CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
ソーシャルワーク演習7(課題) [2011年05月30日(Mon)]
今日はちょっと(かなり)マイナーな
スクールソーシャルワーカーの事例検討。
しかもみなさんの支援計画に
現場で起こりそうな難癖をつけさせてもらいました。

ということで今日のwebレポートはこちら。

「今日の演習で各グールプごとに出した
 課題についてレポートしてください」

・必ず200字以上は記述すること
・提出はこのブログのコメントに記載か
 メール(レジメに記載)で水曜23時までに提出
・コメントやメールの名前は
 webで公開するのでゼミで使うニックネームで
  レポートと別に授業の感想や要望もお待ちしています。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:57
第3ステージのはじまり [2011年05月29日(Sun)]
今日は午前が求人面接で午後がNPOの理事会でした。
今回の理事会は7月の総会につながる理事会。
しかも次年度は役員が新体制になります。
2年前に理事長を引き受けた時は
ただこの会の流れを引き継いで
事務局職員を配置することが目標でしたが
実際に2年間理事長になることで
改めてこの会のすごさと可能性に気がつきました。

だからこそ2期目ははっきりと方針をもって引き受けたい。
今のままの組織運営では先細りであることがわかった。
今回の新体制で組織は大きく変わらないといけないし
そのために事業の意識改革も必要であることを
次回の総会でははっきりと会員に宣言して
納得してもらった上で理事長を引き受けたいと
理事会で提案させてもらいました。
まずは理事会で可決したので
次は総会で会員に法人化以来の大改革を
納得してもらうステップに入ります。
すべては、今うちの活動が届いていない子どもたちに
活動を届けるために必要なこと。
改めて「すべての子どもの最善の利益」の意味を
何度も何度も何度もかみしめています。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:28
人はやりがいのある仕事を求めている [2011年05月28日(Sat)]
6月からこどものひろばでは
新たに5人の職員が雇われるということで
今日は朝から事務局長と採用面接まつりでした。

広報事務職員2名、朝食サロン職員、
ソーシャルワーカー、デザイナーという
多種多様な職員募集で
実際求人に応募してくれるのか?
と心配していましたが
求人募集かけて3日で
来るわ来るわの問い合わせ。
しかも面接してみるとみなさん
それなりに様々な経験や技術をお持ちで
世の中これだけ人材がいるんだなと
正直かなり驚かされました。

あとみなさん共通だったのが
仕事をするなら間接的でも
「子どものために役立つ仕事」をしたいと
ここを選んできてくれたということです。
中には先日放送されたvoiceの
「のびのび@らいふ」の紹介をみて
応募された方もいて会の代表としては
うれしい限りです。

明日はこどものひろばが大きく変わる
総会に向けての理事会ということで
この事務局職員体制も含めて
本当の意味で「すべての子どもたち」のための
会になるように議論を深めていきたいと思います。
それが良質の求人応募を促進して
良い人材確保につながると思っています。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:02
ソーシャルワーク演習6(コメント) [2011年05月27日(Fri)]
まずはメールで届いたレポートから。

++++++++++++++++++++++

○まんまる

 私は、進んで女らしさを意識することはありません。どちらかというと、周りの男友達からも男扱いされることの方が多いので、私が女らしさを特別に意識することはありません。
ただ、友達の家か居酒屋さんで遊んでいて、夜が遅くなった場合、必ずと言って良いほど、男の子が駅まで送ってくれるので、そういう時には女だからかな…と意識することが多いです。実際に、「一応女の子やし、危ないし送るわ」と言われるので、やはり女性に限定されるようですね。そういう時には、女であることを意識します。
 女らしさを意識している人が、私は正直苦手です。「気を使わなければならない義務」、「誉めなければならない義務」を感じてしまうのでしんどく思います。なので、女らしさを意識している人に対しては、自然と「深い関わりになるのは避けよう」と意識してしまう傾向にあります。
 どうして女らしさを意識しなくなったのか?これには、逆に、どうして女らしさを意識する必要があるのか?と疑問を感じます。私は、自分の思ったまま、感じるままに、行動・発言していて、それが女らしさを感じさせないのかもしれません。言ってしまえば、女らしさの意味もよくわからないです。
 女の子ばかりの世界に、嫌気がさした過去があったからなのかもしれません。女の子の中で自分を演じることに疲れて、「そのままの自分でいても良い居場所」を大学で見つけることが出来たからなのかもしれません…。
 どれにしろ、私は私のまま自然に振る舞っているつもりなので、理由を聞かれると難しいですね…。

++++++++++++++++++++++

今回は性差についてのレポートですが全体的に
若干ありきたり論で広がりが少なかったように思います。

実際にソーシャルワーク実践をする時に
この性差の価値観や恋愛要素が
行動に大きな影響を与えることが
大きいと思っているので、もっともっと踏み込んで
考察してもらいたかったです。

その深い考察が次回からの事例検討に
つながるはずだからね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:15
TVで見るとええこと言っていました<自分 [2011年05月26日(Thu)]
昨日のブログに書いていた通り
今日のニュース番組で山科のNPOで取り組んでいる
「子どもの貧困対策事業」が紹介されました。
思った以上に自分の露出も多くて
まあちょっとびっくりでした。

さすが夕方のニュース番組。
懐かしい人から「TV見たよ!」の
メールをもらったこと
その多くが応援メッセージだったことは
何よりも励みになります。
ありがとうございます。

あとはこの社会発信を
この活動を届けたい子どもたちに
そして6月からはこの事業で子どもたちに
直接関わってもらう「ソーシャルワークインターン」
いよいよ3期生募集にもつなげたい。
もちろん寄付にもつなげていきたいと思います。

voice特集「孤独な中学生の夜の居場所」
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:58
明日の夕方のニュースに出ます [2011年05月25日(Wed)]
お正月の京都新聞一面に続いて
NPOで取り組んでいる「子どもの貧困対策事業」の一つ
トワイライトステイ「のびのび@らいふ」が
明日(26日)4チャンネルの「VOICE」
(18時15分−19時 近畿ローカル)の特集で紹介されます。

3月末から1ヶ月に渡る取材の中で
理事長として一時間近く熱く語らせてもらった
くだりは採用されたのか、カットされたのか
ぜひ近畿地域(徳島県も?)にお住まいの方
番組をチェックしてみてください。

前回の新聞でもかなり気を遣いましたが
今回は映像ということでどのように編集されるのか
気にはなっていますが担当の方が
こちらの思いをくみ取って丁寧に取材していたので
そこは信頼して明日の放送を楽しみにしています。

番組を見てこの活動を応援したいと思ったみなさん
ぜひこちらのサイトから寄付をお願いします。

生活困窮・養育困難家庭へのトワイライトステイ事業
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:00
ソーシャルワーク演習6(課題) [2011年05月23日(Mon)]
今日は「村」づくしの演習でしたね。
アイスブレイキングは「幸重村の狼女」
そして演習は2つの村でのお話。

今までの抽象的な演習から
ぐっと具体に近づいてきました。
今日も「自他の価値観」について
グループワークから学びがありましたか?

ということで今日のwebレポートはこちら。

「今日の演習では性差という
 価値観で盛り上がっていた
 グループが多かったと思いますが
 あなた自身の価値観では
 『男らしさ女らしさ』という性差を
 意識することはありますか
 どのような時に意識しますか。
 意識しない人は意識している人を
 どう見ていますか
 そしてあなたの性差についての価値観が
 なぜ生まれてきたのかを考えて
 レポートしてください」

・必ず200字以上は記述すること
・提出はこのブログのコメントに記載か
 メール(レジメに記載)で水曜23時までに提出
・コメントやメールの名前は
 webで公開するのでゼミで使うニックネームで
  レポートと別に授業の感想や要望もお待ちしています。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:59
大学生による子どもの貧困への取り組み [2011年05月22日(Sun)]
ということで今日はお隣の大津市中3勉強会と
広島県福山市の中3勉強会についての
実践報告を聞いてきました。

うちのNPOでやっていることと
短期目標の違いはあるものの
(中3勉強会は受験勉強支援であり
 楽習サポートのびのびは生活余暇支援)
長期目標(自己肯定感をつけること)
大学生の力を使う手法や成果は共通点が
多くてうんうんとうなずけました。

