CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
メディアにみる福祉8(当日コメント) [2009年11月30日(Mon)]
今日は前回と違って同じ社会的養護である
「里親制度」について学びました。

今回みた話は虐待を受けた子どもたちの行動や
背景を顕著にあらわしているエピソードでした。
ボクが中学校というところで
児童福祉の仕事をしているのは
このような虐待を受けた子どもたちを
学校という教育機関で適切な対応できるように
支援していける力をつけるためです。

今回のレポートテーマはこちら。

「前回みた児童福祉施設で専門職員に支援を受け
 生活していくことと今回のような一般家庭で
 市民や地域の人の支援を受け生活していくことの
 違いについてそれぞれの課題と利点をあげてください。
 特に虐待などを受けて親と一緒に暮らせない
 子どもにとっての視点でレポートしてください」


あなたの考えを200字以上で述べて下さい。
13時半まで受付ます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 11:31
メディアにみる福祉7(事後コメント2) [2009年11月29日(Sun)]
前回のレポートについて
読ませてもらった印象としては
厳しい意見が多かったように思えました。

今回のドキュメンタリーは
職員からの視点で作られていたので
そこの影響があったのかもしれません。
もちろんその見方も大事ですが
メディアに見えない部分を
わからないなりに想像して
考えることも大事ですね。

メールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:52
結婚線が! [2009年11月28日(Sat)]
ただいま社会福祉士会の研修委員長の仕事で
東京出張中の新幹線の中です。
イーモバイルのおかげで車内で
ネット使えるのはすばらしい!

さて先週から小中連携で
小学校訪問をはじめました。
先週も書きましたが
小学生はとりあえず受け入れてくれるので
ホントにこちらも元気もらえます。
中学校で課題を抱える生徒の
きょうだいがいるクラスを中心に
訪問しているのですが、
今日はそこでのほっこりエピソード。

休み時間にある女の子が
手相を見てくれるとのこと。
最初はSかMかを見てくれていたのですが
(ってそんな手相あるのか?)
次に結婚線を・・・

「すごい長いよ。あ、でも途中で下がっている!」

えええ!? 結婚線下がっているってどういうこと?

「離婚するんちゃう。プレゼントとかしっかりしとき」

すみません9月の結婚記念日のプレゼントもまだです。

で、どんなんプレゼントしたらええの?

「高価なネックレスとか」

おこづかいが足りへんなぁ

「じゃあマクドナルドにつれていくとか」

よし、それで決定!


ほのぼのして中学校に帰ると
先生たちが疲れた顔して
生徒指導に追われていましたとさ。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 09:07
動き出すとチョー気持ちいい! [2009年11月26日(Thu)]
久しぶりに中学校での
スクールソーシャルワーク活動について。

2学期の前半はほんとに煮詰まっていましたが
今月に入ってから関わっいたケースが
次々と動きはじめました。
あれほど持ちにくくて悩んでいた
ケース会議がそれとセットで
もちやすくなってきました。
半年かけて種まきした成果かな?

もちろんがっつりケースに入りすぎているので
最終的にきちんと先生や学校に
ケースを動かしてもらうように
していかないといかんのですが
子どもたちの変化や保護者の変化を
目の当たりにしていると
ついつい自分でやってしまいがち。

気持ちよさに自分を見失わないように。
あと校内の環境はあいかわらずなので
今回のようなケース改善もさることながら
一日でも早く子どもたちが(ある意味先生も)
安全で安心な学校生活を送れるように
活動していきたいです。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 12:07
メディアにみる福祉7(事後コメント) [2009年11月25日(Wed)]
さて今回の事後レポートも
前回と同じく学生である
自分の立場で考えてもらいます。

レポートテーマ
「あなたのバイト先に入った高校生は
 児童養護施設で生活していることを
 休憩時間に話してくれました。
 バイトしてもバイト代は自由に使えないし
 携帯電話ももてないしと施設の規則や
 担当保育士への不満
 親がいたらこんな苦労はなかったと
 よく休憩時間にあなたへ話してくれます。
 あなたはこの愚痴にどう答えますか?
 そして今の児童福祉について
 どう考えるかレポートしてください」
 

