CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 山口地域において「南京玉すだれ」の普及と継承を図るため、平成20年1月「古典芸能南京玉すだれ山口保存会」を創立。
 南京玉すだれの習得・保存活動及び福祉施設への慰問・地域イベント参加等社会貢献を目的に活動し、その活動状況等を情報発信しています。
 いつもご覧いただき、ありがとうございます。
 

« サービス付き高齢者住宅「コープここハウス湯田」お楽しみ会へ出演 | Main | Leiwehihiwahiwa 第3回発表会打上会へ »

プロフィール

古典芸能南京玉すだれ山口保存会さんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/index2_0.xml
「日本文化紹介 〜日本の伝統芸能〜」[2017年06月05日(Mon)]
 6月4日(日)午後、「ほうふグローバルネット」から、防府市教育委員会『ほうふ幸せます人材バンク「指導者バンク」』へ派遣申込のあった「日本文化紹介 〜日本の伝統芸能〜」が、サンライフ防府で開催され、講師として会員3人で参加しました。
 今回の学習内容は、防府在住の外国人の皆さんを対象に、「日本の伝統芸能」を知っていただくということで、前半は「日本のおどり」、後半は当会が「南京玉すだれ」を担当しました。
 はじめに「南京玉すだれ」を見られたことがある方、とお尋ねしたら、お一人を除いて見たことがないとのことでした。見られた方は、防府天満宮の梅まつりで見ましたとのことで、体験るんるんもされておられました。(*^_^*)
 最初に簡単な説明を行って、続いて基本演技を見ていただきました。皆さんから沢山の拍手をいただきましたが、最後のしだれ柳に早変わりでは、一段と大きな拍手がexclamation
 演技の後は、演技内容の説明も含めて少し詳しく説明を行い、続いて体験を2回に分けて行いました。
 調子打ち、釣り竿、瀬田の唐橋、後光、二つの国旗としだれ柳を作ってもらいましたが、それぞれの形ができたときは、皆さん笑顔がわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 終わりに参加された皆さんに感想を聞いたところ、難しかったけど楽しかったハートたち(複数ハート)意見が多くありました(*^_^*)
 今日の日本文化の紹介が、防府在住の外国人の皆さんに、日本の伝統芸能を知っていただけただけで、当会としても幸せました。
 ほうふグローバルネットの松浦さんはじめ、お世話いただいた関係者の皆さん、ありがとうございました。感謝

DSCF8996-2.jpg

18944973_784772455013938_288749364_n[1]2.jpg

18902728_784772495013934_1272590287_n[1]2.jpg

DSCF9021-2.jpg

DSCF9041-2.jpg

DSCF9042-2.jpg

18944395_784772325013951_34510294_n[1].png

        ☆ほうふグローバルネットのご紹介☆
 〔活動目的〕
    市民一人ひとりが、自らとつながっている国際的な課題に気付き、考え、課題
   解決につながる行動を起こすことにより、だれもが安心して暮らせる持続可能な
   社会を目指す。
 〔活動内容〕
   ・在住外国人との交流 
   ・国際理解イベントの開催
   ・地域の課題把握や会員の資質向上のための勉強会

Posted by 勝間 幸次 at 20:59 | 指導者バンク | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/sudareyamaguti/archive/279

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1277362

コメントする
コメント