CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«小平道の駅と苫前温泉 | Main | 結構食べまくりました!»
運転手として雄武町へ [2015年09月02日(Wed)]
8月26日、雄武町のお客様の送迎バス運転手として
5時間・238キロを走行。雄武町に前泊させて頂きました。
旭川〜名寄・興部を経由し雄武町へ。
このルートですと、道の駅を5駅経由することが出来ます。
休憩がてら、見て来ましたよ。
まずは、剣淵町の絵本の里剣淵です。
剣淵道の駅.jpg

なつかしの熊の木彫りが販売されてました。
しばし車を走らせると、名寄市に入ります。
名寄入口.jpg

名寄道の駅.jpg

もち米の里名寄です。店内には、沢山の大福が販売されてます。
こちらは、沢山のお客様で賑わってました。
つづきまして下川町を過ぎ、西興部へ向かいます。
西興部外観.jpg

西興部道の駅花夢さんです。周りと室内はお花でいっぱいです。
西興部内観.jpg

室内には、時間で演奏されるオーケストラの飾り物が展示されてます。
つづいて、興部町の道の駅を経由します。こちらは、24時間トイレとカントリーサインを
販売するスペースのみで非常に小規模菜な道の駅です。
さて、あと20キロで雄武町に入ります。
雄武外観.jpg

無事、雄武町へ到着。スタンプ押す頃に閉館時間となりました。ギリギリセーフ。
こちらは、Aコープさんの店舗と併設されてます。
久しぶりに道の駅に行きましたが、こちらとは観光シーズンが違うせいか、閑散としてる印象が。

さて、8月28日、再び雄武町に向けバスを走らせます。15:00に無事雄武到着。
その後、少し足を延ばして、オホーツク紋別の道の駅を見学。
紋別道の駅.png

科学館と併設されてます。クリオネが展示されてました。
外には、大きなシンボルタワー。カニの爪。
カニ爪.png

そして、すぐ側には、流氷の季節、大賑わいのガリンコ号乗り場があります。
ガリンコ号乗り場.png

旧タイプの物でしょうか、飾られてました。
ガリンコ号.png

紋別市内も走ってみたのですが、ホテルも多く、食事処も多く、冬に行ってみたい街ですね。
この日は、そのまま北竜に帰って来ました。ちょうど500キロ走行です。    ○まなぶ





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント