CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年08月 | Main | 2019年10月»
ELEVENPLAY [2019年09月01日(Sun)]

(太平洋島嶼国に全く関係ありません。)

昨日、都内でMIKIKO先生主宰のダンスカンパニー、ELEVENPLAYの公演「Nu.」を観てきました。

D132FB7F-9F23-4452-9BF9-16E1E755D52B.jpeg

特に抑圧から解放の瞬間の高揚感、フィギュア、音、これを体験する前と後では、脳の感覚が違っているかもしれません。それとダンサー8人それぞれの表現の質の高さ、プロフェッショナルなところに痺れました。

MIKIKO先生は、何かのときに見かけたことがあるのですが、そのスッとしてストイックな雰囲気に、背筋が伸びる思いがしました。昨日も舞台の最後に出て来て、印象はそのままに。

今回、たまたまツイッターで公演があるのを知り、たまたま予定が空いていて、たまたまぴあで1枚リセールに出ていたので行くことができました。


話変わって、シャツの話。2〜3年前からシャツをオーダーで作っています(高級ではない)。

以前は既製品でしたが、自分の体型に合わず、例えば、丈で合わせると胸回りや肩回りがきつくて着ていられず、胸回りに合わせると袖や腹回りや首回りがブカブカになるという悩みがあったところ、オーダーするようになってからストレスが減りました。

今日、新しいシャツをオーダーしようと思い、1年ぶりに採寸してもらったところ、腹回りはあまり変わらず、胸回りと肩回りが太くなっていました。腹もすぐ出てくるから日々気をつけないと。


日記ついでに英語の話。

自分は留学もしていないし、文系でもないので、現地での生活の中である程度話したり聞けたりするようになってきました。そのせいか、毎日英語を使う環境にいると英語が話せるようになりますが、日本語を使う環境になると言葉が出てこなくなります。反対に英語の頭になっていると日本語が出にくくなり、日本語の文章も書きにくくなります。

在外にいたときには、例えば月曜〜金曜まで現地の人と仕事をしていて、土日に日本人に会ってしまうと、月曜から火曜は片言の英語になり、週末が近づくと多少スムーズになりました。

今はオフィスでは基本的に日本語で内部の仕事や書類作りをするため、頭が日本語になり、現地とのやりとりの割合が少ないと、現地とのやりとりがスムーズにいかなくなります。メールであればそれなりに英語でパパパッとできますが、言葉が出てこない。

この数週間、あまりにもひどい状態になってしまったため、多少なりとも改善しようと、今週末は、耳に入る英語と日本語の割合を6:4くらいに変えました(それでも日本語の力が強すぎる)。

といっても、人のスピーチを聞いたり、読んだりということもしてみたものの、ほとんど昨日、今日と、ネトフリでロシアのドラマ「アリサ」を英語で観続けてしまいました。ハマってしまいましたが、英語という面では、ほとんど意味はなかったかなあ。
ドットを繋ぐ [2019年09月03日(Tue)]

昨日か一昨日だったか、適当にスピーチスクリプトがないかググってみたら、2005年にスティーブ・ジョブズがある大学の卒業式で行ったものがありました。

その中に確かConnecting dotsというのがあって、後から気づくと付け加えられていましたが、結果から見るとそういうことだと。

自分もそう思うことがあり、さらに加えれば、方向性が正しければ、良いドットが現れる。


近々、米国で2回、全く異なるテーマについて、オープンとクローズで、異なる都市でプレゼンを行う可能性があり、数日前から概要をまとめていました。

1つは、偶然、2日くらい前にパラオの友人とのやりとりで見つかり、もう1つは今日、全く異なるアングルから意見交換をしていて、ピンときました。今伝えなければならないのはこれだと。そして、スススッと。

もう1つ、単なる構想段階のアイデアがあるのですが、自分の専門外だし、まさにその道のプロで実践経験がないとできないもので、自分はそちらの人脈がないし(今の人脈の3つ向こうくらいにぼんやり見えていましたが)、まあ、何カ月も下準備にかかりそうだなあと思っていたのですが、何と!別件で会った方々が、そこに繋がる方々でした。さらに民間の自分たちだからこそ繋げられそうなことにも気づきました。

さらにもう1つ、2016年9月から8回ほど実施してきたカッティングエッジシリーズという、率直に太平洋島嶼国側の考えを日本に伝える取り組みがあるのですが、次の下絵を頭の中に描いていたところ、今日だっけ?海外の研修から1カ月ぶりに帰ってきた人と話していると、違う場所で違う議論をしてきているのに、同じ問題意識を共有していることがわかりました。下絵にフレームができ始めています。


