CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK
気仙沼のみなさんの生活をサポートする 『特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK』 のBLOGです!活動予定、活動報告、スタッフの思いなど、随時更新中です (^-^)♪
プロジェクトKでは、9:00〜17:00(火曜定休)、無料の「なんでも相談」を行っています。何か困りごとがあれば、どんなことでもご相談ください。
また、コミュニティ支援活動、季節のイベント、そしてお茶飲みやミーティングができるフリースペースも開放しています。階上公民館向いのトレーラーハウス「はしかみ交流広場」にお気軽にお越しください♪
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
お盆休みのお知らせ (08/17) ほった
お盆休みのお知らせ (08/13) ほった
はしかみ保健室始めました。 (05/13) 孝道山 うつしかわ
写経を体験してきました! (10/09) りんこ♪
博多で活動報告してきました。 (09/19) はこちゃん
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/24) たきし
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/22) にしお
【定休日】のおしらせ (05/11) さいじょう
悲しみを繰り返さないために。 (04/11) 御守 陽治(おんもり)
物資配布のお手伝いをしました (03/08)
<ご支援ありがとうございます!>(順不同)
☆宮城県 匿名様 ☆東京都 伊藤様 ☆宮城県 鈴木様 ☆NPO法人 ウィメンズアイ様 ☆東京都 佐藤様 ☆宮城県 匿名様 ☆宮城県 中野様 ☆気仙沼市長磯原自治会シニア部様 ☆東京都 本橋様 ☆明石ホームケア協会様 ☆株式会社ラッシュジャパン様 ☆起生会 ほほえみの会様 ☆東京都 山脇様 ☆東京都 本田様 ☆東京都 中島様
いきいきサロンを継続すること[2017年10月09日(Mon)]
いきいきサロンを継続すること


みなさん、こんにちは。
今日は「体育の日」です。
身体にいいことを何か継続していますか?
最近保健師さんに進められた腿上げの足踏みを
台所で密かに続けているさいじょ―です。

毎週第二月曜日は近隣の地域の自治会で開催している
「いきいきサロン」に参加しています。
いきいきサロンを継続することは並大抵のことではありません。
O自治会長さんは、サロンを楽しんでもらうために色々と工夫を凝らしています。
手芸あり、健康講話あり、体操あり、畑仕事ありと毎回多彩です。
その中の体操の番組で私たちはお呼ばれします。

ストレッチで体をほぐし、
健康グッズで筋トレを行い、

P1100907.JPG

脳トレや呼吸法、
レクリエーションゲーム、

P1100909.JPG

リズム体操 等

P1100565.JPG

スタッフ3名でそれぞれの番組を受け持ちます。

一人で家で体操と言っても、
なかなか続けることは難しいです。
ご近所さんが集まって、一緒に体を動かして、
大笑いしたり、体調について話したり、昨夜のテレビの話をしたり、
それが張り合いというか生きがいとなります。
出かける前に声を掛け合って一緒に参加したり、
お休みした人を気にかけてお見舞いに行ったり、
お互いに気にかけあうことが見守りになります。
頼りになる人が近くにいるってことは安心して暮らせますね。
健康づくりは地域づくりだと思うのです。

誰でも参加出来て、いきいきと暮らせる仕組みが、
今後も継続していけますように、
私たちは、ほんの少しのお手伝いを続けていきたいと思います。

                    さいじょー


在宅医療フォーラム「地域応援版 階上地区」[2017年09月18日(Mon)]
在宅医療フォーラム「地域応援版 階上地区」

みなさん、こんにちは。
台風一過で、快晴の気仙沼ですが、
各地の被害のニュースを見るたびに心が痛むさいじょーです。

9月8日金曜日は階上地区 長磯浜ふれあい館にて、
在宅医療フォーラム「地域応援版」がありました。

気仙沼市保健福祉部地域包括支援センターが主催して、
階上地区にある鈴木医院の鈴木裕道院長の講話と
健康増進課の保健師さんのお話。
社会福祉協議会ボランテイアセンターのお茶会
そして、当団体は健康相談の依頼を受けて参加しました。