ただ改めて謎なのはうち以上に
受験勉強を事業のメインにしていながら
教育系大学や学生を取り込めていない事実。
まあ教育系の学生でボランティアする学生は
のけなみ学校ボランティアに流れている
ということも一つあると思いますが
それ以外にも理由がある気がします。
(教員研修で子どもの貧困の話をしても
 あまり響かないというのと似ています)
誰かそんな研究してくれへんかなぁ。
って最後は他力本願でした。

そんなこんなで今日も新しいつながりが出来た
ということが最大の収穫でした。

Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:00
懐かしい荷物のパッキング [2011年05月21日(Sat)]
今日は短大の仕事場に
持って行く文具や教材を
せっせとパッキングしていました。
5年前の懐かしい資料や教材が次々と発掘され
ノスタルジックに浸ってしまい
準備がすすまないのはお約束。

特任教員とはいえ、
どの立ち位置(教育スタイル)で
いくべきか今ひとつつかめていません。
とはいえやればやるほどドツボにはまる
教育の世界なので自分でどっかに
線を引いておかねばならんなと思っています。

とはいえせっかく相談室という形で
部屋を使えることになったので
保育士を目指す学生に福祉のことを
たくさん伝えていければと思っています。

ということで来週からぼちぼち荷物を運び込みます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:33
ソーシャルワーク演習5(コメント) [2011年05月20日(Fri)]
まずはメールで届いたレポートから。

++++++++++++++++++++++

○まんまる

価値観のちがいの授業、とても面白かったです。これだけは譲れない…というものがハッキリしている人が多く、それもまた驚きました。

私が出会った人で価値観が違うと感じたのは、大学で出会った友達です。福祉の学科に来て、やはり、みんなどこかしら似たような人が集まりがちです。ただその中で、人と接する時に何を一番大切とするかで、私とは違った考えを持つ人が何人かいました。

どうしてそのような価値観が育ったのか…、それは私の想像でしか答えられません。過去に、人と接することで何か自分を出しすぎて、失敗したことがあったかもしれません。もしかしたら生まれもった性格かもしれません。人と接する(外に出る)ことよりも、本を読む(家でこもる)ことが多く、経験より知識ばかりが頭にあるのかもしれません。自分に自信がないのかもしれません。家族で本音で話すことがあまりないのかもしれません…。他にもいろいろと考えられることがあると思います。すべて私の想像上なので、本当の所は分かりません。
ただ、私はその価値観の違った人と話していると、たまに疑問を抱くことはあるものの、とても面白く、尊敬出来る所がたくさんあることは事実です。

価値観は周りの環境が変わることで、どんどん変化していくと思います。私自身、その友達と出会って、少し自分の価値観が変わりりました。一人一人、さまざまな経験を通して価値観が育っていくのではないでしょうか。

++++++++++++++++++++++

みなさんが演習を積み上げているのか
記述のスキルがあがっているのか
どちらにせよ読み応えのあるレポートが増えて
こちらも考えさせられることが多いです。

さて演習の基礎編のテーマは「自己覚知」から
「自他の価値観」へと移りました。
今までは他者との違いを感じるだけで
良かったのですが、これからの演習では
他者との違い(特に価値観)を調整する
ことが増えてきます。

メールでレポートのくれた彼女も言っているように
価値観の違いの調整は大変だけどおもしろい
ソーシャルワーカーの仕事の中心は
この価値観の調整なんです。
その本当の意味を理解してくると
このソーシャルワーカーの仕事はすごくおもしろいし
やりがいがあります。
ボクはそこの魅力にはまり込んでいますし
ぜひみなさんもどうせ仕事するなら
ソーシャルワーカーの仕事をして
このやりがいを現場で実感して欲しいと思います。
人が互いの価値観を認めることができた時に
ひっかかっていた問題がスポッと抜けたり
元気を取り戻す姿を見た時に
「ああ、ソーシャルワーカーっておもしろい!」と
きっと思えるはずです。

次回はいよいよ「自他の価値観」について
「物語」を使って考えます。
そして6月からの後半の演習ではいよいよ
実際の事例にふれながらの学びになります。
暑くなってきましたがやればやるほど
ソーシャルワークのおもしろさに近づくはずなので
熱い演習をやっていきましょう。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:56
| 次へ
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