CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
脱原発ハンスト”ニュースVOL.709 [2017年02月16日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL709(2017年2月16日)

以前のニュースで日本のダムの有効活用についてふれました。今年、新エネルギー財団の「新エネ大賞」で資源エネルギー庁長官賞の受賞が決まった和歌山県有田川町の二川ダムに設置された町営二川小水力発電所についてご紹介します。

この二川ダムは1967年に水害対策と発電の多目的ダムとして建設されたそうです。多目的ダムは利水と治水の両方の目的を果たすためのダムで矛盾する目的のため、ダムは半分くらい空の状態になるのです。ここ二川ダムでは、川の流量維持のため常時放流している「維持放流水」を利用して、小水力発電を行っているのです。ただ現在の河川法で定められている法律からすると目的外使用となり、小水力発電をするのにはハードルが高く、膨大な資料を用意しなければならいないのです。これは京都の嵐山で小水力発電をしている人からも聞いたことがあり、提出資料だけで膨大な資料になって大変だったと言っていました。

今回の二川小水力発電でも計画が頓挫しかけたそうが、2011年の東日本大震災がきっかけで、取り組みが再開され2014年の8月に許可が下り、町は徹底したゴミの分別による売却益なども利用し、小水力発電所の建設資金を捻出したそうです。2016年から発電を開始し、発電量は年間12万キロワットで一般家庭約330世帯分にあたり、関西電力への電力販売を通じて年間約4300万円の利益が出ているそうです。この小水力発電の総事業費は約2億8600万円ですが、電力会社が20年間買い取る制度を利用しているので、町は7年ほどで事業費を回収できると見込んでいます。有田川町は2006年に地方創生の一環で旧吉備町、金屋町、清水町が合併して、誕生した人口2万6700人の町だそうです。毎日新聞(2016/10/2)では、「県と交渉を重ねてきた町環境衛生課の中岡浩課長は『小さな町でも工夫すればいい取り組みができると信じてきた。小規模自治体のモデルケースになれればいい』と話している。」とメッセージが紹介されています。

こうして、ダム有効活用も少しずつでも実践されている地域の事例をみていると、エネルギーの地産地消も着実に進んでいるのですね。各地にこのような取り組みが広がればFIT(固定化価格買取制度)に左右されたり、危険な原発に頼ることも少なくなっていきますね。
(増島 智子)
           
*トピックス
<柏崎刈羽原発>「免震重要棟」耐震性、高く説明 東電
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000020-mai-soci
(2017年2月12日 毎日新聞)

東芝、原発損失7125億円 決算延期 昨年末時点で債務超過
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201702/CK2017021502000117.html
(2017年2月15日 東京新聞)

原発避難者向け公務員宿舎「入居継続」半数が希望
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021602000119.html
(2017年2月16日 東京新聞)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日2月16日(木)は、杉岡(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月17日(金)は、ぺんぎん(広島)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月18日(土)鈴木(川崎)
  19日(日)村上(神戸)
  20日(月)東條(神戸)
  21日(火)募集中!!
  22日(水)大石(静岡)
  23日(木)募集中!!
  24日(金)募集中!!
  25日(土)鈴木(川崎)
  26日(日)募集中!!
  27日(月)岡本(たつの)
  28日(火)募集中!!
3月 1日(水)大石(静岡)
   2日(木)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.708 [2017年02月14日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
……………………………………………………………………
VOL708(2017年2月14日)

太陽のエネルギーはすべての源ですね。太陽により海面や地表の水分を空に届けて雨を降らせる、土に水を運び植物を育み、林や森ができて、その栄養素が海までも育んでいます。その大地や海からたくさんの生き物が生まれていてそれらを私たち人間はおすそ分けをしてもらっています。

そんな太陽の光のエネルギーを頂き、再生可能エネルギーが各地で生まれています。私たちも身近に何かできないでしょうか?すでにご存じの方もいるかもしれませんが、ソーラークッカーという太陽光を利用して調理ができる器具があります。アルミ箔を段ボールに貼った簡単なものから、ボックス型のものなどがあり、ご飯を炊いたり、お湯を沸かしたり、煮物を作ったりできます。
後進国では、調理に薪を使うことが多いので、森林が減っている状況を懸念して、ソーラークッカーの普及に取り組んでいる人もいます。

