CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

日本パラ陸上競技選手権大会 [2018年09月04日(Tue)]
9月1・2日、WPA公認第29回日本パラ陸上競技大会が屋島レクザムフィールド(香川県高松市)で行われ、アジア新3個、日本新15個生まれ、2日間合計で約5000人もの観客のが集まり、熱戦が繰り広げられた。  

Stepからも3選手が出場し、それぞれの目標に向かい頑張りました。

【出戸端 望 選手/T37】
走幅跳  5m35<±0.0> 1位
               ×  4m95<-0.2> × × × 5m35<±0.0>
100m 13秒80<-2.0> 1位
2種目とも1位とはなりましたが、まわりの他のクラス・種目の選手が好記録を出す中、近年見たことのないほどの苦しい結果と。4回ファールは記憶にありません。再度しっかりと調整し、10月のアジパラでのメダル獲得を約束します。


【木村 祐樹 選手/T47】
1500m  4分40秒86  1位
ここ数年このタイムのままですが、練習は積んできています。10月の全国障害者スポーツ大会でシーズンベスト更新を目指します。


【八木 明歩 選手/T34】
100m  25秒44 <‐1.3>   3位
200m  45秒24 <+0.5>  1位 初レース
400m  1分31秒46   1位 自己ベスト
クラス分け実施  T34  FRD2019
今シーズンよりIPC/WPAに登録して参加。走れば自己新という成長株ですが、向い風では厳しかった。まだまだ3種目走りきる力もなかった。10月の全国障害者スポーツ大会で自己ベスト更新で締めくくってくれます。


また今大会は、スタッフ4人体制で挑むことが出来ました。
日頃より多大なるご理解・ご支援いただいており、感謝しています。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

事務局


IMG_20180903_232105.jpg
DSC_0376.JPG
ID日本陸上競技選手権 [2018年08月05日(Sun)]
今年も岐阜での開催となった日本ID陸上競技選手権大会にStepから3選手が出場しました。
まずは選手権クラスに出場した羽鳥選手。
10000mは、10時開始にも関わらずすでに35.7℃という非常に厳しい条件下でスタート。本人のベストより、今の条件下でのベストの展開を北村コーチが考え、ラップを刻みました。
36分06秒37   6位入賞


チャレンジアスリート クラスに出場したのは、石井選手と岡本選手。

石井選手は、初日200mに出場、24秒70<+1.8>  とまずまずの走りをしました。
2日目の100mは11秒94<+2.7>と快走しました   身体もよく動き、レースまでは動き回らずレースに集中し、久しぶりの11秒台でした。強いて言えば追い風参考が残念です。

岡本選手は、初日の5000mが40℃近い炎天下でのレースは危険だということで、召集時に中止となりました。
そして気持ちを切り替えて挑んだ2日目、1500mでは、粘って粘って  4分40秒15  の結果でした。さすがに今日も炎天下でのレースとなり、走り終わったあとはフラフラでした。

金曜日から移動し、3日間の大会を振り返り、まず安全面、取り分け熱中症にならぬよう、無事に帰って来れることを願っていたのでひと安心です。

選手らはよく頑張り、よい経験をしました。
これは多くのサポーターズクラブさまのご支援があってのことです。
この場をお借りして、お礼申し上げます。
DSC_0242.JPG
DSC_0246-b80ed.JPG
DSC_0250.JPGline_1533356910000.jpg
近畿アリミテッド・パラ陸上 [2018年07月21日(Sat)]
7月20日、ヤンマーフィールド第2競技場で開催された、第2回近畿アリミテッド・パラ陸上に八木明歩選手が出場しました。
今回は、IPC/WPA非公認大会ですが、
@400m初出場/走力Up
A100m経験値Up
BT33クラス日本記録樹立
以上の目的で出場しました。
まずBは先のクラス分け変更により、叶わぬ目的となりましたが、クラス変更していなければ記録的に達成していました。
@400m  1分33秒54  
初出場ながらまずまずのタイムで走ることが出来ましたが、レース後半に腕が痙攣するアクシデントとコーナー走の技術不足を把握し、今後の糧となりました。
A100m  23秒33  <+-0.0>   自己新
暑さによる疲労、400m時の痙攣の心配もありましたが、見事自己ベスト更新しました。
まだまだトップ選手との差はありますが、今は、レースごとに記録が上がるときです。
目標・憧れの選手の影が踏めるところまでは!なんて。
非公認大会ですが、大きな収穫ある大会となりました。
※今大会は引率者1人につき、動画を撮影したため、残念ながら競技中の写真はありません。
DSC_0209.JPG
1532137419031-4e554.jpg1532132690578.jpg
近畿アリミテッド・パラ陸上 [2018年07月21日(Sat)]
7月20日、ヤンマーフィールド第2競技場で開催された、第2回近畿アリミテッド・パラ陸上に八木明歩選手が出場しました。
今回は、IPC/WPA非公認大会ですが、
@400m初出場/走力Up
A100m経験値Up
BT33クラス日本記録樹立
以上の目的で出場しました。

