CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK
気仙沼のみなさんの生活をサポートする 『特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK』 のBLOGです!活動予定、活動報告、スタッフの思いなど、随時更新中です (^-^)♪
プロジェクトKでは、9:00〜17:00(火曜定休)、無料の「なんでも相談」を行っています。何か困りごとがあれば、どんなことでもご相談ください。
また、コミュニティ支援活動、季節のイベント、そしてお茶飲みやミーティングができるフリースペースも開放しています。階上公民館向いのトレーラーハウス「はしかみ交流広場」にお気軽にお越しください♪
<< 2018年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くるまや
忘れてはいけないこと (01/22) 特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
お盆休みのお知らせ (08/17) ほった
お盆休みのお知らせ (08/13) ほった
はしかみ保健室始めました。 (05/13) 孝道山 うつしかわ
写経を体験してきました! (10/09) りんこ♪
博多で活動報告してきました。 (09/19) はこちゃん
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/24) たきし
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/22) にしお
【定休日】のおしらせ (05/11) さいじょう
悲しみを繰り返さないために。 (04/11)
<ご支援ありがとうございます!>(順不同)
☆宮城県 匿名様 ☆東京都 伊藤様 ☆宮城県 鈴木様 ☆NPO法人 ウィメンズアイ様 ☆東京都 佐藤様 ☆宮城県 匿名様 ☆宮城県 中野様 ☆気仙沼市長磯原自治会シニア部様 ☆東京都 本橋様 ☆明石ホームケア協会様 ☆株式会社ラッシュジャパン様 ☆起生会 ほほえみの会様 ☆東京都 山脇様 ☆東京都 本田様 ☆東京都 中島様
ママのくつろぎタイム開催しました。[2018年06月09日(Sat)]
こんにちは。ナースMです。
昨日は暑い一日でしたが、今日は梅雨入り前の曇り空…。
階上は海が近いので、ひんやり涼しい風が吹いて心地よいです。

心地よいと言えば…。
ママと子どもたちにとって、居心地の良い場所になればと開催している「ママのくつろぎタイム」ですが、6月1日で6回目の開催となりました。

昨年は年3回の開催でしたが、今年は年4回を予定しています。
階上公民館の和室は広いので、同じ部屋の中でママの計測と子どもたちの遊ぶスペースが確保できます。年齢に合わせたおもちゃもたくさん用意しています。

P1110953.JPG

朝からの雨でお天気が今一つだったので、参加は少ないかな…と思っていたのですが、開始時間の9時半から一組、二組…と増えていきました。

P1110954.JPG

受付の後、計測の順番が来るまでママたちは子どもたちの側で好きな飲み物を選んで自由に飲むことができます。

P1110952.JPG

このママのくつろぎタイムの広報は、気仙沼市に新しくできた児童センターや児童館、すこやかの中にできた子育て世代地域包括支援センターにちらしを貼らせてもらっています。そのチラシを見て来た方、チラシを見たお友達に誘われて来た方など様々です。会場で、初めて会った同じ月齢くらいの子どもを連れたママに、「何か月ですか?」と話しかけ、そのままお互いの子育てについて、おしゃべりすることも・・・。

P1110956.JPG

この場で新しい交流が生まれ、子育てについての情報交換の場になっています。

気が付けば、会場は人でいっぱいに!

P1110962.JPG

この日は21組の親子が参加してくださいました。

「次は9月を予定しています。」と伝えると、「それまでに食生活を見直そう!」というような声も聞かれ、次の開催を目標に生活を見直す機会にもなっているようです。

継続して開催していくと、リピーターの方もいて、その方の子どもたちの成長も合わせて見られるのがうれしいです。
次の開催で出会う新しい親子やリピーターの子どもたちの成長した姿を見るのが今から楽しみです。



