CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年07月 | Main | 2019年09月»
南太平洋の海洋安全保障 [2019年08月14日(Wed)]

今日、会議のクロージングで、フィジーのナウポト海軍司令官が挨拶されました。
FD413ADB-A3A2-457E-A37E-B04374689A8E.jpeg

東部ラウ諸島の出身で、小さい頃に遊んでいた長くて広い砂浜は、小さく岩がちになり、母親が自分の学費を稼ぐために採集していた高瀬貝は、数が激減してしまった。気候の変化は現実だ。

2016年2月のサイクロン・ウィンストンがフィジー北東部を直撃した際には、村落が壊滅的な被害を受けた。初めてそのような被害を目の当たりにし、またあまりにも大きな被害であったため、正直何から始めれば良いのかと厳しい状況にあった。その時、直接司令官の携帯に3人から電話があった。1人はNZ軍ハイレベルの友人からで「〜の支援準備が整っている。いつでも連絡をしてほしい。」、もう1人は豪州軍からで同様に支援準備が整っているとの連絡。3人目が米軍からで「豪州とNZからの支援に加えて、我々は〜の支援が可能」とのことであった。

と話し、今回の会議には11カ国と関連機関が参加していましたが、何よりも人の繋がりが大切だと強調していました。

サイクロン・ウィンストンは南太平洋で発生した史上最大級のサイクロンでした。しかしながら、2016年2月時点では、まだフィジーと豪州、NZの政治関係は回復していませんでしたので、フィジーから頼りたくても頼れない時期だったという背景もあります。

今回の会議では、参加者間に良い空気が流れていたように思います。


ナウポト司令官とは、司令官がまだ青少年スポーツ担当大臣だった2013年に、何かの流れで、一緒に飲む機会がありました。その時は、少年のようで、シャイな人だと感じました。
(その後、2014年9月の選挙後に、海軍司令官に就任されました。)


今回の会議では、南太平洋の国々における海上保安、海洋安全保障とは何なのか、彼らが直面している脅威とは何なのかということが良く理解できました。

北太平洋と南太平洋で分けている意味も分かった気がします。

CDFA2DA4-811E-458C-A52D-4E321D1160D3.jpeg

第50回PIF総会ニュース・SNSなどから [2019年08月15日(Thu)]

今日は、スバ市内の関係先や、関心のある機関等を訪問しました。
E3D655D4-9616-4EB7-8112-A18761EDCFCD.jpeg
サンドラさんと茶野さんを中心にするはずが、ビジェイ教授が自分の隣に来てしまいました。

よく考えると、PIF総会真っ只中で、関係機関は大抵相手にしてくれません(というか人が出払っています)。

PIFは、安全保障や経済を中心とする、首脳クラスの地域政策枠組みで、極めて政治的です。正直トラック2の我々が直接口出しをできるわけでもなく、本気で何かを地域政策に反映させるという考えがあるならば、いろいろな知恵が必要となります。

というわけで、民間の気楽さで、状況を見ていますが、それでも、現地の熱というものを肌で感じることができます。

今回、異なるテーマや目的を持つ組織や専門家に会いましたが、耳に残っているのは次の言葉。

・気候変動
・薬物問題
・女性のエンパワーメント

+そのベースにSDGs。


さて、ツバルで開催されていたPIF総会では、コミュニケに加え、首脳宣言が出されるものと思います。

ツバルで開催されたことで、気候変動が現実的な脅威であることを国際社会に発信することとなり、太平洋島嶼国の中でも、より小さな国々Smaller Island States に光をあてる動きになったようです。

昨年9月の総会では、地域安全保障に関する地域協力のためのボイ宣言がまとめられ、豪州の反対を押し切り、気候変動を最大の脅威と位置づけました。

今年はボイ宣言とブルーパシフィック・アイデンティティを基盤に、具体的に最大で唯一の脅威である気候変動の影響を軽減させるための具体的行動に関心が向いています。バイニマラマ首相が復帰したことは、島嶼国首脳の議論を現実的でかつ即応性を求めるものに変えているように見えます。