参加者は52名で、既存の地域から37名、集団移転や公営住宅からは15名でした。

P1100889.JPG

今回の目的は健康の知識を伝える場にすることと、コミュニテイ形成にもなるように
という趣旨でしたので、既存の地域と新たに住む地域住民とが学び合う場に
多くの参加者があって良かったと思います。

私たちが準備した血圧と血管年齢測定コーナーは
講話が始まるぎりぎりまで、大賑わいでした。

P1100887.JPG

なんといっても、普段測ることのない血管年齢が大人気でした。


講話が始まりました。
階上地区で長く開業している鈴木医院は、
一人一人に丁寧な診察をしてくださることで評判の
まちのホームドクター的な役割を担っています。
鈴木先生からは
健康で長く在宅で生活する為には、検診が大切。
本気で病気を治したい人で血圧関係の人は塩分に気を付ける。
処方された薬をきちんと飲む。
等具体的なお話を頂きました。

P1100892.JPG

増進課の保健師さんからは、階上地区は検診率が高いので健康には関心がある。
でも血圧やコレステロールの高い人が多いので気をつけましょう。
というお話でした。

P1100894.JPG

健康講話の後は社協さんのお茶会がありました。
お茶をのみながら、席の近い人同士を繋げる時に、
やはり共通の話題が必要です。
今回は屋号にまつわる地域の昔話などを提供してみました。
今日初めて参加した地域のお父さんは90近いけれどそうは見えなかったので
その若さの秘訣などをお聞きしました。

引き続き当団体の健康相談は最後まで人が途絶えることはなく、
血管年齢を測定した人は、その結果に一喜一憂していました。
なんと! 70歳代の人が20歳代と判定されたときは、その周りがさらに賑やかでした。

P1100896.JPG

                           さいじょー





暑さにもめげずに編んでます![2017年09月09日(Sat)]
暑さにもめげずに編んでます!

みなさん、こんにちは。
塩分注意、糖分注意、飲酒注意のさいじょ―です。

ここ数日はすっきりした暑さの気仙沼です。
お布団が干せてうれしいですね。
でも暦の上では本日は「重陽」。
菊の花をめでる節句・・・やはり秋なんですね。

毎週水曜日の午後は
暑さにもめげずに、お母さん方が編み物にやってきます。
編み物講座は今月で7年目を迎えました。
始めから被災の有無に関わらず、どなたでも参加できるようにと広報してきました。
6年の間、参加者の生活再建や再就職などによりメンバーが変っていっても、

『ここはいつでもだれでも集まって楽しめる場所であること。』

それだけは変わらないよう努めてきました。
編み図と毛糸を用意しておき、今は材料代を全額負担してもらいます。
講座は編み図を見ながらみなさんが教えたり教えられたりしています。
今は参加者が定着してきて、毎週10名位集まってきます。
そして新しい人がたまに参加してくれるといった状況です。
さらに公営住宅には編み図と毛糸を心待ちにしてくれる方が5名ほどいます。

この編み物講座のその先をどのように考えていけばいいのか?
ずいぶん悩みました。
サークルとして自立していってもらうべきか。
活動自体が災害支援から地域支援に移行しているので、
そろそろ終了すべきか。

でも最近思ったことは
支援側が決めることではないのではないかな。
最終的には参加者がどうしたいかということが一番大事かもしれない。
意見が出なければ、待つ、という姿勢も必要。
小さな活動ですが、長い活動の間には、
私たちスタッフにいろんなことを教えてくれました。
コミュニテイ作りは容易ではないこと、
滞った時の対応のやり方は?
時期や環境に応じて内容も変化していかなければならないこと等。
多くの学びの中にある参加者の笑顔にいつも癒されている私たちです。

さて前置きが長くなりましたが、
最近の編み物の作品をご紹介しましょう。

7月
編みぐるみの天使ちゃん

P1100592.JPG

とうもろこしの妖精?

P1100595.JPG

ドナルド

P1100634.JPG

手足をつけてみました。これってオリジナルです。
凄いと思いませんか?