気仙沼とプロジェクトKの今を伝えに。[2018年06月07日(Thu)]
みなさん、こんにちは。ナースMです。

今日は綺麗な青空が広がり、暑くなりそうな予感。
梅雨入りする前の青空は貴重ですね。

何だか季節が春に逆行しますが、今日は、3月17日(土)に行われたシェアでの報告会についてご報告したいと思います。

シェア=国際保健協力市民の会は、震災直後から名取、気仙沼での支援のほか、生活支援プロジェクトKの設立から運営の支援をしてくださった国際NGOです。2014年の3月まで、共同事業という形で活動をし、4月よりプロジェクトKが独立という形となりましたが、その後も運営についての助言や情報提供など、継続して私たちの活動を見守って下さっています。

今年3月17日に行われたシェアの総会後に「気仙沼の現状と課題、今後の展望」というテーマで報告会がありました。そこに、私たちスタッフ3名が招待され、報告を行ってきました。

最初に大森より、東日本大震災から7年が経ち、気仙沼の街がどのように変わってきたか、シェアとの共同事業が終了した後、プロジェクトKがどのような活動を行ってきたかを報告しました。

4.jpg

次に、齋藤より震災当時のエピソード、支援活動に対する思い、担当しているいきいき体操や編み物講座の様子を報告しました。

最後に、西城より現在の活動や活動を通しての悩み、団体としての悩み、さらにこれからの活動に対する思いを報告しました。

2.jpg

そのあとは、シェアの代表である本田さんと私たち3人が壇上に上がり、トークセッションを行いました。

1.jpg

本田さんや会場の皆さんからの質問に私たちが答えたり意見交換をしたりしました。
会場に集まってくださったたくさんの方々からは、温かい応援のコメントを頂き、私たちは終始胸がいっぱいでした。

3.jpg

今回の報告会のお話を頂いた時には、これからの活動について悩んでいる最中でしたので、こんな状態で皆様にお話しできるだろうか、という不安がありました。しかし、この悩んでいる状態もお伝えし、今の私たちの現状を知ってもらおうという気持ちになりました。報告会の準備をする中で、これまでの活動一つ一つを振り返り、自分たちの中で整理をすることができました。同時に、今まで活動を続けるために走り続け、自分たちのやって来たことを立ち止まって振り返るということをしてこなかったことにも気づくことができました。

今回、とても貴重な機会を頂いたことに心より感謝しています。
ありがとうございました!


しつこいようですが5月もダイジェストで[2018年05月31日(Thu)]
「しつこいようですが5月もダイジェストで」

皆さん、こんにちは。
今日は少し風が冷たい気仙沼です。
昨日の夕ご飯は冷やし中華だったのに、
今夜は天ぷらそばの気分のさいじょーです。

さて、本当にしつこいようですが5月もダイジェストでお届けしたいと思います。

5月7日(月) はしかみの保健室
連休明けの月曜日ははしかみの保健室でした。
参加者は9名でした。健康茶の試飲をしました。
計測のあと、ゆっくりお茶を飲んでおしゃべりをしていく方がほとんどです。
健康になるのはもちろん、顔の見える関係でいることも大切ですね。

7保健室.JPG

5月10日(木) 「同郷会ツアー」計画
階上地区には震災で解散した自治会が2か所あります。
そこの住民だった人から、「昔の仲間に会いたい。」というお話がありました。
今新たな転居先で頑張っている人々はふとした時に
昔ご近所で仲の良かった人に会いたいなあと思うのだそうです。
それで昨年からの構想でありました
「同郷会ツアー」の計画を立てるべく、
視察に出かけました。

10登米2.JPG

大崎市方面をあれこれとみてきました。
詳しくはまたご報告します。

10登米3.JPG

10登米1.JPG

5月14日(月) 森前いきいきサロン
参加者は16名でした。
今回は初めての音楽体操「ソーラン節」を覚えてもらいました。
さすが、海辺のお母さんたち。
船をこぐ姿勢がよく、掛け声も決まっています。
昔は「だんべっこ」と言って
木で作った櫓漕ぎの船で漁に出ていたと聞きました。

森前.jpg

14森前2.JPG


5月18日(金) よさらいんサロンで餅つき
ボランテイアのFさんとサポートセンターさんがもち米を提供してくれて
みんなで餅つきとおふかしを作りました。
12名参加で、あんこもちなどにして食べました。