具体的には、豪州の石炭が脅威の対象として取り上げられており、豪州のモリソン首相が守勢に回っています。ガーディアン紙の記事では、豪州が5億豪ドルの支援を表明し、気候変動危機から気候変動の現実に変えることに成功したなどとありました。

一方、ツバルのソポアンガ首相は、そのような支援によって、我々の主張が変わることはない、という発言もあったようです。

NZのアーダーン首相は完全に島嶼国側ですが、先進国として、豪州と島嶼国の間で、重要な役割を担っているように見えます。

5年前頃までは、日本が太平洋島嶼国と豪州・NZの仲介役になることを期待していましたが、NZが太平洋島嶼国のニュアンスを理解していることから、そのポジションを確保したと言えそうです。

もし、北半球と南半球でギャップがあるのであれば、日本が北と南を繋ぐ役割もありそうですが、今後の地域の動向を見守りましょう。

そうそう、現地でいろいろな人と話していると、例えばPIF総会は単なる地域会議の1つと見られそうですが、島嶼国首脳も事務方も、地域の内向きの議論ではなく、常に国連、国際社会へ繋げることやSDGsを意識して議論していることが分かります。
勘と偶然と [2019年08月15日(Thu)]

今回のフィジー出張では、会議以外の時間に、誰と会うべきか、悩みました。せっかく20数年ぶりに茶野常務がフィジーを訪問できるということだし、何か意味を持たせたいと。

例えば、UNDPのナニセさん。前回初めて会った時に、この人の経験と知識を共有して欲しいと思い、車で1時間離れたUNDPのワークショップ会場まで会いに行きました。

B75C7D80-2980-4A81-BB4E-EF0765A607E1.jpeg
茶野さんとナニセさん。

自分としては、太平洋島嶼国を捉える上で、新たな軸が見つかりそうな感触を得ることができました。

南西太平洋海上保安長官会議の初日、夜、ちょっとだけ写真をSNSにアップしたところ、以前一緒にガバナンス関連のプロジェクトを立ち上げ実施したことがあるUNDPの友人から、会えないかと連絡がありました。翌日、会議2日目の昼に時間が見つかったので、これは一人で行きました。

77C47331-77D7-4C09-BE23-FE507020BCA3.jpeg
モジームさんと。

モジームさんに会ったのは何年振りだろうか。5年振りか。当時はUNDPで、イスラエル出身でUN地域代表オスナットさん(当時)と時々意見交換をしていました。例えば戦後70年を機に、国連としてミクロネシア地域への関与を高めるために現地事務所を構える計画があり、また日本のこれまでの貢献も目立つようにしたいという話がありました。ミクロネシア3国で仕事をするコツや現地の関心事項などをアドバイスさせていただき、それなりに活用していただけたのではないかと思います。

1、2年前に国連の各国事務所構造の再構築があり、現在モジームさんはUNDPではなくUN Resident Coordinator Officeで専門家として仕事をしているとのことでした。オスナットさんの後任にあたるResident Coordinatorに会わせたいと言っていました(今回は自分の方にも時間がなく、次回、どこかで)。

久しぶりに会って話したら、どんどんビジョンが広がっていきました。刺激的。


そして、その第1回サミット(2013)から、近くで見てきた太平洋諸島開発フォーラム(PIDF)。近年、PIDFは国連南南協力事務所(UNOSSC)の地域担当機関の性格を持つようになっています。加盟国・地域・機関も12になり、台湾承認国6カ国も加盟しています。

今年スバで開催されたサミットでは、途上国として南南協力を進めている中国の影響が強かったように感じられたこともあり、実際の感触を確かめたり、日本人も見ているよと楔を打つつもりで事務局を訪問しました。(南南協力の枠組みからなら中国も台湾承認国に関与できそうだし)

