CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
思いついたことなどを時々更新しています。
プロフィール

superkumajiさんの画像
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
“My”アフィリエイトスカウト事務局
可視化報道-apf-live (10/30) superkumaji
食べられる校庭 (09/09) はっち
食べられる校庭 (09/09) チョメ
ユニクロの雇用戦略 (05/05) ちぐさのぶあき
ジョン・レノンの歌 (12/27) superkumaji
ジョン・レノンの歌 (12/27) 貴虎
ジョン・レノンの歌 (12/26) 日本財団 荻上
サン・ジミニャーノ入城規制 (08/31) yoss
分祀問題 (07/27) おぎちゃん
新イタリア文化会館 (10/25)
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/superkumaji/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/superkumaji/index2_0.xml
白目のはなし [2016年05月29日(Sun)]
2年くらい前にアフリカのルワンダに行った。大学の先生について行って、現地でドキュメンタリーを撮影した。

1日休みがあり、同行の先生方と一緒に隣国のウガンダまでマウンテンゴリラを見に行った。

山の中を1時間ぐらい歩いているとゴリラの一家が森の斜面に散らばっていた。なんだか笹みたいな植物を熱心に食べていた。赤ちゃんゴリラもいてかわいらしかった。

ゴリラは生き物的に人類に近いので、人間がひいている風邪とかもうつるらしい。それで風邪気味のひとはゴリラツアーに参加してはいけないとか、半径何メートル以内に近づいてはいけないとか、いろいろな決まりがある。

ゴリラと目を合わせてもいけないらしい。でもなんだかボスゴリラはこちらを見ているような気がする。ガイドも「お前を見ているぞ」という。ボスゴリラだから怪しい人間を警戒しているのだろうか。

だがしばらくして気がついたのだが、ゴリラの眼には白目がないので、どこを見ているのかがいまいちはっきりしない。眼が全部黒目なので見ている方向がはっきりしないのだ。なんかやっぱり人間同士が目を合わせているのとははっきり違う感覚があった。

話は変わるが、先週、プロンプターを買った。
テレビなどで、ニュースキャスターが原稿を読む時に使う機械だ。

カメラの前に特殊ガラスが張り出していて、その表面に原稿が投射される。アナウンサーは手元の原稿を読むことなしに、カメラに向かって話ができるという装置だ。

僕が買ったのはその小型のもので、容易に持ち運びができる。

ところが実際に試してみると、いかにも原稿を読んでいることがバレバレの映像になるので意外だった。試行錯誤のすえ、ある程度許容できる撮り方にたどり着いたが、それでも読んでいる印象は拭えない。テレビのアナウンサーはなかなか曲者だということが僕にもわかった。

それで、なんで読んでいることがバレるのかというと、白目があるからなのだ。

白目があるから、瞳が少しでもレンズの中心を外れると、それが相手にわかってしまう。アナウンサーがマウンテンゴリラだったら全然バレないと思う。

昔から、嘘をついている奴は眼が泳ぐとか、目は口ほどに物を言うとか、いろいろ言うが、これは人間的な世界なんだなと思う。

プロンプターを買ってみて、ヒト、特に晴眼者のコミュニケーションがいかに白目に依存しているものかということを実感した。
Posted by superkumaji at 21:18
近所の鍼のお医者 [2016年05月29日(Sun)]
自宅のマンションから半径で一番近い医者は鍼・灸のお医者さんで、「はちみつブンブン鍼灸院」という。子どもがお世話になったり、僕自身が年に数回くらい診てもらったりしている。変わった名前だが、先生も変わっている。

診察室にはいると江戸時代の本が棚に並んでいて、よく見ると本居宣長の本だったりする。
宣長は小児科医でもあったのだそうだ。それで自身の仕事のために読んでいるらしい。

こう書くとすごい年寄りの先生を想像するかもしれないが、自分と似たような年齢だと思う。今度聞いてみよう。

このあいだ仕事の帰り、店の前の歩道にでている先生を見かけた。
右手の肘が、数日前からしびれるような感覚があったのでそのことを訴えると、道端で診てくれた。簡単なアドバイスももらい、なんだか非常にありがたい。

はちみつブンブン鍼灸院のホームページもちょっと変わっている。
http://hatimitubunbun.blogspot.jp/


Posted by superkumaji at 20:56
音楽ビデオができました [2016年05月03日(Tue)]
テキサス出身のアーティストGhost u like it i love it のミュージック・ビデオが完成しました。
制作にあたり、たくさんの方々からご支援をいただきました。
ありがとうございました!

Posted by superkumaji at 17:09
「ママチャリは地球を救う」展 [2013年06月11日(Tue)]
普通で偉大な人類の乗り物「ママチャリ」について考える「ママチャリは地球を救う」展を今月(2013年6月)19日(水)〜23日(日)麻布十番のパレットギャラリー麻布十番で開催します。

「ママチャリは地球を救う」展
会期:2013年6月19日(水)〜23日(日)
会場:パレットギャラリー麻布十番(東京都港区麻布十番2ー9ー4)

スペシャルトーク「ママチャリは地球を救う!」
6月22日(土)18:00〜19:30
ゲスト・服部圭郎 明治学院大学教授

企画:リベラルアーツ総合研究所 http://liberal-arts.jp
後援:公益財団法人ハイライフ研究所 http://www.hilife.or.jp


<開催趣旨>

あの3.11の夜に公共交通機関がフリーズして以来、東京では自転車で通勤するひとが増えました。

自転車で走ってみると意外に会社が近かったり、ちょっとした運動にもなって一石二鳥。しかし、一方、クルマや歩行者とぶつかってケガしてしまう事故も増えています。

東京の狭い道路空間で、どうすればみんなが快適に移動できるのか。

デンマークの著名な都市デザイナーであるヤン・ゲールは「自転車は都市のプロブレムではなく、ソリューションである」と述べています。事実、いま世界中の主要都市で、クルマから自転車利用への大規模なシフトがはじまっています。

東京は世界の潮流からぽっかり取り残されている? いえいえ、ところが日本には「ママチャリ」という世界最高水準の乗り物があるのです。

今回は、われわれ日本人も聞いてびっくり(そして納得!)のママチャリ文化論を発表している米国の文化史家、チェスター・リーブス教授の論考『世界が賞賛した日本の町の秘密』(洋泉社2011)を軸に、もしかしたら地球を救えるんじゃないかという日本のママチャリの偉大さを再発見したいと思います。

暮らしやすい街について考えている人のご来場をお待ちしております。
Posted by superkumaji at 13:25
研究開発費 [2013年04月24日(Wed)]
昨日、一橋大学で日本を代表する精密機器メーカーの経営者のお話を収録させていただきました。

お話のなかで印象的だったのは研究開発費のグラフです。

過去どのくらい研究開発にお金を投じてきたか、その推移をあらわすグラフでしたが、その推移が売上高の推移とまったく同じ折線を描いていました。

新しいアイデアや技術を開発するために時間とお金を投資することがやっぱり大事なんだということが、グラフからよくわかりました。

当たり前のことかもしれませんが。
Posted by superkumaji at 01:46
| 次へ