CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
脱原発ハンスト”ニュースVOL.732 [2017年04月20日(Thu)]
いつもお世話さまです。ハンストも2012年6月からスタートしまもなく丸6年になります。

この間、なかなか原発は止まりませんが、ハンストを通して、普段の豊かな生活を振り返り「小欲知足」という「足るを知る」を感じてきました。ハンストの輪も少しずつ広がりまた一度みなさんと集まってこれまでを振り返り、今後のことをお話する機会を持ちたいと思います。

月末からゴールデンウィークが始まります。当センターのスタッフも東北訪問やイベントなどで人出が不足します。みなさんせっかくのお休みですが、ハンスト参加者を大募集いたしますので、どうぞご協力お願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL731(2017年4月11日)

 ここ数日、玄海原発3・4号機の再稼働に向けた動きが慌ただしくなってきました。佐賀県議会は13日の臨時会で、再稼働を容認する決議案を賛成多数で可決しました。山口祥義知事も月内に同意を表明する見通しです。それに関して世耕経済産業省が山口県知事と会談することで調整しているそうです。政府も地元自治体も再稼働に向けて着々と準備を進めています。

 一方、半径30キロ圏内にあたる長崎県松浦市議会は12日、玄海原発3・4号機の再稼働に関する意見書を全会一致で可決し、政府に送っています。平戸市議会に続いて2例目だそうです。その中身について東京新聞(2017/4/12)では、「意見書は、渋滞や橋の老朽化といった避難経路に関する不安を挙げ『自治体任せとなっている避難計画や方法が国の責任で確立されなければ、市民の安全と安心を確保すべき環境が整えられたとはいえない』とした。東京電力福島第1原発事故にも触れ『原因の究明がなされていない。震災を教訓とした国の諸制度の改正もされていない』と指摘した。」と伝えています。
なぜ、そんなに原発を再稼働させたいのでしょうか?

 産経新聞(2015/12/27)によると「原発立地自治体の財政で大きなウエートを占める交付金は、一部からは『アメとムチ』との批判が上がる。ただ、漁業や農業といった第一次産業が主産業で、近年は特に過疎化や高齢化が進む地域にとって、原発関連産業や交付金が大切な『生きる糧』となっていることも事実だ。
高浜町商工会の田中康隆会長は『原発は基幹産業そのもの。地域経済と密接に関係している』と力説する。高浜町の歳入のうち、交付金や税収など原発関連収入が5割超を占める。『原発や交付金がなくなれば、立ちゆかなくなるのは誰の目にも明らかだ』。ある町議はこう断言する。福島事故後の厳しい実情を踏まえ、ベテラン高浜町議はこう語った。『高浜3、4号は再稼働はできそうだが、原発の運転期間は最長で60年。永久に動き続けることはない。今のうちに交付金や原発頼みの財政、経済から脱却することを考えないといけない。それが、今回の長期停止から得た教訓だ』」と伝えていました。
 原発立地自治体への原発関連の交付金は、自治体にとって持続可能で市民が主人公のまちづくりにつながっているのでしょうか??

福島事故の教訓から私たちが学ぶべきことは一体なんなのか?もう一度考えなければなりません。
(増島 智子)
                  
*トピックス
規制委、4原発の廃炉計画を認可 運転40年規定後初
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017041902000255.html
(2017年4月19日 東京新聞)

玄海再稼働に平戸市長が一転反対「避難計画が不十分」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017042002000132.html
(2017年4月20日 東京新聞)

「三春滝桜」荘厳の美 八分咲き、夜間ライトアップも
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170419-165603.php
(2017年4月19日 福島民友)

4月、5月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
4月13日(木)は宇田川(神奈川)、14日(金)は空(神戸)、15日(土)は鈴木(川崎)、16日(日)は村上(神戸)、17日(月)は杉岡(神戸)、18日(火)は細川(NGO)、19日(水)は大石(静岡)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日4月20日(木)は、岡本(たつの)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月21日(金)は、村井(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月22日(土)鈴木(川崎)
  23日(日)村上(神戸)
  24日(月)東條(神戸)
  25日(火)募集中!!
  26日(水)大石(静岡)
  27日(木)募集中!!
  28日(金)募集中!!
  29日(祝・土)鈴木(川崎)
  30日(日)村上(神戸)
5月 1日(月)岡本(たつの)
   2日(火)募集中!!
   3日(祝・水)大石(静岡)
   4日(祝・木)募集中!!
   5日(祝・金)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.731 [2017年04月11日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL731(2017年4月11日)

