CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.865 [2019年08月09日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL865(2019年8月9日)

 今日8月9日は広島に続き長崎に原爆が投下された74回目の日です。原爆は多くの人々のいのちを一瞬にして奪い、むごたらしい惨状が繰り広げられたのです。慰霊碑に刻まれている「過ちは繰り返しませぬから」という言葉がいつも心に響きます。原爆と原発、同じ核エネルギーにより、日本は74年前の広島と長崎、8年前の東日本大震災で核の脅威をまざまざと見せつけられました。
 しかし、現政権は核兵器禁止条約に批准しないでいます。唯一の被爆国であれば先頭をきって批准し各国に呼びかけるのが本来の姿だと思います。それにも関わらず、憲法改正を声高に叫び、平和憲法である9条までも改正しようとしています。そして、福島事故後はなかったかのような政府の対応や原発の再稼働など民意を無視し続けています。

でも、市民は核エネルギーに頼らず、各地域でコツコツと持続可能な社会を目指して取り組んでいます。あの福島事故を教訓として、福島をはじめ全国で市民レベルではさまざまな取り組みが行われているのです。
SDGsという言葉を最近耳にする人も多いと思います。持続可能な開発目標で15年に国連サミットで採択され、17の目標を掲げています。貧困や飢餓、ジェンダー、福祉、教育、消費と生産、まちづくり、経済成長と働きがいなどがあります。
 日本国内でもSDGsを取り入れたまちづくりを行っている地域が北海道下川町にあります。この町が目指しているのは再生可能エネルギーや地産地消、お年寄りと若い世代が生き生きと暮らせる町です。下川町は全面積の9割を森林が占め、バイオマスで熱供給をする集合住宅をつくり若者を呼び寄せています。なんと今では町全体の熱エネルギーの半分をバイオマスで賄っているそうです。

 当初再生エネルギーの導入に関しては、送電線の空き容量がゼロだとしてきた東電は、この5月に新しい計算方法で試算し、「少しの出力抑制を考えれば、送電線の増強なしでも約500万`ワットの再生エネが入る」と発表したのです。この空き容量を使い、もっともっと再生エネルギーが増えて、原発由来の電気を使わないようになることを切に願います。

 今日の長崎平和宣言文に「原爆は『人の手』によってつくられ、『人の上』に落とされました。だからこそ『人の意志』によって、無くすことができます。そして、その意志が生まれる場所は、間違いなく、私たち一人ひとりの心の中です。」と訴えています。原発も同じ、で「人の意思」によって無くすことができます。そのために、いま私たちができることからはじめていきましょう。
(増島 智子)

追伸:明後日11日からスタッフ二人が東北の被災地に出かけます。ハンストできる方は助けてください。お盆休みと重なりますが、どうぞよろしくお願いします。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
処理水タンク、22年夏限界 東電資産 福島第一増量は困難
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201908/CK2019080902000158.html
(2019年8月9日 東京新聞)

原発処理水タンク22年夏に限界 東電試算、保管容量増も困難
https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201908/0012590976.shtml
(2019年8月8日 神戸新聞)

原発の共同事業化検討 東電・中部電・日立・東芝
https://www.asahi.com/articles/DA3S14133387.html
(2019年8月9日 朝日新聞)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日8月 8日(木)は、宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日8月9日(金)は、村井(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日8月10日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
  13日(火)募集中!!
  14日(水)大石(静岡)
  15日(木)募集中!!
  16日(金)宇田川(神奈川)
  17日(土)鈴木(川崎)
  18日(日)募集中!!
  19日(月)東條(神戸)
  20日(火)募集中!!
  21日(水)大石(静岡)
  22日(木)宇田川(神奈川)
  23日(金)募集中!!
  24日(土)鈴木(川崎)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.864 [2019年08月06日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL864(2019年8月6日)

先月7月26日、山口県は中国電力が上関原発(同県上関町)建設で海の埋め立て免許の延長を再び許可しました。法的拘束力はないけれど、「原発本体の着工の見通しがつくまでは埋め立て工事をしないこと」と要請しています。村岡県知事は法令に従えば許可せざるを得ないと話していますが、地元の反発は大きいです。1982年から、35年間続く上関原発計画を反対してきた「上関原発を建てさせない祝島島民の会」は「法律上問題なければ許可するのか。県民の意見を聞かず事業者ばかり見ている」、「前回調査時は漁獲量が減った。われわれの生活にも関わり認められない。」(2019/7/27中国新聞)と話しています。この祝島島民の会の人たちは、「先輩たちが守り通してきた美しい海を次世代に引き継ぐために、35年間、上関原発反対運動を行ってきました。漁業補償金も受け取っていません。」(HPより)とどんなことがあろうとも反対の姿勢を崩していません。
 辺野古同様、「命の海」を守ろうと長年の間闘い続けています。行政は市民の声をしっかり聴くべきです。福島のように一度事故を起こしたら取り返しのつかない事態になってしまいます。

