集のお知らせ.pdf
プログラム.pdf
受講申込書.xls
Posted by 全国LD親の会井上 at 18:10
26年度ボランティア支援員養成講座 in 名古屋のお知らせ [2014年09月23日(Tue)]
NPO法人全国LD親の会では、日本財団からの助成を受け、特別支援教育支援員の養成、保護者・学生等のボランティアの養成方法の研究・開発を行うことにより、発達障害等の障害のある児童・生徒への支援の充実、特別支援教育の推進、保護者のエンパワメント、障害のある幼児児童生徒に対する社会一体となった支援の充実に資することを目的とした事業に取り組んでおります。
今回の講座はこの事業の一環として実施するものです。講師陣は、一般社団法人日本LD学会、一般財団法人特別支援教育士認定協会のご協力を得て、特別支援教育士スーパーバイザーの有資格者等を中心としております。学校におけるボランティア支援員だけでなく、学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等に必要な知識や技能を織り込んだ最適のカリキュラムです。多くの方のご参加をお待ちしております。

•講座の種類:ボランティア支援員コース
[講習:9科目・2日間(12.5時間)]
学校等で有償・無償のボランティアとして、学校長や担任教諭の指示の下で、発達障害等の障害のある子どもの支援、保護者等に対する相談支援が行える者の養成

•日時:
第1日 平成26年 12月20日(土) 9:20〜17:30
第2日 平成26年 12月21日(日) 9:20〜17:00
本講座のカリキュラムは、別紙をご覧ください。

•会場:
ウィンクあいち 11F 小会議室 1107
所在地:名古屋市中村区名駅4丁目4-38
(JR名古屋駅桜通口から ミッドランドスクエア方面 徒歩5分)

•対象:
(1) ボランティア支援員を目指す方
学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等
(2)全日程を出席できることが条件となります。

•募集人員および参加費:
募集人員:50名
参 加 費: 6,000円 (参加費には、配布資料代を含みます。)

•主催:NPO法人全国LD親の会
共催:あいちLD親の会かたつむり
後援:愛知県教育委員会 名古屋市教育委員会

•申込締切:2014(平成26)年11月15日(土)
応募者多数の場合は、書類選考により受講者を決定させていただきます。
受講の可否につきましては、平成26年11月30日までにお知らせいたします。

•修了証の交付:
全講習を受講した方に、修了証を交付します。

•その他(ご留意事項):
(1) 本講習のカリキュラムは主催者の都合等により変更する場合があります。
(2) 本講習は試行的に実施するものであり、ボランティア支援員としての採用に直接結び付くものではありません。
(3) 本事業は、日本財団の助成事業であり、その成果については、報告書を日本財団に提出する他に主催者が関与するウェブサイトその他で公表することがあります。その際、本事業を通じて得られた情報を利用することがありますが、その際個人や学校が特定できないようにするなど、個人情報の保護に十分注意を払い取扱致します。


[申込及びお問い合わせ]
別紙により、メール(ファイル添付)・FAXでお申し込みください。
FAX:0564−52−6317
E-mail :ldkouzanagoya2014@outlook.jp