また、ソーラーランタンというものあります。太陽光を使って、光を届けるものです。インドなどの無電化の村などでも利用されています。熊本地震の被災地でも利用され、灯りのなくなった地域ではソーラーランタンの灯りで子どもが喜んでやっと夜に眠れるようになったという話を聞きました。

利便性を追求するあまりに、電気がなくなったりすると困ることが多くあったり、環境を破壊したりしてしまいます。原発はその象徴の一つでもあり、今回の福島第一原発であらためて原発の恐ろしさに気づかされました。仏教経済学でいうところの小欲知足=足るを知るということを少しでも実行に移し、未来の世代につないでいくこと考えたいですね。
(増島 智子)
             
*トピックス
<原発避難>「金銭授受はいじめ」認定一転し認定
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170214_73027.html
(2017年2月14日 河北新報)

米原発で巨額損失 大幅赤字、今夕発表へ
http://mainichi.jp/articles/20170214/k00/00e/020/160000c
(2017年2月14日 毎日新聞)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
昨日2月12日(日)は村井(NGO)、13日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日2月14日(火)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月15日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月16日(木)杉岡(神戸)
  17日(金)募集中!!
  18日(土)鈴木(川崎)
  19日(日)村上(神戸)
  20日(月)東條(神戸)
  21日(火)募集中!!
  22日(水)大石(静岡)
  23日(木)募集中!!
  24日(金)募集中!!
  25日(土)鈴木(川崎)
  26日(日)募集中!!
  27日(月)岡本(たつの)
  28日(火)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.707 [2017年02月10日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL707(2017年2月10日)

神戸市内に昨年できた摩耶駅が地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞したそうです。7日の神戸新聞に紹介されていました。摩耶駅は昨年3月にできたばかりの駅です。記事によると「摩耶駅に設置したのは、列車のブレーキで発生する電力を『直流』から『交流』に変換する装置。『直流』では、近くを通る列車にしか転用できなかったが、『交流』に変換することで、駅舎の照明に使えるようになった。省エネ効果は1日約100キロワットアワーで、一般家庭の10世帯分に当たる。さらに、駅舎の屋根には太陽光パネル176枚を設置。照明は発光ダイオード(LED)を採用してセンサーで自動制御する。改札内のベンチには六甲山系の間伐材を使用するなど『環境にやさしい』メニューを多く盛り込んだ。」ということです。
こうして、同規模の駅より消費電力を50%以上カットしたそうです。省エネの工夫や再生エネルギーの利用の仕方もいろいろあるんだとあらためて感じます。自然環境を大切に持続可能な社会に向けて、各方面でのチャレンジは続いています。
(増島 智子)
            
*トピックス
「森林業」地域振興の核に 会津創生シンポ、可能性を語る
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170209-147681.php
(2017年2月9日 福島民友)

第二原発など全国10施設で浸水対策不十分 規制委が対策指示
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2017/02/post_14721.html
2017年2月9日 福島民報)

福島2号機、格納容器内で毎時650シーベルト 過去最高値
www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017021002000126.html
(2017年2月10日 東京新聞)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日2月9日(木)は、空(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日2月10日(金)は、ゆりひめ(イギリス)、岡本(たつの)の2名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月11日(祝・土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)募集中!!
  15日(水)大石(静岡)
  16日(木)杉岡(神戸)
  17日(金)募集中!!
  18日(土)鈴木(川崎)
  19日(日)村上(神戸)
  20日(月)東條(神戸)
  21日(火)募集中!!
  22日(水)大石(静岡)
  23日(木)募集中!!
  24日(金)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.706 [2017年02月07日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL706(2017年2月7日)

前号のトッピクスで紹介しましたふたば未来学園高演劇部オリジナル作品「数直線」が東京で上演されました。福島民報(2017/2/5)でそのことが紹介されています。記事によると「数直線は東京出身の生徒が東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した生徒との立場の違いなどを実感しながら成長する姿や、生徒たちの日頃の思いを表現している。」そうです。
また、「終了後、構成・演出担当の佐藤美羽(みう)さん(2年)、出演者の松田咲良(さくら)さん(1年)、平田さんがトークを繰り広げた。佐藤さんは『劇を通じて震災や福島について考えてもらえたらうれしい』、松田さんは『(福島の現状を)劇で発信することが自分たちにできる唯一の取り組み」と語った。』と紹介されています。
私もまだ見たことはありませんが、一度みてみたいですね。