11よさらい.JPG

18よサライ餅.JPG

5月28日(月) 「命の授業」に参加
唐桑小学校で、命の授業があると聞いて、参加してきました。
1年から6年までの全校生徒と近所の方々が30名位参加しました。
玉木さんは自分が正しいと思った行動で
誰かを悲しませたという経験から、
言葉を伝えることが大事と優しさ貯金ゲームのお話をしてくれました。
優しい声で歌いながら手話も見せてくれました。
ほっこりと暖かな気持ちになりました。

28命の授業.JPG


5月30日(水) 森前林で味の素料理教室に参加
地域の自治会に味の素さんの料理教室をご紹介して参加してきました。
賑やかに料理を作り、
大笑いしながらみんなで食べました。
普段一人暮らしであったり、日中一人でお昼ご飯を食べている人が多いので、
「みんなで集まって食べると美味しいご飯がさらに美味しくなるね〜。」
という声がありました。

30味の素.JPG

30味の素 (2).JPG








「いのち」の授業を見学[2018年05月24日(Thu)]
みなさん、こんにちは。ナースMです。
もう3か月も前のことですが、とても貴重な経験をさせていただいたことなので、ここでお知らせしたいと思います。

2月20日(火)に、プロジェクトKのスタッフ3名で、埼玉県大宮市まで日帰りで研修に行ってきました。大宮市の助産師有志で作ったグループ「さんばあ〜ず」が行っている中学生向けの性教育の授業の見学のためです。これは、プロジェクトKが新年度にやってみたいと考えている「命のおはなしタイム」という活動の参考にさせていただこうと思い、このさんばあ〜ずのメンバーの一人である私の友人にお願いして、見学をさせていただくことになりました.

プロジェクトKは、今まで「健康」を柱に活動を行ってきました。
高齢者の方から子育て中のママたちまで、いろいろな方々とお話をする中で、「健康に暮らす」ためには、病気の有無だけでなく、自分を大切にすること、その人らしく生きること、その自分を周りに認めてもらうことが大切ではないかと考えました。
一つの命が生まれることは、本当に奇跡で、生まれてきただけでも素晴らしいこと、その頑張って生まれた自分を認め、自分以外の人を認め、生きていくこと。妊娠・出産の正しい知識と命の大切さなどを思春期の保健の授業で行う性教育だけでなく、幼児期から高齢者まで伝えていけないかと思い、この活動を考えています。

今回見学に伺ったさんばあ〜ずのみなさんも、妊娠・出産の正しい知識をいのちの授業を通して幼児期から伝えていくことが大切と考え、幼稚園の園児から高校生まで、その時期に必要な内容と言葉で「生まれること、生きること」の素晴らしさを伝えていらっしゃいます。生まれてきたあなたたちの存在は素晴らしいんだよ、と伝えることで、子どもたちの自己肯定感が高まり、自分を大切にするようになることで、望まない妊娠を防ぐことができると考えていらっしゃいます。

この日、私たちが見学をさせていただいたのは市内の中学2年生のクラス。
スタッフは、私の友人を含めた3名です。
自己紹介の後、授業で使う道具や赤ちゃんの人形などを確認します。

P1110620.JPG

さまざまな大きさの赤ちゃん。重さもリアルで、見ていたり抱っこするだけで自然と笑顔になります。

P1110619.JPG

中にはこんなに小さなものも!
小さくても、おなかの中で生まれる日を目標に頑張っているんですね。

さんばあ〜ずの3名がそれぞれ3クラスに分かれて授業をするので、プロジェクトKのスタッフもそれぞれのスタッフについて見学をさせていただきました。

生徒たちは去年も性教育を受けているので、まずはその復習から入り、女性器や男性器の図を見ながら、妊娠の生理について学びました。その後、助産院での出産を撮影したビデオを見ました。
久々の出産シーンに、思わず感動して涙が出そうになりました。

