CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
脱原発ハンスト”ニュースVOL.774 [2017年11月16日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL774(2017年11月16日)

*今回はニュースをお休みさせて頂き、トピックスとハンスト日程のみお届けしますので、御了承下さい。

*トピックス
原発核ごみ説明会に学生参加 謝礼約束39人動員
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017111502000132.html
(2017年11月15日 東京新聞)

除染廃棄物焼却 初の広域化 葛尾の施設 3市町村分を減容
http://www.minpo.jp/news/detail/2017111646804
(2017年11月16日 福島民報)

双葉郡首長、第二原発速やかに廃炉を 東電社長は従来の主張
http://www.minpo.jp/news/detail/2017111546785
(2017年11月15日 福島民報)

未来のために原発やめよう 国会前の声
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201711/CK2017111202000129.html
(2017年11月12日 東京新聞)

11月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
11月9日(木)は宇田川(神奈川)、10日(金)は増島(NGO)、11日(土)は鈴木(神戸)、12日(日)は村上(神戸)、13日(月)は東條(神戸)、14日(火)杉岡(神戸)、15日(水)大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日11月16日(木)は、細川(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日11月17日(金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
11月18日(土)鈴木(神戸)
  19日(日)村上(神戸)
  20日(月)募集中!!
  21日(火)募集中!!
  22日(水)大石(静岡)
  23日(祝・木)募集中!!
  24日(金)募集中!!
  25日(土)鈴木(川崎)
  26日(日)村上(神戸)
  27日(月)募集中!!
  28日(火)募集中!!
  29日(水)大石(静岡)
  30日(木)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.773 [2017年11月07日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL773(2017年11月7日)

今年も残すところ、あと2か月!あっという間の1年です。7回目の年末年始を仮設や避難先で過ごす人も少なくありません。狭い仮設住宅での暮らしが続く、その心中はいかほどでしょうか?帰りたいのに帰れない古里に想いを馳せているのです。
 私も、被災地で「こんな狭いところに入れられて、早く出たいよ」という言葉を聞いたことがあります。やっと出た仮設の後に入居した復興住宅では、隣近所の交流がなく「まるで牢屋にいれられたみたい」とつぶやく被災者の悲痛な声が聞こえてきます。あれからもう6年半、各地で災害が続き、東日本大震災は過去の出来事になってしまったのでしょうか?
 いいえ、いまだ復興いや復旧の途上です。福島第一原発からいまもなお、放射能は放出し続け、汚染水はたまり続けているのです。3.11から手付かずの家屋、ネズミの糞尿や風雨にさらされた思い出いっぱいの家屋が立ち並んでいるのです。
 避難指示解除後に、やっと家屋の被害認定の調査ができるのです。再建を心待ちにして古里に戻り待ち望んだ家の再建では、自宅の荒廃ぶりに借金をしてまで再建する気力がそがれてしまい、これからどうして行こうか判断がつかない人もいるのです。6年以上が過ぎた被災地で避難指示が解除になっても、戸惑いの声が漏れているのが現状です。
 
「避難指示解除になって、浪江町には大勢の住民が帰っているのだろう。原発事故は終わって被災地は復興しているのだろう――。
『そう思っている人が多いのではないか。ニュースに映されない、見えない現実があるということを知ってほしい』と、八島さんは語る。避難先から家屋調査に立ち会った末、わが家、わが店に戻りたくてもできないと、帰還を諦めざるを得ない同胞の切ない表情を見る度、八島さんはやり場のない憤りのような思いを募らせる。」(「3.11」から6年半:復興は遥かに遠い古里「浪江町」・・寺島英弥「新潮社フォーサイト」)より一部抜粋

 避難解除になってもすぐに普通に暮らせるのではないのです。家の再建、町の再建など課題は山積みなのです。
 最近は、ハンスト参加の手が上がりにくくなっています。お知り合いの方にもぜひこの運動を呼び掛けてもらえませんか?
(増島 智子)
                 
*トピックス
伊方原発、非常用発電機に不具合
http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2017110601002341
(2017年11月6日 福島民報)

相馬農高飯館校、存立運営で再開案
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171107-218242.php
(2017年11月7日 福島民友)