 6年前の新聞記事を整理していると、なんだか心臓が破裂しそうだ。記事には「福島原発 建屋で爆発」「燃料棒露出続く」「放射能の恐怖 極限」「福島第一制御困難」「ガソリンなく避難困難」「原発『安全神話』崩壊」「涙こらえ支え合う」「泥の海 町消えた」「生産も物流も まひ」「津波瞬時に襲来」などの言葉が連なる・・・。
 あれから6年経ったいま、政府はあの時の「恐怖」を忘れたかのように原発の再稼働を粛々と進めています。

 一方で、被災地の市民は福島をはじめ、各地で再生エネルギーへの取り組みを行っています。岩手県野田村もその一つです。昨年の毎日新聞(2016/11/20)の記事によると「東日本大震災で大きな被害に遭った野田村に、被災男性たちが自らの手で設置した太陽光発電所がある。全国から集めた資金を元に完成させたのは、木工品を作る「だらすこ工房」のメンバーの5人。」と伝えています。

 誰もがあの未曽有の災害を見聞きし、体験し、原発の恐ろしさを感じことでしょう。見えない放射能の恐怖に怯えながら・・・。でも「喉もと過ぎれば・・・」と聞こえてくるような、6年後の私たちの生活はまた、震災前の生活に戻りつつあるのではないでしょうか?
 被災地ではいまだ不自由な避難生活が余儀なくされ、自主避難者の方たちは支援が打ち切られ、故郷に戻ってもなお、復興への道のりは始まったばかりです。その教訓を忘れまいと被災地の人たちは自分たちにできることを取り組んでいます。前述の野田村の「だらすこ工房」の代表の大沢継弥さんは「元気に電気をつくる姿を支援者に見せたい。それが一番の恩返し」と話しているそうです。あんなに辛い目に遭った人たちがこうしてがんばっている。政府が粛々と再稼働に向けて進む中、被災地の人々は粛々と再生エネルギーを生み出しているのです。自分のできることから動いていくしかないですね。

 先日、毎日新聞(2017/3/8)の社説にこう書いています。「私たちは原発事故がもたらした巨大な負債を抱え、何十年もかけてそれを乗り越えていかなくてはならない。その闘いには支えが必要だ。事故を二度と繰り返さないためにも原発依存から脱することを決め、その方向に歩む。それが最も強い支えになるはずだ」と。
 電力をたくさん使っている原発立地以外に住む私たちにも、もっとできることはあるのではないでしょうか?
(増島 智子)

*トピックス
再生エネ、長期戦略 洋上風力や地熱発電を30年に大量導入
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017041102000131.html
(2017年4月11日 東京新聞)

原発避難の子へいじめ129件「放射能」呼ばわりなど
http://www.asahi.com/articles/ASK4C35G8K4CUTIL00B.html?iref=comtop_list_nat_n02
(2017年4月2日 朝日新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
4月9日(日)は村上(神戸)、10日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日4月11日(火)は、公庄(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月12日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月13日(木)宇田川(神奈川)
  14日(金)空(神戸)
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
  17日(月)杉岡(神戸)
  18日(火)募集中!!
  19日(水)大石(静岡)
  20日(木)岡本(たつの)
  21日(金)募集中!!
  22日(土)鈴木(川崎)
  23日(日)村上(神戸)
  24日(月)東條(神戸)
  25日(火)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.730 [2017年04月07日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL730(2017年4月7日)

福島からの自主避難者に対して、とんでもない発言をした今村雅弘復興相は、衆議院の東日本特別委員会でも陳謝した。当然のことでこのような資質のない大臣は、即刻退任すべきであることは言うまでもない。
何故ならば、彼は大臣に就任したときには、「被災者に寄り添い・・・」という挨拶をしている。一国の大臣が発する言葉が、これほど軽々しく、口からでまかせと言えるような発言でいいのか!ほんとに腸が煮えくり返る思いだ。