P1110624.JPG

さいたま市内の病院で助産師として働く友人の話によると、最近では中学生の妊娠は珍しくないそうです。ただ、妊娠・出産について正しい知識を持っていれば、相手に合わせるのではなく、自分を大事にしていれば防げる妊娠も多いそうです。そのため、さんばあ〜ずのメンバーは生徒一人一人が自分や相手を大切にする人になってほしいという願いを込めてこのような活動を続けています。自分の時間を使ってボランティアでやっている活動には、頭が下がる思いでした。

特に、さんばあ〜ずの代表をされているTさんのお話はとても素晴らしかったです。
思春期の中学生にとっては、性教育を受けるのは何だか気恥ずかしいものですが、それをユーモアあふれるお話で生徒たちをぐんぐん引き付けてしました。そして、単に楽しいだけでなく、大切な部分では真剣にメッセージをつたえていらっしゃいました。それを聞く生徒たちの目も真剣な様子でした。

この日は、時間の都合で2時間の授業の見学だけでしたが、その後私の友人とTさんに今の性教育の現状、このような活動がいかに必要か、ノウハウなどいろいろなお話を伺うことができました。インターネットの普及で、性に関する情報はスマートフォンの中に溢れています。しかし、その中で正しい知識、情報を見つけられるとは限りません。そのため、助産師という専門職が伝えていくことの重要性を感じました。日帰りでなければ、もっともっとお話を伺ってみたかったです。
性教育で使う教材の人形は高いので、どうやったら手作りでできるか、どんなお話がいいか、帰りの新幹線の中では、3人の興奮が収まらず、2時間があっという間でした。

今回学ばせて頂いたことを参考に、ぜひ気仙沼でも「いのちのお話」ができればいいなと考えています。

新年度の活動に、乞うご期待!!
4月もさらにダイジェスト版[2018年05月24日(Thu)]
「4月もさらにダイジェスト版」

こんにちは。
本日は快調なので2回目のブログアップになります。グッド(上向き矢印)

先ほどは、私たちが今後目指そうとしている活動のことが書いてあります。
皆さん、ご賛同いただけたら、とてもうれしいです。揺れるハート

さて、今日は初夏のような暑さの気仙沼でした。晴れ
そろそろ熱中症にはご用心ですね。
暑い日でもホットコーヒーを好むさいじょ―です。
では4月も駆け足で活動報告をお送りいたします。

4月2日(月) はしかみの保健室
参加者は14名でした。

ママ1.JPG

新しい参加者が4名、仮設住宅から1名、公営住宅2名、自力再建者5名、
地域が6名です。
この日は黒酢のドリンクを試飲しました。
「なんと、うんめごど。どごで買ったの?」と好評でした。

ママ3.JPG

ママ2.JPG

一人一人丁寧に健康相談に応じています。

4月9日(月) 森前いきいきサロン
参加者は17名でした。
いつものストレッチと筋トレと脳トレの後、ラジオ体操をやりました。
そのあとはスカイクロスゲームを楽しみました。

森前.jpg

森前2.JPG

4月12日(木) いだでばプロジェクト
本日はイチゴジャムの試作を行いました。
調理室では3人で何やら楽しげに作っております。
私が味見ばかりするので、「もう少し煮てからだから、待ってらい」
と言われました。わーい(嬉しい顔)
果たして、ジャムのお味は・・・?レストラン

19いだでば2.JPG

12いだでば2.JPG

19いだでば3.JPG

4月12日(木)  お花見会
いつもいきいきサロンにお邪魔している森前林地区の会長さんから、
「我が家の桜が満開なのでお花見するよー。」と誘って頂きました。

12お花見3.JPG

12お花見4.JPG

地区の皆さんと一緒にお抹茶を頂いた後、お弁当を食べながら
踊りを見たり、楽しいひと時を過ごしました。

12お花見1.JPG

12お花見2.JPG
昼間なので、お酒は飲んでないのですが、
なんと、素晴らしい舞いを披露していただきました。

4月13日(金)  よさらいん
気仙沼地区サポートセンターのサロン「よさらいん」のお手伝いをしています。
健康体操の後、スカイクロスゲームを行いました。
輪がなかなか的に入りづらいのですが、
だんだん投げているうちに皆さん上手になりました。るんるん