11月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
11月 2日(木)は増島(NGO)、3日(祝・金)は細川(NGO)、4日(土)は鈴木(神戸)、5日(日)は村上(神戸)、6日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日11月7日(火)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日11月8日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
11月 9日(木)募集中!!
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(神戸)
  12日(日)村上(神戸)
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)募集中!!
  15日(水)大石(静岡)
  16日(木)募集中!!
  17日(金)募集中!!
  18日(土)鈴木(川崎)
  19日(日)村上(神戸)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.772 [2017年10月31日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL772(2017年10月31日)

 先日10月25日の毎日新聞「記者の目」で「唱歌『故郷』と福島の被災者」と題して、「兎追いしかの山・・・」のみなさんもよくご存じの「故郷」を、いま東日本大震災の津波や原発事故でふるさとを追われた福島県の人たちが歌えなくなっているという記事がありました。
 
 記事のなかでは、「震災から5年になろうとしていた昨年1月、私は避難者が集うさいたま市のサークルを取材した。(中略)ところが、参加者の一人、津波で自宅を流された福島県浪江町の柴美江さん(71)から、思いがけない言葉を聞いた。「1曲だけ、歌えない歌があるの」。それが「故郷」だった。」と紹介しています。中にはもちろん歌えるという人もいるそうですが、やはり「涙が出る」「聴きたくない」という人がいるそうです。
これを書いた記者の奥山はるなさんも記事のなかで、その話を聞いて「私は目頭が熱くなった」と言っています。家や土地があるのに帰れない、想像したらこの記者のような感情がわかるような気がします。被災地に行くと壊れた故郷を前にした被災者の方と話すことが多々あります。被災することにより当たり前の生活を失った人たちの悲しみは計り知れず、ひとり一人故郷への想いは深く、「夢だけは流されていない」「心だけは流されていない」などという声を聞きます。被災してなお故郷への想いは深くなるのです。
今年は3つの地裁で原発事故の損害賠償の訴訟が行われました。その一つ、千葉地裁では「事故での生活や人間関係、風習を失い、平穏な生活を送る権利を侵害されたという被害者の主張を認めて、『地域のコミュニティを失ったことによる精神的苦痛』に対する賠償を『ふるさと喪失慰謝料』と定義づけた」(2017/10/28毎日新聞)そうです。このようにふるさと失った精神的苦痛は計り知れないのです。

福島第一原発事故の被害者が、「故郷」を歌えるようになるのは、いつの日になるのでしょうか?
(増島 智子)

*トピックス
原子力規制委員長 更田豊志氏に聞く
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/10/post_15511.html
(2017年10月25日 福島民報)

2020年度までに整備 富岡の震災アーカイブ
http://www.minpo.jp/news/detail/2017103146403
(2017年10月24日 福島民報)

11月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
10月26日(木)は頼政(NGO)、27日(金)は細川(NGO)、28日(土)は鈴木(川崎)、29日(日)は村上(神戸)、30日(月)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日10月31日(火)は、村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日11月1日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
11月 2日(木)募集中!!
   3日(祝・金)募集中!!
   4日(土)鈴木(神戸)
   5日(日)村上(神戸)
   6日(月)東條(神戸)
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
   9日(木)募集中!!
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(神戸)
  12日(日)村上(神戸)
  13日(月)募集中!!
  14日(火)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.771 [2017年10月24日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL771(2017年10月24日)

 みなさん、島田恵監督の「チャルカ〜未来を紡ぐ糸車〜」をご存知ですか?私もまだ観たことないのですが、先日東京新聞(2017/10/15)に紹介されていて、ぜひ観てみたいと思いました。同紙で「島田さんは1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに、綿の実から糸を紡ぎ出すようにして、じっくりと、丁寧に、青森県六ケ所村の人と暮らしと風景を、記録に残し続けている人です。」と紹介されています。

以下、記事から一部抜粋
***************************
「新作の縦糸は核燃料サイクルです。映画の前半で、その仕組みを丹念に説明します。リサイクル燃料を新型の原子炉で、燃やしながら増やし続ける夢の企て。」