もう一つ、福島県二本松市のナメコ農家さんの記事をみつけました。河北新報(2017/2/6)の記事によると、「福島県二本松市のナメコ農家武藤一夫さん(64)は複数の顔を持つ。イタリアンレストラン『東和季(き)の子(こ)工房』のオーナーとして新鮮な野菜を使う料理を提供。NPO法人理事長として移住者の就農支援に力を注ぐ。『地元の東和地区を豊かにしたい』。」という方です。子どもたちの農業体験にと受け入れ先の周辺農家と協力して東日本大震災の前に計画を立てた矢先に、震災が発生してしまったのです。その後、口コミで評判となり毎年首都圏から1000人以上の利用があるそうです。そして、今後も「地域資源である農業を軸に、誰もが豊かさを感じられる地域をつくりたい。そのためには移住者定着が大切。新しい価値観を地域に取り込んでいきたいですね」と意気込みを語っています。

こうして、高校生も農家のみなさんもいまだ収束の目途が立たない福島第一原発の影響のなかでも、ふるさとを守ろうとしている姿にうれしく思います。原発由来の電気を使ってきた私たちも自分のできることから、福島の人たちを応援していきたいと思います。
(増島 智子)
            
*トピックス
日本酒「精一杯」初披露 福島の酒米、山口・酒造会社で醸造
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170206-146833.php
(2017年2月6日 福島民友)

北電・泊原発で冬季防災訓練 暴風雪時の事故想定
http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2017020401001151
(2017年2月4日 福島民報)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
2月5日(日)は村上(神戸)、6日(月)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日2月7日(火)は、細川(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月8日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月 9日(木)空(神戸)
  10日(金)ゆりひめ(イギリス)、岡本(たつの)
  11日(祝・土)鈴木(川崎)
  12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)募集中!!
  15日(水)大石(静岡)
  16日(木)募集中!!
  17日(金)募集中!!
  18日(土)募集中!!
  19日(日)募集中!!
  20日(月)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.705 [2017年02月03日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL705(2017年2月3日)

少し前に話題になった本「水力発電が日本を救う」(元国土交通省河川局長武村公太郎/東洋経済新報社)をいまさらですが、読んでいます。ここには、いまある日本のダムを有効活用すれば、年間2兆円超の電力を増やすことができるということです。これは「今の日本で1年間に発電されている電力量は約1兆KWhだから、もし水力を完全に開発できれば、電力需要の70%ほどを賄える計算だ。」(あくまで理論値)そうです。

著者は国交省在職時に河川局で3つの巨大ダムの建設に関わり、人生の大半をダムづくりに費やしてきたそうです。いま日本のダムは利水と治水用のものと、その両方の役割を果たす多目的ダムがあるそうです。利水は水を利用し、水道水や工業用水、田畑で使う農業用水、水力発電などに使うことです。治水は洪水などを予防することです。利水のためには、生活に使うためにはある程度水を貯めなければならないですが、治水のためにはなるべくダムの水を少なくしておいて、大雨などの時にその雨水などを貯める空きスペースが必要になるのです。この矛盾により、有効活用ができていないと指摘しています。

また、ダムの耐久性についても指摘しています。東日本大震災でも、阪神・淡路大震災でもダム本体は壊れなかったそうです。そして文中には「@コンクリートダムには鉄筋がなく、天然の凝灰岩と同じである。A固い地層に直接コンクリートを打って基礎にしている。Bダムの厚みが極めて厚く巨大な山となっている。」と述べられています。
有効に活用するためには、法律や運用の仕方などいくつかのハードルがありますが、せっかくあるものであれば、環境にやさしく、次世代に借金も残すこともない水力発電をやる気になればできるんだなと思わせてくれる本です。この本のなかでも著者が言っていますが、この本はもちろんダムを増やそうというものではありません。いまあるダムを有効活用して、電力量を増やせるというものです。

