CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK
気仙沼のみなさんの生活をサポートする 『特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK』 のBLOGです!活動予定、活動報告、スタッフの思いなど、随時更新中です (^-^)♪
プロジェクトKでは、9:00〜17:00(火曜定休)、無料の「なんでも相談」を行っています。何か困りごとがあれば、どんなことでもご相談ください。
また、コミュニティ支援活動、季節のイベント、そしてお茶飲みやミーティングができるフリースペースも開放しています。階上公民館向いのトレーラーハウス「はしかみ交流広場」にお気軽にお越しください♪
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
くるまや
忘れてはいけないこと (01/22) 特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
お盆休みのお知らせ (08/17) ほった
お盆休みのお知らせ (08/13) ほった
はしかみ保健室始めました。 (05/13) 孝道山 うつしかわ
写経を体験してきました! (10/09) りんこ♪
博多で活動報告してきました。 (09/19) はこちゃん
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/24) たきし
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/22) にしお
【定休日】のおしらせ (05/11) さいじょう
悲しみを繰り返さないために。 (04/11)
<ご支援ありがとうございます!>(順不同)
☆宮城県 匿名様 ☆東京都 伊藤様 ☆宮城県 鈴木様 ☆NPO法人 ウィメンズアイ様 ☆東京都 佐藤様 ☆宮城県 匿名様 ☆宮城県 中野様 ☆気仙沼市長磯原自治会シニア部様 ☆東京都 本橋様 ☆明石ホームケア協会様 ☆株式会社ラッシュジャパン様 ☆起生会 ほほえみの会様 ☆東京都 山脇様 ☆東京都 本田様 ☆東京都 中島様
保健劇で楽しく学ぼう[2018年02月16日(Fri)]
『保健劇で楽しく学ぼうexclamation

皆さん、こんにちは。
今日は春の日差しにも似た穏やかな気仙沼です。晴れ

そして今日は旧暦のお正月ですね。ひらめき
明治初期までは今日が元旦だったそうです。
そういった昔に想いを馳せながら、
今夜はお餅のメニューにしようと思うさいじょ―です。

2月7日は、気仙沼市社会福祉協議会様よりご依頼がありまして
日常生活自立支援事業の支援員さんの研修会で
保健劇を行うことになりました。

研修の中の一つの番組として
登場人物が、支援員さんと、施設職員さんと、利用者さんで
スタッフ3人がそれに扮して
人物同士のの関係性と専門的な対応の悪い例と良い例を演じました。ハートたち(複数ハート)

いつものおなじみの嫁姑関係であれば何度も演じているのですが、
それとは全く違う役作りに悪戦苦闘して
毎日練習を重ねてきました。あせあせ(飛び散る汗)

そのおかげで当日はスムーズに演じることが出来て、
難しい内容の中にも
「わはは。」と笑いが起こるような
アドリブも入れることが出来て
スタッフも大満足でした。わーい(嬉しい顔)

P1110543.JPG

これで役作りの幅が広がりました

皆さんが研修会で、楽しく、分かりやすく学ぶための
楽しい保健劇を演じてほしいという団体様がいらっしゃいましたら、
どうぞお声掛け下さいね。手(パー)

            さいじょー


いざという時の救急救命[2018年02月03日(Sat)]
『いざという時の救急救命』

今日は少し寒さも緩んだ一日でした。晴れ
でもインフルエンザの猛威が気仙沼市内を襲っています。
何とか予防に努めようとうがい手洗いを励行しているさいじょ―です。手(パー)

1月29日は救急救命の勉強の為に気仙沼市の広域防災センターに行ってきました。車(RV)
少し前から、赤ちゃんや幼児と関わる活動を始めたので、
是非必要なことだと思い、今回はスタッフ3名で臨みました。

P1110510.JPG

Kさんという救急救命士さんに、2時間付きっ切りで教えて頂きました。
救命措置は大人も子供も手順はほぼ一緒です。
昔何度か受講したことがあったのですが、
いざその場に立たされると、
頭が真っ白になって心肺蘇生法の流れを忘れてしまいます。がく〜(落胆した顔)
何度も繰り返し受講することで、
自信をもって処置できるのだと思います。

