CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK
気仙沼のみなさんの生活をサポートする 『特定非営利活動法人 生活支援プロジェクトK』 のBLOGです!活動予定、活動報告、スタッフの思いなど、随時更新中です (^-^)♪
プロジェクトKでは、9:00〜17:00(火曜定休)、無料の「なんでも相談」を行っています。何か困りごとがあれば、どんなことでもご相談ください。
また、コミュニティ支援活動、季節のイベント、そしてお茶飲みやミーティングができるフリースペースも開放しています。階上公民館向いのトレーラーハウス「はしかみ交流広場」にお気軽にお越しください♪
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
お盆休みのお知らせ (08/17) ほった
お盆休みのお知らせ (08/13) ほった
はしかみ保健室始めました。 (05/13) 孝道山 うつしかわ
写経を体験してきました! (10/09) りんこ♪
博多で活動報告してきました。 (09/19) はこちゃん
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/24) たきし
早く出て来い、ゴーヤの芽! (05/22) にしお
【定休日】のおしらせ (05/11) さいじょう
悲しみを繰り返さないために。 (04/11) 御守 陽治(おんもり)
物資配布のお手伝いをしました (03/08)
<ご支援ありがとうございます!>(順不同)
☆宮城県 匿名様 ☆東京都 伊藤様 ☆宮城県 鈴木様 ☆NPO法人 ウィメンズアイ様 ☆東京都 佐藤様 ☆宮城県 匿名様 ☆宮城県 中野様 ☆気仙沼市長磯原自治会シニア部様 ☆東京都 本橋様 ☆明石ホームケア協会様 ☆株式会社ラッシュジャパン様 ☆起生会 ほほえみの会様 ☆東京都 山脇様 ☆東京都 本田様 ☆東京都 中島様
観て、聞いて、体験したスタデイツアー[2017年08月16日(Wed)]
「観て、聞いて、体験したスタデイツアー」

今日も雨です。
8月になって日照時間が本当に少ない気仙沼です。
秋の野菜がちゃんと育てばいいなあと心配になるさいじょ―です。

今年も東京の医療系の大学であります杏林大学のスタデイツアーが開催されました。
なんと、今回で4回目となります。
今回のツアーは、震災から7年目の気仙沼の現状を、
観ること、住民さんから実際にお話しを聞いてみること、いろんなことを体験してみること
という目的で組み立ててみました。

P1100659.JPG

まずは事務所にてオリエンテーション。
生活支援プロジェクトKの活動をお話しました。

次に、ランチ交流会の準備です。
音楽体操の練習と小道具作り、
健康講話とクイズの準備を行いました。

P1100663.JPG

翌日は早朝から気仙沼魚市場を見学しました。

P1100671.JPG


P1100672.JPG

ちょうどカツオの入荷とセリの様子を見ることができました。
そのあとリアスアーク美術館で震災遺構の展示を見ました。

P1100673.JPG

学生さんたちは写真一枚一枚を丁寧に見て回っていました。

午後は高齢の編み物講座参加です。
お母さん方に混じって「四葉のクローバー」を教えてもらいました。

P1100685.JPG

「どこから来たの?」
「なんとー、ご苦労さんね。」
お母さん方は孫を見るような温かいまなざしで会話を楽しみました。

そのあとは「まち歩き」ということで階上地区の公営住宅や集団移転を歩いてみました。
翌日の交流会のチラシを配って住民さんに声掛けをしました。

さて、ふれあいランチ交流会が始まりました。
学生さんが、参加者の血圧や血管年齢を測定しました。
次に、当団体のおなじみ「エビカニックス体操」をみんなで行いました。

P1100700.JPG

P1100701.JPG

そして、学生さんたちが講師となって「熱中症講話とクイズ」を行いました。
なぜ熱中症になるのかの説明に
住民さんは、なるほど〜と納得していたようです。
それから大木先生による「地域の健康」について講話がありました。

P1100718.JPG

自分が健康だと思っている人は虚弱になりにくい。
生涯健康であるために積極的な社会参加が必要。
など、とても分かりやすい講話でした。
もっと多くの高齢者に聞いていただき、もっと、もっと元気でいてほしいと思いました。
みなさんから、現在の暮らしぶりをお伺いしました。