P1100613.JPG

うさぎさん

P1100653.JPG

女の子

P1100834.JPG

P1100839.JPG

デイジー

P1100868.JPG

P1100870.JPG

ポーチ

P1100874.JPG

P1100875.JPG

P1100876.JPG

では、次回をまた、お楽しみに。

                  さいじょ―




[ [ 『いだの〜?』 『いだでば!』[2017年08月31日(Thu)]
『いだの〜?』 『いだでば!』 

早いもので、8月も今日で終わります。
日照時間がこんなにも少なかった年は今までにあったでしょうか?
お日様にあたらないがゆえに、体内時計が狂い始めているさいじょ―です。

毎週木曜日の午前は、私たちスタッフはいつものトレーラーハウスではなく、
別な所でお仕事をしています。
近所にできたばかりのコミュニテイセンター「ふれあい館」にいるのです。
立派なコミュニテイセンターが出来たのはいいけれど、
近隣の住民さんは自分たちだけでは使いにくいというのです。
「あんたたちがここに居てくれたら、使いやすいのにねー。」
という声を聴きました。

『だれがいだのすかー?』 注釈:どなたか、いらしてますか?
と言えば
『いだでば、あがらい。』 注釈:はい、おりましたよ。どうぞお上がり下さい。
という関係性を作りたいと思い、早速運営会議の議題にしました。
すると、『木曜いだでばプロジェクト』として新たな活動が生まれました。
ふれあい館に行って、ただそこに居る、そんな活動です。
これから長い時間をかけて続けていけば
誰かのための居場所になる、そんな活動になればいいなと思います。

P1100872.JPG

今日は、4名いらっしゃいました。
それぞれに好きなことをしながら、同じ空間で、同じ時間を共有していました。

                            さいじょー


ひと夏の思い出。[2017年08月26日(Sat)]
みなさん、こんにちは。
ナースMです。

8月初めに梅雨明けした後から、再び梅雨になったような気仙沼・・・。
ジメジメで洗濯物は乾かないし、布団も干せないし、海水浴場は寂しそうだし、太陽と青空がずっと待ち遠しかったのですが、ここ数日でやっと夏が戻ってきました!
久しぶりに見る太陽や青空はやはりうれしいものです。しかし、一緒に蒸し暑さも戻ってきたので、不快指数は一気に上昇!涼しさに慣れていた身体には堪えます・・・。

そんな暑いときには、喉越しのいいそうめんがおいしいですよね〜。
25日に開催された「よさらいサロン」で、サポートセンターさんが流しそうめんをやるということで、プロジェクトKもお手伝いとして行ってきました。

開始時間前に行くと、すでに会場の準備が進められていました。
サポートセンタースタッフのSさんによると、本当は本格的に竹を切ってきてやりたかったそうなのですが、最近まで続いた長雨で竹が十分に乾燥できないということで、今回は塩ビの雨どいを使って仕掛けを作っていました。室内での流しそうめんということで、流しからホースで水を流します。傾斜をかけて繋げた雨どいを流れた後に大きなたらいの中にたまる方式です。普通なら、この溜まった水を捨てるのが大変なところですが、今回は家庭用のホース付きポンプで溜まった水を外に出すという画期的なアイデア!さすが、Sさんです。

P1100840.JPG

セッティングには、唯一の男性参加者であるAさんが手伝ってくださり、不安定だった土台をひもで固定してくださいました。

準備ができて、いよいよ開始!みなさん仕掛けを囲んでスタンバイOKです。

P1100845.JPG

水が流れ、先ほど準備を手伝ってくださったAさん、今度はそうめんを流す係りに。
どんどん流れてくるそうめんをみなさんお箸でキャッチ!!

P1100851.JPG

口に入れたと思ったら、再び次のそうめんを狙います。

P1100858.JPG

みなさん楽しそうなのですが、写真を撮ってみると表情は真剣そのもの。(笑)

P1100853.JPG

沢山ゆでたそうめんも、あっという間にみなさんのお腹の中に入りました。
あとで感想を聞いてみると、「テレビで見たことはあったけど、流しそうめんを体験したのは初めて。」という方が数名いらっしゃいました。

普段家で一人でささっと茹でて食べるそうめんも、みんなでわいわい言いながら食べるとさらにおいしかったようです。

気仙沼の夏は短いですが、これはひと夏の楽しい想い出になりました。
クラウンがやって来た[2017年08月24日(Thu)]

クラウンがやって来た


今回、みやぎ連携復興センター様よりお声をかけて頂き、
名古屋を拠点としているNPO法人日本ホスピタル・クラウン協会様から、
東北にクラウンを派遣していただくことになり、
気仙沼市内の2か所の保育園をお繋ぎしました。