このように振り返ると、今日は、プレゼンのアブストラクトもできるし、2つの構想が、ググッと実現に向けて進むし、大変生産的な1日でした。しかも自分はオフィスにいただけという…。

行うべき作業がたくさんありますが、本当に有難い。

3EF85793-0AF5-4B5E-865A-F3E96119C355.jpeg
デビー! [2019年09月06日(Fri)]

(島嶼国とはまったく関係ありません)

多くの人は、社会に出て、日々の仕事や生活に追われる中で、現実の厳しい生活の中で、理想だとか夢だとか好きとか嫌いとか甘っちょろい歌なんて聴いてられなくなったり、感性が変わってきたりで、若い頃のように音楽を聴かなくなるのではないかと思います。

振り返ると自分の場合は20代前半がピークでした。CD買ってもあまり聴かなかったり。持続力もなくなりました。瞬間瞬間では響くことがあったけれど。

それで先日来何回か書いているspotify。

簡単にアーティストを見つけられるので、例えば自分の20代の時のアイドルだったボブ・ディラン(その後もずっと聴いているが)、ニール・ヤング、バーズ、ラスカルズ、シェリル・クロウ、パール・ジャム、ジャミロクワイ、JTQ、カーティス・メイフィールド、...... まだまだありますが、いつまでも探して、気楽に聴けてしまうので、本当にすごい。(CDはほとんど持ってるけれど、選ぶのが難しい。)

32525B4A-984A-4670-8160-CD9EF8F78E93.jpeg

そして、高校〜大学時代のアイドルだったデビー・ギブソン。20代半ばの時に、レコード会社と契約がうまくいかず、アルバムを出せないというインタビューを読んだのが最後でした。(CDも90年代までのは持ってるけれど、選んで、プレーヤーにセットして聴く気になれない)

恐る恐るSpotifyで検索してみると、今年シングルを出していて、聴いてみると、デビー・ギブソンでした。今も、ポジなエネルギーに溢れていて、自分と同じくらいの歳で、最近の写真を見ても歳を誤魔化さずに美しい。デビー・ギブソンの英語の発音や声が好きだったのを思い出しました。(今の方が英語が分かるので、過去のを聴き直しても新しい)

早速itunesで買いました。Spotifyは若いときのラジオやレンタル、それよりもCDやレコードをたくさん持ってて貸してくれてた友達に近いかも。気に入ったら自分でも持ちたいので、レコード屋で探しまくって買ってたのと、ちょっと似てる。
ガラード州にて [2019年09月07日(Sat)]

パラオのバベルダオブ島北部、ガラード州に来ています。
5B7836D1-641A-4B74-AEB5-A190F9B672D4.jpeg

DDC84D7C-AF04-4BC7-82A8-C0CA9A5FD32B.jpeg

011B8EA0-D3D4-448B-8538-C0E98BFFB2F6.jpeg

昨晩到着する前まで酷い雨降りでしたが、今日は良い天気になりました。

ガラード州は東にマングローブ豊かな海岸線、西に長大なビーチと遠浅の海があります。

ストーンパスの状態も良く、若返りの泉と呼ばれる場所もあります。

ローカルフードも美味しいです。

今、食品取り扱いに関するワークショップを、保健省の保健師さんの協力を得て進めています。
BCETの“C” [2019年09月08日(Sun)]

