CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«”脱原発ハンスト”ニュースVOL.848 | Main | ”脱原発ハンスト”ニュースVOL.851»
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.850 [2019年05月28日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL850(2019年5月28日)

 昨日5月27日の神戸新聞で東京福島第一原発事故から3000日になり、国と東電が掲げる工程表では、廃炉完了まで最長30年以上かかると伝えられています。記事では「明治大学の勝田忠弘教授(原子力政策)」は廃炉計画について『30〜40年という目標が独り歩きしている』と指摘。『放射性の廃棄物の処置や土地は更地にするのかなどの課題も先延ばしせず、地元の復興計画と絡めて進めていく必要がある』と話している」と述べています。
 原子炉冷却のため増え続ける汚染水、除染した汚染土、溶融核燃料(デブリ)の取り出し、その後の保管や処分方法など難題が山積みなのです。先日もお伝えしましたが、30〜40年経過したチェルノブイリ原発もスリーマイル原発もデブリの取り出しは完了していなし、まして更地にもなっていません。それどころか、いまだに高線量の放射能を出し続けているのです。
 日本は、これらのケースを参考に丁寧に原発被害者に向き合い、地元住民と議論し正当な救済と復興を進めていくべきです。
 みなさんの記憶にも残っていると思いますが、2011年3月11日の原発事故のすぐ後に、福島県の酪農家が「原発さえなければ。仕事をする気力をなくしました」と書き残して自らいのちを絶ちました。また、「子どもたちが食べるものだから、気をつけてつくらないと」と安全な野菜づくりをしてきた野菜農家の人も自らいのちを落としました。その他にも、避難先から一時帰宅中の自宅の庭先で焼身自殺をした女性もいました。この人たちを含めて多くの人たちがいのちを奪われたこと、そしていまも不自由な避難生活をしていることを胸に刻みながら、原発が何を引き起こしているのか考え続けていきたいです。
(増島 智子)
  
*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
関西電力、再浮上した原発リスク
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45157700T20C19A5000000/
(2019年5月24日 日本経済新聞)

世界一斉125カ国で温暖化デモ 若者180万人が対策要求
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2019052501001226.php
(2019年5月25日 福島民友)

福島第一原発立地町に五輪の聖火 事故からの復興アピール
https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019052801001611.html
(2019年5月28日東京新聞)

6月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
5月25日(土)は鈴木(川崎)、26日(日)は宇田川(神奈川)、27日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日5月28日(火)は、石塚(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日5月29日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
5月30日(木)柚原(神戸)
  31日(金)鈴木(神戸)
6月 1日(土)募集中!!
   2日(日)募集中!!
   3日(月)東條(神戸)
   4日(火)募集中!!
   5日(水)大石(静岡)
   6日(木)宇田川(神奈川)
   7日(金)募集中!!
   8日(土)鈴木(神戸)
   9日(日)募集中!!
***************************
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント