CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
そして父になる [2013年09月28日(Sat)]
久しぶりに夫婦でレイトショーを見に行きました。
(実は映画館から徒歩10分のところに住んでます)
すごく見たかったので公開初日に行ってきました。

めっちゃ良かったです。
ボクの好き系映画のど真ん中でした。

6歳の息子が実は生まれた時に
取り違えられた他人の子で・・・

という話なのですがホントいろんな切り口がありました。
個人的には他人の子どもを育てるという状況は
現在約4万人いる社会的養護が必要な子どもたちが
自分も仕事していた児童養護施設において
当たり前の日常なわけですが
映画という手法で子ども一人ひとりの心情に
フォーカスするのでいかに施設では
一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添えてなかったか
(システム上難しいことなのですが)
自分自身も含め心が痛みました。

映画でもそうですが「家族再統合」というのは
本当に大変な手続きだと思うのですが
あまりにそれをサポートする社会資源や専門家が
少ないことを感じます。

あと印象的だったのは取り違いがあった家庭は
経済的に対照的であったことです。
子どもの貧困を最近のメインテーマにしている
自分にとって改めて子どもたちを
「貧困+ひとりぼっち」にだけは
絶対にしてはいけないなと感じました。
どちらにせよ取り違いがなくても
経済的に豊かでも家族が孤立している家では
やがて子どもは違うSOSを出していたと思いますし
経済的に苦しいけど家族のつながりのある家では
将来の進路などで子どもの選択肢が
減ってしまうことや貧困の連鎖は予想がつきます。
「家庭」では足りないものを「学校」「地域」で
補完していく子どもの環境づくりを感じました。

ということでお薦めです。
特に子どもたちの演技から伝わる
心情は台詞じゃない重みがずしっときます。

Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:30
ひまわり 沖縄は忘れないあの日の空を [2013年07月06日(Sat)]
久しぶりの夫婦での映画鑑賞になりました。

作品は1959年6月、沖縄・宮森小学校に米軍ジェット機が
墜落した事故を題材に現代の大学生が平和コンサートを
開催するという内容でした。

映画「ひまわり」公式サイト

大学生役で今、はまっている「あまちゃん」こと
能年玲奈ちゃんが出ているというミーハーな理由と
この春に山科醍醐こどものひろばの子どもたちと
一緒に行った沖縄での体験学習に沖縄基地問題が
あって現地でいろいろ見てきたこともあって
見に行きましたが、やはりこの前の沖縄で
聞いたこと見てきたこととリンクして
すごく考えさせられるいい映画でした。

まあこの手の上映会につきものの
参加者が少ない。来る層が決まっている
というのが外的要素としては残念でしたが
(あとサントラ欲しかった)
実行委員のみなさんありがとうございました。

さて映画の本筋に触れない程度の感想。
改めて思ったのはやっぱり沖縄のことを
本土の人は何も知らないということです。
恥ずかしながら市民に犠牲が出た
米軍機の墜落といえば
横浜での事件は知っているのですが
まさか小学校に墜落しているという事件が
あったことはこの映画ではじめて知りました。
ネット中心ですがさっそく調べさせてもらい
この事件の大きさを感じ
そしてやはり「知らない」ことほど
恐ろしいことはないと実感しました。

スクールソーシャルワーカーをしていて
学校現場をよく見ていますが
「平和学習」はどんどん量も内容もない
ものになってきていることを感じます。
戦争を知らない世代に育てられた世代に
育てられている今の子どもたち。
このような時代だからこそ
「平和学習」を深めないといけないように思います。

勉強の教え方がうまい先生が量産される現代
子どもたちにとって社会に生きることの
大事さをもっと伝えること
それが出来る先生にこそ教育者としての
価値はあるように思えます。
(教育の素人が偉そうにすみません)

余談ですが、先ほどの横浜米軍機墜落事件も
自分なりによく知っているのは
「ひまわり学校」という教員有志による
長期休暇に行われる体験活動に
子ども時代に参加して(まあさせられて)
そこでの平和学習で学んだからこそ。
(「ひまわり学校」がどのようなものだったのか
 ネットで調べましたが発見できず。
 知っている方の情報待ってます)
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:40
ドキュメント映画「ちづる」 [2013年04月02日(Tue)]
前々から見たかったドキュメント映画の
「ちづる」を高槻まで見に行きました。
というか今日は世界自閉症啓発デーということでの
上映でしたが、何と開演前に満席だったので
久しぶりに立ち見で映画鑑賞となりました。


予告編を見てもらえばわかるように
主人公は知的に障がいを抱える自閉症のちづる
そしてその家族の日常を撮った作品。
何がすごいかというとこの映画の監督が兄。
しかも卒業制作で作った映画がまさかの全国上映という
ところが何ともおもしろい。
確かに画面のブレや雑音が気になりますが
とてもリアルにちづると家族の日常が描かれます。

ちづるのことも気になりましたが
それよりも母子家庭だったことと
ちづるが不登校でそのまま引きこもりになっている
という環境のことがすごく気になりました。
たぶん福祉関係者と障がい児を抱える家族と
福祉に関わらない市民とでは感想が
大きくわかれるんやろうなと思いました。
ボクは福祉関係者ということで
やっぱりこれからのちづるの自立が気になりました
外に出たくないのはちづるなのか
まわりが外に出したくないのか
とはいえ家庭以外に居場所がないということが
何よりもネックやなと思いましたが
鑑賞したみなさんはどうでした?

あと映画の収益600万円を
セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンなどに
寄付をしているのがすごいです。

「貧困を背負って生きる子どもたち」も
こりゃ映画化やな。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:28
青い鳥 [2011年10月17日(Mon)]
NPOのチャリティーサロンで先月からはじめた
「映画で学ぶ福祉講座」
今日は青い鳥を見ました。

いじめによる自殺未遂事件が起こった中学校が舞台。
被害者は転校し、担任は心労から休職。
残った生徒たちの前に吃音症である
臨時教師が赴任してくる。

様々な切り口のある映画です。
臨時教師の村内先生は
吃音症ということもあるのか
言葉で多くを語ることはないのですが
思春期の子どもたちには結果として
その態度や数少ない言葉が響いていきます。
(もちろん響かない生徒もいるのが
 この映画のいいところだと思います)
対比されるように熱血派の生徒指導の先生は
正論と大人の立場での言葉に頼っているので
子どもたちの気持ちに上滑りしているのも
スクールソーシャルワーカーとして
学校現場で見ていてよくある光景だなと思ったり。

あとしみじみ思うのは「事件」が起こった後
いくらやり直そうと思っても日常にはもう
戻れないという怖さも感じました。
ちょうど先日、ある事件があった学校の
先生と話をしましたが、やっぱり「事件」が
与える影響は子どもだけでなく先生も保護者も
取り返しのつかない傷を与えると思いました。
だからこそ防げる事件は大人が防ぐ努力をしないと。
この映画はそれを考えるきっかけを与えてくれます。

残念なのは一番一緒に考えたかった
学校の先生を目指す学生さんが
この講座に参加してないことです。
何とか講座と別の形で一緒に考えたいと思います。

ちなみにこの講座は第一部の「こども家庭福祉」が
終わったので次回から第二部の「障がい」編に入ります。
みなさんの参加お待ちしてます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:19
ぼくはうみがみたくなりました [2011年09月03日(Sat)]
今日は思わぬ台風直撃で
予定していたことがどんどん変更して
結局、後期の授業準備ということで
素材として使う予定の映画を夫婦で鑑賞。

自閉症の若者と看護学生の思わぬドライブを
やわからいストーリーと映像で語られます。
原作本がすごい好きだったので映像化には
期待半分と不安半分でしたが
原作の良さを引き出してほんわかできる映画でした。
「自閉症」を理解するにはいい作品だったので
やはり思った通り講義「メディアにみる福祉」の素材として
使うにはうってつけでした。
(作中に出てくる映画が講義で使ったことのある
 「ウィニング・パス」だったのも縁ですな)
あとはどうこれを活用するか
シンプルに「自閉症」のことで深めるか
はたまた「障がい者を抱える家族」でいくか
後期までもう少しあるのでちょっと考えてみます。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 22:06
神様のカルテ [2011年08月28日(Sun)]
久しぶりのオフということで
夫婦で映画を見に行きました。
相方が見たいと言っていた「神様のカルテ」