この件で神戸新聞の4月7日付社説で、「(謝罪しても)これで済む話ではない。原発事故の被災者(避難者)への支援の考え方は、2012年に成立した『原子力事故による子ども・被災者支援法』に明記されている。原子力政策を推進してきた国の責任と今後の財政支援を明記し、被災者が居住や移動、帰還のいずれを選択しようとも適切に支援すると定める。」と解説されている。まさか、安倍総理は「これは前政権のときのことで、私は関係ない!」とは言わないだろう。

安倍政権は、自分たちの都合で、「私たちの国は法治国家なので・・・」という理屈を、堂々と述べる。しかし、今回のように分が悪くなると、知らん顔をする。安倍総理の言う法治国家とは、安倍独裁政権のもとでの法治国家なのか?昨日、国会の審議入りした「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案においても、「一般の人が処分の対象になることは絶対にない。」と繰り返しているが、先のように法治国家を都合よく振り回す安倍総理の発言を信じることができるのかということである。国民に信頼を得ようとするならば、今村復興相を任命した責任者を明確にし、直ちに辞めさせるべきである。   
(村井雅清)

*トピックス
福島第一原発1、2号機の排気筒 支柱に新たな破断 本紙指摘で判明
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040702000125.html
(2017年4月7日 東京新聞)

被災者感情、逆なで繰り返す 復興相、度々の問題発言
http://www.asahi.com/articles/ASK464HN1K46ULZU004.html
(2017年4月7日 朝日新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日4月7日(金)は、岡本(たつの)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月8日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月 9日(日)村上(神戸)
  10日(月)東條(神戸)
  11日(火)公庄(神戸)
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)宇田川(神奈川)
  14日(金)空(神戸)
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
  17日(月)杉岡(神戸)
  18日(火)募集中!!
  19日(水)大石(静岡)
  20日(木)岡本(たつの)
  21日(金)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.729 [2017年04月06日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL729(2017年4月6日)

 一昨日、今村雅弘復興相がとんでもない発言をした。「東京電力福島第一原発事故で今でも帰れない自主避難者について、国が責任を取るべきでは、という記者の問いに対して「本人の責任でしょう。(不服なら)裁判でも何でもやればいいじゃないか」と発言した。さらに「帰れないのは自己責任と思うかとの質問には『基本的にはそうだ。国はできるだけのことはやった』」とも発言。(朝日新聞、2017・4・5)
 
 私は、この発言を聞いて唖然とした。すぐさま、阪神・淡路大震災後に亡くなられた作家小田実さんが言われた「棄民」という言葉と『フクシマを歩いて〜ディアスポラの眼から〜』(著者:徐京植、発行 毎日新聞社)を思い出した。
「棄民」は、阪神・淡路大震災で家を失った被災者に、この国の政府は「個人の財産を支援することはできない」と切って捨てたことをいう。『フクシマを歩いて』は、著者の徐さんは、「序にかえて」で、「フクシマの証人たちを死に追いやってはならない。私たちの想像力が試されているのだ。」と。

今村復興相のような発言を見逃さず、きっちりと政府や自治体、加害企業に責任を取らせるためには、私たち自身が問われているということでもあると理解したい。
ちなみに「ディアスポラ」とは、「もともと離散ユダヤ人を指すものだが、現代ではもっと広く、何らかの外的な力によって故郷から離散して生きる人々を指すものとして用いられている。」と解説されている。(著者:徐京植)
福島からの避難者を孤立させてはならない!
(村井雅清)

*トピックス
「自主避難も国の責任」 復興相発言受け抗議集会
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040602000135.html
(2017年4月6日 東京新聞)

東日本大震災 福島第1原発事故 「自主避難者帰還は自己責任」復興相発言、野党が批判
https://mainichi.jp/articles/20170406/ddm/005/040/140000c
(2017年4月6日 毎日新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日4月6日(木)は、ぺんぎん(広島)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月7日(金)は、岡本(たつの)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月 8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)東條(神戸)
  11日(火)公庄(神戸)
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)宇田川(神奈川)
  14日(金)空(神戸)
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
  17日(月)募集中!!
  18日(火)募集中!!
  19日(水)大石(静岡)
  20日(木)岡本(たつの)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.728 [2017年04月05日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL728(2017年4月5日)