13よさらい1.JPG

13よサライ2.JPG


4月26日(木)  いだでばプロジェクト
先週とてもおいしかったので、
今週もジャムを作ってもらいました。
それをサンドイッチにして食べました。
パンのミミはカリカリに焼いたところ、それも好評でした。

12いだでば1.JPG

12いだでば2.JPG

4月26日(木) 体操サークルひだまり
参加者は7名でした。
いつものストレッチに加えて新たな音楽体操「ソーラン節」を
ロコチューブを使って2回行いました。
皆さん汗をかいて、「すごい運動になったー。」とのことでした。

26ひだまり1.JPG

26ひだまり2.JPG

4月27日(金)  味の素料理教室
よさらいんサロンで気仙沼市の高齢介護課と味の素さんがコラボして
料理教室があり、お手伝いで参加しました。
お母さんたちは手際がいいのであっという間に出来上がりました。
「みんなで食べると美味しいねー。」


27よさらい2.JPG

27よさらい3.JPG

27よさらい1.JPG

この様にして、一か月があっという間に過ぎていきました。
来月はまたどんな活動があるのか、皆様こうご期待exclamation×2


3月もダイジェストで[2018年05月23日(Wed)]
「3月もダイジェストで」


皆さん、こんにちは。

  『目には青葉 山ほととぎす 初鰹』

今年はもはやカツオを食しましたか?
初物を食べると寿命が延びると言いますが、
初物には他の食べ物にはないエネルギーがみなぎっているとでも申しましょうか。
カツオを見ると夏がそこまで来ているなあとうれしくなるさいじょーです。

さて3月もダイジェスト版でお知らせいたしましょう。

3月2日(金) ママのくつろぎタイム
今回もママの心と身体の健康サロンの皆さんとの協働事業です。

ママ2.JPG

赤ちゃんとママが16組参加してくれました。
「みんなのタンス」の高橋えりさんが子供服を持参で来てくれました。

ママ.JPG

参加したママからアンケートを頂いたのですが、
助産師に相談が出来て良かったという意見が多かったです。

ママ4.JPG


3月5日(月) はしかみの保健室
参加者は13組でした。
常連さんのほかに新しい参加者さんが3名来てくださいました。
今回は健康茶の試飲をしました。

保健室 (2).JPG


3月7日(木) ひだまりサークルに参加
地域住民が作った体操サークル「ひだまり」では、
活動場所が今までは仮設住宅の集会室だったのですが、
4月から地域に出来た新しい自治会館に移るため、
仮設集会室を今まで使わせてもらって有難う会を
開催するということでご招待を頂きました。
いつもながら見事なごちそうの数々がテーブルに並び、
みんなで記念写真を撮りました。

ひだまり.JPGひだまり2.JPG

3月11日(日) 杉の下慰霊碑法要
今年も東日本大震災の慰霊法要のお手伝いをしてきました。
海風が冷たい中、多くの元杉の下地区の住民さんや
ご遺族の関係者の方々が集まりました。

杉ノ下4.JPG

あちこちで再会を懐かしむ声が聞こえます。
でも法要の時間には、
海を見つめて静かに涙する人々がいました。

杉ノ下3.JPG

杉ノ下.JPG



3月12日(月) 森前いきいきサロン
参加者は17名でした。

森前3.JPG

ストレッチを念入りに行うことで転倒防止になるというお話をしました。
脳トレでは何度やっても自分の手なのに思うとおりに動かないので
みんなで最後は大笑いでした。

森前2.JPG



3月15日(木)  いだでばプロジェクト
参加者は18名でした。
この日は気仙沼復興教会さんからご紹介があり、
市内に住む整体師さんの施術がありました。
10名の方が施術していただき、
身体が楽になったと話されていました。