素直に良かったです。
特に宮崎あおいさん演じるハルには
本当癒やされました。
こんな感じで夫婦支え合えたら素敵やなと。
その意味では夫婦で観に行って良かった作品です。

さて作品の切り口はいろいろあるのですが
本筋の物語はここでは触れず
イチとハルの夫婦が住んでいる「御嶽荘」の
住人たちのことについてコメント。
内科医であるイチと写真家のハル
そして哲学家の学士と画家の男爵。
それぞれひとくせある住人たち。
夏目漱石好きで看護師に変人と呼ばれるイチ
丁寧な話し方が心地よいけど常に敬語のハル
哲学的な発言で相手に反論する学士
売れない描けない画家の男爵
もしかするとここの住人たちは
「発達障がい」という枠に入るかもしれないかも。
そのような特性をもつ住人たちの中で
社会人として仕事をしているのは
ドクトルと住人に呼ばれるハチだけで、
ハルこと姫も学士も男爵も仕事らしい仕事を
しているシーンは出てきません。
でも彼ら彼女の存在が医者として
常に現場で心も身体もすり減らして
帰ってくるハルを支え作っている気がしました。

生活環境が人を支えることを
感じる映画であったと思います。
もちろん本筋の病院の物語も素敵ですが
そこはよそのレビューにまかせます。

素敵な映画でいい日曜日を過ごせました。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:00
コクリコ坂から [2011年07月17日(Sun)]
今日はGWぶりに夫婦で一日過ごしました。

琵琶湖が見えるおしゃれカフェでゆっくり過ごし
夕方から映画を見に行きました。
スタジオジブリの新作「コクリコ坂から」
読み通り浜大津アーカスは公開2日目にも
かかわらずうちの夫婦あわせて4組しか
お客さんがいなくてゆっくり映画を楽しめました。

ということで久しぶりに映画のレビュー。
物語はベタな少女マンガを原作にしているので
まあドラマチックな展開が描かれていました。
(うちの相方に言わせると韓国ドラマみたいと)
個人的にはそこにはあまり惹かれず。
ジブリ作品らしく丁寧な音楽と映像は
あいかわらずおみごと。
入り込んだのは1963年という時代設定。
もちろん1973年生まれの自分は知らない世界ですが
自分の親が思春期だった時代。
子ども時代に親に聞かされた話や
大学時代に先生が話してた話が
映画の中に生きていました。

対人援助の仕事をしていて
しみじみと大事にしないといけないと思うのが
利用者や家族の育った時代背景。
自分より年上の人たちが生きた時代を
体感することはこういう映画で
感じることは出来ます。
「コクリコ坂から」はそんな時代を
知ることができたように思います。
宮崎駿さんのパンフレットの文章でも

時間の流れ、空間の描写にリアリティを与えた。
観客が自分にもそんな青春があった気がしたり・・・

と書いてありますしね。

ただ興行的にはかなり見る人を
選ぶ作品になりそうな気がします。
団塊の世代をターゲットにしているので
今の若い人はこの作品をどう評価するかが
ちょっと気になります。

さて影響を受けたので帰って同じスタジオジブリの
「海がきこえる」をDVDで鑑賞しました。
こちらはボクと同じ1990年代が舞台で
主人公が高校生というところで
すごくシンクロします。
コクリコ坂から30年を経た高校生の描写が
また何ともおもしろかったです。

ということで若い世代の人の感想聞きたいので
見た人、感想聞かせてね。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 21:25
ドキュメント映画「葦牙」 [2011年01月08日(Sat)]
今日は昨日に次いでNPOの見学というか
取材で京都市市民活動総合センターの
ほっとポットのみなさんが来られました。