小児の心肺蘇生で胸骨圧迫は片手の指で徒手し、人工呼吸法は鼻と口に合わせて行う。
それが難しくて何度も練習しました。

P1110512.JPG


倒れていた人を発見したら、周りの環境が安全かの確認と、
倒れている人に呼びかけ、反応が無ければ、
まわりの人に通報とAEDを持ってきてもらうよう頼むこと。
倒れてる人が呼吸が無ければただちに胸骨圧迫と人工呼吸法を繰り返し、
救急車が来るまで続ける。

これが一番大変だと思いました。

それからAEDの使用方法と気道異物除去法を学びました。

P1110511.JPG

質問もその都度お聞きして丁寧に分かりやすく答えてもらいました。

一番不安に思っていた呼吸が止まっているか分からない人に
心肺蘇生法を試みていいのかという質問に、
意識がある人は胸骨圧迫の際、痛みがあり反応が起こるはずなので、
まずは蘇生法にいち早く取り掛かることで
助けられる命が多くあるということを教えて頂きました。

P1110515.JPG

これからも定期的に救急救命を学んでいきたいと思います。

P1110534.JPG

                      さいじょー
忘れてはいけないこと[2018年01月19日(Fri)]

「忘れてはいけないこと」

昨日はしばらくぶりの春の陽気でしたが、
今日はまたきりっとした北風が吹く気仙沼です。

P1110495.JPG

階上の元杉の下地区内にあった慰霊碑が道路工事の為に
しばらく別のところに移設したのが元通りになったと
杉の下遺族会の会長さんにお聞きしたので
行ってきました。車(セダン)

P1110491.JPG

まだ道路工事は終わってはいなかったのですが
以前の場所に戻ることが出来て、
慰霊碑もほっとしているような気がしました。

P1110493.JPG

昨年の3.11の時に、
この慰霊碑の後ろにある高台から
遺族会の皆さんと一緒に
お亡くなりになった方々の人数分の風船を飛ばしました。
するとその風船は、
海にむかって、どこまでも、どこまでも、飛んでいきました。
ずっと忘れないよ
という私たちの想いが届いた瞬間だと思いました。

P1110494.JPG

お伊勢浜と言ったら
あの小さな島に松が数本ならんでいる風景が代表的です。リゾート
どこまでも続く白い砂浜
遠浅なので静かに打ち寄せる波
夏になると子供会でよく泳ぎに行ったものです。
浜に寝そべっていると、
茹でたてのトウモロコシを売って歩くおばちゃんの声や、
海の家でホタテを焼いている匂い、
子供たちのはしゃぐ声、
泳いだ後はなぜかラーメンが食べたくなったものです。レストラン

その風景はすべて無くなってしまったけれど
思い出は忘れずに私たちの心に残っています。
それはこれからも忘れたくない、忘れてはいけないことだと思うのです。

最近お伊勢浜の砂が少しずつ戻ってきたと聞きました。
しかし海水浴場が復活するためには
もう少し時間がかかります。
私達は、これからもこの場所に訪れた人々に
あの風景を語り継いでいきたいと思います。

               さいじょー
[ ぽかぽか健康タイムで心も身体もぽっかぽか。[2018年01月08日(Mon)]
『ぽかぽか健康タイムで心も身体もぽっかぽか』

皆さん、こんにちは。
天気予報では今夜から気仙沼は荒れ模様だそうです。雪
首、手首、足首をガッチリガードして寒さに備えているさいじょ―ですふらふら

12月25日はクリスマスでしたね。プレゼント
当団体では「ぽかぽか健康タイム」というイベントを開催しました。
気仙沼市内で活躍されている体操のインストラクター冨田夕子先生をお願いして、
お家でもできる健康体操を教えてもらうことと、、
そのあとはみんなでとん汁を作って食べて、レストラン
心も身体もぽっかぽかになろうという催しです。黒ハート

今回のイベントを計画するとき
2か所の自治会の自治会長さんにご相談して、
チラシや回覧版で地域に周知していただいたことは
とても有難いことでした。

そしてトン汁作りのボランテイアを探そうと思っていたところ
木目込みパッチワークのサークルから4人のお母さん方が、
手伝うよ〜と声をかけてくれました。グッド(上向き矢印)

それから私たちがたこ焼きも焼くということを聞いて
みやぎ生協さんのふれあいカフェのボランテイアさんが
粉を持参でたこ焼きを手伝いますよーと言って下さいました。ハートたち(複数ハート)

