CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
メディアにみる福祉12(事後コメント2) [2010年01月04日(Mon)]
いよいよ講義「メディアからみる福祉」のレポートを
ブログで紹介するこのコーナーも今回で最終回。
集大成になるレポート内容。

みなさんの最終コメントレポートを
読ませてもらって思わずうれしくなりました。
この講義の目的はほぼ達成できたかなと
自分では思っております。

大事なことは社会の出来事に興味を示すこと
そして現在、民主主義の社会体制であるので
一人ひとりが政治に興味をもち選挙に行くことで
必ず国や地方自治体を変えられます。

正直、学生時代は教養科目はいらない科目で
その分、専門科目をとらせてくれと思っていましたが
社会人になってそれが大きな間違いだったことに
気がつかされました。
今回も教養科目だから教えられること
学べることがあったのではないでしょうか。

それでは最終講義の総括で
この半年を振り返りましょう。

本当に最後になりましたが
いつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:13
メディアにみる福祉11(事後コメント2) [2010年01月03日(Sun)]
いよいよ今年度の「メディアにみる福祉」
このブログを活用にしたレポートも
今回と次回の事後コメント報告で終了。

今回はみなさんから
具体的な施策を考えてもらったわけですが
なるほどと思える施策がたくさん出てきました。
しかし今回はそこまで突っ込んでいませんが
その施策を行うために必要な財源を
どう確保するのかということが
実は難しいわけです。
このあたりは明日掲載する
最後の事後レポート報告で
みなさんになりに答えが出ているのかなと
思っているので明日の報告をお楽しみに。

最後になりましたが
いつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:54
メディアにみる福祉12(事後コメント)  [2009年12月26日(Sat)]
いよいよこのブログを使ったレポートも
今日で最終回になりました。

今年度初の取り組みでしたが
受講生以外にも広がりがもてた
この評価方法、個人的には良かったかなと
思うのですがさて受講生のみなさんは
どうだったでしょうか?

ということで「生活困窮」についての
当日コメントレポートの
メールで届いたものの紹介と
事後コメントレポートの課題発表です。

まずはいつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。

そして事後コメントレポートのテーマはこちら。

「当日コメントでは『ホームレス中学生』から
 田村少年にとっての
 幸せを考えてもらいました。
 ではこの講義を受けたあなたにとって
 今までの人生や今後の人生で
 この半年学んだような様々な
 福祉的課題と向き合うことが
 きっとある(あった)と思いますが
 そんな時に社会がどうなれば
 その課題を乗り越えることができそうですか
 人が幸せを感じて生きられるための
 国や市町の施策や
 社会のあり方について
 あなたの意見をレポートしてください」

レポートは200字以上で
ここにコメントか指定のアドレスまで
メールで送ってください。
名前は前回の当日コメントと同じものでお願いします。
締め切りは年内までとします。

なお年明けの最終講義でまとめをします。
まとめのミニレポートもその場で書いてもらいます。
ミニレポートの内容でちょっと評価のオマケもつくので
ぜひ最終講義も参加して
一緒に「メディアにまなぶ福祉」のまとめをしましょう。

では受講生のみなさん、よいお年を!
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:59
メディアにみる福祉11(事後コメント) [2009年12月24日(Thu)]
さて今週は講義が2回あったので
ちょっと前後しますが11回の講義で行った
「ひとり親」についての当日コメントレポートの
メールで届いたものの紹介と
事後コメントレポートの課題発表です。

まずはいつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。

そして事後コメントレポートのテーマはこちら。

「あなたなりに現在父子家庭である
 小柳家に必要な国や市町の施策
 また会社や学校ができるサポートを
 考えて具体的にレポートしてください」


レポートは200字以上で
ここにコメントか指定のアドレスまで
メールで送ってください。
名前は前回の当日コメントと同じものでお願いします。
締め切りは年内までとします。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:24
メディアにみる福祉12(当日コメント) [2009年12月23日(Wed)]
今日で実質的に内容としては最終回。
最後は福祉における最後のセフティーネットである
「生活保護」について
ベストセラー本である『ホームレス中学生』を
テキストに学習しました。

最後の当日コメントレポートのテーマはこちら。

「田村少年にとっての幸せとは
 いったい何だったのか
 あなたの考えをレポートしてください」


あなたの考えを200字以上で述べて下さい。
13時半まで受付ます。

前回の11回と今回の12回の事後コメントレポートは
今週中に発表します。
こちらは今年中にお願いしますね。

ではみなさんよいお年を!
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 09:09
メディアにみる福祉11(当日コメント) [2009年12月21日(Mon)]
いよいよこの講義も最終章。
今日は「ひとり親家庭」について学びました。