あらためて本ニュースの大切なメッセージである「子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために」について共有したいと思います。
 これは『一万年の旅路』(著者:ポーラ・アンダーウッド、訳:星川淳)という、ネィティブ・アメリカンのイロコイ族に伝わる口承史から引用させて貰ったメッセージです。同著は、今から12000年前にモンゴロイドの子孫たちが、アジア大陸からベーリング海峡を渡り、北アメリカ大陸の五大湖のほとりに永住の地を見つけるまでのできごとが緻密に書き綴られている著書です。同著の冒頭の「献辞」に「あらゆる火の端に座り 辛抱強く一つひとつの歌を学んだ すべの先人たち これから歌う歌がおさめられたページを 一枚一枚、辛抱強くめくるであろう すべての読者たち それらすべての人びとへ けれども、とりわけ私の祖父の祖母―子どもたちの子どもたちの子どもたちが なおも学べるよう 大いなる変化の時代に 自分の一族から歩み去った女へ・・・・・」と書かれています。
 そして、歩いているあいだに体験するさまざまなできごとの中に、実は前号727号で触れた「カボチャの話」があります。福島のカボチャ農家の方の「いつか故郷に戻り、安全な土で作りたい」という想いが、12000年前につながっていると思いました。イロコイ族のみなさんも、途轍もない長い距離を歩く中で「あらゆる種類の種を大地に手向けることも続けた。(中略)こうして、一族があれこれと生きる糧にふさわしいものを見つけるたびに、その根を持つ兄弟の種が大地へ手向けられた。」と伝えられている。今もカボチャが存在しているということは、何回も天変地異に襲われただろうが生き残ったという証拠なのです。
(村井雅清)

*トピックス
憤る避難者「自己責任って何ですか」 復興相「自主避難は本人の判断」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040502000252.html
(2017年4月5日 東京新聞)

規制委 核燃料加工施設が審査合格 新基準施行後で初
https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00m/040/028000c
(2017年4月5日 毎日新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日4月5日(水)は、大石(静岡)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月6日(木)は、ぺんぎん(広島)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月 7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)東條(神戸)
  11日(火)公庄(神戸)
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)募集中!!
  14日(金)募集中!!
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
  17日(月)募集中!!
  18日(火)募集中!!
***************************
これまでの、方法など詳細についてはブログをご覧下さい。
脱原発ハンスト”ニュースVOL.727 [2017年04月04日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL727(2017年4月4日)

政府は、東京電力福島第一原発事故による避難指示について、浪江町・飯館村・川俣町・富岡町の4町村の一部、約32000人に避難指示解除を発表した。
 先日3月25日付け岩手日報社説には、「だからといって状況が大きく前進するわけではないだろう。被災からの再建の道は険しく、帰郷を諦める人が多いからだ。」と説いている。全くそのとおりだと思う。ただ、諦めると言っても、おそらくすっきりとは諦めきれない人たちも多いことが想像できる。
 昨日4月3日付け朝日新聞社説では、岩手日報同様「避難解除と福島復興」というテーマで、『事故から6年がたち、避難者の境遇や思いは複雑だ。戻る人や、戻らないと決めた人だけではない。「戻りたくても当面は戻れない」「迷っている」といった声も多い。』と指摘している。

 この二つの悩みで、この間6年間も悶々としておられる福島の人、もしくは福島以外から自主避難した人たちのことも考慮することが求められているのではないだろうか。
 つまり「二重居住登録」を法制度として確立し、認めることが不可欠だ。十分当事者が納得するまで、避難先での生活も補償されることが大事だ。先に紹介した朝日新聞の社説には、飯館村から福島に避難している避難者が、『近く元の自宅でカボチャの栽培を始める。土壌や放射能の状況を確かめるための試験的な栽培で、地元での農業再開を仲間らと模索する。「生きているうちは本格的には無理だろうけど、まかぬ種には実もならない。やっていれば、だれかが引きついでくれるんじゃないかと思ってね。」』との思いを紹介している。
 もしかすれば、この人たちが生きている間に実現するという確証はない。にもかかわらず、未来に希望を託し、淡々とカボチャの種を撒く。こんなせつない思いをさせる原発事故を、いかなる理由があるにせよ、二度と起こしてはならないのだということを、いま、生きている私たちは受け止めなければならないと痛感する。 
(村井雅清)

*トピックス
脱原発の新たな象徴 千葉・匝瑳で農業+太陽光発電
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040402000115.html
(2017年4月4日 東京新聞)