P1100724.JPG

ランチ交流会の後は、アイドル歌手並の過密スケジュールをこなしました。

塩害の後の農地を利用したねぎ畑の見学と説明がありました。

P1100738.JPG

次に杉の下慰霊碑の清掃を行いました。

P1100740.JPG

翌日が月命日なので、学生さんたちは心を込めてピカピカに磨いてくれました。

それから公民館で太極拳体験をしました。

P1100746.JPG

当団体の常連さんが講師を務めるサークルに飛び入りして一緒に汗を流しおました。

P1100748.JPG

Sさん、さすがに姿勢がピッとしています。

最後のメインイベントは「振り返り」です。

P1100756.JPG

学生さんたちの一言一言を先生がまとめてくれました。
津波の高さが怖かったと涙した学生さん。
自分たちが出来ることは何かを常に模索して
社会に出て何かあった時はこの体験を思い出してほしいと思いました。

                        さいじょー





夏祭りで踊ったよ[2017年08月05日(Sat)]
夏祭りで踊ったよ

今日は気仙沼の「みなとまつり」前夜祭です。
前夜祭と言えば「はまらいんや踊り」
さいじょーも、若かりし頃、はっぴを着て踊り明かしたものです・・・。
しかし、今では筋肉痛を恐れ、ひたすら見る側で我慢、我慢。

さて、7月30日(日)ははしかみ交流広場の近隣のM自治会の夏祭りでした。
小学校の体育会をお借りして毎年行っています。
今回は自治会長さんの一声で、
当団体のいきいき体操である「憧れのハワイ航路」をみんなで踊ろうということになりました。

M自治会では毎月第2月曜日に自治会館で,いきいきサロンを行っていて、
60歳代から80歳代の方々12〜3名が集まっています。
そこで私たちはストレッチや体操やゲームを約1時間半位行って、そのあとお茶会をしています。

最初は参加者のみなさんが舞台で踊るなんて・・・と遠慮するのかな?と思ったら、
いえいえ、どうして。
出場する気満々です。

「でも、体操は時々忘れるから、先生が前にいてくれないと・・・」
「どうせ出るなら、みんなでお面被る?」
「衣装も何か着たほうがいいよね。」

話はとんとん拍子に進み、
どうやら私も変そうして助っ人で参加することになりました。

いよいよ当日、出番の時間です。
舞台のそでで、ささっと着替えました。
誰かが、ハワイアンダンスのドレスを持ってきてくれて、
「何でもいいから、着ましょ。みんなで着れば怖くない」
身体的に無理できない人でも、椅子に座って出場してくれました。
踊っているときは、もう、全員真剣です。

P1100619.JPG

後で見ていた人から、
「さいじょーさんが一番ノリノリだったよー。」
と言われましたが。

P1100621.JPG

私の後ろに映っているSさんは、モンペにひょっとこお面、
じいちゃんの杖を借りてきたという力の入れようです。
しかもよれよれと歩き回る姿は、アカデミー賞主演女優賞ものでした。

最後は達成感とともに、みんな笑顔で舞台を降りました。
一番のお姉さんであるYさんは
「会長さんから、ほめられたよー。踊ってみて良かった―。」
と興奮冷めやらぬ様子。

毎年、見るだけの夏祭りが、
今年は、参加する夏祭りになり、特別な夏の思い出になりました。

高齢になっても、出来る何かがある。
どんな小さなことでも楽しめる気持ちがある。

今日はそんな想いを胸に家路につきました。

P1100622.JPG

みなさん、有難うございました

             さいじょ―


少し緊張した面持ちでしたが、最後まで踊り切りました。

活動報告会IN神奈川[2017年08月02日(Wed)]
活動報告会IN神奈川

みなさん、こんにちは。 さいじょーです。
あっという間に8月になりました。
早いですねー。

今日は、6月に神奈川県で活動報告会がありましたことをお話したいと思います。

以前共同事業を行っていたシェア=国際保健協力市民の会様よりご紹介頂き
WE21ジャパン厚木様とお付き合いをさせて頂いてから
毎年多大なるご支援を頂いております。
昨年はスタデイツアーということで11名の方々が気仙沼へお出で下さいました。
今年は活動報告会を神奈川県で開いてくださるとのことで
6月28日〜29日は神奈川県厚木市へ行って参りました。