「横糸は、28年前に兵庫県から道北の豊富町に入植した酪農家、久世薫嗣さん一家の暮らし営みです。(中略)自給自足と地産地消のサイクルが親しく閉じた、持続可能な生活です。」

「あれだけの悲惨(3・11)を体験しても、もういやだと思っていても、大きな流れに乗ってしまう。大きな流れにのまれてしまう。知らず知らずに、原発再稼働を許してしまう。私たちは何かに支配されているのではなく、自ら何かを売り渡してしまっているのではないかと思う。」
 島田さんは語り続けます。
 「自分の足で立って生きる それは日々の営みに責任を持って生きるということではないででしょうか 食べること 着ること 住むこと どんなエネルギーを使うのか その私たちの選択の一つ一つが未来につながっているという感覚を 今こそ取り戻したいと思うのです」

この映画の冒頭には「あなたがこの世で、見たいと願う変化に あなた自身がなりなさい」とインド独立の父、マハトマ・ガンジーが残した箴言が紹介されているそうです。

***************************

島田監督の「自分の足で立って生きる どんなエネルギーを使うのか その私たちの選択の一つ一つが未来につながっている」という言葉が心に響きます。私自身の振る舞いもついつい大きな流れに知らず知らずのうちに流されていると感じることがあります。けれども、その時々の初心に戻りながら、流されそうな気持を押し戻し、自分のできることからコツコツと、マハトマ・ガンジーの言葉をかみしめながら、あきらめないで、見たいと願う変化に自分自身がなれるように努力し、実践していきたいと思います。
(増島 智子)
                  
*トピックス
「中間貯蔵」28日稼働へ 本体施設稼働初、本格的な汚染土貯蔵
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171024-214556.php
(2017年10月24日 福島民友)

東電柏崎再稼働に異存ない 経産省、規制委に回答
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2017102401001253.php
(2017年10月24日 福島民友)

10月、11月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
10月19日(木)は宇田川(神奈川)、20日(金)は細川(NGO)、21日(土)は鈴木(川崎)、2日(日)は村上(神戸)、23日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日10月24日(火)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日10月25日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
10月26日(木)募集中!!
  27日(金)募集中!!
  28日(土)鈴木(川崎)
  29日(日)村上(神戸)
  30日(月)募集中!!
  31日(火)募集中!!
11月 1日(水)大石(静岡)
   2日(木)募集中!!
   3日(祝・金)募集中!!
   4日(土)鈴木(神戸)
   5日(日)村上(神戸)
   6日(月)募集中!!
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.770 [2017年10月17日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL770(2017年10月17日)

東京新聞(2017/10/13)に「東京電力福島第一原発事故の爪痕が残る福島県では、今も5万5千人が県内外に避難している。一方、幹線道路の復旧や商業施設のオープンが相次ぐ。福島の人たちは現状をどう感じ、今回の衆院選にどう臨もうとしているのか。9月20日に残っていた通行止め区間が解除され、6年半ぶりに全線開通した国道114号沿いなどで聞いた。」
続けて同紙では「6号をさらに北上し、浪江町から福島市に抜ける国道114号に入った。通行止めが解除されたとはいえ、放射線量の高い帰還困難区域を通る。山側に向かうに従い、車外に取り付けた線量計の値は上がり、毎時3〜4マイクロシーベルトの区間が数キロ続いた。国が示す長期的な除染目標の十数倍の数値だ。」と伝えています。
先日、知人もこの国道114号沿いの富岡町を訪ねたそうです。場所によっては信じられないよう数字を示すホットスポットがあったそうです。その状況に愕然としたと伝えていました。今回の帰還政策は本当にいいことのなのか、素人ながらに漠然とした不安を感じます。行政、国、東電はもっと丁寧な調査を長期的にするべきだと感じます。

そんな中で、同紙では「経済産業省が、原発が立地する自治体を対象とした国の補助金を、2017年度から、原発の半径30キロ圏内の自治体にも支払う仕組みに変更していたことが、経産省への取材で分かった。」という記事がありました。まるで、再稼働に慎重な自治体に理解を得ようと、またお金をばらまくのかと思いたくなるような施策です。
このような仕組みをつくる前に、もっと丁寧に原発事故の被害者や被害地域に対してやることが山ほどあると思います。そして、被害を生み出す原発を止めるような仕組みを考えられないのか??