ぜひ、まだ読んでいない方は一度読んでみてはいかがでしょうか?
(増島 智子)
            
*トピックス
格納容器内で530シーベルト計測 核燃料取り出し障害に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201702/CK2017020302000117.html
(2017年2月3日 東京新聞)

廃炉費用 いつの間にか高くつく
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017020302000138.html
(2017年2月3日 東京新聞)

「震災と向き合う」 ふたば未来学園高演劇部、4日から東京公演
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017020302000138.html
(2017年2月3日 福島民友)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日2月3日(金)は、ぺんぎん(広島)、増島(NGO)の2名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月4日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月 5日(日)村上(神戸)
   6日(月)宇田川(神奈川)
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
   9日(木)空(神戸)
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(川崎)
  12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)募集中!!
  15日(水)大石(静岡)
  16日(木)募集中!!
  17日(金)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.704 [2017年02月02日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL704(2017年2月2日)

みなさんすでにご存じかと思いますが、「全国ご当地エネルギー協会」という自然エネルギーの事業に取り組むネットワークがあります。前号でご紹介した宝塚すみれ発電も加入しています。
そのHPでは、全国各地でさまざまな地域主導型、地産地消の再生エネルギーの取り組みが紹介されています。例えば長野県では豊富な自然を生かして地域経済の活性化を目指しています。長野県環境エネルギー課田中信一郎さんはインタビューの中で「長野県全体から、毎年どれくらいエネルギー費用を海外に支払っているか、正確なところは不明ですが、国の化石燃料輸入額から2008年度だけでも約4,000億円程度ではないかと推測されます。」と話しています。
そこで、長野県では「環境エネルギー戦略(第三次長野県地球温暖化防止県民計画)」(2013年策定)により環境を守り、経済成長を促し、地域を活性化させようとしています。太陽光、水力、バイオマスなどのエネルギーの種別ごとの促進策も実施しているそうです。
徳島県の佐那河内村では「佐那河内みつばちソーラー発電所」があり、寄付金を募り、寄付を頂いた人には地域の特産品を送り、地域活性化にもつなげています。

兵庫県淡路島では2011年12月から「あわじ環境未来島構想」をかかげ、スタート当初は再生可能エネルギー自給率は8%(2011年)だったにもかかわらず、2014年度末には22%にまで達しています。当初計画では2020年に20%を目指していましたが、すでに計画以上になっています。太陽光・風力・バイオマスなどを行っています。例えば放置竹林を利用したバイオマスや油糧作物の栽培収穫販売から廃油を回収して、BDF(バイオディーゼル燃料)利用促進などです。
兵庫県でも地域主導型再生可能エネルギー導入型促進事業を実施していて、地域の団体に対して、技術的支援や無利子貸し付けを行っています。
身近な地域でもたくさんの再生エネルギーの取り組みが広がっていますね。みなさんの地域にある再生エネルギーの取り組みがあればぜひご紹介ください。
(増島 智子)
            
*トピックス
原発処理費の国民負担 東電「われわれはルールの作り手ではない」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201702/CK2017020102000116.html
(2017年2月1日 東京新聞)

新潟知事、再稼働慎重姿勢は維持 柏崎原発視察で
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017020101001248.html
(2017年2月1日 東京新聞)

<原発避難>休校は無念 生徒共と共に卒業幸せ
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170201_63007.html
(2017年2月1日 河北新報)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日2月1日(水)は、大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日2月2日(木)は、斎藤(京都)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日2月3日(金)は、増島(NGO)、ぺんぎん(広島)の2名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月 4日(土)鈴木(川崎)
   5日(日)村上(神戸)
   6日(月)宇田川(神奈川)
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
   9日(木)空(神戸)
  10日(金)募集中!!
  11日(土)鈴木(川崎)
  12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
  14日(火)募集中!!
  15日(水)大石(静岡)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.703 [2017年01月30日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL703(2017年1月30日)