方向音痴の私を心配してくださり、シェアのNさんがお迎えに来てくださいました。
天の助け 有難うございます

3年ぶりにシェアにご挨拶にお伺いすることが出来ましたし、
久々に浅草寺にお参り出来ました。

WE浅草.jpg

WEショップにも3年ぶりでお伺いすることが出来ました。
お店の一番目に留まるところに、
気仙沼の海産物が並んでいました。
大変人気だそうです。 とてもありがたいことです。

WEショップ.jpg

さて、当日は約30名の皆さまにお集まりいただきました。

WE会場.JPG


震災当日のこと、それから数日の混乱時、
何でも相談で飼い犬を探してほしいという男性が人の命より大事なものはないと言われたこと。
編み物講座に参加してよかった、嫌なことを忘れることが出来たというお母さんの言葉
転居して新たな環境に馴染めず、昔の地域の仲間に会いたいと思う男性。
そして震災から7年目の気仙沼の様子をお話しました。

WE報告.JPG


みなさんからもお話を頂きました。
何気ない日常が本当は大切だということが分かりました。
実際に聞いてみて初めて現状が分かりました。
気仙沼の海産物をこれからも買いたいと思います。

参加してくださったみなさん
お一人お一人が真剣に耳を傾けてくださいましたことを想い、
最後は私も胸がいっぱいになりました。

素晴らしい経験をさせて頂きました。
有難うございました。

          さいじょー

オレオレ詐欺にご用心[2017年07月31日(Mon)]
オレオレ詐欺にご用心あせあせ(飛び散る汗)

梅雨空が続いている気仙沼です。
みなさん、体調はいかがですか?
夜中の猛暑で汗をかいて夏風邪をひき、梅雨の気圧の変化に頭痛がするさいじょーです。
このあたりの言葉で言えば、
「天気にちょされる。」
(訳:年を取ると、天候によって自分の体調が良かったり悪かったり影響を及ぼす。)
ということですね。失恋

さて、7月28日(金)は、毎週お手伝いに行っている、仮設住宅の集会所のお茶会で
オレオレ詐欺の勉強会をやろうということになりました。
今、毎日のように全国的にいろんな手口でオレオレ詐欺の犯行が繰り返されています。
いつ、身近でこのような犯罪に巻き込まれるかもしれません。
なので、階上駐在所のお巡りさんをお呼びしてお話をお聞きすることにしました。

主催している気仙沼市サポートセンターさんより依頼を受けて、
当団体の演劇部が動き出しました。
まずはシナリオ作り、配役、小道具準備、効果音作成、衣装合わせ、などなど・・・

P1100599.JPG

今回は、吉永小百合さん85歳の一人息子次郎さんの偽者が物損事故で100万円かかるので
会社の人がお金を取りに行くからすぐ渡してほしいと電話をします。
あわててお金を引き出してきて偽の会社の人にすぐ渡してしまいます。
渡した後で次郎さんに「100万円渡したからね。」と電話したら、
事故なんか起こしてないし電話もしていないと言われ、
そこで初めて騙されたことに気づいたというお話です。

P1100600.JPG

この方、ちょっと怖そうな人ですねー。

P1100611.JPG

でも、この方、実は偽の次郎役を引き受けてくれた、
やさしいお巡りさんなんです。

ナレーターは、ナースmさん。

偽の会社の人にはサポートセンターのsさん

P1100603.JPG

悪そうでしょ〜。

本当の息子次郎さん役は私の相棒、スーちゃんです。

P1100609.JPG

客席からは
「息子は用事がある時だけ電話よこすんだからー。」というセリフに
「うちもおんなじだー。」という声が返ってきました。(笑)

そして、会社の人だという怪しい人にお金を渡した時、
「息子さんに一回電話して確認してみたほうがいいんでないのー?」という声が飛び交い
反応は上々でした。

みんなで笑った後は、
お巡りさんのお話をみんなで聞きました。
耳が遠いふりをするとか、
録音したからというと効果的など
とても参考になりました

       さいじょ―

ママの健康と笑顔のために。[2017年07月24日(Mon)]
みなさん、こんにちは。
ナースMです。

7月14日(金)に、階上公民館和室にて、ママの保健室を開催しました。
これは、昨年気仙沼市内で子育てをしているママたちのサークル、「ママの心と身体の健康サロン」のママたちから、ママ自身が体調について気になることがあっても、どうしても子ども優先となってしまい、ママの身体について聞いたり調べたりする機会がないので、プロジェクトKでママたちの計測をしてもらえないか、という相談から始まったものです。