このような福島の惨状をもたらしたのも政治の責任です。現政権のままでは、原発は止まらず、もっと犠牲者が出てしまいます。まずは、福島の本当の姿を直視し、脱原発に向けてあらたな一歩を踏み出してみませんか?
(増島 智子)
                  
*トピックス
東海村、再稼働か廃炉か「中ぶらりん 村民に負担」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017101702000116.html
(2017年10月17日 東京新聞)

北海道電、泊原発に新防潮堤建設 沈下の恐れで、再稼働に遅れも
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2017101301000838.php
(2017年10月13日 福島民友)

原発30キロ圏に補助金拡大 経産省、発表せず
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017101302000262.html
(2017年10月13日 中日新聞)

10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
10月13日(金)は村井(NGO)、14日(土)は鈴木(川崎)、15日(日)は村上(神戸)、16日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日10月17日(火)は、増島(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日10月18日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
10月19日(木)宇田川(神奈川)
  20日(金)募集中!!
  21日(土)鈴木(川崎)
  22日(日)村上(神戸)
  23日(月)募集中!!
  24日(火)募集中!!
  25日(水)大石(静岡)
  26日(木)募集中!!
  27日(金)募集中!!
  28日(土)鈴木(川崎)
  29日(日)村上(神戸)
  30日(月)募集中!!
  31日(火)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.769 [2017年10月11日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL769(2017年10月11日)

 昨日「東京電力福島第1原発事故当時、県内全59市町村と隣接3県に住んでいた3824人が、国と東電に約160億円の慰謝料などを求めた集団訴訟(生業(なりわい)訴訟)の判決言い渡しが10日、福島地裁で行われた。金沢秀樹裁判長は国、東電の双方の過失を認め、約2900人に約5億円の賠償を命じた。国の中間指針で継続的な精神的賠償の対象外だった原告にも慰謝料を認めた」(福島民友)という判決が下されました。
 
神戸新聞(2017/10/11)では、この判決について「夫婦で原告に加わった福島県南相馬市の主婦金子正子さん(66)は「孫への放射能の影響や地元食材への不安など、当たり前の生活が失われた。絶対に負けられない闘いだった」と笑顔。原告団の服部浩幸事務局長(48)も『裁判長が逃げずにわれわれの声を聞いてくれた。国は一刻も早く被害者の救済をすべきだ』と注文を付けた。」と被害者の声が紹介されています。

ただ、「元の生活に戻れない」という諦めの声も聞こえてきています。毎日新聞(2017/10/11)には事故前は新鮮な魚が評判だったのに事故後に沿岸の漁獲がなくなり、「県外から取り寄せた魚は鮮度が低く、客から『うまくねえ』と言われた。空揚げや焼き魚にして売りさばく日々が続き、胸は悔しさでいっぱいになった。同じく地元の魚介類を仕入れていた旅館や土産物店の仲間からは『商売の道が断たれた。首をつるしかねえのか』との声も。」紹介されていました。その商売人は、勇気をもって裁判に加わり、現在はだいぶお客さんも戻ってきたと話しています。
そして、同じ紙面では「商売人の誇りを奪われる悔しさを、もう誰にも味あわせたくない。『二度と原発事故を起こさせないこと』が福島に生きる自身の責務だと考えている」という声も伝えています。
このことは福島に生きる人だけの責任ではないと思います。原発について無関心で原発由来の電気を使ってきた私たちにも責任はあると思います。福島第一原発の過酷事故を経験した私たちが福島に生きる人たちと同じように「二度と原発事故を起こさせないこと」がすべての人にとっての責務だと思います。

 そういえば、2013年の水俣条約採択の際に、胎児性被害者の人が「もう僕たちのような被害者を出さないでほしいんです」と訴えていた言葉が思い返されました。

 私たちは歴史を学び、それを教訓として、次の世代にバトンを受け継いでいかなければならないとあらためて思います。
(増島 智子)

*トピックス
国の姿勢・・・「著しく不合理」と非難 原発事故「生業」訴訟判決
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171011-211040.php
(2017年10月11日 福島民友)