 また今日は、広島に原爆が投下されてから74回目の日を迎えました。広島市長の平和宣言のなかで、「一人の人間の力は小さく弱くても、一人一人が平和を望むことで、戦争を起こそうとする力を食い止めることができると信じています」という当時15歳だった女性の信条を紹介しました。戦争を食い止めようとした女性のように、私たちもこれ以上原発を使用し、同じ過ちを繰り返さないように、小さな力を結集しながら原発のない世の中にするような大きな動きを作っていきたいと思います。
(増島 智子)

追伸:今週11日からスタッフ二人が東北の被災地に出かけます。ハンストできる方は助けてください。お盆休みと重なりますが、どうぞよろしくお願いします。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
再生エネ固定買い取り制 大規模太陽光除外へ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201908/CK2019080602000139.html
(2019年8月6日 東京新聞)

溶融核燃料を原発敷地内で保管へ 福島第1の2号機で取り出し
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2019080501001945.php
(2019年8月5日 福島民友)

原発賠償 迫る「時効10年」自治体、国へ延長要求検討
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190805_61017.html
(2019年8月5日 河北新報)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
8月 4日(日)は村井(NGO)、5日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日8月6日(火)は、石塚(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日8月7日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月 8日(木)宇田川(神奈川)
   9日(金)募集中!!
  10日(土)鈴木(川崎)
  11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
  13日(火)募集中!!
  14日(水)大石(静岡)
  15日(木)募集中!!
  16日(金)宇田川(神奈川)
  17日(土)鈴木(川崎)
  18日(日)募集中!!
  19日(月)東條(神戸)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.863 [2019年08月02日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL863(2019年8月2日)

 いま、朝日新聞で「現場へ」というテーマで「福島原発事故裁判」というシリーズがあります。そこで、各地で続いている集団訴訟の現実を垣間見ました。
 生活の場を奪われ、着の身着のまま小さな子どもを連れて避難した母子家族、生活の基盤となる生業を奪われた人など、この8年もの間、戦ってきた人たちがいるのです。
 元酪農家の長谷川健一さんもその一人です。福島第一原発の事故で全村避難をした飯舘村の村民約半分の3000人が14年11月、国の原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に慰謝料など賠償の増額を申し立てていましたが、東電に拒否され、「飯舘村民救済申立団」がこの7月に「解団」したそうです。団長の長谷川さんは「オレは疲れた」とこぼしています。裁判のなかで、福島原発事故の被害者であるはず、被告になる例さえ起きていることもあるようです。

 また、小さな子を持つ母親も戦っています。放射能の危険に怯え、家族離れ離れになりなりながら慰謝料を求めて裁判を起こした母親が、裁判の中で東電側にライフラインが戻ったのに、なぜもっと早く地元に帰ってこなかったのか責められる場面があったそうです。東電側は、「自宅の周りにはセブン−イレブンとかございますね。開いているか旦那さんに聞かれましたか」「バスはもう回復しているのとか、話題には上りましたか」などと責められ、その母親は「そこは第一の問題ではなくて、放射能がどうなのかだけが本当に中心なんです」と反論されたそうです。このやりとりをみて、東電は問題の本質を誤魔化し、被害者を救済することよりも、被害者を追い込み、反省などしていないようにしか感じません。
原発事故で母子避難をしている森松明希子さんは「空気、水、土壌が酷く汚染される中、私は汚染した水を飲むしかなく、赤ん坊に母乳を与えてしまった。」と自責の念に駆られています。
東電は原発を誘致するときに「原子力 明るい未来のエネルギー」として、『原発は絶対に安全で、事故などは決して起きない』と住民に説明をしました。それが事故を起こして、福島の住民の当たり前の暮らしなど、全人格権を奪う事故を起こしておきながら、東電と国の対応は酷いものです。生業訴訟を起こしている被害者の一人が「東電や国は一人ひとりの苦悩を全く理解していない、と訴える親たちがいる」と証言しています。
東電と国は、まるでへびの生殺しのように、被害者の人たちがあきらめるのを待っているように見えます。