ほっとポットスタッフ日記

あまりに盛り上がったので
午後の大津であったドキュメント映画「葦牙」の
開始時間に間に合わずまさかの大津駅からタクシー。

しかし福祉系映画はこのブログでも
ちょくちょくレビューしますが
すごい客層が偏ってますよね。
ほんとに見て欲しい層が来ないというか。
呼び込めてないですよね。

児童養護施設に実習へ行く
保育士養成校や社会福祉士養成校の
学生は見ておくべき作品でした。
施設のことや指導員や保育士の
支援についてはまあ見方も
いろいろあると思いましたが
子どもたちの行動や心の動きは
映像から訴えてくるものがいっぱいありました。

保護者からの電話のシーンが
2パターン出てくるのですが
一人の子は「早く退園したい。いつ来るの?」
一生懸命に電話口の向こうの親に訴え
電話をきったあとに「あー疲れた」ってつぶやく。
もう一人の子は電話に出ない。
何度かかってきても出ずに切る。
どちらも児童養護施設の職員をしている時に
よく見た風景。子どもなりに気を遣う姿。

そして改めて自分たちが「こども生活支援センター」
「楽習サポートのびのび」を地域で展開する
必要性を強く感じました。

上映会終了後に有志で
こども生活支援センターでやった合評会。
福祉現場を知らない学生さんの
素朴な意見が新鮮でした。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:28
アンダンテ −稲の旋律− [2010年09月26日(Sun)]
今日は午前中にのびのびサポーター会議
午後からまず小栗栖宮山小にいって
PTA活動の協力に参加するNPOスタッフの顔つなぎ。
そのあとに東部文化会館で
「アンダンテ」の映画鑑賞。
そして昨日話題にした
楽習サポートのびのび振り返り会。

いろいろ書きたいことはありますが
今日はあえて「アンダンテ」の感想を。
こちらはNPOの元役員のHさんが
自主上映会の実行委員長となっていたこともあり
うちのNPOとしての協力させてもらいました。

まず田園風景の美しさが印象的でした。
「こころ」をコントロールしようとする人間と
「しぜん」の力を借りる農業の対比が
何ともいえなかったなと思います。
わりとストレートでシンプルな話なので
非常に物語の中に入り込みやすかったです。

ソーシャルワーカー夫婦で鑑賞してたのですが
何年も引きこもっていて医療とつながらなかったのか?
父親ってかわいそうすぎないか?
などに視点が行くあたりは職業病ですな。

原作本と続きの本も気になるので
読まないとあかんな。
ちなみに現在、こども生活支援センターに
原作本置いてますよ。




Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:02
トントンギコギコ図工の時間 [2010年09月18日(Sat)]
うちのNPO主催でドキュメント映画の自主上映会がありました。
「トントンギコギコ図工の時間」
小学校の図工室が舞台の映画。
客層も幼児から小学生、大人と
かなり幅広くきっと受け取り方もまちまちだったと思います。

まずは子どもたちの創造する力のすごさを
映像から見せつけられたなと感じました。

あとは小学校で働く身として
なぜあのような図工が公立小学校で
成立したのかがただただ疑問でした。
あの学校のあの先生しかできない
特別な図工の時間だったのか
はたまたどんな公立小学校でも
できる可能性があることなのか?
言えることは学校の先生は
やはりあのように授業で子どもと
向き合って欲しいなと
生徒指導上の支援をしている
スクールソーシャルワーカーとして
しみじみ感じました。

何がともあれ今回の自主上映会は
前理事長が助成金をとってきてくれた
おかげでお金のことでやきもきすることなく
また今年の重点活動地域である
醍醐のホールで出来たことが
良かったと思います。
来月の野遊びでさっそくこの映画のように
子どもたちの創造する姿がたくさん見られたらと
強く願っています。

さて明日からその醍醐地域での
楽習サポートのびのびがスタート!
どんなスタートになるか今からドッキドキです。
Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:54
| 次へ
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