CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年08月 | Main | 2008年10月»
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
HS管理者
つながり (02/17) みかん
ホームコンサート報告 (12/29) スマイル☆スマイル
写真展示会&クリスマスコンサート (12/23) 原桂介
豊田市こども発達センター見学 (12/21) いっぽ たくママ
豊田市こども発達センター見学 (12/15)
月別アーカイブ
さくらの杜 わくどきイベントに向けて… [2008年09月29日(Mon)]
 10月11日に開催される、「さくらの杜 わくどきイベント」まで、もう2週間をきってしまいました。

 さくらの杜でも着々と準備が進んでいます。スタッフみんな、今はイベントのことで頭がいっぱいです。



 ↑の写真は、先日さくらの杜と輪音で実際にペイント遊びを行ったシーツを、イベントの看板にすることにしました。女性スタッフがきれいに・丁寧に・楽しく描いています。



また当日の会場では、さくらの杜をたくさんの人達に知って知ってもらえるように、分かりやすく・楽しい「さくらの杜 紹介コーナー」も設置する予定です。

 
皆さん、ケアが終わった後に遅くまで残って作業したり、休日を返上してまできてくれています。

 イベントの内容と共に、会場の準備も楽しい作品ができそうですよ!ぜひこちらも楽しみにしていて下さい!

 


あれ?まだ参加申し込みをしていない!?

そんな方はすぐにさくらの杜へ携帯してね♪
 



 

 
新聞に載りました! [2008年09月28日(Sun)]
 みなさん楽しみにされている!?、「さくらの杜 わくどきイベント 友情コンサート・ペイント遊び」の広告がなんと新聞にも記載されました!!





左側が、9月26日(金)発行の矢作新報さん

右側が、9月27日(土)に中日新聞折込のとよたホームニュースさんです。

 この広告の依頼は、協賛でもある「輪音」のスタッフが依頼をして下さいました。

 
 
 どちらの広告も、このイベントの目的であり、さくらの杜の理念である「どんなに思い障がいがあっても地域で暮らしていく」という内容を分かりやすく記載して頂いてます。

 この記事を見た時、とても感動したと同時にプレッシャーにもなり、さらにやる気もでました。
思い出に残る、よいイベントにしたいと思います。




 まだ、新聞を見てない方、ぜひ新聞を捜して見てください!

また、まだ申し込みをしてない方、当日でもよいですが、先にぜひ申し込みをお願いします。


皆様の申し込みを待ってます!!
 

 
 
ポッポポー、豆がほしいか・・・ [2008年09月27日(Sat)]
 気が付けば、さくらの杜の玄関に鳩がせっせと巣を作っている。



 雌はヒナが産れるのか巣からじっと動かず、雄はせっせと枝を拾い集めている。




 なんか見守ってあげたい気もするが、鳩の巣の周りってがすごいよねぇ〜うんち


 車から降りた利用者さんに直撃なんてことも・・・、どうしたものか。
 
作っちゃった♪ [2008年09月24日(Wed)]
 
 10月11日(土)に行われる「さくらの杜 わくどきイベント」に向けて、スタッフみんなでお揃いのシャツがほしいなーと思い、みんなで相談して、作っちゃいました!




 ついに完成!さくらの杜・輪音ポロシャツ!!

さくらの杜の「桜」をイメージにして、ピンクにしました。少し派手なピンクでしたが…


かっこいいでしょ〜!!?


 10月11日のイベントはもちろん、バザーなどで着ていこうと思います!
まず最初は9月29日(月)にさくらの杜近くにあるFEEL行われる、「紙ふうせん」さん主催のフリーマーケットに参加しようと思います!ぜひ、フリーマーケットと共に、このポロシャツも見に来て下さい!!実物はもっとかっこいいですよ!!



 実はもりおくんともお揃いなのです笑顔ハイビスカス

僕は多分、普段着で着てると思います♪
プレ・ペイント遊び [2008年09月23日(Tue)]
 10月11日のイベント当日を前に、今日さくらの杜に来た男の子とペイント遊びをしました。

 












 絵筆を上手に持つことができないので、手のひらに絵の具をヌリヌリ。

 シーツにぺたぺたと手形を残してもらいました。

 しかし、今日一番ペイント遊びを楽しんでいたのはこの子よりも、私と他のスタッフだったりして。

 「あ〜こんなのいいねぇ」とか「あんなのいいねぇ」とかどんどんアイデアが沸きあがり、それを楽しんでいました。

 絵と言っても、動物とか建物などを描くのではなく、点や線の組み合わせ、筆から絵の具を垂らして模様をつけたりして遊びました。
 
 そして完成したのがこれ。

 


 うーん、ワイルド!

 そしてこれをこんな風に



 花壇に植わっている木の間に物干し竿をひっかけ、シーツをかけてみました。

 描かれたシーツが風に揺られ、なんともいえない達成感を感じました。



 当日は障がいのある子もない子もきっと楽しめること間違いなしでしょう!!

 
 また、花壇を花だけでなく、こうしてペイントしたシーツで彩るのもまた遊び心があるのではないかと思いました。

 イベントの宣伝にもなりますしね。
ありがとうございます。〜バザー用品の巻き〜 [2008年09月20日(Sat)]
 今日はいつもヨガ教室でお世話になっているインストラクターの先生から嬉しい寄付を頂きました。

 


 たれぱんだやくまのぷーさん、the dogのぬいぐるみ。

 女の子なら、どれも一度は手にしたことがあるものばかりではないでしょうか。

 さくらの女性スタッフが喜びそうです。


 インストラクターの先生には感謝感謝です!!
 