[ご案内資料]
受講生募集のお知らせ.pdf
プログラム.pdfプログラム.pdf
受講申込書.xls
Posted by 全国LD親の会井上 at 14:37
教育講演会「発達障害のある子どもたちへの支援の仕方〜学校での取り組みと家庭での活用方法〜」 [2014年09月05日(Fri)]
今回の講演会は、特別支援教育の研究・研修・情報普及活動に関っておられる漆澤恭子先生に、発達障害のある子どもへの通常学級での支援や学校と家庭の連携について話していただき、保護者や教育現場の教員や支援機関の皆さま方とともに、LD等発達障害のある子どもへの支援について考える場となるように計画いたしました。
更に、東京都東部地区のLD等発達障害のある子どもを持つ保護者や家族が地域において仲間を作るとともに、支援してくれる関係者と連携していくことが、保護者や家族の孤立を防ぎ、保護者支援・家族支援につながることから、多くの方々に関わっていただくきっかけの場としたいと思っていますので、ぜひご参加ください。皆さまのご来場をお待ちしています。
• 講 師:漆澤 恭子 氏 (植草学園短期大学 教授)
• 日 時:2014年10月11日(土)午後2時00分〜午後4時30分(受付は午後1時40分から)
• 会 場:江戸川区総合文化センター 会議室
    東京都江戸川区中央4−14−1 TEL 03−3652−1111
• 定 員:94 名
• 参加費:無料
• 対 象:発達障害のある子供の保護者、家族、支援者、教育・福祉関係者、その他
• 主 催:特定非営利活動法人 全国LD親の会
• 後 援:江戸川区教育委員会、葛飾区教育委員会
• 協 力:東京東部地域に在住の保護者有志のみなさん

ちらしは、こちらからダウンロードできます。
教育講演会ちらし.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 20:28
サポートツール全国キャラバン2014「教材教具研修会」in富山 [2014年08月20日(Wed)]
発達障害がある子ども一人ひとりのニーズに応じた指導・支援の具体的方法
LD等発達障害がある子どもの特性は一人ひとり異なり、抱えている困難さも様々であり、学び方も違います。
講演とワークショップを通じて、「障害のある子どもと無い子どもが、できるだけ同じ場で共に学ぶ」ことのできる教育現場に必要な視点と指導の工夫のみならず、子どもの姿勢保持や身体の使い方なども含め、具体的なサポート例をともに学んでいきたいと思います。

日 時 : 2014年9月28日(日)10:00〜16:30 ( 受付 9:40)
場 所 : 富山市障害者福祉プラザ 多目的ホール
富山市蜷川15番地   TEL 076-428-0113
参加費 : 一般参加者  1,000円
(但し、全国LD親の会加盟の親の会会員及び賛助会員は、500円)
お申込み:「ゆうの会」HP内の申し込みフォーム http://space.geocities.jp/younokaitoyama/
     または FAX 0765−82−1521(申込締切:9月7日)
定 員 : 80名
主 催 : 特定非営利活動法人全国LD親の会
共 催 : 富山県LD等発達障害及び周辺児者親の会「ゆうの会」

プ ロ グ ラ ム
9:40  開場
10:00  開演挨拶・研修会の概要説明
10:20  講演1 「発達障害のある子どもの特性に沿ったサポートと教材の活用」
〜使い方で変わる教材の有効性〜
講師 山田 充 氏(特別支援教育士スーパーバイザー・自閉症スペクトラム支援士アドバンス・堺市立日置荘小学校首席(教諭)/通級指導教室担当・堺市特別支援教育専門家チーム・堺市特別支援教育推進リーダー育成研修推進委員)
12:00  昼休憩
12:50  講演2 「発達障害のある子どもの感覚運動機能に応じた教材教具の工夫」
講師 嶋谷 和之 氏(日本感覚統合学会インストラクター・大阪市更生療育センター作業療法士・大阪府作業療法士会 発達部門副代表)
14:00  休憩
14:10  ワークショップ
16:20  質疑応答
16:30  終演挨拶

ちらしは、こちらからダウンロードできます。
富山研修会ちらし(Web版).pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 18:36
平成26年度 特別支援教育支援員養成講座 in 神戸 [2014年08月20日(Wed)]
NPO法人全国LD親の会では、日本財団からの助成を受け、特別支援教育支援員の養成、保護者・学生等のボランティアの養成方法の研究・開発を行うことにより、発達障害等の障害のある児童・生徒への支援の充実、特別支援教育の推進、保護者のエンパワメント、障害のある幼児児童生徒に対する社会一体となった支援の充実に資することを目的とした事業に取り組んでいます。
今回の講座は、この事業の一環として実施するものです。講師陣は、日本LD学会、特別支援教育士資格認定協会のご協力を得て、特別支援教育士SVの有資格者等を中心としています。特別支援教育支援員、学習支援員、介助員だけでなく、学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等に必要な知識や技能を織り込んだ最適のカリキュラムです。