毎月行っているはしかみの保健室の特別版として、はしかみ交流広場ではなく、子どもたちを遊ばせながらできるように広い公民館の和室をお借りして行います。
昨年9月、今年の3月に開催し、今回が3回目となりました。

この日はかなり気温が上がることが予想され、エアコンがない公民館での開催は暑くなるのではないかと心配していましたが、3台の扇風機と海からの気持ちのいい風が窓から入り、快適に過ごすことができました。

9時半から始まった保健室。前回は19組の親子の参加があり、一緒に参加したお子さんも2〜3歳の子が多くとても賑やかでしたが、今回は1歳未満の赤ちゃんを連れた方がほとんどで、参加も9組とやや少なめだったので、のんびりまったりとした雰囲気で進んでいきました。計測や相談が終わった後も、すぐに帰ってしまう人はおらず、お茶を飲みながらスタッフや他の参加者の方とお話をしたり、子どもを遊ばせながら過ごしたり・・・それぞれが自由に過ごしていただいたことは、少しでも居心地のいい空間を提供できたのかなと思います。

P1100502.JPG

前回相談を担当した私は、約2時間半しゃべりっぱなしでしたが、今回は元助産師で階上地区の民生委員をしていらっしゃるUさんがボランティアで参加してくださり、一緒に相談に入っていただいたので、じっくりとお話することができました。今回は他にもボランティアの看護師や助産師の方が4名お手伝いしてくださったので、とても助かりました。

P1100513.JPG

また、今回は大分県にお住いの支援者の方からママの保健室に参加された子どもたちにと手作りのメダルを頂きました。一つ一つキャラクターの表情や柄が丁寧に描かれていて、スタッフは見た瞬間思わず「かわいい〜〜!」と声を上げてしまいました。

P1100485.JPG

事前に、スタッフで首にかけるリボンをつけて・・・。

P1100486.JPG

当日、参加してくれた子どもたちに差し上げました。
アンパンマンやノンタンなど、子どもたちに人気のあるキャラクターばかりだったので、とても喜んでくれました。

後半には、プロジェクトKのダンサーズが、エビカニックスを踊り、みんなで楽しくエクササイズ!!

P1100519.JPG

いきいき体操で使うバランスクッションを体験したりして過ごしました。

P1100526.JPG

あるママは、出産後気仙沼に引っ越してきたばかり。
初めての子育てについて相談できる人やママ友が近くにいないということで、ご自身の体調だけでなく、子育てについてなどいろいろお話をさせていただきました。

ママの健康を考え、ほっとできる時間を提供するだけでなく、このような方とつながれるきっかけとなるママの保健室。
今後も私たちの活動として続けていきたいと思います。
夏ですが編み物講座やってます。[2017年07月22日(Sat)]
夏ですが、編み物講座やってまーす。

今日は今にも泣き出しそうな空…
と書いたところで、突然の雷と夕立雷雨

今年もひんやりした室内で、編み物講座やってまーす。ぴかぴか(新しい)
みなさん、教室をのぞいてみませんか?

5月
「玄ちゃん人形」
作った人のお顔に似ています。
みんな違って、みんなかわいいですね。手(チョキ)

P1100263.JPG

「玉編みのスマホケース」
スマホを持っている人は少ないので、それぞれの用途によって
目数を変えてミニバックを作ってもらったりしました。

P1100269.JPG

「ニワトリの編みぐるみ」
これはインコではないんです。
でも小さくであんまりかわいかったので、
頭のとさかを変えて、毛を2〜3本つけると、
なんと インコです。

P1100307.JPG

P1100310.JPG

6月
「うめっぴー」
みなさん、和歌山県のゆるきゃらをご存知ですか?
編み物講座の参加者の一人が、テレビで見たうめっぴーがあんまりかわいかったので
自分で試行錯誤して編み図を起こして作ったものを、
講座のみんなに教えてもらって作ったオリジナルな逸品です。

