CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年06月 | Main | 2018年08月»
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.823 [2018年07月23日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL823(2018年7月23日)

書き手が多忙のためニュースはお休みさせていただき、トピックスとハンスト日程のみお届けすること、御了承下さい。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
ビキニ訴訟:国賠請求棄却 被ばく隠匿、否定 高知地裁判決
https://mainichi.jp/articles/20180721/ddm/041/040/174000c
(2018年7月21日 毎日新聞)

原発避難先3割 危険区域 69施設 土砂災害・浸水の恐れ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018072102000274.html
(2018年7月21日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(7)賠償の準備1200億円のみ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018072002000157.html
(2018年7月20日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(6)「教育」の名の宣伝活動
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071902000151.html
(2018年7月19日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(5)核燃サイクル成算なし
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071802000139.html
(2018年7月18日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(4)むつ市と関電 交錯
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071702000119.html
(2018年7月17日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(3)石炭火力 新増設 時代に逆行 依存なお
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071602000125.html
(2018年7月16日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(2)金食い虫 企業も見切り
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071502000119.html
(2018年7月15日 東京新聞)

<原発のない国へ 基本政策を問う>(1)英原発 高コスト浮き彫り
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071402000130.html
(2018年7月14日 東京新聞)

7月、8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月8日(日)は村井(NGO)、9日(月)は東條(神戸)、10日(火)は増島(NGO)、11日(水)は大石(静岡)、12日(木)は宇田川(神奈川)、13日(金)は村井(NGO)、14日(土)は鈴木(川崎)、15日(日)は細川(NGO)、16日(祝・月)は東條(神戸)、17日(火)は上野(NGO)、18日(水)は大石(静岡)、19日(木)宇田川(神奈川)、20日(金)は村井(NGO)、21日(土)は鈴木(川崎)、22日(日)は細川(NGO)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月23日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日7月24日(火)は、細川(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月25日(水)大石(静岡)
  26日(木)募集中!!
  27日(金)募集中!!
  28日(土)鈴木(川崎)
  29日(日)募集中!!
  30日(月)東條(神戸)
  31日(火)募集中!!
8月 1日(水)大石(静岡)
  2日(木)募集中!!
  3日(金)募集中!!
  4日(土)鈴木(川崎)
  5日(日)募集中!! 
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.822 [2018年07月06日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL822(2018年7月6日)

 昨日の本ニュースで、名古屋高裁金沢支部が出した大飯原発控訴審判決は「無効だ!」と指摘した。判決文では、「審査基準に不合理な点があるか、規制委の判断に見過ごしがたい過誤、欠落があるなど不合理な点がない限り、原発の危険性は社会通念上無視しうる程度に管理され、住民の人格権を侵害する具体的な危険性はないと評価できる。」としているが、規制委の田中前委員長は「規制基準の適合性の審査であって、安全だとは言わない。」との見解を示した筈だ。規制委員会の組織全体を現政府が評価しているならば、「危険性はない。」とは言えないのだ。また同判決文は、「危険性は社会通念上無視しうる程度に管理され、・・・・」と書き込まれているが、そもそもこのような重大な案件を、「社会通念上」という基準で判断するならば、三権分立における司法の役割とは何なのか?ということになる。「司法の役割の放棄」ではなく、判断する能力がないということを露呈しているのである。従ってこの判決は“無効”なのだ。つまり、事実上原告住民側の勝訴ということになる。

 なお、この判決を受けて関西電力は、「(同社の)説明により3、4号機の安全性が確保されていることについて、裁判所にご理解を頂いた結果だと考えている。」(神戸新聞、2018・7・5)とコメントしているが、司法の役割を事実上放棄したということは、ご理解できていないということになるにもかかわらず、よくこのような頓珍漢なコメントが出せるものだと、呆れてものが言えない。    
(村井雅清)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
東海第二 再稼働審査書類 6市村の民意 どう反映
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201807/CK2018070602000164.html
(2018年7月6日 東京新聞)