3年ほど前から、国内外のさまざまな専門家の方々の協力の下、パラオで地域密着型エコツーリズムの実現に向けた取り組みを続けてきました。

対象はバベルダオブ島の10州で、最初に8州が参加し、他の2州もスポットで入ったりしていましたが、「外部からは見えない理由」で、参加州が6州になり、本年度に入り、特に情報管理の理由で、こちらから最終的に4州に絞らせてもらいました。
そのサバイバーである4州は地道な作業を継続し、実現に近いところまで来ています。
自分としては、その4州のいくつかで、しっかりと住民が収入を得て、無理せず続けられる地域密着型観光が実現できれば、他の州やコミュニティにその手法が広がって行くと信じています。
そのため、昨年末ごろからは、参加者自身に徐々に主導権を渡し、自分はキャッチャー・イン・ザ・ライのように、崖から落ちないようにキャッチし、軌道修正する立場でマネージしています。
例えば、過去に参加していた州で、我々の目指す観光に似ているようで、最も重要なコンセプトが異なる文化活用ツアーが始まっています。住民には労働の義務感・負担感の割に収入が非常に少ないもので、住民から不満の声も聞こえ始めていますが、ルーティン化の影響か、多くの観光客を集める必要性があるためか、提供された現地食で体調を崩した日本人のケースが発生しました。
我々の取り組みは次の4つのステップからなります。1.パラオで認識されてきた、いわゆる「エコツーリズム」と我々が実現しようとしている「地域密着型エコツーリズム」の違いを知ること。すなわち、概念の理解、2.新たに何かを作るのではなく、日常生活・自然・文化・神話から観光資源を発掘すること、3.発掘した資源をいくつかピックアップし、コミュニティが考えるテーマでこれらを繋ぐことでツアー案を作成することと、現地ガイドを育成すること。そして、4.現地マネージメント能力向上・ツアー開始。
今年の3月で、4の途中まで進み、今は最後の段階に近づき、衛生管理・安全管理意識の向上に取り組んでいるところです。
というわけで、昨日から参加州で実際に参加する観光客に食事を提供する方々が、事前に2日がかりでクリニックで検査を済ませて、衛生管理ワークショップに参加しました。これで正式にサーティフィケイトが与えられます。
DC7B3F6A-56C3-43BC-8826-9F9BA58D06C8.jpeg
実は、参加者のいわゆる研修員の間では、今年の3月ごろまで、食事は普通に提供すれば問題ないという認識が高く、なかなか衛生管理ワークショップの重要性を理解してもらえませんでした。
そんな時に、上記の似て非なるツアーでちょっとした問題が生じたことで、今回のワークショップ実現に繋がりました。研修員がそのようなところなので、参加住民はまだ少し、理解が遅れている状況でした。
そんな中、今回関心を持って20名以上の住民が参加してくれたので、ワークショップで、自分から今回の目的などを説明しました。
何よりも、住民の皆さんが、新たに証書を授与されたことを喜んでいて、さらにツアーに限らず、経済活動に参加する意識が生じたことが大きいように思います。
D12672BF-2EEC-4772-985B-CD7A2DE0AD48.jpeg
それで、Cについて。
彼らはこれまで、Babeldaob Eco-Tourismとして、BETの略称を使用していました。今後ウェブを立ち上げるためロゴ作りもしているのですが、その過程で「地域密着型」を主張すべきと参加者に伝え、CommunityのCを入れてBCETとし、現在彼らはBCETとして活動を進めています。
コロンビア大学での気候変動関連パネルなど [2019年09月12日(Thu)]

昨日パラオから戻りましたが、午前2:35パラオ発のUA便が2時間以上遅れ、空港待合室で4時半過ぎまで待機という散々な状況でした。寝不足。

来週は、フィジーからのお客様に便乗して、ちゃっかり笹川会長のところに行き、その足で米国に向かう予定です。

米国では2つあり、1つはコロンビア大学で開催される人と気候変動に関するイベントで、パラオで実施している地域密着型ツーリズムを気候変動や住民の参画の視点で話す予定です。パラオでの取り組みでは台湾ICDF(JICAのような国際協力組織)と協力しており、その延長上の活動になります。

もし、来週ニューヨークにいたり、ご関心がありましたら、よろしくお願いします。


https://www.eventbrite.com/e/adaptive-human-centered-technology-against-climate-change-panel-tickets-72187658229


タイトルは「Adaptive Human-Centered Technology against Climate Change Panel」。”Technology”とありますが、自分の手法はどちらかと言えば人間臭いローテクな取り組みになるので、また浮いてしまう恐れが。。。

NY-Ecotourism.jpg

もう一つはワシントンDCに飛び、異なるテーマで太平洋島嶼国の話をする予定です。こちらはクローズになります。


これらのプレゼン準備と、パラオでの5つくらい同時に動いている諸々のことと、その他のことがあるのですが、まずは明日の人間ドック。そして、来週ちゃんと米国に時間内にたどり着けるかですね。
トンガ王国ポヒバ首相逝く。 [2019年09月12日(Thu)]

トンガのポヒバ首相が亡くなりました。享年78歳。

トンガ民主化運動の闘士で、2017年に国王が議会を解散した際も選挙で勝利し、初めて平民議員だけで過半数となる14議席を得ました。(議席数26のうち、貴族枠が9議席を占める。そのため平民が王室や貴族から離れて与党を形成するには残り17議席のうち14議席を獲得しなければならない。)

数年前から体調を崩し、トンガ国内ではホテルで生活し、また治療のためオークランドに滞在することが多く、それに対して海外の平民の方々から強い批判があると聞いたことがあります。