おかしいことにおかしいと声をあげられないこの国の状況がおかしいと思います。
(増島 智子)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
核燃料処分議論を加速 法制化の必要性指摘 福島県関係参議院座談会
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2019080265885
(2019年8月2日 福島民報)

「移住相談」倍増!福島県が東北1位に 都内窓口3か所に拡大
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20190802-402096.php
(2019年8月2日 福島民友)

帰還困難区域の廃棄物を処分へ 福島・大熊町で埋め立て
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2019080201001487.php
(2019年8月2日 福島民友)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日8月1日(木)は、宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日8月2日(金)は、増島(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日8月3日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月 4日(日)募集中!!
   5日(月)東條(神戸)
   6日(火)石塚(神戸)
   7日(水)大石(静岡)
  8日(木)宇田川(神奈川)
   9日(金)募集中!!
  10日(土)鈴木(川崎)
  11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
  13日(火)募集中!!
  14日(水)大石(静岡)
  15日(木)募集中!!
  16日(金)宇田川(神奈川)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.862 [2019年07月30日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL862(2019年7月30日)

 みなさんの記憶にもこの悲しい出来事が残っているでしょう。福島県須賀川市でキャベツ農家をしていた男性が放射能の影響で作物の出荷停止の通知を受けた翌日に首をつって自殺したことを…。その息子さんは、母親と一緒に亡くなったお父さんを首をつった木からおろしたそうです。どんなに悲しくて悔しくて、ショックだったろうか、言葉になりません。
 その息子の樽川和也さんは、いまも農業を続けていると29日の朝日新聞が報じています。「農地は農業者にとっては働く職場なんです。それを事故によって一瞬にして汚染され、職場を奪われたのと同じような状態です。」と訴えています。これは農家も漁師の人も同じでしょう。亡くなったお父さんは「いい土をつくるのに百年かかる」と言っていたそうです。土も水も私たちにとってはいのちの源です。そんな大切なものを放射能で汚してしまって、土をつくるのに100年、放射能はそれ以上の時間をかけないとなくなりません。
 8年経ったいまもなお、汚染された自作飼料の腐葉土などを詰めたフレコンバッグ24個が樽川さん宅の敷地に埋まったままの状態だそうです。

 また、一方で海の方も心配な状況は続いています。汚染水対策も難航しているのです。同紙の28日付の記事によると、いまなお原子炉建屋などの地下には高濃度の汚染水が約1万8千トンもたまっているそうです。原子炉建屋とタービン建屋の地下にたまっているこの汚染水を減らすことが進んでいないそうです。記事には「建屋内の水位が高いままだと、周囲の地下水の水位を下げたとき割れ目などから汚染水が地中へ漏れ出す恐れがあるため、全体の作業全体が滞ってしまう。」と説明しています。そして再び、東日本大震災級の地震がくる可能性も高く、津波に襲われると、高濃度汚染水が海へ流れ込む恐れもあるので、津波対策も求められています。

 私たちのいのちの源である、大地も海も決して汚してはならなかった。その未来の子どもたちからの借り物の大地と海を汚してしまいました。私たちが生きている間は精一杯、これ以上汚さないように努力していきたい。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
廃炉と核燃料貯蔵施設受け入れ 福島県知事、第二原発で
https://www.kahoku.co.jp/naigainews/201907/2019073001001590.html
(2019年7月30日 河北新報)

燃料容器の圧力監視できず、東電 福島第1原発、放射線変動なし
https://www.minyu-net.com/newspack/KD2019072901002573.php
(2019年7月29日 福島民友)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月28日(日)は村井(NGO)、29日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月30日(火)は、石塚(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月31日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
8月 1日(木)宇田川(神奈川)
   2日(金)募集中!!
   3日(土)鈴木(川崎)
   4日(日)募集中!!
   5日(月)東條(神戸)
   6日(火)石塚(神戸)
   7日(水)大石(静岡)
  8日(木)宇田川(神奈川)
   9日(金)募集中!!
  10日(土)鈴木(川崎)
  11日(日)募集中!!
  12日(祝・月)東條(神戸)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.861 [2019年07月26日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL861(2019年7月26日)