第5次エネ計画 原発維持の指針に映る
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018070602000132.html
(2018年7月6日 東京新聞)

もんじゅの燃料処理に数千億円 廃炉総額が1兆円の可能性
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2018070501001531.php
(2018年7月5日 福島民友)

7月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日7月6日(金)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日7月7日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月 8日(日)募集中!!
  9日(月)東條(神戸)
  10日(火)募集中!!
  11日(水)大石(静岡)
  12日(木)宇田川(神奈川)
  13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
  15日(日)募集中!!
  16日(祝・月)東條(神戸)
  17日(火)募集中!!
  18日(水)大石(静岡)
  19日(木)募集中!!
  20日(金)募集中!!
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.821 [2018年07月05日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL821(2018年7月5日)

大飯原発差し止め控訴審判決は無効!

 名古屋高裁金沢支部は、大飯原発の運転差し止めを認めた一審福井地裁判決を取り消し、運転を容認する判決を出した。しかし、判決文では「福島原発事故の深刻な被害の現状に照らし、わが国のとるべき道として原子力発電そのものを廃止・禁止することは大いに可能であろうが、その当否の判断は司法の役割を超え、国民世論として幅広く議論され立法府や行政府の政治的判断に委ねられるベき事柄だ。」(毎日新聞、2018・7・5)として、井戸謙一弁護士が判決後の新聞取材で発言されている「原子力規制委員会が合理的といえば合理的というだけで、司法の役割を放棄している。」(朝日新聞、2018・7・5)という談話の通り、ならばこの判決は有無を言わさず“無効”であると断言できる。

 一審の福井地裁判決は、東京電力福島第一原子力発電所事故と向き合い、こうした人間や自然環境に甚大な被害を与える事故なので、「人格権」を認め、運転差し止めの判決を出された。同判決は、この社会において自然の恵みと同時に災難も受けながらも、人間として生きる上での幸福追求権を尊重した判決であった筈で、今回の控訴審では、そうした判断も含めて司法の限界だと認めているのだ。ならば、理屈抜きにこの控訴審判決は“無効”としか言いようがない。
 無効なので余談だが、この判決を受けて、おおい町中塚町長は「新規制基準が司法のお墨付きを得た。」(朝日新聞、2018・7・5)と評価しているが、司法判断を放棄しているのでこの判決が無効であることを理解できず、自分の都合のよいようにしか理解できていない。

 これを見ても今回の金沢支部の判決がもたらす社会的責任は大きい。司法を司る裁判長が、人が生きていく上での危険性に関して、三権分立の原則にもとづいての判断を放棄した以上、明らかに“無効”としか言いようがないが、そもそも司法の専門家以外は判断できないから、原発事故の恐ろしさを知っている人々が、原発再稼動の差し止め訴訟をおこしているのであって、その責任を放棄するなら、一審の「大飯原発再稼動の差し止め」という判決が生きているという、極めて簡単な理解の裁判に終わったのである。
 それにしてもこのような司法における判決は、前代未聞ではないかと思うのは私だけではないでしょう! 
(村井雅清)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
大飯原発控訴審 司法は判断を放棄した
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018070502000183.html
(2018年7月5日 東京新聞)

東海第二原発 新基準「適合」 避難や賠償…問題山積
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201807/CK2018070502000166.html
(2018年7月5日 東京新聞)

大飯差し止め 取り消し 高裁金沢支部「危険性無視しうる」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018070502000155.html
(2018年7月5日 東京新聞)

7月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月 1日(日)は細川(NGO)、2日(月)は東條(神戸)、3日(火)は頼政(NGO)、4日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月5日(木)は、宇田川(神奈川)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日7月6日(金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月 7日(土)鈴木(川崎)
  8日(日)募集中!!
  9日(月)東條(神戸)
  10日(火)募集中!!
  11日(水)大石(静岡)
  12日(木)募集中!!
  13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
  15日(日)募集中!!
  16日(祝・月)東條(神戸)
  17日(火)募集中!!
  18日(水)大石(静岡)
***************************