当日は朝から台所でお母さん方が次々と手際よく
野菜を切っていきます。

P1110360.JPGP1110362.JPG

そこに居るお母さん方は初めて会った人もいるのですが、
10年来の仲間のように、
それぞれに役割を決めて、作業をこなしていき、
1時間もかからないうちに大なべ2つにアツアツのとん汁が出来上がりましたexclamation×2

10時から1時間は体操の時間です。
コミュニテイセンターの周辺地域の住民さんと子供さんが26名参加してくれました。

P1110375.JPG

冨田先生の教えてくれる体操は、
一つ一つ丁寧で細かい動きも、分からない人にも手取り足取り教えてくれます。

P1110392.JPG

声を出し合って、しかも楽しく、笑いながら、隣の人ともすぐお友達になれるような
そんなアットホームな時間でした。わーい(嬉しい顔)

P1110396.JPGP1110411.JPG

腰が痛い人でも頑張って立っているだけでも体操になること。
特別な体操でなくとも両腕を振るだけで十分体操になること。
毎日無理なく続けること。
など色々教えて頂きました。

体操が終わると、生協さんがたこ焼きを焼いてくれました。

P1110427.JPG

「たこ焼き」と言っても、中身は実は違うものが入っているのです。
チョコ、チーズ、ウインナーです。手(チョキ)
なので粉もホットケーキミックスを使います。
アツアツの焼き立てなので、美味しかったのでしょう。
「僕は15個食べたよ〜。」という小学生の男の子がいました。
とん汁はどさんこ海外協力会のスタデイツアーで気仙沼に来てくださったことのある
Aさんから毎年ジャガイモを頂いていて
インカのめざめという種類のジャガイモを使いました。
皆さん「おいしいね〜。」といって食べてくれました。
きっと作ってくれたお母さん方の愛情が一番の隠し味だったのだと思います。

P1110419.JPG

今回は、みなさんからの思いもよらないお手伝いを頂き、
本当に感謝、感謝です。
参加者一人一人が、自分たちで会を盛り上げていくんだという意気込みが感じられた
素晴らしいイベントでした。ぴかぴか(新しい)

              さいじょ―




還りびなのご縁[2018年01月06日(Sat)]
「還りびなのご縁」

皆さん、こんにちは。
明日は七草粥ですね。ハートたち(複数ハート)
平安時代に中国から伝わってきた風習で
7日は人を大切にする「人日」という節句で
七種類の汁ものを食べて無病息災を祈るというのがあり、
日本には古来から雪解けの間から芽を出した若菜を積むという風習があり、
それらの風習が交わって「七草粥」を食べるようになったと言われています。

なるほど〜と改めて学んださいじょーです。exclamation

さて、12月13日には、ずっとお会いしてみたかった
お客様がお出でになりました。
神奈川県箱根町から茂村ひとみさん他6名の方々が、
私たちの編み物講座をめがけて会いにきてくださったのです。

P1110329.JPG

そもそも茂村さんが震災後に被災地に向けて
「悲しみが少しでも癒せるように」と願いを込めて
着物をほどいて一対のお雛様の人形を作っていました。
編み物講座の参加者であるTさんが茂村さんと繋がり、
さらにTさんは仙台還りびなの会の活動にも参加していて
そのご縁で、一昨年編み物講座で還りびなを作ることが出来ました。
そして今年の3月には、気仙沼市内にある東北電力のショーウインドーを利用した
市民ギャラリーに、私たちが作った還りびなを
仙台還りびなの会さんとともに展示する機会を頂くこととなったのです。

P1110185.JPG

箱根と気仙沼を結んだ還りびなは、展示に向けて少しづつ作り始めています。
当日は編み物講座に集まったお母さん方と、箱根の方々と
22名が集合して懇談しながらお茶っこしました。
茂村さんは
とても初めてお会いしたような気がしない位気さくな方でした。

P1110326.JPG

皆さんも和布の小物がお好きな様子で、
色々見せて頂いたり、お土産を頂いたり、
「どうやって作ったんですか?」と質問が飛び交いました。

P1110333.JPG

P1110335.JPG


和やかな時間はあっという間でした。

人と人との出会いは、本当に「一期一会」ですね。
一生に一度の出会いになるかもしれないこの時間が
とても愛おしく、いつまでも続けばいいのにと思う位
思い出に残る楽しい時間でした。