 「えっまだ廃炉の決定は降りてなかったの?」といまさらな感じがしました。今日各紙で、福島第2原発を廃炉にすることを正式に表明したことを伝えています。福島第2原発には全部で4基の原発があり、それらを解体し、約1万体もの使用済み核燃料は、全て県外に搬出すると東電側は話しています。

 東電はこの福島第2原発の廃炉費用を約2800憶円と見込み、この費用の一部は託送金(送電線の使用料金)や電気料金に上乗せすることを検討しています。第1原発の廃炉・汚染水対策費用(賠償や除染費用を除く)は現時点で約8兆円にも上っています。廃棄物の処理や使用済み核燃料の行き先など最終的にどうなるかまだ確定していません。そのうえ国内での廃炉はいまだ未経験なのですから。すでに解体作業を進めているイギリスの廃炉作業は、約30年を経過しても、放射線量が高く線量が下がるのを待ちながらの作業で、作業が終わるまでに90年を見込んでいますが、どうなるかはわからないようです。

 先日、経団連の夏季フォーラムでも、経営者側の丸紅の国分会長からは「日本は原発にかけている。グローバルな方向と逆に向かっているのでは」(2019/07/23朝日新聞)と指摘されています。

 再稼働を予定している関西電力、四国電力、九州電力はテロ対策に手間取り、いまだ再稼働ができていません。原発をベースロード電源として掲げている国のエネルギー基本計画をもう一度考えなおすべきではないでしょうか?
(増島 智子)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
福島県の甲状腺検査、18人が集計漏れか
https://www.asahi.com/articles/ASM7S56MKM7SUGTB010.html?iref=com_apitop
(2019年7月25日 朝日新聞)

九電、川内1号機の定期検査へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000031-jijc-biz
(2019年7月25日 時事通信)

川内原発1号機が27日定期検査へ テロ対策施設期限に九電「厳しい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000008-kts-l46
(2019年7月25日 KTS鹿児島テレビ)

8月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月24日(水)は大石(静岡)、25日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月26日(金)は、細川(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月27日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月28日(日)募集中!!
  29日(月)東條(神戸)
  30日(火)石塚(神戸)
  31日(水)大石(静岡)
8月 1日(木)宇田川(神奈川)
   2日(金)募集中!!
   3日(土)鈴木(川崎)
   4日(日)募集中!!
   5日(月)東條(神戸)
   6日(火)募集中!!
   7日(水)大石(静岡)
  8日(木)宇田川(神奈川)
   9日(金)募集中!!
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.860 [2019年07月22日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL860(2019年7月22日)

 参院選から一夜明けて・・・。自公改選過半数となってしまいました。投票率は、24年ぶりに50%を切ったという。今の政治に対して、無関心なのか、このままでよいと思っているのか、、、。有権者の半分以上の人が意思表示していないのです。半分以下の人たちの意見で、私たちの暮らしに影響を及ぼす施策が決まっているのです。また、日本に住みながら、税金を払いながら参政権のない外国人、知的・精神障害者、認知症、引きこもりの人など、選挙に行けない人はたくさんいます。その人たちもいまの社会に不満を持っている人はいるでしょう。それでもこの半分以下の意見で私たちの生活に影響を及ぼす政治が動いていくのです。参政権のある一人ひとり一票はとても重いものです。
 選挙の結果を受け、当センターが関わっている被災者の方からは、「私たちの力になってくれる人がほしかった」という声を頂いています。今朝の各紙をみていると、安倍首相に対して丁寧な議論するよう求めています。

 7月14日の産経新聞には「東京電力福島第1原発事故で多くの住民が避難生活を強いられた福島県。事故から8年が経過し、避難の対象区域は段階的に縮小されているが、住民の帰還は今も思うように進んでいない。国政選挙のたびに与野党の大物議員らが駆けつける参院選福島選挙区では、今回の選挙戦でも「復興」が連呼されているものの、今も影響が色濃く残る地域では無力感もただよっている。」と伝えています。続けて「『ハコモノは増えたけど、人間の復興という部分が見えてこない』 原発事故で全村避難となり、放射線量の高い帰還困難区域の一部を除いて避難指示が解除されている同県飯舘(いいたて)村に住む伊藤延由(のぶよし)さん(75)は、こう話す。」と被災者の声を紹介しています。また、「村内は巨額の費用をかけて住宅地などの除染が行われた。事故直後から村内の空間放射線量や食品の放射線量の測定を続けている伊藤さんによると、線量が低下した場所もあるものの、少し離れると数値が上がる場所もある。生活拠点から離れた山林は対象外のため、除染されたのは面積にすると村全体の4分の1ほど。野生のキノコや山菜などからは、今でも食品基準を超えた高い放射性物質が検出されることもある。」と伝えています。
また、「来年の東京五輪・パラリンピックでは聖火リレーの出発点に同県が選ばれ、国は「復興五輪」を理念に掲げる。伊藤さんは聖火リレーで「原発事故を乗り越えた」福島だけが映されることを危惧する。「帰れない人も村民のはずだが、切り捨てられている。五輪開催時に仮設や避難、除染などのマイナスの言葉は使いたくないんだろう。原発事故を乗り越えて『復興した』と言いたいだけだ」と苦言を呈した。」と被災者の切実な言葉を伝えています。