まずBは先のクラス分け変更により、叶わぬ目的となりましたが、クラス変更していなければ記録的に達成していました。

@400m  1分33秒54  
初出場ながらまずまずのタイムで走ることが出来ましたが、レース後半に腕が痙攣するアクシデントとコーナー走の技術不足を把握し、今後の糧となりました。

A100m  23秒33  <+-0.0>   自己新
暑さによる疲労、400m時の痙攣の心配もありましたが、見事自己ベスト更新しました。
まだまだトップ選手との差はありますが、今は、レースごとに記録が上がるときです。
目標・憧れの選手の影が踏めるところまでは!なんて。

非公認大会ですが、大きな収穫ある大会となりました。


※今大会は引率者1人につき、動画を撮影したため、残念ながら競技中の写真はありません。
DSC_0209.JPG
1532137419031-4e554.jpg1532132690578.jpg
ジャパンパラ陸上大会 [2018年07月16日(Mon)]
ご報告が遅くなりました。
7月7日、8日に正田醤油スタジアム群馬で開催されたWPC公認 2018年ジャパンパラ陸上大会に出場してきました。

西日本豪雨災害による交通機関の乱れにより、参加選手1名減となり2名の出場となりました。

まずはWPA公認大会初出場となった八木選手。競技前にクラス分けがあり、T34クラス分けに変更となり、戸惑いもありましたが、気持ちを切り替え挑むことが出来たようで、
23秒91 <+0.2> の自己新記録で3位に食い込みました。
とはいえ、上位2選手は国際級でまだまだこれからです。

もう1名はStepエース出戸端 望選手。
初日は若手の台頭が激しいT37・100mを  13秒55 <-2.0>  で勝ちきりました。
また国内初開催となったMix4×100mR。強化委員会推薦チームの3走として気持ちよく
走りチームに貢献、次の日に繋ぎました。

大会2日目はメイン種目の走幅跳。
いきなり1本目に5m69<+-0.0>のセカンドベストが出ました。「記録が出たら次の跳躍はスピードをあげて1発狙う!」という挑戦を実行しましたが、その後記録を延ばすことは出来ませんでした。しかし2年前に出した5m72に迫る久しぶりの跳躍、やりたい跳躍像は確認できているので近いうちに結果が出ることでしょう。

この度の西日本豪雨災害の被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。
1日でも早く日常に戻られることを願っております。
地元でも悪天候、被害の恐れもある中での大会参加、家族をはじめ関係者の皆様のご理解・ご協力があってのもの。「大会に参加できる、スタートラインに立てることに感謝しよう」ということで頑張って来ました。
挑戦は続きます。
引き続き応援よろしくお願いいたします。

写真提供:比嘉優樹(プラスヴォイス)さまreceived_1841215729268028.jpeg
received_1841215852601349-7827a.jpeg
関東パラ陸上(2日目) [2018年07月02日(Mon)]
梅雨があけ、今日も真夏日となった関東パラ陸上2日目。
暑さに2m前後の風が追ったり向かったりと回るコンディションの中、Stepの出戸端選手は100mに出場。

専門の走幅跳に繋がる100mということで、スタート練習にはあまり取り組んでいません。それでも10代の若いアスリートの挑戦に辛くも逃げ勝つ。
タイムは平凡ですが、来週のジャパンパラに繋がるレースとなったはず。