いだでば.JPG

いだでば2.JPG

3月26日(月) 出張編み物講座
この日は初めて最知高自治会の依頼で編み物講座を開催しました。
春先に身に着ける毛糸1玉で出来るマフラーを編みました。
編み物をしながらいろんなお話をしたのですが、
途中から震災の話になりました。
80代の方が津波に巻き込まれながらも
ここで流されてはいけないと庭の木にしがみついたというお話をお聞きしました。
その方は編み物の経験があまりないと言ってましたが
一目一目真剣に編んでいました。


最知2.JPG

最知.JPG


2月はダイジェスト版で[2018年05月19日(Sat)]
「2月はダイジェスト版で」

皆さん、こんにちは。
今年はことのほか寒かったので
気持ちは冬眠中だったさいじょーです。

2月は通常の活動プラスお手伝いや参加のイベントが多い月でした。
なのでダイジェストで振り返ってみましょう。

2月5日(月)  はしかみの保健室
参加者はいつもの常連さんで10名でした。
今年からマンパワー不足の解消と、健康の情報発信の為に
身体にいいものやいいことを紹介することにしました。
今回は理事から紹介してもらったクリ二コさんの「豆の富」の試食をしました。
皆さん「美味しい〜。」と評判でした。

2月8日(木)  いだでばプロジェクト
参加者は8名でした。
集団移転から一人新しい参加者さんがいらっしゃいました。

1-1.JPG

2月11日(日)  第1回防災フェステイバル
防災フェステイバルやってみっ課主催のイベントがあり、
ワンテンビルにお手伝いに行ってきました。
防災組織が各団体ごとに発表や展示をしたり、
防災クイズやサバ飯などで防災を楽しく学びました。
私が覚えたのは じゃが○○で作るポテトサラダです!

2-2.JPG

2-4.JPG


2月12日(月)  森前いきいきサロン
参加者は12名でした。
ストレッチとロコチューブと音楽体操をやりました。
新しい自治会館は床張りのフロアなので、
参加者のみなさんには、これからはスリッパではなく、
ゴム底の運動靴の準備をお願いしました。

2月16日(金)  よさらいんサロン
参加者は7名でした。
昔ながらのおやつで小麦粉を練って焼いた「たらし餅」を
みんなで作って食べました。

1-2.JPG

2月17日(土)  引地さんコンサート
仮設住宅の時からボランテイアで歌を聞かせてくれた引地さんが
階上地区ボランテイアクラブ主催のひな祭り会に来てくれました。
メッセージうちわを振りながら、皆さんノリノリでした。

4-1.JPG

2月18日(日)  ぷちうみのこフェスタ
うみのこフェスタ実行委員会主催のイベントに
託児のボランテイアで参加しました。
遊び、癒し、食、情報など様々なブースで親子で楽しい一日を過ごしていました。

2月19日(月)  「復興」の先を考えるミーテイングin気仙沼
宮城県主催の「SDGsで見る私たちの地域社会」を基調講演や事例発表を通して
学びました。

6 (2).JPG

さて、この先はまた次回といたしましょう。

                 さいじょー
気が付けば2か月。[2018年05月11日(Fri)]
みなさん、こんにちは。
ナースMです。
久々の登場で、「誰?」って方もいらっしゃるのではないでしょうか?
プロジェクトKのスタッフでございます。

前回のブログのあと、埼玉への視察やシェアでの報告会など、ご報告したいことはあったのですが・・・。気が付けば2か月が経ってしまいました。すみません。

3,4月は、いろんな報告書や申請書など、書類作成に追われておりました。
また機会を見て、みなさんにご報告できればと思います。

今日は、今後の予定についてお知らせしたいと思います。

6月1日(金) 「ママのくつろぎタイム」
 9:30〜12:00に階上公民館和室で開催します。
 お子さんを和室のおもちゃで遊ばせながら、ママの計測や相談を行います。
 おいしい飲み物もご用意していますので、お気軽にお越しください。

6月17日(日) 第7回通常総会
 13:30より、階上公民館で生活支援プロジェクトKの第7回目の総会を行います。
 今回は、役員改選もあります。第2部として、市内の菅原歯科の菅原先生による講演も予定して
 おりますので、こちらもお気軽にお越しください。

気温の変化が激しい毎日ですが、みなさん体調の管理にはお気をつけくださいね!

