CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年10月 | Main | 2013年12月»
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
HS管理者
つながり (02/17) みかん
ホームコンサート報告 (12/29) スマイル☆スマイル
写真展示会&クリスマスコンサート (12/23) 原桂介
豊田市こども発達センター見学 (12/21) いっぽ たくママ
豊田市こども発達センター見学 (12/15)
月別アーカイブ
あれやこれや [2013年11月28日(Thu)]
「車で運転する帰り道、このまま壁に激突して死のうかと思った。」

以前、他の法人の福祉施設職員が集まって飲み会を開いたときに、ある職員さんから聞いた言葉です。

障がいのある子を持つ、お母さんが言ったそうです。

1歳2歳の小さな子が初めて通うことになる子どもの療育専用の施設では入園式の日に、「おめでとうございます」とは言わないそうです。本来ならば健康であって普通に保育園や幼稚園に通いたいと思うから。自分の子どもに障がいがあるということを充分に受け止めきれていない時期のお母さんたちです。おめでたくはないのです。

だから、その施設では、お母さんとお父さんたちが笑顔になるように関係づくりを大切にします。「今日、来て楽しかったな。」そう感じてもらうために。

それを繰り返すうちに、職員さんとだけでなく、同じ施設に通うお母さんやお父さんたち同士にも関係ができ始め、自分の気持ちを表現できるようになるのです。

そして5歳になり6歳になり5秒だけスプーンが持てるようになった、1分だけトイレの便座で座れるようになった。

本当に小さな成長を目の前で見てもらい、その繰り返しの中で子どもに障がいがあることを受け入れることができるようになるそうです。

さて、実は数年前にその療育専用の施設の施設長さんとお話しをしたことがあります。

「私たちは、お母さんやお父さんが生き直すお手伝いをしている。」

子どもに障がいがあることに絶望し、自分の命すら絶ちたいと苦しんでいる家族に希望や喜びを感じてもらい、子どもの状態を受け入れ、子どもに対する関わり方や自分自身の生き方を変えていくお手伝いをしているというのです。

そして、卒園式の時に初めて子どもの成長と、家族の成長に「おめでとうございます。」と送り出すのです。


私たちヘルパーステーションの支援に卒業式はありませんが、障がい者の方やご家族に寄り添い、それぞれが目指すゴールに向かって伴走者として一緒に走る存在になれたらと思います。」
私事ですが・・・ [2013年11月14日(Thu)]
11〜13と連休を頂いたので、
北海道へ行ってきました。


職場の先輩中嶋と共に
羊を食べてビールを飲んで魚を食べてラーメン食べて温泉入って
あとはグダグダして、そんな感じで過ごしてきました。
2kgくらい太りました。


今ならお土産もたくさんさくらの杜にありますので、
近々利用する方にはふるまえるかも・・・( *´艸`)


CATB6G1I.jpg
(帰りがけ写真が一枚も無いことに気付き慌てて撮った空港)


また明日から頑張ります。
ヨガ教室報告11/6 [2013年11月09日(Sat)]
DSCN4902.JPG

この看板、気付きました?


少し前に、駐車場に設置しました。スタッフの愛がこもった手づくりです。
(耐久性に難アリかも・・・)

今はヨガの宣伝が張ってあります。
今後イベントの告知などを掲示するかもしれませんので、
気付いたらチラッと視線の端にでも入れてください。


さて、6日のヨガ教室ですが、
なんと10名の方が参加してくださいました〜 ヽ(*^O^*)ノ
そのうち4名は、無料体験の方々です。
ありがとうございます。みなさまに感謝感謝です。

教室内にヨガマットがズラーッと敷き詰められる光景は久々です。
毎回こうだったらいいなあ・・・。


今後の予定など、詳しくはコチラまで!

今回来てくださった方もそうでない方もおまちしてます!!!(^▽^)ノ