CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«”脱原発ハンスト”ニュースVOL.828 | Main | ”脱原発ハンスト”ニュースVOL.830»
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.829 [2018年11月22日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL829(2018年11月22日)

 今日21日の東京新聞で「モルゲン、明日」という映画が紹介されていました。これはドキュメンタリー映画の監督坂田雅子さん(70)が製作した映画です。
 この映画は、脱原発に舵を切ったドイツの市民や地域の活動を紹介しています。坂田監督は「脱原発に向かうドイツと、事故当時者なのに原発再稼働が始まっている日本との違いは何か」という疑問の答えを探すためにドイツに訪れたそうです。

 映画の公式HPでは「そこで出会ったのは、都市で、村で、学校で、教会で脱原発と自然エネルギーへ情熱を燃やし、実践する多くの人々。第二次世界対戦での自国の行いを深く反省し、1968年の学生運動をきっかけに芽生えた反原発・環境保護の意識と情熱を政治に反映し、次世代につなげようとしている彼らの姿は、世界は市民の手で変えられると教えてくれる。」と紹介しています。
 唯一の被爆国である日本、そして、福島第一原発の過酷事故を経験したのに反省もなく、再稼働を進めています。

 坂田監督は「ドイツの旅は、小さな私たちが世界を変えることができるのだという勇気を与えてくれました。「私の小さな一歩が大きな変化に結びつくのです。」と言葉を寄せています。そして、また「一人一人の力は小さいが集まれば社会を動かすことができる。日本でも、私たちでも、できるということを伝えたい」

 7年経って、原発の再稼働が粛々と進み、まるで何事もなかったのかのように最近はニュースでもあまり福島の事故のことが取り上げられることも少なくなっています。時に心が折れそうになるときもありますが、この坂田監督の言葉を聞いて少し元気をもらいました。

「一人一人の力は小さいが集まれば社会を動かすことができる。」
(増島 智子)
     

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
火山活動直撃でも「影響なし」
https://mainichi.jp/articles/20181122/ddm/012/040/124000c
(2018年11月22日 毎日新聞)

【再エネの未来】「どこでも発電」社会 地域の電源、ネットで結ぶ
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181121-327164.php
(2018年11月21日 福島民友)

11月、12月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
11月16日(金)は細川(NGO)、17日(土)は鈴木(神戸)、18日(日)は村井(NGO)、19日(月)は東條(神戸)、20日(火)は公庄レイ(神戸)、21日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日11月22日(木)は、宇田川(神奈川)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日11月23日(祝・金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
11月24日(土)鈴木(神戸)
  25日(日)募集中!!
  26日(月)東條(神戸)
  27日(火)募集中!!
  28日(水)大石(静岡)
  29日(木)宇田川(神奈川)
  30日(金)募集中!!
12月 1日(土)鈴木(神戸)
   2日(日)募集中!!
***************************
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント