CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
HS管理者
つながり (02/17) みかん
ホームコンサート報告 (12/29) スマイル☆スマイル
写真展示会&クリスマスコンサート (12/23) 原桂介
豊田市こども発達センター見学 (12/21) いっぽ たくママ
豊田市こども発達センター見学 (12/15)
月別アーカイブ
ハイエースが大変なことになってます! [2010年04月23日(Fri)]
 と、慌てふためいてスタッフSが駐車場から建物へ入ってきました。


 他のスタッフと共になんだなんだと駐車場においてあるハイエースに駆け寄ってみると・・・


 



 なんじゃこりゃー!!!  


 車上荒らし?

 事故?


 盗まれたものもないしなぁ・・・


 スタッフS「車を運転してすぐにうしろの窓ガラスが割れたんです・・・」

 うーん。世にも奇妙な出来事です。

 そしてしばらくハイエースが使用できず、早急に修理しなければいけません。

 
さくらの桜の木の下で [2010年04月08日(Thu)]


 桜の花も散り始め、花と入れ替わるようにして黄緑色の新芽が生え始めている桜の木からは、「もう4月になったのか」と時の経つ早さを感じるかもしれません。

 そして、散り始めた桜の木を見上げ、少し寂しさを感じた時にふと足元に目をやるとチューリップの花が満開でした。そう、春は見上げるばかりではなく、踏み締める足元にもあるのですね。

 桜の花は春の訪れを感じさせ、チューリップの花は春真っ只中であることを実感させてくれるようです。

 

 そして私の心にも春が来そうな予感がします(なんのこっちゃ・・・・)。
さくらの桜 [2010年04月06日(Tue)]

 雨が多くまだまだ寒い日が続いていましたが、今日は春らしいポカポカとした陽気になりましたね。

 さくらの杜の公用車駐車場の桜も満開です!!

 今日は利用者さんとスタッフ・ヘルパーみんなで写真を撮りました。

 桜の花の綺麗さにみんな自然と表情がにこやかです。

 
 年に1回、数日間ですが、桜をみるととても幸せな気分になりますね。

 さくらの杜も桜のように優しくて、ほっとできるところになれればと思います。
土橋駅・・・ [2010年04月05日(Mon)]
 今日は自閉症の男の子と赤池駅の近くにあるレトロ電車館へ行ってきました。

 そこへ向かう途中のこと。

 男の子の家から最寄の土橋駅がいつもとちょっと違います。


 以前は外からプラットホームが丸見えだったのに・・・

 


 田舎臭さの残る駅がものの見事に近代化。

 



 しっかりとエレベーターも設置されてバリアフリーもばっちり。

 自閉症の男の子、駅の変化にも動じず落ち着いた様子。驚くは私ばかり。
祝 開所! [2010年04月02日(Fri)]



 今月の16日で開所8年目のさくらの杜。

 昔の今頃はどんなことをしていたのだろうと、ふと会報を眺めていたら開所当時に発行された会報に目が留まり、しみじみと昔を懐かしんでいました。

 とは言うものの、私は開所3年目に入社ですが・・・

 当時の所長千葉氏は会報で、このように語る。

 「さくらの杜で働かせてもらって6ヶ月。もうすぐ私は、長い長いトンネルを抜けようとしている。今までにたくさんの障がい者と出会い、その中でいろいろな事を学んだ。特に、障がいを持っていても彼らが普通に地域で暮らしていく事の大切さをしり、その支援をやっていければと思うようになった。しかし、実際の支援をしようとしても私の力ではどうすることもできず、自分の無力さと不甲斐なさだけが募るようになった。私は暗く長いトンネルに足を踏み入れてしまった。そして、思うように支援ができない事を、人のせいにする事でそのトンネルから抜け出そうとしていた。
 
 そんな私に天気が訪れたのが、重い障がいを持つ自分の子どもが、将来地域で暮らしていけるよう、様々な活動している親たちとの出会いだった。彼女たちのおこなう活動に参加したり、話を聴いていくうちに、自分の思いややりたい事が同じだったため、彼女たちと運命を共にする決意をした。そして「さくらの杜」が誕生し、現在に至っている。
 
 さくらの杜にのスタートは決して平坦な道ではなく、山あり谷ありの連続でした。仕事の量の多さと、次々と表れる問題に頭はパンク寸前。しかし同時に、会員のみんながさくらの杜を利用する度に変わっていく姿に充実感も覚えた。最初は緊張して、食事を摂る事ができなかった方が食べられるようになったり、時には家に帰る事を嫌がる方もいたりなど、その充実感は計り知れないもので、その度にさくらの杜で利用者に支援できる事を嬉しく思っていた。
 
 今後もさくらの杜には、まだまだたくさんの課題があるだろう。しかし、トンネルの向こう側には、夢と希望と桜の花が咲きみだれ、障がい者を温かく迎えてくれる、きっとそんな場所が待っていると思います。そしてその場所に行くため、私はこれからも一歩一歩進んで行きたいと思います。」

 


 そして今。私たちはトンネルの出口まであとどれくらいなのだろうか。

 なんて想い耽るのでした・・・
行く年、来る年 [2010年04月01日(Thu)]
 「明日から3月!」そんなブログを書いてからもう1ヵ月。月日が流れるの早いですね〜。
…って言い訳です。また更新をサボってました。すみません。

 
3月は公私共に色々ありました!
春休みになって利用者さんと映画やボーリング、プールなど色んな場所にいきました。またプライベートでも九州まで旅に出たり、陶芸や名古屋に遊びに行ったりしました。それに介護福祉士の実技試験もあったり…など盛りだくさんの1ヵ月でした。
 ただその分、利用者さんやスタッフに迷惑かけることもあって反省の1ヵ月でもありました。


 そんな3月最後の31日に毎年恒例の「さくらの杜・輪音合同会議」がありました。

 今年度の反省と利用者さんに支援向上に向けたワークショップ、そして来年度移行の事業展開、目標、そして未来へ向けた「夢」も話などもあり充実した会議になりました。 
 
 会議を終えて、改めて「みんなで頑張ろう」という気持ちになりました。

さくらの杜もスタートして8回目の春を迎えました。「どんなに重い障がいがあっても地域でくらしていく」この理念を抱え、一致団結して頑張ります。今年度もぜよろしくお願い致します。



 
ちなみに…

介護福祉士合格しました〜!!