先日「非営利型株式会社宝塚すみれ発電」の代表取締役井上保子さんのお話を伺がいました。
井上さんは学生時代、自分たちが豊かなくらしの中で、原発や公害などにより苦しめられている人々がいることを知り、自分が知らなかったことにショックを受けたそうです。
当初は1986年チェルノブイリ原発が事故を起こす前の1981年「原発の危険性を考える宝塚の会」という会に関わり、以来原発に頼らないくらしを追求してきたそうです。
脱原発を訴えて関電に申し入れに行ったときには担当者に「原発がなくなったら、江戸時代に戻りますよ」と言われたそうです。その悔しさがバネになり、自分たちで電力を生み出したのです。

また、安全・安心な牛乳を飲みたいという想いから低温殺菌牛乳を購入しているそうです。1970年代の公害問題などをきっかけにできた丹波乳業と共同で環境にやさしい安全な食べ物を追求することで、太陽光発電を広げています。そんな活動の中で、酪農家が置かれている状況を見て、酪農家を支えようと、動き出したのです。中古の太陽光パネルを利用し、それを設置し、電力を生み出し酪農家は発電を設置することで電気代が軽減されました。

井上さんは「儲からなくてもいい。循環できればいいのです」と心強く話していました。そして、「各地で同じような取り組みができればいい、それで原発由来の電気を使用しないようになれば、固定価格買取制度の値段が上がろうが、下がろうが関係ない」ともおっしゃっていました。
大切ないのちを頂いていることに感謝し、そのいのちを頂く環境を守り、未来の子どもたちへのプレゼントを残したいという想いを胸に、まだまだ続く再生エネルギーへの取り組みを聞かせてくださいました。
詳細については「非営利型株式会社宝塚すみれ発電」のHPをご覧ください。
http://takarazuka-sumire.com/
(増島 智子)
            
*トピックス
<福島第1原発>溶融核燃料か…2号機圧力容器下に黒い物体
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000034-mai-soci
(2017年1月30日 毎日新聞)

<避難解除>説明会終了 帰還へ不安拭えず
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170130_73031.html
(2017年1月30日 河北新報)

<記者の目>東電事故と国民負担=川口雅浩(東京経済部)
http://mainichi.jp/articles/20170111/org/00m/040/005000c
(2017年1月11日 毎日新聞)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
1月28日(土)は鈴木(川崎)、29日(日)は村上(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日1月30日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日1月31日(火)は、岡本(たつの)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
2月 1日(水)大石(静岡)
   2日(木)斎藤(京都)
   3日(金)募集中!!
   4日(土)鈴木(川崎)
   5日(日)村上(神戸)
   6日(月)募集中!!
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
   9日(木)募集中!!
  10日(金)募集中!!
  11日(土)募集中!!
  12日(日)募集中!!
  13日(月)東條(神戸)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.702 [2017年01月26日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL702(2017年1月26日)

今年で東日本大震災から6年を迎えます。世界に類を見ない福島第一原発の過酷事故を経験し、6年経った今でも多くの人たちが先の見えない不安な生活を余儀なくされています。
昨年のことですが、震災から5年目の2016年3月11日に岩手県弁護士会の会長声明が出されていました。そこには「被災者一人ひとりの状況を把握して、必要な支援をしていくという考え方をすれば一定程度解決できる問題であり、そのためには、罹災証明に基づく硬直的な支援ではなく、被災者一人ひとりに寄り添った支援を可能にする、新たな災害復興法制が構築されなければならない。」と書かれてありました。
私たちNGOは、22年前の阪神・淡路大震災発生から「最後の一人まで救う!」と目標を掲げ、この22年間取り組んできました。こうして岩手弁護士会も会長声明で「被災者一人ひとりに寄り添った支援を」と謳われているということは、支援の在り方として阪神・淡路大震災の教訓が継承されていると言えますが、残念ながら被災者には届いていないという現実が少なくありません。

また、福島第一原発の問題では「東京電力福島第一原発事故で立ち入りが制限されている帰還困難区域の復興を柱とした福島復興再生特別措置法の改正案の概要が24日、分かった。5年後をめどに避難指示を解除し、帰還した住民が住めるように道路などのインフラを整備する「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の除染について、国が費用を負担すると明記。」(2017/1/25東京新聞)ということが伝えられています。
3月末には自主避難者の住宅支援が打ち切られようとしていたり、避難児童のいじめ、汚染水処理、除染、福島第一原発の廃炉など問題は山積みです。それなのに、政府は前述のように強引に帰還政策を進めています。くらしとは、箱物やハード面を整えればいいというものではないのです。このような施策は原発の被害を受けた一人ひとりに寄り添っているようには思えません。
岩手弁護士会の会長声明にあるように、「罹災証明に基づく硬直的な支援」ではなく、被害者の一人ひとりの状況を把握したうえで、丁寧に対応してもらいたいです。
(増島 智子)
            