 このように原発事故はまだ終わっていません。前述の記事の中にも「人間の復興という部分が見えてこない」と言われているように、被災者の復興はまだまだこれからなのです。今回あらたに議員になった人には、本当に丁寧に被災者の声を聞いて、施策に反映してもらいたいです。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
福島県民「復興やり遂げて」被災者を忘れるな 参院選
https://www.minpo.jp/news/detail/2019072265496
(2019年7月22日 福島民報)

<参院選ルポ>「復興、見える場所ばかり」福島事故後被災の楢葉町
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019072102000153.html
(2019年7月19日 東京新聞)

<参院選東北>営みの中で/原発避難計画 難題が山積、遂行は困難
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00000007-khks-soci
(2019年7月19日 神戸新聞)

甲状腺検査3巡目…新たに3人がん診断 確定18人、疑い6人に
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190709-394687.php
(2019年7月19日 河北新報)

7月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日のリレー仲間
昨日7月21日(日)は、増島(NGO)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月22日(月)は、東條(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月23日(火)は、石塚(神戸)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月24日(水)大石(静岡)
  25日(木)宇田川(神奈川)
  26日(金)募集中!!
  27日(土)鈴木(川崎)
  28日(日)募集中!!
  29日(月)東條(神戸)
  30日(火)石塚(神戸)
  31日(水)大石(静岡)
8月 1日(木)宇田川(神奈川)
   2日(金)募集中!!
   3日(土)鈴木(川崎)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.859 [2019年07月19日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL859(2019年7月19日)

 参院選が終盤を迎えています。ただ、悲しいことに福島第一原発の被災者のこと、原発については大きな争点とはなっていません。
 前号で紹介したように、2022年度から固定資産税の減額がなくなり大幅に増額されたり、すでに東京都内などの国家公務員宿舎に自主避難している人たちに対し、家賃の2倍に相当する「損害金」を求められたり、補償がどんどん打ち切られています。
 またこの事故により、休業を余儀なくされた酪農家76戸のうち、54戸が現在も再開できていません(2019年3月11日現在)。
 この中で、7月16日には、全村避難が2年間に解除された飯館村で初めて酪農を再開したというニュースもありました。それでもまだまだ大変なことは多いと想像できます。
 
 その他に、廃炉作業では100万トンを超える汚染水や原子炉内の燃料デブリ処理など世界に前例のない作業は、手探り状態です。2号機の格納容器内では被ばくすれば数十秒で死に至る水準の放射線が出続けています。汚染水はすでに約112万トン(3月21日現在)たまっています。それも、あと2年もすれば汚染水タンクで敷地が満杯になるそうです。国は海洋放出を考えていますが、地元の漁協からは反対を受けています。
そして、8年経ったいま福島第一原発はいまだ原子力緊急事態宣言はいまも解除されていません。福島第一原発の廃炉作業や原発の被害者の救済や復興はまだまだ途上です。そんな被災地の現状を、被災者の声を政治家の人たちは聞いて、考えてほしいです。「復興五輪」という名のもと、盛り上がっている一部の人たちの陰で、今日も苦しい生活をしている人たちのことを忘れないでください。

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
「放射線量」実測値の1000倍で公表 福島第一原発、単位を誤る
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190718-397448.php
(2019年7月18日 福島民友)

<参院選 問う@いばらき>(下)東海第二原発 実効性欠く避難計画
https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201907/CK2019071902000173.html
(2019年7月19日 東京新聞)

【社説】エネルギー政策 再エネ転換をどう進める
https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201907/0012528198.shtml
(2019年7月19日 神戸新聞)