来月にも本格除染開始 富岡・夜の森帰還困難区域
http://www.minpo.jp/news/detail/2017040340386
(2017年4月3日 福島民報)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日4月4日(火)は、村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月5日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月 6日(木)ぺんぎん(広島)
   7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)東條(神戸)
  11日(火)公庄(神戸)
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)募集中!!
  14日(金)募集中!!
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
  17日(月)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.726 [2017年04月03日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL726(2017年4月3日)

 前号でお伝えした大阪高裁で高浜原発3、4号機の差し止め仮処分を不服とした関電の抗告審で、関電側の主張が認められるという判決が3月28日に出されました。続いて、その2日後の30日には広島地裁で四国電力伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分の申し立ては、住民側の主張を認めない判断を下しました。
 高浜原発では、規定違反のクレーン事故を起こしたばかりで、昨年4月には運転延長を求める申請資料を作成した40代の男性社員が「過労自殺」しています。
 また、30日には関電が2年間で1万3000人分の17億円近い残業代の未払いがあると公表しています。まったく首をかしげたくなることばかりです。
 
 一方で政府は3月31日に浪江町、川俣町、飯館村と、4月1日には富岡町のあわせて4町村の居住制限、避難指示解除準備を一部地域を除き解除しました。しかし、東京新聞(2017/4/1)によると「31日に解除された浪江、川俣、飯舘3町村と、富岡町の4町村の解除対象住民は計約1万2千世帯、約3万2千人(2月末〜3月1日時点)。解除前、自宅に長期滞在できる準備宿泊への登録者は計約750世帯、約1700人(3月下旬時点)にとどまっており、実際に帰還する人は少ないとみられる。」と伝えています。

 同時に福島県は31日、避難指示区域外から全国に避難する「自主避難者」への住宅無償提供を打ち切りました。東京新聞(2017/4/1)には東京で行われた抗議集会に参加した人の様子が紹介されていました。「4月には長男(11)が小学6年生に、避難時に母のおなかの中にいた長女(5つ)は年長になる。住宅打ち切りで、毎月約6万5千円の家賃がのしかかる。『6年前、たくさんの親が悩みながら行動を取ったことは尊重されるべきだ』。長谷川さんは福島の親の思いを代弁した。『私たちの避難行動は誰からも非難されることではない。私たちには生きる権利があります』」と訴えています。

 再稼働の問題、避難解除、自主避難者への対応などをみると、まるで福島の原発事故がなかったかのような対応に憤りを感じます。疑問や不安を抱えている人が多くいる中で、国や行政や司法はもっと市民に寄り添い、市民の声を十分に聴いて少しでも不安を解消してほしいものです。
(増島 智子)
           
*トピックス
原発事故・4歳男児に「がん」確認 甲状腺検査・経過観察後
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170401-161035.php
(2017年4月1日 福島民友)

福島第一廃炉 危険手当 大幅「中抜き」業者証言、日額300円の例
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017030101001242.html
(2017年4月2日 東京新聞)

従来分の危険手当 東電が金額明示せず 中間搾取の温床に
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040302000098.html
(2017年4月3日 東京新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
3月30日(木)は頼政(NGO)、31日(金)は東條(神戸)、4月 1日(土)は鈴木(川崎)、2日(日)は村上(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日4月3日(月)は、増島(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日4月4日(火)は、村井(NGO)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
4月 5日(水)大石(静岡)
   6日(木)募集中!!
   7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)募集中!!
  11日(火)募集中!!
  12日(水)大石(静岡)
  13日(木)募集中!!
  14日(金)募集中!!
  15日(土)鈴木(川崎)
  16日(日)村上(神戸)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.725 [2017年03月28日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL725(2017年3月28日)

 東日本大震災から6年が経ったが、福島の被害者の今後について考えると不安だけがつきまとうという現実を思い知らされる。
 ネパールへ出張していたため、同震災関連の新聞報道は見ていなかった。しかし、安倍総理は東京で開催された「東日本大震災の追悼式」の挨拶で、原発事故について一言も触れなかったということを知って、ほんとに唖然とした。
 福島県浪江町の馬場有町長は、「各地で原発の再稼動が盛んに議論されているが、今回の事故原因の究明も検証もされていない状態でどうしてこんな議論になるのか。国会の事故調査委員会の中でも「人災」という指摘が出ている。第三者による徹底した原因の究明が最優先だろう。再稼動はあくまでもそれを受けてのことだ。」(毎日新聞、017・3・10)と指摘している。
 にもかかわらず、今日大阪高裁は、高浜原発3、4号機の差し止め仮処分を不服として関電が申し立てていた抗告審で、再稼動を認める決定をした。
 判決文では、「安全性が欠如していることの説明があるとはいえない」と判断したということだが、100%安全だとも言っていない。また、規制委の田中委員長は、「新規制基準は福島原発事故の教訓と諸外国の最新の知見を踏まえて策定された世界最高水準の厳格なもの」としていたにもかかわらず、2014年3月26日の定例記者会見で「新規制基準に適合しても、絶対安全という意味ではない」と発言したことは衆知の事実だ。
 関電は、以前「新規制基準自体の安全性や合理性は、原子力規制委員会が決めた基準であるから、関電において立証する責任はない」としていた。
 