規制委、保安規定違反と判断 原燃の再処理工場
http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2017101101000951
(2017年10月11日 福島民報)

<原発被災者訴訟>原告ら「ごく当たり前の判決」「うれしいが悔しい」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171011_63007.html
(2017年10月11日 河北新報)

10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日10月11日(水)は、大石(静岡)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日10月12日(木)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
10月13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
  15日(日)村上(神戸)
  16日(月)東條(神戸)
  17日(火)募集中!!
  18日(水)大石(静岡)
  19日(木)宇田川(神奈川)
  20日(金)募集中!!
  21日(土)鈴木(川崎)
  22日(日)村上(神戸)
  23日(月)募集中!!
  24日(火)募集中!!
  25日(水)大石(静岡)
  26日(木)募集中!!
  27日(金)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.768 [2017年10月10日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL768(2017年10月10日)

 衆院選挙が熱を帯びてきた?足元の神戸でも市長選があることをみなさんお忘れなく!!候補者の発言を聞いていると、中には空いた口がふさがらないような発言も耳にします。
 
 少し前の記事なりますが、こちらも開いた口がふさがらなくなりました。内容は次のものです。「四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の安全性をPRする県の施設が、東京電力福島第一原発の事故後も6年半にわたり、原発全般について『津波などにびくともしない』『爆発する事はない』などと解説する展示を続けている。県は『一部が現状にそぐわない』として今年度中に展示内容を改善するという。」(2017/9/30朝日新聞)
 そのうえ、福島第一原発の事故後にも伊方原発の安全対策を紹介する展示パネルを追加しているそうです。それは「100ミリシーベルト以下で実際にがんや遺伝性の障害が起こった、ということは、これまでに確認されていない」という内容です。福島第一の過酷事故で「安全神話の崩壊」ということが明らかになったにも関わらず、このような誤った情報を流しているというのは、四国電力の倫理観を疑いたくなります。しかも、この内容の更新には別の設備更新と合わせて約50万円の電源三法交付金が充てられるそうです。このお金はもともと私たち消費者が払った電気料金が原資となっているのです。
 企業が担う経済活動はもともとの語源である「経世済民」といわれ、「世を経め、民を済う」世の中を良くして人々を救うという意味ではないでしょうか?
 それがどうでしょうか?四国電力のしていることは、この「経世済民」とはかけ離れた企業精神です。こういった企業に原発を動かす資格などありません!!

 今回の選挙でも、候補者の言動をしっかり見つめ、正真正銘の脱原発を目指しましょう!!
昨日9日の毎日新聞「余禄」に劇場の“顔見世”興行と今回の衆議院選挙にかけて「自民一座」と「小池一座」とたとえ、こう書かれている。「ここは、役者の顔ばかり見るのではなく、腹の内を見極めなければならない。観客の目利きが問われる」と・・・。
(増島 智子)

*トピックス
「空き容量ゼロ」東北電力の送電線、京大が分析すると・・・・
http://www.asahi.com/articles/ASK9X3FPTK9XULZU005.html?iref=comtop_favorite_02
(2017年10月10日 朝日新聞)

被爆者、反核の歩み ノーベル平和賞にICAN[
http://www.asahi.com/articles/DA3S13169791.html?iref=comtop_list_nat_f01
(2017年10月7日 朝日新聞)

10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
10月7日(土)は鈴木(川崎)、8日(日)は村上(神戸)、9日(祝・月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日10月10日(火)は、頼政(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日10月11日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
10月12日(木)募集中!!
  13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
  15日(日)村上(神戸)
  16日(月)募集中!!
  17日(火)募集中!!
  18日(水)大石(静岡)
  19日(木)募集中!!
  20日(金)募集中!!
  21日(土)鈴木(川崎)
  22日(日)村上(神戸)
  23日(月)募集中!!
  24日(火)募集中!!
  25日(水)大石(静岡)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.767 [2017年10月06日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL767(2017年10月6日)