ホスピタル・クラウンという言葉になじみがない私でしたが、
小児病棟などで長期入院をされているお子さんにピエロに扮して笑顔を届けるお仕事なのだとお聞きしました。
普段はご自分のお仕事をされていて、お休みを利用して
ボランテイア活動をされているのだそうです。
今日は、女性が3名で、名古屋と北海道と九州からお出でになったそうです。
本当に頭が下がります。

さて、午前の保育園では、赤いお鼻のピエロさんたちが、
手品や風船、皿回しなど楽しい会話とともに 次々と演目が出てきました。

P1100771.JPG

初めはビックリしたのか遠慮がちだった子供たちの声がだんだん大きくなり、
心から楽しんでくれていたようです。

P1100781.JPG

こんなにも子供たちが喜ぶイベントが出来て本当に良かったと思いました。

P1100785.JPG

午後の保育園では、年長さんが多いせいか、ピエロさんが「風船やりたい人〜」と聞くと、
「はい。」「はーい。」と大きな声で全員が手を挙げていました。

P1100807.JPG

みんなで協力してタコの風船を作ったり、卵を産む鶏の手品を見たり、
ロープやハンカチの手品やコマ回しを見せてくれました。

P1100800.JPG

子供たちはみんな元気いっぱいで、ピエロさんの世界にもう夢中になっていました。

P1100805.JPG

クラウンさんたちは、
見ているうちに子供たちの目がどんどんきらきらと輝いていく。
その眼を見ると、やっていてよかったと思うのだそうです。
この夢のような魔法のようなひと時を楽しんでもらうために、
いつも練習を重ねているというお話に、益々頭が下がりました。

何も芸はないけれど、出来ることならお弟子さんにしていただきたい
と思ったさいじょ―でした。

観て、聞いて、体験したスタデイツアー[2017年08月16日(Wed)]
「観て、聞いて、体験したスタデイツアー」

今日も雨です。
8月になって日照時間が本当に少ない気仙沼です。
秋の野菜がちゃんと育てばいいなあと心配になるさいじょ―です。

今年も東京の医療系の大学であります杏林大学のスタデイツアーが開催されました。
なんと、今回で4回目となります。
今回のツアーは、震災から7年目の気仙沼の現状を、
観ること、住民さんから実際にお話しを聞いてみること、いろんなことを体験してみること
という目的で組み立ててみました。

P1100659.JPG

まずは事務所にてオリエンテーション。
生活支援プロジェクトKの活動をお話しました。

次に、ランチ交流会の準備です。
音楽体操の練習と小道具作り、
健康講話とクイズの準備を行いました。

P1100663.JPG

翌日は早朝から気仙沼魚市場を見学しました。

P1100671.JPG


P1100672.JPG

ちょうどカツオの入荷とセリの様子を見ることができました。
そのあとリアスアーク美術館で震災遺構の展示を見ました。

P1100673.JPG

学生さんたちは写真一枚一枚を丁寧に見て回っていました。

午後は高齢の編み物講座参加です。
お母さん方に混じって「四葉のクローバー」を教えてもらいました。

P1100685.JPG

「どこから来たの?」
「なんとー、ご苦労さんね。」
お母さん方は孫を見るような温かいまなざしで会話を楽しみました。

そのあとは「まち歩き」ということで階上地区の公営住宅や集団移転を歩いてみました。
翌日の交流会のチラシを配って住民さんに声掛けをしました。

さて、ふれあいランチ交流会が始まりました。
学生さんが、参加者の血圧や血管年齢を測定しました。
次に、当団体のおなじみ「エビカニックス体操」をみんなで行いました。

P1100700.JPG

P1100701.JPG

そして、学生さんたちが講師となって「熱中症講話とクイズ」を行いました。
なぜ熱中症になるのかの説明に
住民さんは、なるほど〜と納得していたようです。
それから大木先生による「地域の健康」について講話がありました。

P1100718.JPG

自分が健康だと思っている人は虚弱になりにくい。
生涯健康であるために積極的な社会参加が必要。
など、とても分かりやすい講話でした。
もっと多くの高齢者に聞いていただき、もっと、もっと元気でいてほしいと思いました。
みなさんから、現在の暮らしぶりをお伺いしました。