              さいじょ―



「明けましておめでとうございます。」[2018年01月05日(Fri)]
「明けましておめでとうございます。」

いよいよ2018年が始まりました
皆さん、いかがお過ごしですか?
今日はとても穏やかな気仙沼です。晴れ
三が日の食べ過ぎでいささか胃がもたれているさいじょ―です。眠い(睡眠)

4日の仕事始めは、たこ焼きを焼くというお仕事からでした。
近隣の公営住宅と集団移転の間にあるふれあい館というコミュニテイセンターで
毎週木曜日の午前中に「いだでばプロジェクト」と称して
集まってくる地域の人々とおしゃべりをする日があります。喫茶店
本日は、昨年暮れに地域の方とのお約束だった
「たこ焼き」を焼く準備を万端にして出かけました。

今日の参加者の中に
小さなお客様がいました。揺れるハート

P1110445.JPG

Kちゃんとママです。
お正月の里帰りの最中に、散歩していたママに声をかけて参加してもらいました。
いつも参加してるおなじみのお母さん方から、
「あら〜、○○さんに家の娘さんでないの?」
「よく似てるよ〜。」
と言われて、アットホームな雰囲気の中で、
あつあつのたこ焼きをみんなで食べました。ハートたち(複数ハート)

P1110442.JPG

たこ焼きと言っても、それは形だけで、
中身はチョコにチーズにウインナーとバナナが入っています。
ほらね、こんがり焼けました〜。

P1110448.JPG


そうなんです。
この辺りは、
どこどこのだれだれ・・という繋がりが
とっても大事なんです。
そこから親密なお付き合いが始まるといっても過言ではありません。

ほんの小さな繋がりが、あちこちで生まれて
やがて大きな輪になって
多くの繋がりが出来るといいなあと思っています。

               さいじょー





今年もお世話になりました。[2017年12月28日(Thu)]
今年もお世話になりました。


1年はあっという間ですね。ダッシュ(走り出すさま)
昨年誓ったはずの筋トレがままならず、
相変わらず痩せたい願望のさいじょーです。ムード

今年はラニーニャ現象の影響もあり
極寒の冬をどうやら迎えることになりそうです。雪
皆さん、暖かく過ごす準備はお済みですか?

今年の暮れにはトレーラーハウスの階段デッキを修理しました。

P1110436.JPG

階上地区は仮設住宅にお住いの方々のほとんどが
公営住宅や、防災集団移転や自力再建に移転されて
新たなお住まいでお正月を迎える方々もいらっしゃることでしょう。家
集合型公営住宅や防潮堤の建設、新しい商店街、魚市場の工事等
ハード面の進み具合は目を見張るほどです。
しかしながら、自治会の再編や新たな公営住宅を含めた地域づくりにおける
コミュニテイの再構築にはまだまだ時間がかかるようです。あせあせ(飛び散る汗)

私たちの活動は地域支援活動という方向性を目指しているところです。
スタッフ間で時間を作り何度もミーテイングを重ねています。
でも最終的に私たちが願っているのは、
地域の人々の安心安全な毎日の生活です。ハートたち(複数ハート)

今年1年、応援してくださった皆さん、
有難うございました。
来年もまた宜しくお願いいたします。

尚、お休みは、12月29日から1月3日 となっています。

皆さま、良いお正月をお迎えくださいね。手(パー)

P1110439.JPG

     NPO法人生活支援プロジェクトK スタッフ一同

はしかみの保健室がにぎやかに開催[2017年12月16日(Sat)]
『はしかみの保健室が賑やかに開催』

皆さん、こんにちは。
今年もあと半月ですね。
大忙しの毎日だと思いますが、
体調管理がまず第一ですよ〜ぴかぴか(新しい)

さて、12月4日は、はしかみの保健室が開催されました。
毎月第一月曜日にはしかみ交流広場で開催しているのです。

P1110199.JPG

最近ではチラシを配布していない地域の住民さんが
毎月定期的に参加してくれることが多くなりました。
もちろん、集団移転や公営住宅からも参加があります。
ここで再会し、懐かしい話が始まると、ついほほえましくなります。

P1110195.JPG

計測を待つ間、そして終わってからのお茶のみは、
面白い話が飛び交い、いつも大賑わいです。
本日の参加者は14名でした。

P1110197.JPG

ナースMさんは、計測の結果を見ながら、参加者一人一人に声をかけます。
みなさんが、ご自分の結果を参考にして毎日の生活の中で気をつけていくことで、
益々健康でいられると思います。
そういう機会をこれからも定期的に作っていきたいと思います。