P1100388.JPG

縫い物が得意な人が、日本手ぬぐいで作った被り物を持ってきて見せてくれました。
Sさんが試着してみました。
とてもかわいい姉さんかぶりだったので、
はい、鏡をどうそ

P1100395.JPG

「ひまわり」
これは久々に難しいと言われました。
特に花びらが複雑なのです。
でも並べると、ほら、素敵exclamation

P1100431.JPG

「夢見るペンギン」
水族館の人気者、ペンギンです。
気仙沼には水族館はありませんが、氷の水族館が今年やっと復活しました。
暑い日に、ダウンコートを着てマイナスの氷の世界でお魚を見てみませんか?

P1100444.JPG

「履き物たわし」
今回は小さな履き物4種類を編んでみました。
ぞうり、サンダル、運動靴、スリッパ
赤ちゃんに履かせたら、ぴったり。

P1100473.JPG

7月
そろそろ旬のトウモロコシはいかがですか?
葉っぱとひげはオリジナルです。
誰かが、「ひげの数と実の粒の数は同じなんだよー。」
というと、「へえー、ほんとー?」
すると、「ここに来ると、勉強になるねー。」
本当に学びの時間です。

P1100489.JPG

「リボンポケットテイッシュケース」
キラキラした糸で編むテッシュケース。
なんと、タッセル付きです。
ゴージャスな1品ですね。

P1100581.JPG

さあて、今度は何を編もうかな?

         さいじょ―
第6回通常総会開催[2017年07月21日(Fri)]
第6回通常総会開催

東北の梅雨はまだ明けませんが、厳しい暑さが続いている気仙沼です。晴れ
しかし明け方には「寒い」と目が覚めてしまい、
ただ今、絶賛夏風邪中のさいじょーです。あせあせ(飛び散る汗)

誠に恐縮ですが、先月の活動のご報告をさせて頂きます。
6月11日 日曜日 階上公民館にて
NPO法人生活支援プロジェクトKの第6回通常総会が開催されました。

P1100316.JPG

今年はシェアから本田さんと奥様と西山さんが参加してくださいました。

P1100337.JPG

設立から3年間共同事業として、大変お世話になりました。
そして色々教えて頂きました。
時々情報を頂いたり、お話をお聞きしたりはしていたのですが
現在の私たちの活動を報告させていただくよい機会となりました。

P1100317.JPG

そして、会員の皆さんとも久し振りにお会いすることが出来ました。
みなさんを目の前にして報告というのはいつも緊張するものですね。
緊張しすぎるとつい方言が出てしまいます。ダッシュ(走り出すさま)

P1100326.JPG

活動について報告の後の質疑があり、
体操や健康講話などのイベントをツールにして参加者を募る時に、
男性の参加をどう高めていくか?というお話になりました。
男性が男性目線で企画を考えていくことで集まりやすくなるのではないか?
今年度から始まった「こんにちは訪問」で声掛けしていけばいいのではないか。
でもなかなか男性は参加してくれないということを地域でも耳にします。
そこで本田さんが埼玉県和光市の取り組みを教えて下さり、
みんなで作る地域包括ケアについて書いてある本を頂きました。

P1100329.JPG

高齢者をより元気にしていくための様々な試み、
それがやがては介護保険を卒業させるまでになるとは。
なんてすばらしい取り組みなのでしょう。ハートたち(複数ハート)


そして第2部は「被災高齢者の生活再建におけるレジリエンスの促進要因」と題して
杏林大学院生でいらした榎本明子さんの研究を記念講演としてご依頼し、
快く引き受けていただきました。
被災した高齢者22名、お一人お一人に
本当に丁寧にお話をお聞きしたのだなあということがよくわかりました。

P1100335.JPG

ファシリテーターは当団体の理事であり、
私たちスタッフの保健アドバイザーをしてくださっている大木さんです。

P1100332.JPG

人は分かち合う場や機会によって支え合い生きる気力に繋がり、
被災者から生活者としての自分を取り戻していくという非常に興味深い研究報告でした。
実際にアンケートに協力してくださった方々も今回講演会を聞きに来てくださいました。


皆さまのお蔭で盛会のうちに総会を終了することが出来ました。
有難うございました。

              さいじょー



毎月第1月曜日は・・・?[2017年07月07日(Fri)]
みなさん、こんにちは。ナースMです。
大変ご無沙汰をしておりました。
私事ですが、昨年末に二男を出産し、お休みをいただいていました。
今では6か月になり、子どもも私も元気です。
これからまたブログを書いていきますので、よろしくお願いします!

