CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 山口地域において「南京玉すだれ」の普及と継承を図るため、平成20年1月「古典芸能南京玉すだれ山口保存会」を創立。
 南京玉すだれの習得・保存活動及び福祉施設への慰問・地域イベント参加等社会貢献を目的に活動し、その活動状況等を情報発信しています。
 いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 

« 平成29年度夏季学ぼうやセミナー「南京玉すだれを楽しもう!」自主企画公開講座を開催 | Main | 「サンキ・ウェルビィ小規模多機能センター防府」を訪問 »

プロフィール

古典芸能南京玉すだれ山口保存会さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index2_0.xml
「第25回 八坂ふるさと夏まつり」へ出演[2017年08月13日(Sun)]
 8月12日(土)18時00分〜21時00分まで、山口市徳地八坂の「やまぐちサッカー交流広場」で開催された「第25回 八坂ふるさと夏まつり」へ、会員5人で参加してきました。
 今年の夏は、このところ毎日が猛暑でしたが、夏まつり当日の夕方は、風もあり涼しさを感じるほどでした!
 夏まつりのプログラムは、開会セレモニーに続いて、八坂小学校児童による元気なリズムのあった重源太鼓、南京玉すだれと傘踊り、上沼田神楽保存会の迫力ある八岐大蛇、盆踊り、くじ引き、最後に閉会セレモニー及びもちまきと多彩な催しでした。
 当山口保存会は、南京玉すだれでは、演技と説明及び体験を行いました。演技では会場の皆さんから大きな拍手やご声援をいただきましたるんるん 
 続いて説明、体験を行いましたが、体験では6人の皆さんに体験してもらい、南京玉すだれの持ち方、調子打ちの仕方、形は「釣り竿」「後光」「国旗としだれ柳」を体験していただきました。皆さん会員の指導で、それぞれの形ができあがって、会場の皆さんから大きな拍手がぴかぴか(新しい)
 南京玉すだれに続いて、傘踊りを行って演技を終えました。
 お世話いただいた「第25回八坂ふるさと夏まつり実行委員会」の実行委員長はじめ関係者の皆様には、心温まるおもてなしをしていただき、感謝申し上げます。ありがとうございました。

CIMG9972-2.jpg

CIMG9975-2.jpg

DSCF9456-2.jpg

DSCF9458-2.jpg

DSCF9462-2.jpg

DSCF9464-2.jpg

DSCF9474-2.jpg

CIMG9979-2.jpg

CIMG9989-2.jpg

CIMG9990-2.jpg

CIMG9995-2.jpg

Posted by 勝間 幸次 at 10:40 | イベント・慰問 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/archive/289

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1295606

コメントする
コメント