保健劇で楽しく学ぼう[2018年02月16日(Fri)]
『保健劇で楽しく学ぼうexclamation

皆さん、こんにちは。
今日は春の日差しにも似た穏やかな気仙沼です。晴れ

そして今日は旧暦のお正月ですね。ひらめき
明治初期までは今日が元旦だったそうです。
そういった昔に想いを馳せながら、
今夜はお餅のメニューにしようと思うさいじょ―です。

2月7日は、気仙沼市社会福祉協議会様よりご依頼がありまして
日常生活自立支援事業の支援員さんの研修会で
保健劇を行うことになりました。

研修の中の一つの番組として
登場人物が、支援員さんと、施設職員さんと、利用者さんで
スタッフ3人がそれに扮して
人物同士のの関係性と専門的な対応の悪い例と良い例を演じました。ハートたち(複数ハート)

いつものおなじみの嫁姑関係であれば何度も演じているのですが、
それとは全く違う役作りに悪戦苦闘して
毎日練習を重ねてきました。あせあせ(飛び散る汗)

そのおかげで当日はスムーズに演じることが出来て、
難しい内容の中にも
「わはは。」と笑いが起こるような
アドリブも入れることが出来て
スタッフも大満足でした。わーい(嬉しい顔)

P1110543.JPG

これで役作りの幅が広がりました

皆さんが研修会で、楽しく、分かりやすく学ぶための
楽しい保健劇を演じてほしいという団体様がいらっしゃいましたら、
どうぞお声掛け下さいね。手(パー)

            さいじょー


いざという時の救急救命[2018年02月03日(Sat)]
『いざという時の救急救命』

今日は少し寒さも緩んだ一日でした。晴れ
でもインフルエンザの猛威が気仙沼市内を襲っています。
何とか予防に努めようとうがい手洗いを励行しているさいじょ―です。手(パー)

1月29日は救急救命の勉強の為に気仙沼市の広域防災センターに行ってきました。車(RV)
少し前から、赤ちゃんや幼児と関わる活動を始めたので、
是非必要なことだと思い、今回はスタッフ3名で臨みました。

P1110510.JPG

Kさんという救急救命士さんに、2時間付きっ切りで教えて頂きました。
救命措置は大人も子供も手順はほぼ一緒です。
昔何度か受講したことがあったのですが、
いざその場に立たされると、
頭が真っ白になって心肺蘇生法の流れを忘れてしまいます。がく〜(落胆した顔)
何度も繰り返し受講することで、
自信をもって処置できるのだと思います。

小児の心肺蘇生で胸骨圧迫は片手の指で徒手し、人工呼吸法は鼻と口に合わせて行う。
それが難しくて何度も練習しました。

P1110512.JPG


倒れていた人を発見したら、周りの環境が安全かの確認と、
倒れている人に呼びかけ、反応が無ければ、
まわりの人に通報とAEDを持ってきてもらうよう頼むこと。
倒れてる人が呼吸が無ければただちに胸骨圧迫と人工呼吸法を繰り返し、
救急車が来るまで続ける。

これが一番大変だと思いました。

それからAEDの使用方法と気道異物除去法を学びました。

P1110511.JPG

質問もその都度お聞きして丁寧に分かりやすく答えてもらいました。

一番不安に思っていた呼吸が止まっているか分からない人に
心肺蘇生法を試みていいのかという質問に、
意識がある人は胸骨圧迫の際、痛みがあり反応が起こるはずなので、
まずは蘇生法にいち早く取り掛かることで
助けられる命が多くあるということを教えて頂きました。

P1110515.JPG

これからも定期的に救急救命を学んでいきたいと思います。

P1110534.JPG

                      さいじょー
| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人生活支援プロジェクトKさんの画像
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/sspk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sspk/index2_0.xml