では、さっそく活動報告を。

突然ですがみなさん。毎月第1月曜日と言えば・・・?

燃えないゴミの日??
いえいえ、違います。

そう!はしかみの保健室です。

今年で3年目となったはしかみの保健室。
お知らせは、その月によってちらしを配る場所が違うのですが、最近では第1月曜日が少しずつ定着し、お知らせをしていない地域の方も来て下さいます。リピーターの方が増えている証拠ですね。

中に入ると、まずはお茶を飲んで一休み。
落ち着いた頃に、血圧、血管年齢、身長、体重、カラダスキャンによる体脂肪、からだ年齢、体脂肪率、BMI、基礎代謝量、骨格筋率、そして握力を調べます。

P1100457.JPG

終わると、結果をお伝えし、気になるところがあれば相談に応じています。
結果や体調以外の相談になることもありますが、それももちろんお話を伺っています。

P1100467.JPG

毎月測っていらっしゃる方は、今までの数値と比較し、「今月は食べ過ぎたからなぁ。」とか、「最近畑仕事をして身体を動かしているから、筋力がついてきたかも。」と言いながら変化をみています。

継続することで、その時測定した数値だけでなく、毎月維持できているか、変化があったのか把握ができ、自身の生活を振り返るきっかけとなっています。

終わってお茶を飲みながらおしゃべりをしているうちに、「こんにちは〜。」と入ってきた方が、以前からのお知り合いで「あら〜、あんたも来てたの〜?」と久々の再会、そのままおしゃべりが止まらず、なかなか測定ができないあせあせ(飛び散る汗)・・・ということもしばしば。

でも、それでいいのです。
そういう場所なのです、ここは。

3日(月)に行った保健室では、雨にも関わらず、15名の方々が来てくださいました。
ありがとうございます。

ぜひぜひ、皆様も毎月第1月曜日に、はしかみ交流広場をのぞいてみてくださいね。
次回は、8月7日(月)です。
冷たい麦茶を用意してお待ちしております!!
切磋琢磨[2017年07月06日(Thu)]
切磋琢磨

こんにちは。
気仙沼も梅雨に入りました。
九州地方の大雨の被害状況をニュースで拝見して、被害がどれほどであったか、
まるで津波のような恐怖すら感じたさいじょ―です。

さて、私たちの活動拠点である「はしかみ交流広場」がある地域の自治会から、
高齢者のサロン活動で体操を教えてほしいと昨年から時々お呼ばれしています。
これは今年の1月の体操の様子です。

P1090891.JPG

身体を動かすことはとても気持ちがいいし、
そのあともお茶のみの時間もとても楽しみにしているという参加者の皆さんです。

3月2日は、北海道から癒しのドクターOさんがいらっしゃるというので、
健康講話と保健劇と、体操と歌と・・・モリモリのイベントを企画しました。
私たちもそれに合わせて保健劇の準備を念入りに行いました。
今回は「認知症と生活不活発病」をテーマにしたものです。
もちろんシナリオも新たに書き下ろしたものです。
相変わらず嫁姑バージョンが皆さん分かりやすいようです。

いつもは会場で着替えやメイクを行うのですが、
今回はもう始めから事務所で念入りにメイクをして出かけました。
姑の私がシワを多く書けば、嫁のSさんはホホ紅をさらに真っ赤に塗るという、
私たちの演劇に対する情熱と舞台メイクは、日々切磋琢磨し、
今後はいったいどこへ向かっていくんでしょう???

