CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年02月 | Main | 2009年04月»
<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
HS管理者
つながり (02/17) みかん
ホームコンサート報告 (12/29) スマイル☆スマイル
写真展示会&クリスマスコンサート (12/23) 原桂介
豊田市こども発達センター見学 (12/21) いっぽ たくママ
豊田市こども発達センター見学 (12/15)
月別アーカイブ
洗車機でご機嫌 [2009年03月27日(Fri)]


 今日は久しぶりに、自閉症の男性とガソリンスタンドにある洗車機を見にいきました。

 洗車機が動いているのを見るのは好きだけど、写真のように自分が車にのって洗車されるのはあまり好きじゃないみたいです。

 外から動いているのを見ているのが良いのでしょうね。

 といっても、写真の車の真後ろくらいまで近づいてしまい、中に乗ってる人も少しびっくり・・・


 今日は良い天気で10分ごとに2,3台洗車機を使っていたので、男性もたくさん見れてご満悦の様子。
ヘルパー会議 [2009年03月25日(Wed)]
 今日は午前中にヘルパー会議を行いました。

 議題は以下の通り

 1、前回の振り返り
  ・携帯電話について
  ・利用記録について

 2、今後の予定
  ・3月31日 さくらの杜・輪音合同会議
  ・4月22日 ヘルパー会議・ヨガ教室
 
 3、連絡事項
  ・さくらの杜・輪音合同会議について
  ・食事負担金について
  ・ヘルパー雇用契約書について

 4、来年度ヘルパー会議のあり方
  ・目的
  ・会議の形態
  ・予定
  ・残された課題

 5、ヘルパーさんより

 6、その他
 


 今までは、さくらの杜内で働いていただいているヘルパーさんを中心にヘルパー会議を行ってきましたが、専属ヘルパーさん(利用者さんと直接支援の予定を組んでいる人)も会議にお誘いして、研修など充実した時間を過ごせる工夫をしていきます。

 来年度から何が変わるのかと言うと、人材育成の充実化を思いっきり目指します!

 毎年6回ずつ研修会と、個別支援計画の統一・疑問解決のための会議をヘルパー会議で行います。

 研修の目的として

 ・会員の生活支援に関する介助技術・知識の向上を図ることで会員の生活を豊かにする。
 ・魅力ある組織作りの一環として、研修を充実化させることでスタッフ・ヘルパーの自己成 長の場を作り、働く意欲を向上させ、また新人ヘルパーの効率的な人材育成と人材保を狙う。

 そして今年度特に力を入れて取り組む事は

 ・ヘルパーによる会員の生活支援における役割の再確認。
 ・会員の個別支援計画に基づき、計画を達成させる為に必要な介助技術知識を身につける。
 ・会員の個別四年計画に基づいた支援の統一を図る。



 具体的取組は

 豊川にあるNPO法人ゆうの豊田さんをお招きして

 ・ヘルパーとしての役割・支援のあり方を学ぶ
 ・他事業所の成功・失敗の体験談から支援について学ぶ

 豊田市福祉事業団「暖」の看護士・PT等の専門員を招いて
 ・障害特性について(脳性まひなど)
 ・姿勢保持について
 ・食事介助について
 ・歯磨き介助について
 ・入浴介助について

 上記の研修を行い、介助のスキルアップを図ります。
 
 また、個別支援計画の統一と見直しをすることで

 学んだ介助技術をどのように活かすのかということを話し合っていきます。
 


 いやー、来年度が楽しみだぁ!!!
新しく布団を新調しました [2009年03月25日(Wed)]
 


 さくらの杜の宿泊用の布団一式×6つを新しく買い換えました。


 これでいい夢見れそうだ。
お好み焼き 新レシピ! [2009年03月24日(Tue)]

 
 昨日の晩ご飯は、利用者さんと一緒にお好み焼きパーティーをしました。

 

 ちょっとした挑戦ですが新発見!


 具材はシーフードとか豚肉が一般的ですが

 油揚げとウインナーの組み合わせで作ってみたら、意外な美味しさでした。

 お好み焼きの上にとろけるチーズを乗せてみるとピザのような味わい。

 食感も油揚げのふわふわが楽しめます。
楽しいことがいっぱいで♪忙しい… [2009年03月17日(Tue)]
 スミマセン。言い訳です。しばらくサボってしまいました悲しい


 


 さてさて、先週の金曜のお話。

その日は、普段はほとんど宿泊されない学生の利用者さんが宿泊されました。

年齢は1つ違うんですが、学校でも大の仲良しで、さくらでも一緒にお出かけしたりします。

今日は初めて一緒の日に宿泊になりました。

学校が終わってから、そのままさくらに来て、一緒にご飯を食べたり、テレビを観たり、じゃれあったりなど、とっーても楽しそうでした♪


 まるで、修学旅行の夜みたい!!
僕も仲間に入れてもらって、はしゃいでしまいましたv(^−^)v

僕にとってもさくらの杜は「第2の我が家」だな〜なんて思いながら、楽しく過ごしています。


 