 日々めぐるしく変化する衆議院選挙の動向に、私も頭が追い付かない状況ですが、いったいこの選挙は誰のためのものか?
作家の高村薫さんは「臨時国会冒頭の所信表明演説や代表質問さえなかったのは、議会制民主主義政治の否定です。安倍政権の政治姿勢は厳しく問われなければなりません。この解散は政権にとって不都合な懸案への追及をかわしたい意図と、野党への混乱につけこんだ先手必勝の計略が露骨です」(2017/10/4朝日新聞)と非難しています。
 
 昨日5日の朝日新聞「記者有論」では、福島からの避難者の声が紹介されています。
***************************
すでに日常を大きく損なわれている人々のことを政治はどう考えるのか。避難している人。迷いつつ故郷に戻った人。県内に踏みとどまり風評被害と闘っている人。その姿を県外に届けようと福島の同僚は繰り返し描いてきた。同じ住宅に避難している浪江町の人は言った。「我々は憲法に守られている『国民』なのか」・・・
 埋もれた課題も取り上げ、処方箋を示し、人びとに希望を抱かせる。選挙はそんな機会であるはずだ争点ではないからと地元以外では語られず、報道も少なくなるという無関心の連鎖。それは著しい不正義だと、声をあげ続けたい。
***************************

安倍首相は、「国民にわかりやすく説明責任を果たす」「被災地に寄り添い信頼を回復する」などという言葉を述べていますが、これまでの言動から納得できる人は少ないと思います。

 立憲民主党を立ち上げた枝野幸男さんは10月3日の街頭演説で「私たちの社会はルールによって規律されています。みんながルールを守ることで成り立っています。権力といえども、自由に権力を使って統治していいわけではありません。憲法というルールに基づいて権力は使わなければならない。ルールなき権力は独裁です」と述べています。
 
 憲法で定められた、基本的人権、生存権、幸福追求の権利などをきちんと順守できる政治家を選らばなければなりません。私たちが大切な一票を投じることで、正真正銘の“原発ゼロ”を実現しましょう!
                                 (増島 智子)

*トピックス
あぶくま抄・論説 【水位計設定ミス】緊張感持って対応
https://www.minpo.jp/news/detail/2017100445633
(2017年10月4日 福島民報)
格納容器内で1次冷却水漏れ 伊方原発、環境影響なしと四国電
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2017100501001878.php
                           (2017年10月5日 福島民友)
<衆院選>脱原発、誰を信じれば
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171005-00000004-mai-pol
(2017年10月5日 毎日新聞)

10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
9月30日(土)は鈴木(川崎)、10月 1日(日)は村上(神戸)、2日(月)は東條(神戸)、3日(火)は細川(NGO)、4日(水)は大石(静岡)、5日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日10月6日(金)は、杉岡(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日10月7日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
10月8日(日)村上(神戸)
   9日(祝・月)東條(神戸)
  10日(火)募集中!!
  11日(水)大石(静岡)
  12日(木)募集中!!
  13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
  15日(日)村上(神戸)
  16日(月)募集中!!
  17日(火)募集中!!
  18日(水)大石(静岡)
  19日(木)募集中!!
  20日(金)募集中!!
  21日(土)鈴木(川崎)
  22日(日)村上(神戸)
***************************
これまでの、方法など詳細についてはブログをご覧下さい。
脱原発ハンスト”ニュースVOL.766 [2017年09月28日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL766(2017年9月28日)