                  さいじょー

ママのくつろぎタイム[2017年12月15日(Fri)]
『ママのくつろぎタイム』

皆さん、こんにちは。
今週末はまた厳しい寒さがやってくるそうです。雪
もうすでに、春が待ち遠しいさいじょ―です。

12月1日(金)は第4回ママの保健室改め
『ママのくつろぎタイム』を開催しました。
「ママの心と身体の健康サロン」のママさんたちとの共同事業として行っています。
毎回集まって打ち合わせをするのですが、
ママたちは、小さな子供を連れて安心して出かけられる場所を求めているのではないかしら?
計測することに抵抗はあるけど、お茶を飲んで遊べるなら行きたい人もいるのではないかしら?
そんな思いがあり、
今回から、ネーミングを「くつろぎタイム」としてみました。喫茶店

階上公民館の2階の和室で準備の際、
必ず小さなお子さんが走りまわっても危なくないような配置と、
オムツ交換の場所や、お昼寝の場所などもちゃんと用意をして準備万端。
受付には今回も大分県のOさんから頂いた、
かわいいフェルトのバッチを用意しました。ハートたち(複数ハート)

P1110270.JPG

9:30スタートは、数人がパラパラと・・・

P1110274.JPG

10:30にはなんと20組以上のママと赤ちゃんがいて、

P1110288.JPG

スタッフにとっては、うれしい悲鳴でした。
ナースのお友達もボランテイアで参加してもらい、心強かったです。
計測に人が足りなくなると声を掛けあったり、

P1110285.JPG

民生委員さんも来てくれたので相談に入ってもらったり。


P1110272.JPG

最終的には24組の参加がありました。exclamation
そして1歳未満の赤ちゃんが多かったでした。
相談も、ご自身の健康のことや赤ちゃんのちょっとした気になることが主でした。

ママさん達にとって居心地がいい場所でありたい。
ゆっくりとくつろげてお友達が増えるといいな。
病院に行くほどではないけど、気になることを話せる場所になりたい。

幼児の子育て期間は振り返れば短い期間かもしれないけど、
ママさんたちは今、一生懸命子育てをしています。あせあせ(飛び散る汗)
その中のほんのひと時でもいいから
「ほっ。」と出来てわーい(嬉しい顔)
また頑張ろうと思える場所でありたいと思いました。グッド(上向き矢印)

次回は来年の3月2日(金)が開催予定となっています。
またママと赤ちゃんに出会えることがいまからとても楽しみです。黒ハート


              さいじょー

初めての企業で健康講話[2017年12月13日(Wed)]
『初めて企業で健康講話』

皆さん、こんばんは。
今年は早く年賀状を作成したので、早々に郵便局に持っていったら、
「すみません、受け付けは15日からです。」
と、言われ、少し恥ずかしかったさいじょ―です。

さて、11月11日は、初めて一般の企業様に健康講話と体操をしてきました。
以前、とある場所でU会社の社長さんに血圧を測定したことがきっかけで、
従業員の皆さん向けに栄養や運動が大事というような健康講話をお願いしたいという
お話を頂きました。
社長さんと2回位打ち合わせを重ねて、
当日は20歳代から50歳代までの男性17名が参加してくださいました。
始めに、身体スキャンの体脂肪計と、血圧計と、血管年齢測定器で計測をして、

P1110212.JPG

皆さんご自分の体のことを知っていただきました。
計測の間に、他の人には昨日1日で食べたものを思い出してもらい、
栄養のバランスがいいかどうかアンケートを書いてもらいました。
それから、ナースMさんによる
『選んで、食べて健康に』という講話がありました。

P1110209.JPG

お弁当を買う時のポイントや、
カロリーや塩分について、
なぜ体操が大事なのかということ等をお話しました。
講話の中で「今、皆さんが食べているものが、3か月後の皆さんの体をつくるのですよ。」
というお話に、
みなさんから「おおーっ」という反応がありました。

P1110213.JPG

最後にさいじょ―が肩コリ・腰痛体操と簡単な筋トレのやり方を
実践しました。


私たちにとって初めての企業様での健康講話に、
私たち自身も打ち合わせや準備などに、多くの学びがありました。
その中で、若い人にも健康について、十分今から気をつけて頂くことも
大切なのだと思いました。

            さいじょ―


| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人生活支援プロジェクトKさんの画像
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/sspk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sspk/index2_0.xml