 この国には、誰も責任をとる者がいないことが明確になった。この国に住む私たちは一体どうすればいいのでしょうか?哲学者の内山節さんは、「私たちの文明はこれでいいのだろうか?」と問い続けている。結局、私たち一人ひとりが、自分自身と向き合っていくしかないのではないかと思う。私たちは阪神・淡路大震災後の1998年7月17日に『市民がつくる復興計画』を刊行した。その副題には、「私たちにできること」とある。この計画に対するアクションプランはまだ実行できていないということを重く受け止めなければならないのでは・・・?
(村井雅清)

*トピックス
高浜原発 再稼働可能に…大阪高裁が運転差し止め取り消し
http://mainichi.jp/articles/20170328/k00/00e/040/225000c
(2017年3月28日 毎日新聞)

高浜再稼働決定の山下裁判長、アスベスト訴訟など担当
http://www.asahi.com/articles/ASK3X417DK3XPTIL00V.html?iref=comtop_8_02
(2017年3月28日 朝日新聞)

4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日3月28日(火)は、岡本(たつの)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日3月29日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
3月30日(木)募集中!!
  31日(金)東條(神戸)
4月 1日(土)鈴木(川崎)
   2日(日)村上(神戸)
   3日(月)募集中!!
   4日(火)募集中!!
   5日(水)大石(静岡)
   6日(木)募集中!!
   7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)募集中!!
  11日(火)募集中!!
  12日(水)大石(静岡)
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.724 [2017年03月27日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL724(2017年3月27日)

 ネパールの被災地について書いて来ましたが、グデル村の今の生活というのは、日本でも70年前にはこの神戸という都市でも見受けられた。特に地方では、おそらくつい50年前では目にしていた光景ではないかと思う。
 かまどがあり、トイレは水洗でなく昔ながらのヘタすると“おつり”がくるスタイル、トイレットペーパーは今のようなソフトなものではなく新聞紙というスタイルでした。こんな生活は、今の若い人には理解し難いだろうと思う。

 水は、ヒマラヤ山系からの湧水を引っ張っているので、ふんだんにある。しかし、それをかまどで沸かしてお湯を貰うには、必要以上の薪を使わなければならないので、それは家計に直接影響する。グデル村では、山林資源を守るために、計画的に植林をしている。薪拾いも決められた短い期間に10ルピーを支払って薪を取りに行くというルールがあるようだ。しかも、間伐のようにはらった枝のみ持って帰ることができる。木の本体は勝手に切り倒して持って行ってはいけない。地震で土砂災害のあった箇所も、植林をする。
 森林管理は、治山治水のためにも大変重要だ。いずれ水や電気もこうして計画的に使用するということが予想される。特に水は生活用水のみならず、田畑の灌漑用水にもなるからだ。
 
 こうして書いて行くと、日本も昔に戻れというのか?というお叱りを受けそうだ。「昔に戻れ!」とは言わない。ただ、ハンストを続けていれば、いろいろな場面で「これで十分だ!」という体感を覚えることができる。この感覚を重ね重ね五感で感じることができれば、原発なんか要らない!ということも実感する。是非みなさんもハンストに参加されませんか?
一応、この号を持ってネパール報告を終わりたいと思います。ありがとうございました。
(村井雅清)

*トピックス
除染汚染土 再利用、規制庁や専門家疑義
http://mainichi.jp/articles/20170326/k00/00m/040/115000c
(2017年3月26日 毎日新聞)