出戸端 望  T37 100m  13秒53(+1.3)  大会新

応援、よろしくお願いいたしますきらきら

DSC_0110.JPGDSC_0106.JPG
シーズン初戦となる関東パラ陸上(1日目) [2018年06月30日(Sat)]
DSC_0102.JPG
Step出戸端選手と監督は、WPA/IPC公認大会としては今年国内初戦となる関東パラ陸上競技選手権大会に参戦しています。

本日梅雨明けした関東地方。32℃以上に気温も上がり非常に暑い中、10月に開催されるアジアパラ陸上の出場をめざし1日目 走幅跳、2日目100mに出場します。

今シーズン初戦となる本大会。
出戸端選手は、
T37走幅跳  5m61 <+1.7>  大会新
とまずまずの跳躍となりました。

来週は、ジャパンパラ陸上(群馬)ですので、更にあげてくると思われます。

写真は、ご支援いただいている
(株)マエダ商事(UNIQLO山口店・防府店)さま
からの2018年版のStepオリジナルTシャツ。
情熱の赤T!!

今年も熱く行きます(^o^)/

リザルト(結果)はこちらから。
愛知パラ陸上 [2018年05月27日(Sun)]
今シーズンよりIPC/WPA登録をして県外遠征デビューした八木明歩選手が、愛知パラ陸上に出場しました。

100m  24秒65  <+1.5>  自己新

4月より新しいレーサーを購入した八木選手。
今日がまだ3レース目。
どんどん記録更新しています。

しかしまだまだ素人と言って良いレベル。
このアップした動画をいつか見直したとき、笑えるぐらいにもっともっと強くなってくれることでしょう。

DSC_0913.JPG

全スポ派遣選手選考会 [2018年05月14日(Mon)]
5月13日(日)、予定していた山口県障害者スポーツ大会(キラリンピック)は雨天中止となり、兼ねて開催の全国障害者スポーツ大会山口県派遣選手選考会のみが、維新みらいふ陸上競技場にて行われました。
Stepからは22人の選手が出場。
10月に福井県で開催の全スポの山口県派遣選手の座をかけて雨の中、奮闘しました。

しかしStepだけではなく、多くの出場選手が大苦戦を強いられました。

そんな中Stepでは、八木明歩選手と西村亮太選手の2人が自己新記録を出しました!  
頑張りました。おめでとうございます。
(注:自己新=派遣決定ではありません)

日頃から雨天でも練習会を行う経験は、「雨でも大丈夫」「準備万端(気持ちと着替えなど)」と自信となり、大きくプラスに働いたかと思います。自己新とはなりませんでしたが、他のStep選手も同じです。

7月の結団式に何人か選出するか分かりませんが、吉報を待ちましょう(^-^)

また中止となったキラリンピック出場予定だった選手も、たくさん応援に駆けつけてくれて、ありがとうございます(^o^)v
来年はあのメイン競技場で走れることを信じて、また練習頑張りましょう。

DSC_0871.JPG

DSC_0874.JPGDSC_0862-5cc4d.JPG
山口県陸上競技選手権大会 [2018年05月03日(Thu)]
維新みらいふ陸上競技場で開催された
山口県陸上競技選手権大会にStepからも羽鳥・倉重・出戸端の3選手が出場しました。

朝一番に行われた10000mに出場した羽鳥選手は、33分36秒09の自己ベストを更新しました。たった5人の出場、実業団や大学・高校生選手に引っ張ってもらい、粘り粘りのレースになりました。今後も期待されます。

200mに出場した倉重選手は、今シーズン2レース目。昨シーズンは故障で思い通りの競技が出来ませんでしたが、徐々にではありますが調子を取り戻しつつあります。

2m以上の追い風となった出戸端選手の走幅跳は、3ファールの記録なしという残念な結果となりましたが、ピークをずらしているため、目的とする大会には結果を残してくれることでしょう。



次は6日の練習会、13日のキラリンピック・全スポ選考会と続きます。
応援くださいませ。

DSC_0811.JPG
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山口障害者陸上競技クラブStepさんの画像
http://blog.canpan.info/step2005/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/step2005/index2_0.xml