P1100724.JPG

ランチ交流会の後は、アイドル歌手並の過密スケジュールをこなしました。

塩害の後の農地を利用したねぎ畑の見学と説明がありました。

P1100738.JPG

次に杉の下慰霊碑の清掃を行いました。

P1100740.JPG

翌日が月命日なので、学生さんたちは心を込めてピカピカに磨いてくれました。

それから公民館で太極拳体験をしました。

P1100746.JPG

当団体の常連さんが講師を務めるサークルに飛び入りして一緒に汗を流しおました。

P1100748.JPG

Sさん、さすがに姿勢がピッとしています。

最後のメインイベントは「振り返り」です。

P1100756.JPG

学生さんたちの一言一言を先生がまとめてくれました。
津波の高さが怖かったと涙した学生さん。
自分たちが出来ることは何かを常に模索して
社会に出て何かあった時はこの体験を思い出してほしいと思いました。

                        さいじょー





夏祭りで踊ったよ[2017年08月05日(Sat)]
夏祭りで踊ったよ

今日は気仙沼の「みなとまつり」前夜祭です。
前夜祭と言えば「はまらいんや踊り」
さいじょーも、若かりし頃、はっぴを着て踊り明かしたものです・・・。
しかし、今では筋肉痛を恐れ、ひたすら見る側で我慢、我慢。

さて、7月30日(日)ははしかみ交流広場の近隣のM自治会の夏祭りでした。
小学校の体育会をお借りして毎年行っています。
今回は自治会長さんの一声で、
当団体のいきいき体操である「憧れのハワイ航路」をみんなで踊ろうということになりました。

M自治会では毎月第2月曜日に自治会館で,いきいきサロンを行っていて、
60歳代から80歳代の方々12〜3名が集まっています。
そこで私たちはストレッチや体操やゲームを約1時間半位行って、そのあとお茶会をしています。

最初は参加者のみなさんが舞台で踊るなんて・・・と遠慮するのかな?と思ったら、
いえいえ、どうして。
出場する気満々です。

「でも、体操は時々忘れるから、先生が前にいてくれないと・・・」
「どうせ出るなら、みんなでお面被る?」
「衣装も何か着たほうがいいよね。」

話はとんとん拍子に進み、
どうやら私も変そうして助っ人で参加することになりました。

いよいよ当日、出番の時間です。
舞台のそでで、ささっと着替えました。
誰かが、ハワイアンダンスのドレスを持ってきてくれて、
「何でもいいから、着ましょ。みんなで着れば怖くない」
身体的に無理できない人でも、椅子に座って出場してくれました。
踊っているときは、もう、全員真剣です。

P1100619.JPG

後で見ていた人から、
「さいじょーさんが一番ノリノリだったよー。」
と言われましたが。

P1100621.JPG

私の後ろに映っているSさんは、モンペにひょっとこお面、
じいちゃんの杖を借りてきたという力の入れようです。
しかもよれよれと歩き回る姿は、アカデミー賞主演女優賞ものでした。

最後は達成感とともに、みんな笑顔で舞台を降りました。
一番のお姉さんであるYさんは
「会長さんから、ほめられたよー。踊ってみて良かった―。」
と興奮冷めやらぬ様子。

毎年、見るだけの夏祭りが、
今年は、参加する夏祭りになり、特別な夏の思い出になりました。

高齢になっても、出来る何かがある。
どんな小さなことでも楽しめる気持ちがある。

今日はそんな想いを胸に家路につきました。

P1100622.JPG

みなさん、有難うございました

             さいじょ―


少し緊張した面持ちでしたが、最後まで踊り切りました。

活動報告会IN神奈川[2017年08月02日(Wed)]
活動報告会IN神奈川

みなさん、こんにちは。 さいじょーです。
あっという間に8月になりました。
早いですねー。

今日は、6月に神奈川県で活動報告会がありましたことをお話したいと思います。

以前共同事業を行っていたシェア=国際保健協力市民の会様よりご紹介頂き
WE21ジャパン厚木様とお付き合いをさせて頂いてから
毎年多大なるご支援を頂いております。
昨年はスタデイツアーということで11名の方々が気仙沼へお出で下さいました。
今年は活動報告会を神奈川県で開いてくださるとのことで
6月28日〜29日は神奈川県厚木市へ行って参りました。