 今月29日、近くのスーパーで開かれるバザーに出店させて頂いたときに、店頭に並びます。

 どれも人気ですのですぐに売れてしまいそう・・・

 欲しい人は大急ぎでバザーへGO!!
Try & Error [2008年09月18日(Thu)]
 さて、今日は精神障がいの方が通われているエポレの施設長成瀬さんをお招きして研修をしました。

 プロジェクターを使って話しを進めたいというご希望がありましたので、いろいろ工夫した結果。


 


 カーテンレールに、10月11日に行われるイベントで使用するシーツをぶら下げてスクリーンにしました。

 いやー、写真で見ると、シーツなのかスクリーンなのか分からないですね。実際もきれいに見ることができました。

 当初、プロジェクターが使えるか半信半疑でしたが、成瀬さんのおかげでさくらの杜でも使用できることが分かり、今後の職員研修の可能性も広がりました。

 成瀬さんに感謝感謝。

 プロジェクターを使用して、精神障がいについての歴史や症状、支援のあり方などを説明していただいた後は、事前に用意させていただいた質問にお答えいただきました。

 



 質問事項については

 1)豊田市に在住している精神障がい者の人口
 2)精神障がい者の福祉サービスの利用状況について
 3)精神障が者の治療と支援について
 4)障がいの程度(軽度、重度)での対応の違いについて
 5)精神障がい者の方がさくらの杜に来所、電話してきたときの対応について。
 6)トラブルが起きたときの対応について
                      ●
                      ●  
                      ●


 等々12個の質問をさせて頂きました。

 改めて質問事項を見直すと、自分は精神障がいについて何も知らなかったんだなぁを強く再認識させられます。

 支援については、私たちが今まで行っているものと共通する部分もあり、また支援する上での悩みについてもやはり同じく共通している部分がありましたので、成瀬さんのお話がスッと頭に入り込んでくるように深い理解を得ることが出来ました。


 そして、今回研修で一番の収穫と言えば、精神障がいの方々を中心に支援している、エポレという施設や所長である成瀬さんと人脈が築けたことでしょう。

 自立支援法によって、障がいの種別関係なく福祉サービスを利用することができるようになったことは、障がいのある方にとって大きなメリットです。

 しかし、事業所によっては得意とする支援があり、また福祉サービスを提供するにあたっての障がいに対する知識や支援の技術が培われていないこともあります。

 ですので、各事業所がお互いの得意分野について連携を取り合って、障がいのある方を支援していくことが必要です。


 成瀬さんの「分からないことがあれ電話すればいい」の一言は、さくらの杜が大きく前進するきっかけを作ってくれました。

 新しい支援への挑戦と失敗を繰り返し、失敗を生かしてサービスの質を向上させていきたいですね。



 いやー、今回の研修は期待以上の研修でした。

 成瀬さん、ありがとうございました。
さくら大戦〜毛虫再来〜 [2008年09月17日(Wed)]
 ずいぶんと涼しくなりましたね。

 早朝は肌寒くなりTシャツで寝ていると寒くて目が覚めてしまいます。

 さて、さくらの杜のさくらですが、駐車場の花壇に植わっている桜の木は防虫もむなしく、8月ごろには葉がすべて食べつくされてしまいました。

 しかし、9月になるとまた葉が成長し、以前のような美しい緑が蘇りつつあります。

 まぁうれしい。

 とかなんとか思っていたら、戻ってきたのはだけじゃなくてこいつも・・・


 



 毛虫が巣くっていました。

 秋の紅葉が終わり、葉が散り行くまで戦いは終わらなさそうです。
ヨガ教室 [2008年09月11日(Thu)]
 養護学校の夏休みも終わり、昼間の時間さくらの杜に利用者がいなくなったのでヨガが再開されることになりました。

 久しぶりのヨガ教室、参加者の皆さんは自宅でもヨガやっていたでしょうか。

 継続は力なり。


 何事も続けることが大切です。


 さて、インストラクターの先生もいつも同じヨガのポーズをするのではなく、今までに教えたポーズ+αで少しずつ難易度の高いポーズなどを教えてくださいます。

 今回はこのポーズが新たに加わりました。

 


 足を交差させてそのまま正座?のように座るポーズです。まだ完成形ではなくて、これに手や体幹にもポーズがあるとか?

 今回は足のポーズの練習のようです。

 参加者の皆さん、足を交差させ、そのまま体を起こそうとするのですが、これがなかなか難しいようで、「ク・・クク・・」と息が詰まる様子です。呼吸止めちゃだめなんですけどね、パワーヨガって。

 次回は私も見てるだけでなくて、実際に体験しようと思います!!
陶芸教室 [2008年09月10日(Wed)]
 隔週の火曜日、社会福祉法人輪音で陶芸教室が行われています。

 行こう行こうと思いながら、まったく土を触っていません。

 陶芸教室が始まってからずいぶんと日が経ちました。参加者の皆さんはどのような作品を作っているのでしょうか。作業風景を覗いてきました。



これは作業台の上において、手でくるくると回す轆轤(ろくろ)です。器の底を作っているようです。


















左の写真はお茶碗が焼きあがったものです。焼く前と後では器の大きさが変わります。今回は思っていた以上に小さく焼き上がってしまったとちょっと不満げでした・・・。右は一輪挿しの器です。焼く前に色づけをしているようです。みなさん、わいわいと何作ろうかと盛り上がりながら楽しんでいます。

























むむむむ! 

何やら、ただならなぬオーラを感じます



我らがさくらのスタッフ、一人集中して轆轤の前で作業していました。
今度は急須を作るようです。取っ手、注ぎ口、胴とそれぞれに分けて形作り、後からそれをつなぎ合わせて作るそうです。なるほど、1つの土で急須を作るのではないのですね。陶芸って奥が深い。
| 次へ