さて、当日は参加者がなんと30名で集会所が超満員でした。
その中で男性が3名参加してくださいました。
一番前に座っていたお父さんが大笑いしてくれたのは嬉しかったですね。

まずOさんのあいさつがあり、それから劇が始まりました。

この背景は今年2月にはしかみ交流広場の常連のHさんと私たちスタッフが協力して模造紙に
昭和のお茶の間を描いたものです。
Hさんのご指導の下、遠近法を駆使した素晴らしい大道具が出来ました。

P1090974.JPG

今回、姑役の私がほしかった前掛け、どうですか? 素敵でしょ?(笑)
嫁のカーラーは、スタッフSさんが、前夜徹夜してかつらに取り付けたものです。

P1090975.JPG

「動かないから動けなくなって、動けないから、動かなくなる。」
名言ですねー。
これはスタッフのナースMさんが考えた言葉なんですよ。

嫁にいわれて仕方なくしぶしぶ体を動かすおばあさん。
でも物忘れが日々多くなって、お嫁さんはさあ大変です。
そのことをOさんが講話の中でお話してくださいました。

P1090984.JPG

1、程よく運動、よく噛んで食べて、
2、体重は気にして、生活習慣病をきちんと管理
3、ストレスためずに笑い、歌い
4、頭の体操、外にも出て、友達と話そう
5、料理や畑、日常生活で新しいことも、2つを同時も頭の体操
ボケ予防と、上手にボケよう、そして生活不活発病予防を学びました。

そして着替える暇もなく、役柄のまま、体操を行いました。

P1090987.JPG

最後は健康相談になり、
Oさんの周りには、
「膝が・・・」
「腰が・・・」
「首が・・・」
と症状を訴えるみなさんが集まり、危うく飛行機に乗り遅れるところでした。

P1090997.JPG

Oさん、いつも有難うございます。
これからも楽しい健康講話を目指して頑張ります

                さいじょー






みなさんに支えられて[2017年06月24日(Sat)]
みなさんに支えられて

こんにちは。

6月11日に当団体の通常総会が開催されました。
1年間の活動報告をする時にパワーポイントを使ってで説明させていただくのですが、
編み物講座の報告の写真にはいつもいつもお母さん方の笑顔が溢れています。
その笑顔に会いたくて私たちはこれまで活動して来ました。
最近ではそのお母さん方が、私たちの活動に参加して手伝ってくれたりします。
震災後の混乱期を何か楽しい時間を作って支えていこうとしてやってきたのですが
いつの間にか私たちの方が支えられていることに気が付きました。

講座の設立からずっと共に支え合ってきたMさん、
編み物講座をやろうよと支援してくれたKさん、
編み物はしないけど講座に差し入れを持ってきてくれるHさん
今も時々毛糸を送って下さるUさん、
講座の設立時に講師を引き受けてくれたU先生

参加してくださる皆さんと
支えてくださる皆さんに感謝、感謝です。

では、編み物講座の作品紹介第2弾です。

1月
開運ダルマを編みました。
「私、ピンク編みた〜い。」というお母さんがいました。
「ピンクは恋愛成就ですよ、頑張って〜。」と材料を渡しました。

19.JPG

20.JPG

クマのぷーさんのアクリルたわしです。

21.JPG

編みぐるみのパンダです。
本格的でしょ?

22.JPG

2月
針金ハンガーが、あら不思議
ファンシーなハンガーに変身しました。

23.JPG

フクロウの小物入れです。
木の枝が本物でリアルです。

24.JPG

モップ人形はとても働き者。
パソコン画面をパタパタするとすっきりきれいです。

25.JPG

ウサギのお雛様
世界に一つだけのオリジナルお雛様。

26.JPG

3月
花風車モップ、
作品よりみんなのおすましした顔がかわいい

27.JPG

ハリネズミ
立っている姿が何とも言えません。

28.JPG

エンゼルタオルハンガー
素敵なドレスですね。

29.JPG

こいのぼり
吹き流し、お父さん、お母さん、子供たち
面白そうに泳いでる〜。

30.JPG

花かんむりモチーフ
みんなで並べると素敵なテーブルセンターになりました。

31.JPG

4月
お花のコサージュ
素敵でしょ?

32.JPG

このようにして
この編み物講座はさらに続いていくのでした。
次回のご報告をお楽しみに。♡

                         さいじょー

| 次へ
プロフィール

特定非営利活動法人生活支援プロジェクトKさんの画像
特定非営利活動法人生活支援プロジェクトK
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/sspk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sspk/index2_0.xml