今日のテーマは主人公と逆の視点で考えてもらいます。

「物語はひとり親の家族の視点で語られています。
 しかし会社や学校の視点でみると
 ひとり親家庭になったことで
 会社からは仕事を断るようになった
 つかえない社員
 学校からは家庭の問題を持ち込む
 クレーマーの保護者
 として描かれています。
 これもまた今の社会の風潮です。
 なぜひとり親家庭に対してこのように
 厳しい社会なのかを考えて
 レポートしてください」

あなたの考えを200字以上で述べて下さい。
13時半まで受付ます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 11:33
メディアにみる福祉10(事後コメント2) [2009年12月20日(Sun)]
今回の事後レポート課題は課題レポート組と
同じ内容だったのでその違いが今から楽しみです。

改めて自分の生活に落とし込むと
子ども虐待を発見し
さらに通告することのハードルの高さに
気がつかされたと思います。
子ども虐待が地域でないか
個人個人が意識することも大事ですが
同じぐらい地域や社会で子どもを
育てていこうと考えていくことが
大事だと考えます。

よくこの授業でもボランティアは
いい経験だよと言っているのも
実はこういうこととつながっています。
例えば学生のみなさんは
たぶんまだ子育てはしていないと思いますが
みなさんの力を少し貸してくれることで
地域で孤立した子育てをしている人たちが
ちょこっと助かったりするわけです。
そしてそのちょこっとが実は虐待を予防します。
そのような活動が根付けば
やがて、みなさんが子育てする時に今度は
地域の学生さんに助けてもらえるはずです。
個別化の世の中だからこそ
人とつながりあっていきたいですね。
学生のみなさんはそんな可能性を秘めています。
ぜひこの春休みにそんな一歩を踏み出せれば
すてきだなと思っていますが
どうでしょう?

さてこの講義も内容的には
明日の「ひとり親家庭」次回の「生活困窮」を
残すのみです。

最後になりましたが
いつも通りメールで届いたレポートはあとで
「追記(続きを読む)」にて紹介します。

続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:27
メディアにみる福祉10(事後コメント) [2009年12月16日(Wed)]
さて講義で何度も言ってますが
映画のようなネグレクトを受けている子どもたちは
統計に出ていない数も入れれば
日本中あちこちであることです。
実際にボクが小学校や中学校で仕事していて
厳しくチェックしていくなら
各クラスに必ずいるといっていいぐらいです。
本当に珍しい話ではないのです。

ということで今回のレポートは
ちょっとアンケートちっくですが
このテーマでいこうと思います。

「今までアルバイト先や近所などで
『あれは子ども虐待ではないか』と
思った経験はありますか。
おかしいと思っても何もできないのは
なぜなのか自分の経験をもとに考えてください。
(おかしいと思った経験がない人は
 自分がこれからそのような場面に出くわしたら
 きっとどうするか想像して考えてください)」

レポートは200字以上で
ここにコメントか指定のアドレスまで
メールで送ってください。
名前は前回の当日コメントと同じものでお願いします。
締め切りは土曜日までとします。
 
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 20:41
メディアにみる福祉10(当日コメント2) [2009年12月15日(Tue)]
メールで届いたレポートです。

今回もみなさんからのレポートを読ませてもらい
なるほどそうかもしれないなと思いました。
人の心理とはそんな簡単にわかるものではないと
思っていますが、相手がどんな気持ちなのか
物語で語られない部分を想像することは
大学生として大事な教養だと思います。
どうしても明の感想が多い中
少しステレオ的な似ているレポートが
多い部分はちと残念でした。
しげるくんとかに着目しても
結構おもしろいと思うのですがね。

メールでもらったレポートはいつもどおり
「追記(続きを読む)」で紹介しています。
ほぼそのままコピーしたものなので
誤字脱字とかはなおしていないのであしからず。
続きを読む...
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:34
メディアにみる福祉10(当日コメント)  [2009年12月14日(Mon)]
2週に渡って「ネグレクト」がテーマの
映画を題材に児童福祉について学びました。
講義でも話しましたが
特別な話ではありません。
日本中のあちこちでネグレクトは
行われています。
「誰も知らない」子どもたちに
気がつくには、まず私たちのような
市民の力や意識なのです。

今回のレポートテーマはこちら。
「今回、4人の子どもたちが出てきました。
 母親に置いて行かれた4人は
 物語が進む中でそれぞれ心理状態が
 変化していきます。
 4人のうち1人を選んで
 その変化していった心理状態を考えて
 レポートしてください」

あなたの考えを200字以上で述べて下さい。
13時半まで受付ます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 11:46
| 次へ
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