福島第1原発事故 緑地公園造成に汚染土 環境省・神谷洋一参事官、熊本一規・明治学院大教授(環境政策)の話
http://mainichi.jp/articles/20170326/ddm/001/040/165000c
(2017年3月26日 毎日新聞)

3月、4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日3月27日(月)は、ゆりひめ(イギリス)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日3月28日(火)は、岡本(たつの)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
3月29日(水)大石(静岡)
  30日(木)募集中!!
  31日(金)東條(神戸)
4月 1日(土)鈴木(川崎)
   2日(日)村上(神戸)
   3日(月)募集中!!
   4日(火)募集中!!
   5日(水)大石(静岡)
   6日(木)募集中!!
   7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
  10日(月)募集中!!
  11日(火)募集中!!
***************************
脱原発ハンスト”ニュースVOL.723 [2017年03月25日(Sat)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL723(2017年3月25日)

 空気が美味しい!水が美味しい!という自然環境の中で暮らすというのは、ほんとに私の身体にも適しているのだろうと思う。(寒さにも耐える体力をつけなければならないが)だから身勝手かも知れないが、「こんな日本のようにはならないで欲しい!!」と切に願うのです。でも、もちろん今の日本の一般的な生活スタイルからはかけ離れているために、そのライフスタイルに慣れるには時間が必要だ。

 私たちは戦後70年、これでもかこれでもかと物質を追い求め、大量生産、大量廃棄、大量消費というライフスタイルを走り続けてきたけれども、何か大切なものを落としてきているような気がしてならない。22年前の阪神・淡路大震災後、こんな社会になっていいのかと反省もさせられました。そしてあれから16年、東日本大震災でも同じような思いが募り、ほんとに「変わらなければならないのでは・・・・」「変えることができるのではないか・・・・」と、祈るように願った。いのちがけで勝ち取った希望だから・・・・。ほんとに変えようと思うなら、例えばグデル村のライフスタイルに希望を寄せつつ、少しずつ学ぶ必要があるだろう。

東日本大震災から6年が経過した福島。原発事故を起こしながら、脱原発を宣言できないで、平気で海外にも輸出しようとする。原発被災者(原発事故により何らかの被害を受けたすべての被災者)に対して、無条件の救済ができない。このような政治体制や企業体質を作ってきた根本原因は何なのだろうか?
 乱暴かもしれないが、極端に言うと「経済至上主義」がすべての原因ではないかと思う。戦後70年、世界でも例を見ない勢いで経済成長を遂げた日本、そんな日本で便利な生活の恩恵を受けてきた私が、グデルのみなさんに「日本のようにならないで・・・・」というのは、あまりにも身勝手だと認識しています。
 それでも、敢えてグデル村の若者が中心になって「自然豊かな村を守ろう!」「昔から伝わって来た踊りや言語(シェルパ語)などを守ろう!」と立ち上がっています。隣の村まで行くのに、歩いて2時間。せめてこれくらいの共通体験を始めようと、ネパールの山々を思い出しながら、帰国後、毎朝2時間半ほど歩いている。空気がおいしい!山の匂いが春を告げている。ヒマラヤの山々が見えないのが残念だが・・・。
(次号へ:村井雅清)

*トピックス
福島第1原発事故 8割弱「避難続ける」 福島県外への自主避難者 /山形
http://mainichi.jp/articles/20170325/ddl/k06/040/353000c
(2017年3月25日 毎日新聞)

原子力規制委 4原発5基の廃炉認可へ 美浜1号機など
http://mainichi.jp/articles/20170325/k00/00m/040/028000c
(2017年3月24日 毎日新聞)

月内にも抜き取り完了 第一原発1号機タービン汚染水
http://www.minpo.jp/news/detail/2017032540117
(2017年3月25日 福島民報)

3月、4月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*今日のリレー仲間 
本日3月25日(土)は、鈴木(川崎)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日3月26日(日)は、村上(神戸)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
3月27日(月)ゆりひめ(イギリス)
  28日(火)岡本(たつの)
  29日(水)大石(静岡)
  30日(木)募集中!!
  31日(金)東條(神戸)
4月 1日(土)鈴木(川崎)
   2日(日)村上(神戸)
   3日(月)募集中!!
   4日(火)募集中!!
   5日(水)大石(静岡)
   6日(木)募集中!!
   7日(金)岡本(たつの)
   8日(土)鈴木(川崎)
   9日(日)村上(神戸)
***************************
| 次へ