方向音痴の私を心配してくださり、シェアのNさんがお迎えに来てくださいました。
天の助け 有難うございます

3年ぶりにシェアにご挨拶にお伺いすることが出来ましたし、
久々に浅草寺にお参り出来ました。

WE浅草.jpg

WEショップにも3年ぶりでお伺いすることが出来ました。
お店の一番目に留まるところに、
気仙沼の海産物が並んでいました。
大変人気だそうです。 とてもありがたいことです。

WEショップ.jpg

さて、当日は約30名の皆さまにお集まりいただきました。

WE会場.JPG


震災当日のこと、それから数日の混乱時、
何でも相談で飼い犬を探してほしいという男性が人の命より大事なものはないと言われたこと。
編み物講座に参加してよかった、嫌なことを忘れることが出来たというお母さんの言葉
転居して新たな環境に馴染めず、昔の地域の仲間に会いたいと思う男性。
そして震災から7年目の気仙沼の様子をお話しました。

WE報告.JPG


みなさんからもお話を頂きました。
何気ない日常が本当は大切だということが分かりました。
実際に聞いてみて初めて現状が分かりました。
気仙沼の海産物をこれからも買いたいと思います。

参加してくださったみなさん
お一人お一人が真剣に耳を傾けてくださいましたことを想い、
最後は私も胸がいっぱいになりました。

素晴らしい経験をさせて頂きました。
有難うございました。

          さいじょー

オレオレ詐欺にご用心[2017年07月31日(Mon)]
オレオレ詐欺にご用心あせあせ(飛び散る汗)

梅雨空が続いている気仙沼です。
みなさん、体調はいかがですか?
夜中の猛暑で汗をかいて夏風邪をひき、梅雨の気圧の変化に頭痛がするさいじょーです。
このあたりの言葉で言えば、
「天気にちょされる。」
(訳:年を取ると、天候によって自分の体調が良かったり悪かったり影響を及ぼす。)
ということですね。失恋

さて、7月28日(金)は、毎週お手伝いに行っている、仮設住宅の集会所のお茶会で
オレオレ詐欺の勉強会をやろうということになりました。
今、毎日のように全国的にいろんな手口でオレオレ詐欺の犯行が繰り返されています。
いつ、身近でこのような犯罪に巻き込まれるかもしれません。
なので、階上駐在所のお巡りさんをお呼びしてお話をお聞きすることにしました。

主催している気仙沼市サポートセンターさんより依頼を受けて、
当団体の演劇部が動き出しました。
まずはシナリオ作り、配役、小道具準備、効果音作成、衣装合わせ、などなど・・・

P1100599.JPG

今回は、吉永小百合さん85歳の一人息子次郎さんの偽者が物損事故で100万円かかるので
会社の人がお金を取りに行くからすぐ渡してほしいと電話をします。
あわててお金を引き出してきて偽の会社の人にすぐ渡してしまいます。
渡した後で次郎さんに「100万円渡したからね。」と電話したら、
事故なんか起こしてないし電話もしていないと言われ、
そこで初めて騙されたことに気づいたというお話です。

P1100600.JPG

この方、ちょっと怖そうな人ですねー。

P1100611.JPG

でも、この方、実は偽の次郎役を引き受けてくれた、
やさしいお巡りさんなんです。

ナレーターは、ナースmさん。

偽の会社の人にはサポートセンターのsさん

P1100603.JPG

悪そうでしょ〜。

本当の息子次郎さん役は私の相棒、スーちゃんです。

P1100609.JPG

客席からは
「息子は用事がある時だけ電話よこすんだからー。」というセリフに
「うちもおんなじだー。」という声が返ってきました。(笑)

そして、会社の人だという怪しい人にお金を渡した時、
「息子さんに一回電話して確認してみたほうがいいんでないのー?」という声が飛び交い
反応は上々でした。

みんなで笑った後は、
お巡りさんのお話をみんなで聞きました。
耳が遠いふりをするとか、
録音したからというと効果的など
とても参考になりました

       さいじょ―

| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人生活支援プロジェクトKさんの画像
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/sspk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sspk/index2_0.xml