甲状腺検査3巡目…新たに3人がん診断 確定18人、疑い6人に
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190709-394687.php
(2019年7月9日 福島民友)

7月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月12日(金)は柚原(神戸)、13日(土)は鈴木(神戸)、14日(日)は村井(NGO)、15日(祝・月)は東條(神戸)、16日(火)は細川(NGO)、17日(水)は大石(静岡)、18日(木)は宇田川(神奈川)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月19日(金)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月20日(土)は、鈴木(川崎)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月21日(日)募集中!!
  22日(月)東條(神戸)
  23日(火)石塚(神戸)
  24日(水)大石(静岡)
  25日(木)宇田川(神奈川)
  26日(金)募集中!!
  27日(土)鈴木(川崎)
  28日(日)募集中!!
  29日(月)東條(神戸)
  30日(火)石塚(神戸)
  31日(水)大石(静岡)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.858 [2019年07月10日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL858(2019年7月10日)

 先日7日付の東京新聞でびっくりするような記事が掲載されました。それは、「東日本大震災や東京電力福島第一原発事故で住宅を解体した後の更地について、2022年度から固定資産税が大幅に増額される。住宅の立つ土地並みに減額する特例が21年度末で終わるためで、額は6倍程度まで上がる恐れがある。とりわけ原発事故で避難し、帰還できないでいる福島県の被災者は、避難生活での収入減に税の増額が重なり、影響は大きい。しかし、国はどの程度の人が減額を受けているか把握しておらず、特例の延長も議論していない。」というものでした。

 福島第一原発からはいまもなお放射能が漏れ続け、汚染水も流れ続けています。避難指示が解除されたものの、全町避難となった浪江町は帰還した町民は6%にとどまり、解体の申請は約4,000件の申請があり、約3,000件が解体を終えたそうです。そして、いまだ20,382人(6月30日現在)が避難生活をしています。行政区では線を引いたようにこちら側は、解除地域で、隣は帰還困難区域と言われても、風や雨で飛び散る放射能に不安はぬぐえません。帰還政策を打ち出しても、もろ手を挙げて帰還する人は少ないでしょう。まして小さな子を持つ親は、みずから放射能の危険に子どもをさらすなんてことはしないでしょう。
 8日付の時事通信では「島県は8日の県民健康調査検討委員会で、東京電力福島第1原発事故の発生時に18歳以下だった県民を対象とする検査で、甲状腺がんと診断された人が3月末時点で累計173人になったと報告した。2018年12月末から5人増え、がんの疑いも含めると218人となった。」と伝えています。

 この福島第一原発の事故は人災ですので、終息するまで政府が被害者を補償するのは当然です。チェルノブイリ原発事故では、「チェルノブイリ法」というものを作り、33年経ったいまも住民を補償し続けています。ということであれば、福島の原発事故の被害者も国の施策として原発を推し進めてきたのだから、補償をすべきです。

「政治とは無関係」ということをよく耳にしますが、政権によって私たちの暮らしは変わるのです。その顕著な例が9日のハンセン病訴訟の勝利判決です。このことについて、安部首相自身も「異例のことだが、控訴しない」と表明しました。原発を反対している政治家を選ぶことで、脱原発への扉は開いていくと確信します。
(増島 智子)

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
公務員住宅退去せず「損害金」 原発事故の避難者に請求
https://www.asahi.com/articles/ASM7954VKM79UGTB00S.html

東電、空送電線開放へ 再生エネ向け、既存発電所の稼働以外に 今秋にも500万キロワット程度
https://www.asahi.com/articles/DA3S14089898.html
(2019年7月10日 朝日新聞)

【コラム】筆洗
https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2019071002000164.html
(2019年7月10日 東京新聞)

甲状腺検査3巡目…新たに3人がん診断 確定18人、疑い6人に
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190709-394687.php
(2019年7月9日 福島民友)

7月の予定をお知らせ下さい。よろしくお願いします。
***************************
*昨日までのリレー仲間
7月 4日(木)は細川(NGO)、5日(金)は宇田川(神奈川)、6日(土)は鈴木(神戸)、7日(日)は村井(NGO)、8日(月)は東條(神戸)、9日(火)は増島(NGO)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月10日(水)は、大石(静岡)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月11日(木)は、宇田川(神奈川)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月12日(金)募集中!!
  13日(土)鈴木(神戸)
  14日(日)募集中!!
  15日(祝・月)東條(神戸)
  16日(火)募集中!!
  17日(水)大石(静岡)
  18日(木)宇田川(神奈川)
  19日(金)募集中!!
  20日(土)鈴木(神戸)
  21日(日)募集中!!
  22日(月)東條(神戸)
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.857 [2019年07月02日(Tue)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜
………………………………………………………………………
VOL857(2019年7月2日)