レポートは200字以上で
ここにコメントか指定のアドレスまで
メールで送ってください。
名前は前回の当日コメントと同じものでお願いします。
締め切りは土曜日までとします。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 16:17
メディアにみる福祉7(当日コメント2) [2009年11月24日(Tue)]
メールで届いたコメントレポートです。

自分が元児童養護施設の職員だったので
とても興味深く読ませてもらいました。

メールでもらったレポートはいつもどおり
「追記(続きを読む)」で紹介しています。
ほぼそのままコピーしたものなので
誤字脱字とかはなおしていないのであしからず。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:22
メディアにみる福祉7(当日コメント) [2009年11月23日(Mon)]
さて今日から「児童福祉」がテーマです。
今回みたドキュメントはボクも大学卒業後に
児童指導員として働いていた
児童養護施設の1年を追ったものでした。
そんなこんなで講義でも
実際の事例を話していきますね。

今回のレポートテーマはこちら。

「今回のドキュメンタリーを見て、携帯電話をめぐって
 子どもと担当保育士のやりとりの中から
 親と違う立場である施設の職員について
 あなたの考えをレポートしてください」

あなたの考えを200字以上で述べて下さい。
13時半まで受付ます。

「課題レポート」組も評価には関係しませんが
ぜひ考えてコメント投稿してみてください。
その場合は好きな名前でどうぞ。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 11:22
メディアにみる福祉6(事後コメント2) [2009年11月22日(Sun)]
最近、事後レポートテーマが
かなり事例的なのでみなさんが
入り込んでしっかり考えてくれているのか
読んでいて「なるほど」と思う意見が多いです。
この講義も後半ですが、その調子で
今後もお願いします。

メールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。

介護の問題はなかなか自分の生活に
置き換えにくいのですが
こうやってドキュメントを見て
事後レポートに取り組むことで
実は自分のすぐ横にある課題である
ことがレポートから読み取れます。

今回の講義では説明していませんが
「介護休業」という制度がありますが
育児休業と同じ扱いにも関わらず
世間に浸透していませんし、
実際にこの制度を活用するのは
まだまだ難しいのが今の社会です。

市民によるボランティア活動も
高齢者関係は募集が多いですが
どうしても子ども関係が人気があるのが現状。

政権交代で政治のニュースが多いですが
最近あまり高齢者関係の話題を聞きません。
政治としてどう高齢化社会へ対応していくのか
ちょっと不安になります。

今回の「高齢者福祉」「介護福祉」を
メディアにみる福祉でとりあつかったことで
みなさんが少しでも興味をもってくれれば
教養科目としてはうれしいなと思っています。

さて明日からはいよいよボクの専門の
「児童福祉」に入っていきます。
まずは児童福祉施設について
前回同様にドキュメンタリーから
考えていってもらいます。
お楽しみに。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:51
未来を描くことは難しい [2009年11月21日(Sat)]
今日は滋賀県社会福祉士会の理事の集まり。
テーマは「今後の滋賀県社会福祉士会について」
なんかどっかのNPOでも似たことやってますね。
会長がかなり具体的ビジョンで提案をしてくれたのですが
具体的すぎて、厳しい意見もちらほら。
思わず「将来の夢が描くことは大事ですよね」と
応援する発言をしたのは、やはり山科のNPOで
同じことをしているからなんでしょうね。

組織としてある意味、今のままでもいいのでしょうが
それでは発展性もなく、
ただ毎年やっていることを繰り返していくだけ。
どこかできちんと振り返りと未来を描く作業が必要。

明日はNPOで発信する立場です。
ボクも会長と同じく具体的ビジョンを出し過ぎてしまうので
もうちょっと戦略的にやらないといかんですね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:25
ウソでもうれしい言葉 [2009年11月20日(Fri)]
今週から小中連携ということで
小学校にも訪問することになりました。
久しぶりの小学校での児童たちは
人なつっこい。
中には「イケメン先生!」と言ってくれる子もいて
(まあそれは言い過ぎやろうけど)
お世辞でもうれしい言葉です。

顔を見たら傷つく言葉を
発するやんちゃな中学生たちと
長く関わっているとわかっていても
気持ちが凹んでしまいますが
今日のような小学生たちが声かけをしてくれると
こちらもエンパワーメントされます。

子どもであっても、おとなであっても
人が人に元気を与える関係でいたいですね。

Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:20
| 次へ
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