先月ツバルで開催されたPIF総会が最後の舞台だったと言えるでしょうか。

今後トンガがどうなるのか。民主化路線を引き継げる強い人物はいるのか。(トンガでは平民の方々に中国の進出への懸念が強いため)民主化路線が停滞することがあれば、地域情勢にも影響が出て来るかもしれません。

ポヒバ首相は、闘士として生き抜かれたのではないでしょうか。

ご冥福をお祈りします。
ソロモン首相、台湾に対し痛烈な発言 [2019年09月13日(Fri)]

昨日、このようなニュースが流れていました。

ソロモンのソガバレ首相が、「台湾は役立たずだ。」と発言したとのこと。

オーストラリアに対して何ら対抗できない。フィジーを見ればわかるように、中国であればオーストラリアに対抗するカードを見せ使うことが出来る。しかし台湾では駄目だ、ということのようです。

1998年にトンガが台湾から中国にスイッチした時には、国連加盟、キリスト教の布教、貿易の3つの主な理由があり、王室主導で行われました。
ダイエット、ダイエット。 [2019年09月13日(Fri)]

(太平洋島嶼国とはほとんど関係ありません)
太平洋島嶼地域では、新たな変化の時期を迎えているかもしれません。

米中貿易戦争で中国に焦りが見えていた気がしましたが、かえってさまざまな要因で挽回が始まっているかのようです。

それは一つの変化要素で、さらに複雑な要素もあるように見えます。

そんなことを考えている中で、今日はたまたま豪州から来ていた課題解決に取り組んでいる実践者と話す機会がありました。30分の予定が75分も意見交換してしまいました。

面白いのは、ここ数週間、自分が新たに関心を持っている分野の方々に偶然繋いでもらえていることです。おそらく別のアプローチで似たような問題意識を持つ状況になっているのでしょう。


それはそれとして、今日は人間ドックでした。昨年、思い切ってダイエットを始め、体重も体脂肪率も2年前、3年前より改善されていました。今年はリバウンドの恐れがありました。

結果、中身の結果はあまり自信がありませんが、体重は何とか昨年並みの66キロ台、体脂肪率は多分40代になって初めてだと思いますが、20を切って18台になりました。

7月から海外出張が続き、さらにおととい別の出張から帰ったばかりの割に、頑張ったと思います。よくやった。

1年維持できたので、もう1年続けられれば。

と言いつつ、今日は食べたいものを食べます。これから3日間、プレゼン資料を作らないといけないので。(ソロモンのおかげで、作り直しもある)
ソロモン諸島、台湾と断交のニュース [2019年09月17日(Tue)]

ソロモン諸島が中国と外交関係を結び、台湾と断交したとのニュースがありました。

先日来の現地の報道などを見ると、一番は思うように経済発展が進まないことや、2017年まで豪州主導で行われてきた地域ミッションRAMSI終了、押さえつけられていた感覚からの脱却があるように思います。

数年前から、林業や鉱業やインフラ整備について、中国民間の動きが報じられており、既に流れはできていたのでしょう。

さらに近隣のフィジーやバヌアツが、中国との関係を背景に、豪州などにものを言えるようになっていること、経済が発展していることも影響していそうです。

債務の罠、ということには少し疑問を感じます。フィジーはうまく管理しているし、トンガ、サモアではギリギリGDP比5割内を維持、バヌアツは債務を増やさないために(日本、豪州、世銀からも多額の借金がある)贈与があり同じような時期に民間の土地ディールが成立しています。

例えば、ソロモン諸島が経済発展に向けてインフラへの投資が必要だとして、先進国がリスクを踏まえて、なかなかお金を貸さなかったり時間がかかるところ、中国がハイリスクでも金を貸します。トンガ財務省資料を見ると管理費(利子含む)は年4%弱で、投資側としては返済がなくとも良いリターンがあります。

途上国が発展してきて、自立し、次のレベルに成長しようとするとき、旧宗主国や伝統的開発パートナーとの関係に加える選択肢として、特に資源がある場合は、中国の経済力と市場は魅力的であり、台湾では太刀打ちできません。

数年前、パラオでは「米国や日本と同じような関係を、中国、台湾と結びたい」という声がありました。

台湾の支援は、住民に近く、より小さな国ほど有効に見えます。(例えば、ミクロネシア連邦では経済面で突破できておらず、中国の手法が合っていないように見えます)

台湾はリソースを残りの国々に手厚く当てれば良いでしょう。ソロモン諸島の人々も違いを感じるかもしれません。

一方で、中国としては本気を出して、ソロモン諸島の経済発展を実現することができれば、他の台湾承認国をさらに揺さぶることになるでしょう。
| 次へ