 九州で雨が降り続き、お一人の犠牲者が出てしまいました。これ以上被害が広がらないことを祈るしかありません。早く雨がやみますように…。

最近は参院戦の話題が各方面から聞こえてきます。今日の朝日新聞で、ちょっと頭を抱えたくなるような記事を目にしました。取材に答えていたのは、山口県出身の36歳の男性。リーマンショックのあおりで雇い止めになり、東京へ出てきて、自分は貧困層だと自覚しています。東京五輪後には、いまの仕事が減り、もし首になればホームレスになるかもしれないと不安を持っているのです。でも、その人は今回の参院選の投票先を自民党としています。彼は「この先どうなるかわからない。自民が引っ張っていれば、よくはならないけど悪くもならない」と話し、格差の拡大や貧困を、政治の問題とは感じないのかという記者の質問に対して、「仕方ないって思う。自分がこうなったのは自分が考えた結果だから」と答えています。
 ここまで「自己責任論」が、人々をがんじがらめにしていることに愕然とします。政治家の言動は、それだけ市民・国民に影響を与えます。イラク人質事件で、小泉元総理大臣が発した一言が、いまだに呪いの言葉のように人々の心の中を侵蝕しているのです。

 私もNGOという仕事をしていると、人からよく言われます。「安定した仕事に就いたほうがいいのでは」「いつまでそんな仕事をしているんだ」など。私はNGOの仕事はとても大切で、他の職種と同じように補償されるべきだと考えています。災害救援の活動にもお金がかかりますが、行政と同じように、対等にいやそれ以上に公的な支援活動をしていると思います。
 防災研究の第一人者でもある河田恵昭・人と防災未来センター長、中央防災会議防災対策実行会議委員は、災害救援をしているNPOやボランティアの支援活動に公的資金の導入を政府へ提言しています。

 前号でも書きましたが、阪神・淡路大震災では、被災者と市民、議員が政治を動かし、生活再建支援法を成立させたように、貧困・格差・沖縄の基地・原発などの問題も私たちが政治を動かし、解決できる課題です。政治は私たちにとって身近なことなのです。東日本大震災の民主党政権下では、現場にいながら政治家が私たちの話を直接聞きに来てくれ、私たちの提案を即実行に移してくれました。それを肌で感じました。しかし、いまの政権は違います。「被災者に寄り添う」と言いながら、被災者を置き去りにしているのが現状です。
 どうか、「自己責任」という言葉で、自分を責めないでください。時の政権の施策が私たちの生活に大きな影響を及ぼしていることを感じてください。消費税や年金問題などは、わかりやすい事例だと思います。
 今回の選挙は私たちにとってとても大事な選挙です。原発を止めるまで声を上げ続けましょう!

*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
太陽光発電もアセス対象に 政令決定、来年4月から
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000049-kyodonews-soci
(2019年7月2日 共同通信)

<福島第一原発事故>今秋にも原発構内を巡る住民付けツアー資源エネ庁など企画
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190702-00000023-khks-soci
(2019年7月2日 河北新報)

ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-35139279-cnn-int
(2019年7月1日 CNN)

***************************
*昨日までのリレー仲間
6月30日(日)は村井(NGO)、7月 1日(月)は東條(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日7月2日(火)は、石塚(神戸)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 7月3日(水)は、大石(静岡)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
7月 4日(木)募集中!!
   5日(金)宇田川(神奈川)
   6日(土)鈴木(神戸)
   7日(日)募集中!!
   8日(月)東條(神戸)
   9日(火)募集中!!
  10日(水)大石(静岡)
  11日(木)宇田川(神奈川)
  12日(金)募集中!!
  13日(土)鈴木(神戸)
  14日(日)募集中!!
***************************
”脱原発ハンスト”ニュースVOL.856 [2019年06月28日(Fri)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
脱原発ハンガーストライキ
〜子どもたちの、子どもたちの、子どもたちのために〜

………………………………………………………………………
VOL856(2019年6月28日)

