CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«低炭素杯への寄付のお願い〜持続的開催のために | Main | 基礎から学ぶ国際会議2»
プロフィール

ストップ温暖化センターみやぎさんの画像
ストップ温暖化センターみやぎ
プロフィール
ブログ
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
□2011年5月以前はこちら最前線ルポ
カテゴリアーカイブ
最新記事
ストップ温暖化センターみやぎ
公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)
基礎から学ぶ国際会議1 [2012年02月02日(Thu)]
「聞く・話す・知る わたしと世界とオンダンカ〜基礎から学ぶ国際会議〜」を開催しました!

日時:2012年1月28日(土)13:30〜16:00
会場:仙台青葉カルチャーセンター
講師:平田仁子氏(NPO法人気候ネットワーク)
報告者:佐藤剛(ストップ温暖化センターみやぎ運営委員)
     江刺家由美子(ストップ温暖化センターみやぎリーダー)
内容:昨年の11月末から約2週間開催された、地球温暖化に関する
   国際会議「COP17」について、会議の目的や話し合われている内容、
   COP17の結果などを紹介
参加者:21名


はじめにストップ温暖化センターみやぎからCOP17に行った2人より、
現地の様子や他国のNGOの活動について紹介しました。

普段は見る機会の少ない、南アフリカの町並みや人々の様子。
また、若者のパフォーマンスやカナダに対する抗議の様子などの紹介もありました。

「若者の活動している姿を見て衝撃を受けた。
自分がCOP10に参加したときよりも参加している若者が多く感じた。」(20代・女性)















次に、地球温暖化の国際交渉の専門家で、気候ネットワーク東京の事務所長である平田仁子氏から、COPや国際会議の基礎的なお話、COP17の結果や今後の見通し等についてお話をいただいた内容をQ&A形式でご紹介します。





■気候変動問題は今どのような状態?
気温上昇を産業革命前から「2℃」未満に抑えることは各国共有の目標ですが、
各国が示す2020年目標では大きなギャップがあり、このままでは4℃上昇の
破局のシナリオとなってしまいます。「2℃」未満の目標を達成するためには、
各国が示す2020年目標プラス60〜100億トンの削減が必要です。


■COPではどのようなことが話し合われている?
京都議定書をもとに下記の論点で会議が行われています。
 ・先進国の削減義務・・・先進国全体で40%の削減に届く目標に合意すること
 ・途上国の削減行動・・・中国やメキシコ、ブラジルなどの主要な途上国の
               排出抑制を進める方法
 ・森林減少の抑制・・・途上国の森林減少によるCO2排出を止めること
 ・技術開発・技術移転・・・途上国の発展を「低炭素型」の発展に切り替えるため
 ・適応・・・特に影響を大きく受ける低開発国に、すぐに支援できる仕組み
 ・資金メカニズム・・・膨大な資金を捻出する仕組みと「立ち上げ資金」の確保



■COP17(ダーバン会議)で決まったのは?
1.京都議定書第2約束期間の合意
  ・・・法的拘束力ある削減の仕組みである京都議定書を続ける
2.包括的な法的文書(議定書)づくりへのプロセス
  ・・・2015年までに米中を含む新しい議定書(あるいはそれに類するもの)を作り、
    新たな枠組みは2020年からスタート
3.カンクン合意の運用化
  ・・・削減目標を立てたり、報告書を隔年で提出したりはするものの、
    自主的な取り組みを行う


■日本はどのような立場?
日本は京都議定書の義務を負わない「フリーライダー」の仲間入りです。
京都議定書の下で義務を負わず、2020年から新しい議定書が始まるまでは
途上国と同じ「自主的な取り組み」やっていくという方針です。
アメリカ、カナダ、ロシアも同様に、削減義務を拒否した先進国です。


■日本はどうするべき?
・「フリーライダー」となることのリスクを認識する
・原発CDM(クリーン開発メカニズム)の方針の取り下げ
・先進国の責任として国際義務を引き受け、率先行動をとる
・野心的な目標達成へ向けた排出実態の把握と評価への対応


平田さんのお話が始まると、参加者の皆さんは大変熱心に耳を傾けていました。
会場からは笑いが起こることも。


基礎から学ぶ国際会議2に続きます。

コメントする
コメント