CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
スクールソーシャルワーカーとして小中学校で勤務しているゆっきーの日々を紹介。NPOでの活動紹介や大学非常勤講師の話題もあります。
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
りかちん
ドキュメント映画「ちづる」 (04/03) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/21) ポポン子
子どもの貧困課題を持つ子どもたちに体験プレゼント! その8 (03/20) ゆっきー(幸重忠孝)
子どもを傷つける先生たち (03/02) りかちん
子どもを傷つける先生たち (03/02) 江口祐樹
子どもを傷つける先生たち (03/02) ゆっきー(幸重忠孝)
2013年の野望 (01/19) りかちん
2013年の野望 (01/04)
ソーシャルワーク演習I 7 (12/13)
ソーシャルワーク演習I 8  (12/13)
そして父になる [2013年09月28日(Sat)]
久しぶりに夫婦でレイトショーを見に行きました。
(実は映画館から徒歩10分のところに住んでます)
すごく見たかったので公開初日に行ってきました。

めっちゃ良かったです。
ボクの好き系映画のど真ん中でした。

6歳の息子が実は生まれた時に
取り違えられた他人の子で・・・

という話なのですがホントいろんな切り口がありました。
個人的には他人の子どもを育てるという状況は
現在約4万人いる社会的養護が必要な子どもたちが
自分も仕事していた児童養護施設において
当たり前の日常なわけですが
映画という手法で子ども一人ひとりの心情に
フォーカスするのでいかに施設では
一人ひとりの子どもの気持ちに寄り添えてなかったか
(システム上難しいことなのですが)
自分自身も含め心が痛みました。

映画でもそうですが「家族再統合」というのは
本当に大変な手続きだと思うのですが
あまりにそれをサポートする社会資源や専門家が
少ないことを感じます。

あと印象的だったのは取り違いがあった家庭は
経済的に対照的であったことです。
子どもの貧困を最近のメインテーマにしている
自分にとって改めて子どもたちを
「貧困+ひとりぼっち」にだけは
絶対にしてはいけないなと感じました。
どちらにせよ取り違いがなくても
経済的に豊かでも家族が孤立している家では
やがて子どもは違うSOSを出していたと思いますし
経済的に苦しいけど家族のつながりのある家では
将来の進路などで子どもの選択肢が
減ってしまうことや貧困の連鎖は予想がつきます。
「家庭」では足りないものを「学校」「地域」で
補完していく子どもの環境づくりを感じました。

ということでお薦めです。
特に子どもたちの演技から伝わる
心情は台詞じゃない重みがずしっときます。

Posted by ゆっきー(幸重忠孝) at 23:30
この記事のURL
http://blog.canpan.info/ssw/archive/1324
コメントする
コメント
プロフィール

ゆっきー(幸重忠孝)さんの画像
ゆっきー(幸重忠孝)
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/ssw/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/ssw/index2_0.xml
月別アーカイブ