*トピックス
<原発避難>経験者の悩み支援 交流の場開設
www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170126_63009.html
(2017年1月26日 東京新聞)

原乳出荷を再開 旧避難区域では事故後初 楢葉の蛭田牧場
http://www.minpo.jp/news/detail/2017012538427
(2017年1月25日 福島民報)

損失が6800億円 米国の原発事業にからみ
http://mainichi.jp/articles/20170126/k00/00m/020/178000c
(2017年1月26日 毎日新聞)

2月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
1月18日(水)は大石(静岡)、19日(木)は杉岡(神戸)、20日(金)は細川(NGO)、21日(土)は岡本(たつの)、22日(日)は鈴木(川崎)、23日(月)は立山(神戸)、24日(火)は頼政(NGO)、25日(水)は空(神戸)・大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日1月26日(木)は、村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日1月27日(金)は、上野(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
1月28日(土)鈴木(川崎)
  29日(日)村上(神戸)
  30日(月)東條(神戸)
  31日(火)岡本(たつの)
2月 1日(水)大石(静岡)
   2日(木)募集中!!
   3日(金)募集中!!
   4日(土)鈴木(川崎)
   5日(日)募集中!!
   6日(月)募集中!!
   7日(火)募集中!!
   8日(水)大石(静岡)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.701 [2017年01月16日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL701(2017年1月16日)

明日1月17日、阪神・淡路大震災から22年を迎えます。あっという間のような長かったような年月が流れています。一人ひとりの想いが駆け巡り、それぞれの1月17日を迎えることと思います。
そんな中、私たちの仲間が遠く離れた異国の地で1月17日に想いを馳せ、ハンストに参加してくれます。半年前からセネガルに行って、その住民の人たちが心から自分たちの土地を愛していることに感動したそうです。逆に日本の人たちはどうだろう??と。異国の地でいろんな意味で想いを巡らせながら、「顔の見えない関係」のハンストをつないでくれます。

〜彼女からのメッセージ〜
明日を担う私たち、私にできることは・・・
「子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために」。セネガルより

2012年6月14日午前9時、原発再稼働に反対し、リレーによる24時間ハンストに入った。当時の文章を読み返す。「2011年3月11日の大地震・津波によって引き起こされた福島第一原発事故。見えぬ恐怖に怯え、福島の人たちは心も体もバラバラに引き裂かれた。今も尚、多くの人たちが故郷に戻れずにいる。」当時の状況が、昨日のことのように思い出される。私たち、そして私はこの現実としっかりと向き合わなければならない。その責任がある。そして、その覚悟が私にはある。

私は、今アフリカのセネガルという国でボランティア活動をしている。朝5時、イスラム教のお祈りが響き渡る。セネガル人の1日の始まりは、洗濯からだ。たくさんの服を手でゴシゴシ、ゴシゴシ。洗濯機はない。その後は近くにある市場へ行き、その日に作る分の野菜や魚を買い料理を作る。家で飼っている鶏さんの命を頂く時もある。料理にはガス、炭や薪を使用する。冷蔵庫や扇風機がない家もあるが、不便がない。私も冷蔵庫を使用していない。日中は30度以上になり汗が止まらない。しかし大きな大きな木が木陰を作ってくれる。お昼は、その木の下で心地よい風を感じながら家族みんなで1つのお皿を囲む。そしてアタヤ(甘いお茶)を飲みながらゆっくりと時間を過ごす。時にサバル(太鼓)と歌で踊り歌い出す。自然の中で「今」を楽しむセネガル人がそこにいる。