1.講座の種類
 (1) 支援員コース   [講習:5日間(21科目/30時間)]
    特別支援教育支援員として、学校長や担任教諭等の指示の下で、発達障害等の障害のある幼児児童生徒に対する介助、保護者等に対する相談支援が行える者の養成
(2) 学習支援員コース [講習:7日間(27科目/41時間)]
特別支援教育支援員として、学校長や担任教諭等の指示の下で、発達障害等の障害のある幼児児童生徒に対する学習支援、介助、保護者等に対する相談支援が行える者の養成
2.実施主体
  主 催:NPO法人全国LD親の会     共催:兵庫県LD親の会「たつの子」
3.日 程
第1日 平成26年 8月30日(土) 9:20〜17:00 (支援員コース・学習支援員コース共通)
第2日 平成26年 8月31日(日) 9:20〜16:40 (支援員コース・学習支援員コース共通)
第3日 平成26年 9月27日(土) 9:20〜16:40 (支援員コース・学習支援員コース共通)
第4日 平成26年 9月28日(日) 9:20〜16:40 (支援員コース・学習支援員コース共通)
第5日 平成26年10月18日(土) 9:20〜16:50 (支援員コース・学習支援員コース共通)
第6日 平成26年10月19日(日) 9:20〜15:40 (学習支援員コースのみ)
第7日 平成26年11月15日(土) 9:20〜16:50 (学習支援員コースのみ)
4.会 場
神戸市勤労会館 3F 講習室 308 
住所:神戸市中央区雲井通5丁目1-2   TEL.078-232-1881
交通:市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分
5.対 象 者
(1) 特別支援教育支援員、介助員等を目指す方
  学童保育・放課後等デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方に、必要なカリキュラムを網羅しています。学習支援員コースの受講希望者は教員免許を所持している方
(2) 全日程を出席できる方
6.募集人員および参加費
募集人員:60名程度(うち学習支援員コース=20名程度)
参加費 :支援員コース=13,000円 学習支援員コース=18,000円(テキスト、資料代を含む)
7.修了証の交付
   全講習を受講した方に、修了証を交付します。 

プログラムはこちら
26年度支援員養成講座(神戸)プログラム案.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 18:32
サポートツール・データベースHPに情報を追加しました! [2014年03月30日(Sun)]
発達障害児のためのサポートツール・データベース(教材・教具DB)事業では、共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築を目指して、特別支援教育の推進によって蓄積されてきたノウハウの汎用化・ユニバーサルデザイン化・様々な障害の状態に応じた支援機器の充実を図った「発達障害児のためのサポートツールの個別の使い方とユニバーサルデザイン化」事業に取り組んでいます。
データベース事業では、「教材・教具は使い方こそが大切である」といった観点から、教材・教具の有効的な使い方を示した実証を示してきました。実証の多くは通級など個別や少人数での取り組みであるが、課題の進める上での説明や子どもへの指示の出し方といった部分こそが、実は重要であり、通常の学級での特別支援教育を進めていく上で大切な視点です。通級などでの教材教具の効果的な使い方が通常の学級でもユニバーサルデザインの視点を加えて展開できるようなデータベースを構築し、ホームページで情報を発信しています。
2013年度は、下記のデータを追加しました。
是非、HPを覗いてくださいね。
http://www.jpald.net/research/index.html

@サポートツール・データベースへのデータ追加
2013datetuikakoumoku.pdf

Aサポートツール・データベースへの実証追加
2013tuikajisshou.pdf

B身体の使い方についての動画追加
2013karadanotukaikatadouga.pdf

C教室のユニバーサルデザインについて
2013universaldesigninschool.pdf
Posted by 全国LD親の会井上 at 11:48
| 次へ
プロフィール

全国LD親の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/support-tool/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/support-tool/index2_0.xml