 先日河北新報の紙面で(2017/9/24)、原発事故で茨城県へ避難した人を対象にアンケートを実施した筑波大学などの調査結果が報道されていました。
 その中で、「事故から6年半が過ぎた現在も約3万5千人が福島県外での避難生活を余儀なくされ、茨城県への避難者は約3500人上る。チーム太刀川弘和・筑波大准教授(精神医学)は『2割の人が少しでも自殺を考えるというのは深刻で、引き続き長期的な精神的ケアが必要だ』と話している。」と伝え、また「最近30日以内に自殺したいと思ったことがある」は20%に上った。と結果を発表しています。記事の中で「太刀川さんは『時間がたつにつれて心の状態が回復する人が増える一方で、現在もさまざまな精神症状に苦しむ被災者がいることを忘れてはいけない』と指摘している。」と紹介しています。
 その中でも、被災者の心の叫びがアンケートから伝わってきました。
 「死んでいいなら死なせてほしい」
「一人は本当に苦しい」。
 「子どもや親より早く死ねないから仕方なく生きている」(40代女性)
 「孫、子ども、みんなバラバラの生活、生活費全て3倍です」(70代女性)
 などの悲痛な叫びが聞こえています。
 主な悩みは「家族の分離・不和」「自宅半壊」「失業」などだそうです。しかも半数以上が4ヶ所以上の避難先を転々としており、事故前は12%だった「無職」が現在は48%と大幅に増えたそうです。
 6年経った今この4月には自主避難者の住宅補償が打ち切られ、帰還政策を進められていますが、6年経った被災地の現状は復興にはほど遠く、いまだ復旧の途上です。福島県以外の被災沿岸でもいまだ再建が果たせず、仮設住宅に暮らす人、災害復興住宅に入っても、給料がそのままで家賃が上がり退去を求められる人、故郷に残るべきか悩んでいる人、再建した自宅に不具合がある人などいまだ復興には程遠い状況です。

まして、福島第一原発は数十年も続く放射能との闘いです。先日も廃炉工程の変更が発表され、核燃料取り出しが3年遅れました。あれから6年原子力緊急事態宣言はいまだ発令中です。
安倍晋三総理は「国難突破解散」と衆議院を解散しましたが、このような状態こそが「国難」ではないでしょうか?
(増島 智子)

*トピックス
<女川2号機>再稼働7割近く反対 東北電社長「厳しい数字」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170928_12022.html
(2017年9月28日 河北新報)

汚染土壌1200トン不適切管理 第1原発敷地内、実施計画違反疑い
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170928-207646.php
(2017年9月28日 福島民友)

東海第二、事故に備え 14市町村 新たな避難先確保へ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201709/CK2017092802000175.html
(2017年9月28日 東京新聞)

10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
9月23日(土)は鈴木(川崎)、24日(日)は村上(神戸)、25日(月)は東條(神戸)、26日(火)は細川(NGO)、27日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日9月28日(木)は増島(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日9月29日(金)は、村井(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
9月30日(土)鈴木(川崎)
10月 1日(日)村上(神戸)
   2日(月)東條(神戸)
   3日(火)募集中!!
   4日(水)大石(静岡)
   5日(木)宇田川(神奈川)
   6日(金)募集中!!
   7日(土)鈴木(川崎)
   8日(日)村上(神戸)
   9日(祝・月)募集中!!
  10日(火)募集中!!
  11日(水)大石(静岡)
  12日(木)募集中!!
  13日(金)募集中!!
  14日(土)鈴木(川崎)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.765 [2017年09月21日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL765(2017年9月21日)

*今回はニュースをお休みさせて頂き、トピックスとハンスト日程のみお届けしますので、御了承下さい。

*トピックス
柏崎刈羽、27日にも適合 規制委「安全第一」明記受け
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092002000242.html
(2017年9月20日 東京新聞夕刊)

原発避難訴訟 84歳「希望持てる判決を」
https://mainichi.jp/articles/20170921/k00/00e/040/307000c
(2017年9月21日 毎日新聞)

3年遅れで最終調整 福島第一原発 1・2号機の核燃料取り出し
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148451000.html
(2017年9月20日 NHKニュースウェブ)

双葉町の復興拠点初認定 2022年春の避難解除目指す
http://www.minpo.jp/news/detail/2017091645117
(2017年9月16日 福島民報)

9月、10月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
9月13日(水)は大石(静岡)、14日(木)は細川(NGO)、15日(金)は増島(NGO)、16日(土)は鈴木(川崎)、17日(日)は村上(神戸)、18日(祝・月)は頼政(NGO)、19日(火)は東條(神戸)、20日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日9月21日(木)は村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日9月22日(金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
9月23日(土)鈴木(川崎)
  24日(日)村上(神戸)
  25日(月)募集中!!
  26日(火)募集中!!
  27日(水)大石(静岡)
  28日(木)募集中!!
  29日(金)募集中!!
  30日(土)鈴木(川崎)
10月 1日(日)村上(神戸)
   2日(月)募集中!!
   3日(火)募集中!!
***************************
| 次へ