CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
なぜ研修で当事者の声を聞かないのか? [2012年08月31日(Fri)]
IMG_20120831_145907.jpg

大津の大津百町館でNPO法人ジェントルハートプロジェクト
パネル展示と講演会があるというので行ってきました。
いじめやリンチなど心や体を傷つけられ死んでいった
子どもたちのパネルと生前のメッセージの展示。
(詩や文集、作文もあれば遺書もありました)
そして講演は11年前に大津であったリンチ事件で
子どもを亡くした遺族の母親の講演。
加害者や見てみぬふりをした近所の人たちへの
攻撃性は遺族だから仕方ないけど
憎しみのエネルギーはやっぱり悲しい。

とにかく当事者の声はパネルでも講演でも重みがありました。
それはリアルだから当然。しかしそのリアルに触れに来る
人たちの少なさともともと意識が高い人しかイベントに
来ないことについてはとても残念であります。

子どもに関わる人たちや関わろうと思っている人たちには
ぜひ知って欲しい事実、見て聞いてほしい言葉。
この夏、教育現場で「いじめ」をはじめ子どもの命について
自分自身もスクールソーシャルワーカーの視点で
研修講師としていろいろ伝えましたが
そんな研修よりも正直、このような言葉に触れて欲しかったです。
この大津の展示と講演会が明後日まで、
9月は29日に京都でおつきあいのある
チャイルドライン京都主催で講演とシンポジウムがあるので
本当に多くの人たちに参加して欲しいと思います。

そいてこのようなリアルに触れる機会を
教育現場や教員養成の現場で増やしていかんと
あかんなと強く感じた一日でした。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:19
久しぶりの実家長期滞在 [2012年08月13日(Mon)]
ということで一昨日から実家の
岡山に帰省しております。
今回は執筆の仕事があって集中して
取り組みたいこともあったり
プライベートなことですが
ちょっと自分を見つめ直したいこともあり
思い切って一週間実家で過ごすことにしました。

昨日はいつもの地元の仲間との同窓会。
楽しい時間を過ごしたり
ちょいとまじめな話をしたり
今日は朝から今回の大事な任務である執筆活動。
午後からは家族で祖父母の墓参りへ。

午前の執筆は想像以上にはかどりました。
空いた時間に書こうと今まで考えて
結局ずるずると書かないままこの数年過ごしましたが
やはり書きやすい環境を整えると
文書って書けるなとしみじみ思いました。
まあこれだけまとまった時間を作れるのも
独立したメリットかなと思っています。
きっとあと3日でそれなりのものが
書けるのではと今は思っています。

明日以降も執筆の時間の合間に
地元のいろんな人たちと出会ってきたいと
考えています。
気楽に声かけてください。

あ、それと下書きがやたらたまっている
ブログや更新がとまっているホームページも
今週中になんとかしようっと。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 19:06
子ども若者の貧困と文化体験活動 [2012年08月09日(Thu)]
昨日うちのNPO主催のシンポジウム
「子どもの貧困と生きづらさを抱えた若者にどう向き合うか」が
醍醐交流会館で行われました。

ドキュメント映画「月あかりの下で」上映会
太鼓集団響の和太鼓演奏
ボクも登壇させてもらったシンポジウム
という3本の企画でしたが
約120名のお客さんが来場してくれました。
懐かしい顔やはじめて直接お会いできた方もいて
個人的にも有意義な会となりました。

映画のことについては以前このブログでも
触れているので省きますが
やっぱり響の演奏はすごくよかったです。
子どもや若者の貧困課題を乗り切るのには
やっぱりこのような文化や体験活動だなと
しみじみと感じましたが、やはり貧困課題を
抱えている以上、文化や体験活動につながる
チャンスが少ないのでそこを学校や地域で
作り出す必要があるなと感じました。

Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 04:12
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