CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 山口地域において「南京玉すだれ」の普及と継承を図るため、平成20年1月「古典芸能南京玉すだれ山口保存会」を創立。
 南京玉すだれの習得・保存活動及び福祉施設への慰問・地域イベント参加等社会貢献を目的に活動し、その活動状況等を情報発信しています。
 いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 

« 「デイサービス えがおの森 クリスマス会」へ | Main | 「まなぼらさぽーと 第70号」で、当会が10周年で紹介されました! »

プロフィール

古典芸能南京玉すだれ山口保存会さんの画像
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index2_0.xml
「はあと保育園新山口・はあとキッズ新山口」を訪問[2017年12月27日(Wed)]
 本日27日(水)午前、山口市小郡の「はあと保育園新山口・はあとキッズ新山口」へ、会員5人で訪問しました。
 最初のあいさつ後、約40人の園児ほかの皆さんに「南京玉すだれを見たことのある人」と聞いてみたところ、十数名の皆さんが手を挙げられビックリ!? また、「南京玉すだれを体験したことのある人」と聞いてみたところ、数名の方が手を挙げられまたビックリ!?
 はじめに簡単な説明後、「基本演技」を見ていただきました。最後のしだれ柳で、最初はみんなビックリ顔でしたぴかぴか(新しい)が、その後、沢山の拍手るんるん
 続いて、少し説明を行って、体験に入りました。
 体験は職員の皆さんのご協力をいただいて、最初に「はあとキッズ新山口」の皆さんから、続いて「はあと保育園新山口(年長組)」、最後に「はあと保育園新山口(年中組)」の順に3回行いました。
 それぞれ、「調子打ち」と「釣り竿」と「後光」を、全員に体験してもらいました。それぞれの形ができたときは、皆さん笑顔がこぼれていましたわーい(嬉しい顔)
 続いて、「名所めぐり」を見ていただき、南京玉すだれの演技終了。
 終わりにマジックと傘踊りを行って、皆さんに楽しんでもらいました。
 お世話になりました「はあと保育園新山口・はあとキッズ新山口」の皆さん、ありがとうございました。感謝

DSCF1166-2.jpg

DSCF1169-2.jpg

DSCF1179-2.jpg

DSCF1200-2.jpg

DSCF1220-2.jpg

DSCF1223-2.jpg

DSCF1229-2.jpg
 

Posted by 勝間 幸次 at 21:30 | イベント・慰問 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/archive/308

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1328130

コメントする
コメント