 夏の日差しが一転、待ち遠しい梅雨に入った途端に、大雨となり各地で土砂災害の危険が高まり、各地で被害をもたらしています。

 さて、今朝の朝日新聞(2019/6/28)では「原発と人間の限界」と題して、作家の高村薫さんが寄稿しています。広島と長崎に原爆が投下されたあの惨劇からこの夏で74年を迎えます。原子力とその放射能の危険性を身をもって知らしめられたこの国で、戦後復興の名のもとに「原子力の平和利用」という夢物語が語られ、国と産業界が経済優先に原発政策を推し進めたと指摘しています。私を含め多くの国民が、原子力の危険性を自分の生活から都合よく切り離し、そのことに向き合ってこなかった結果、福島第一原発事故で思い知らされたのです。その現場では、増え続ける汚染水、行き場のない核廃棄物、原子炉の底から溶け落ちた核燃料デブリの取り出しなど、いま現在の技術ではコントロールできないのです。できないのならば、原発をやめて再生可能エネルギーに転換しなければ、また同じ悲劇が繰り返されるのです。
 文中で高村さんは「廃墟と化した4基の原子炉と人間の消えた大地は、まさに『原子力の平和利用』の幻想の下から現れた極北の現実だと言ってよい。」と述べています。また、「次に起きる過酷事故は確実に亡国の事態に直結するが、人間は最後まで自らに都合の悪い事実は見ない」と苦言を呈しています。

 ところで、私たちは普段、災害救援を主とした活動をしています。阪神・淡路大震災から来年で25年を迎えます。災害が相次ぐ昨今、被災地の避難所ではまるで25年前と変わらない実態があったり、災害関連死、孤独死など深刻な問題が繰り返されている場面を散見します。まだまだ私たちの力不足を反省するとともに、どこか災害は「他人事」という思いが多くの人たちの心のどこかにあるのではないでしょうか?それは被災地でよく聞く言葉「まさか自分が災害に遭うなんて」という言葉です。
 前述の、原子力の話と同様にどこか自分に都合のいいバイアスをかけて物事を考えていないでしょうか?あるいは自分一人が動いても変わらないと思っていませんか?

 阪神・淡路大震災をきっかけに被災者生活再建支援法という法律ができました。この時の被災者には遡及適応されていませんが、神戸市民を中心に全国で2700万人が署名をし、議員のみなさんと声を上げ、市民=議員立法という形で、私有財産に公的資金を導入しないという壁を越えて、被災者個人個人に公的補償を行える制度につながったのです。もちろんまだまだ不十分であるため、必ず来るといわれている南海トラフ巨大地震に備え、私たち一人ひとりが真剣に考え、行動しなければ変わるものも変わりません。

 今朝28日の神戸新聞の「若者BOX席」という投書欄に紹介されていた中学3年生のメッセージを紹介します。「誰かがすればいい、自分は関係ないなんていうことはありません。皆がそう思っているから今、環境が乱れているんです。自分から、日頃から、少しでも気を付ければいいんです。この地球をみんなできれいにしていきませんか。なにげないことで、地球いや世界は変わります。」
 
*リレーハンストの方法など詳細については以下のブログをご覧ください 
http://ngo-kyodo.org/antinuclearpowerhungerstrikerelay

*トピックス
余剰電力 固定買い取り順次終了 売るか使うか検討を
https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201906/CK2019062702000216.html
(2019年6月27日 東京新聞)

汚染処理水の保管量修正、福島 実際は2千トン減
http://www.minyu-net.com/newspack/KD2019062701002200.php
(2019年6月27日 福島民友)

大飯原発3号機、26日に再稼働 燃料移送トラブルで計画より5日遅れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000058-mai-bus_all
(2019年6月25日 毎日新聞)

***************************
*昨日のリレー仲間
昨日6月27日(木)は、柚原(神戸)がつなぎました。

*今日のリレー仲間 
本日6月28日(金)は、上野(NGO)の1名が行っています。 

*明日のリレー仲間
明日 6月29日(土)は、鈴木(神戸)の1名がつなぎます。
 
*今後のリレー予定
6月30日(日)募集中!!
7月 1日(月)東條(神戸)
   2日(火)石塚(神戸)
   3日(水)大石(静岡)
   4日(木)募集中!!
   5日(金)宇田川(神奈川)
   6日(土)鈴木(神戸)
   7日(日)募集中!!
   8日(月)東條(神戸)
   9日(火)募集中!!
  10日(水)大石(静岡)
  11日(木)宇田川(神奈川)
  12日(金)募集中!!
***************************
| 次へ