 3月のもう折り返しです。少しずつ暖かくなってきて、桜の芽も大きくなってきました。
春はすぐそこまで来ていますクローバー





忙しさを見せないスマートさ [2009年03月16日(Mon)]
 そんなステキな力を身に付けたいとつくづく思う今日この頃です。


 2月にブログの上部にあるさくらの木と看板の写真を変えようと思いつつ、まだ手が付けられない。。



 ブログ更新のしなさ加減が、忙しさを如実に表しているというかなんと言うか・・・



 


 そうそう、私風邪じゃなくて


 花粉症でした。

 

 鼻水だらだら、くしゃみくしゅくしゅ、咳ゴホゴホ。


 たまらず、仕事が終わった直後に薬局へ直行しました。


 花粉症になるのは何年ぶりでしょうかね。


 久しぶりになると、こんなにもつらいのかと思うのです。



 

 毎年、花粉症になっている利用者さんを振り返ると、同情してしまいます。

 できれば今年限りにしたいですねー。
こんな時期に!? [2009年03月13日(Fri)]
 風邪ひきました・・・

 毎年1月2月あたりで風邪を引いていたのですが、今年は3月に・・・


 お、今年は風邪引かないなぁなんて油断していた矢先のことでした。


 11日の朝眼を覚ますと、喉の痛みがあるのです。

 昨日、声出しすぎたのかなぁ?と思っていたら、その日は他のスタッフが風邪をこじらせてダウンしました。

 まさかと思っていた次の日、今度は私が。。。
講演会〜ニキリンコさん〜 [2009年03月09日(Mon)]
 昨日は休日を利用して、アスペルガー症候群(知的障害を伴わない自閉症)のニキリンコさん の講演会に参加してきました。

 場所は豊田市参合館能楽堂です。

 


 施設関係者、市職員など関係機関の方々が多く参加していました。

 講演会の内容はというと、「アスペルガー症候群とは」といった障害の総論ではなく

 アスペルガー症候群の私って、こんな風に感じて、考えて、行動しています。

 という話です。

 自閉症とかアスペルガー症候群というのは、生きている環境などによって感じるものが全然違いますから、教科書に書いてあるようなことを話されるよりも自分が何を感じながら生きているのかということを聴けたことによって、「なあんだ、そんな単純なことだったんだ」ということが意外にも多くありました。

  公演中はニキリンコさんが、明るい照明が苦手ということで少し暗めにしましたが、逆に私は暗い照明では話を聞き続けることができず、うつらうつらと・・・


 寝てしまって聴けなっかった話はニキリンコさんの著書を買おう・・


 
 
イチゴ狩りでおなかいっぱい!! [2009年03月06日(Fri)]
 学校は卒業シーズンですね。

 今日は豊田養護学校の卒業式でした。

 さくらの杜の会員で中高生の方で何人か卒業されました。

 中学生は高校生になり、高校生は社会人になる。

 卒業する高校生は大きな期待と不安を抱えているのでしょうね。

 大きな期待を実現し、不安を解消できるように精一杯お手伝いしますよ!

 

 さ、前置きはそれくらいにして今日は高校2年生の脳性まひの男の子と四郷の うめこう桃梨苺園へイチゴ狩りに行ってきました。


 3年前にその男の子は行ったきりでしたが、今回久しぶりに行くことができました。

 あいにくの大雨でしたが、ハウスの中に入ると状況を理解したのか、嬉しそうな表情に。


 

 



 男の子は大きな口をあけて一口で苺を食べてしまいました。


 食べている時の表情はなんとも幸せな笑顔?で「エヘヘエヘ」なんて喜んでいました。


 もう、食べる食べる。

 「苺、苺」と食べ終えるとすぐに欲しがります。

 20個ぐらい食べてようやくおなかいっぱいになった様子です。



 大粒の苺、おいしかったなぁ。

 練乳つけなくても甘くて、ついつい食が進んでしまいます。

 私も一緒になって食べてましたけど。ちょっと食べ過ぎて気持ち悪い・・・




 
おつかれさまっしたー! [2009年03月02日(Mon)]
 と、会社やアルバイトで元気に挨拶するのは気持ちのよい事ですが。

 これを子どもに言われると、なんとも違和感を感じます。



 



 昨日は自閉症の男の子と、赤池駅の近くにあるレトロ電車館に行ってきました。

 13時に家を出発して16時には帰らないといけないので、あまり長居はできませんでしたがそれでも男の子は満足した様子。


 その帰る道すがら、私に対して労っているのか、それとも誰かの真似をしているのか「今日もおつかれさまでしたー!」と言いました。

 いつもバスの運転手さんには「ありがとうございました」と言っている姿には感心していましたが、今回はちょっとびっくり。


 そう 


 初めて小島よしおのものまねをされた時のようなショック。


 

 

 できれば「おつかれさまでした」と言われる関係よりも

 「またね〜ばいばい〜」と言った子どもの付き合いが私は嬉しいなっと。


 私に対する労いの言葉だとして、彼なりのありがとうの気持ちだったのでしょう。

 その思いしっかり届いたよ!!!
| 次へ