セネガルは、毎日どこかで子どもが生まれ、兄弟が7〜10人と子どもの数も多い。しかし、病気がちの子どももいれば、消えていく幼い命もある。子どもたちの成長を見守りボランティア活動をする中、日本から2ヶ月かけて船に乗ってやってきた「まけないぞう」さんをお渡しする。「TSUNAMI」「FUKUSHIMA」と言い、福島の原発事故に関心を持ってくださっているセネガル人がいる。セネガルには原発がない。なくても暮らしていけるよと話すセネガル人は、セネガルが大好きである。日本人である私たちは、自分の国を好きだと言えるだろうか。大切なものは「かけがえのない命、家族との時間」だとセネガル人は教えてくれる。そして、「今」を大切にし、自然の中で生きるセネガル人は、気配り、心配り、相手を思う気持ちを常に忘れない。私たちは忘れてはいないか、何が大切なのかを。

「原発なんていらない」社会にするために、セネガルから日本に思いを馳せ、1月17日、「覚悟」という言葉を胸に、ハンストに参加をする。
 
22年前の1月17日、私たちは「かけがえのない、いのちの尊さ」を学んだ。無駄にはしてはいけない。子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために。
(セネガルより Y.R)

*トピックス
風力発電で列車を運行 オランダ鉄道、年明けから世界初
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017011601000979.html
(2017年1月16日 東京新聞)

医師の寄付から民間基金 福島・自主避難者の転居費用支援
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017011602000116.html
(2017年1月16日 東京新聞)

1月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日1月16日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日1月17日(火)は、柚原(セネガル)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
1月 18日(水)大石(静岡)
   19日(木)杉岡(神戸)
   20日(金)募集中!!
   21日(土)岡本(たつの)
   22日(日)鈴木(川崎)
   23日(月)募集中!!
   24日(火)募集中!!
   25日(水)大石(静岡)
   26日(木)募集中!!
   27日(金)募集中!!
   28日(土)鈴木(川崎)
   29日(日)村上(神戸)
   30日(月)募集中!!
   31日(火)岡本(たつの)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.700 [2017年01月14日(Sat)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL700(2017年1月14日)

神戸では1月17日が近づき、何かとそわそわしています。新聞などをみていても1月17日の震災関連の記事が多く目につきます。いまから22年前に阪神・淡路大震災が発生し、6434名の尊いいのちがうしなわれました。そして、その後の“人災”もあり、当たり前だった生活が奪われ、その当たり前にあらためて感謝したのです。
そして、20年前の1998年に私たち市民は「市民がつくる復興計画〜私たちにできること〜」を発行しました。その中に「戦後50年の間、私たちはひたすら経済成長を追い求めてきた。あまりにも経済効率を重要視しすぎた。そして私たちの暮らしにかかわることまで行政に依存し過ぎてきた。阪神・淡路大震災は、このような行政依存体質に警告を発してくれた。」と書かれています。これまでの生活スタイルを見直し、市民が主人公の人にやさしい市民社会を、新しい暮らしを生み出していこうと歩み出したのです。
しかし、その16年後に東日本大震災が発生し、世界でも類を見ない原発の過酷事故を起こしたのです。私たちは、原発に依存してきたことを反省し、脱原発社会を目指してきました。自然災害でも同じような過ちが繰り返されています。
22年目を目前にひかえ、被災地KOBE(ノーモア広島というように広く被災地をさします)から、脱原発の声をあげていきたいと思います。
(増島 智子)

*トピックス
原発自主避難 家賃の壁 首都圏優先枠 応募・入居25%
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017011490070132.html
(2017年1月14日 東京新聞)

<原発避難>山形公舎提供50戸に申し込み7件
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201701/20170114_51006.html
(2017年1月14日 河北新報)

<全町避難>富岡帰還へ生活環境改善訴える
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017010802000122.html
(2017年1月14日 河北新報)

1月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日1月14日(土)は、鈴木(川崎)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日1月15日(日)は、村上(神戸)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
1月 16日(月)東條(神戸)
   17日(火)柚原(セネガル)
   18日(水)大石(静岡)
   19日(木)杉岡(神戸)
   20日(金)募集中!!
   21日(土)岡本(たつの)
   22日(日)鈴木(川崎)
   23日(月)募集中!!
   24日(火)募集中!!
   25日(水)大石(静岡)
   26日(木)募集中!!
   27日(金)募集中!!
***************************
| 次へ