C2AB2C1E-DAFA-4273-92B4-DA9905B1A3D4.jpeg

実際に話してみると、中国だとか日本だとか、開発パートナーにあたる国々のあれやこれやは太平洋島嶼国にとっては小さなことであり、彼らは真剣に、彼らが直面している脅威や課題に何とか対処しようとしているように思われました。

今年10月から、フィジーが議長国となり、より強力な活動を行っていくと思われます。

PIDFはCROP機関であるSPREPやFFAとは協力関係にありますが、CROP機関ではありません。また設立当初から日本政府や専門家の間では、「PIDFは中国のものだ」という見方が支配的であったこと、太平洋・島サミットの相手はCROP事務局でもあるPIF(太平洋諸島フォーラム)事務局であることなどから、日本政府は関与し難いのかもしれません。今回、一切日本政府の話が出なかったので、関与はしていないのでしょう(中国の話もありませんでした)。

ただ、何がどう転んでいくのかわかりませんから、日本のどこかが楔を打つのは必要じゃないかと思います。

それよりも何よりも、今回話を聞いて、PIDFに関して中国云々はほぼどうでも良くなりました。純粋に面白い可能性がある地域機関なので、今後も見ていこうと思います。
NZ. MFAT [2019年08月16日(Fri)]

昨年12月、NZ外務貿易省(NZ MFAT)とNZの研究者が、当財団を訪問されました。

その時、常務が南に行くときにはMFATに伺うと約束していたので、今回のフィジー出張に合わせ訪問させていただきました。

AE28789E-E33F-4D35-903C-38ECD30C9F8F.jpeg
ポルシャさん、顔ちっちゃい。ツバルに出張中だと思ってましたが再会できました。今年2月か3月以来。

昨年MFATに来たときにはPacific Resetの話が出て、2月か3月に日本で会ったときには意見交換・情報交換をしました。今回はより具体的な話をお互いにできたかと思います。

自分がフィジーに赴任していたときのことを考えると、このように同じ関心を持ってNZ政府の人と話ができるようになるとは思いませんでした。

相手は政府で、我々は民間ですが、率直に意見交換ができ、また丁寧に扱っていただき感謝です。
第50回PIF総会合意できず、とありますが…。 [2019年08月16日(Fri)]

今回のツバルでの第50回PIF総会では、首脳宣言を含むコミュニケの議論が12時間続き、最終的に合意に至らなかったとの報道がありました。

まだコミュニケと宣言を読んでいない段階の話ですが、豪州のモリソン首相が槍玉に上がっているようです。

しかし、自分は国民への説明責任があるとして豪州の立場を守ったモリソン首相は、誠実な政治家だと思います。

一方、自分のダークサイドからの見方では、島嶼国の主張を100%受け入れて良いとは思いません。非常にダークな視点から見れば、いろいろ見えてきます(誤解を招く恐れがあるので、ここには書きません)。

80541C68-4C60-4ABC-863B-DC30C545ECC4.jpeg
PNGブーゲンビル [2019年08月17日(Sat)]

今年11月ごろ、パプアニューギニアのブーゲンビル自治州で、独立に関する住民投票が実施される予定です。
29218970-399C-4ECF-9C97-6998B46A80A5.jpeg

何年前か、フィジーで人と話したときに、「ブーゲンビルは、地理的意味でのソロモン諸島に属している」と聞きました。

西パプア問題についてパプアニューギニアがインドネシアを擁護しているのは、これも背景にあるのでしょうか。

2つあります。

1つは、住民投票がスムーズに行われるのか。その時期の治安問題。

2つ目は、ブーゲンビル自治州が独立する流れとなった場合の地域安全保障(越境犯罪含む)、領海、EEZ、法執行能力、その他、多くの取り組みが必要となるでしょう。


見る人は、常に地域における法の支配(法執行含む)が脆弱なポイントを探しています。

例えば、豪州にとっては、近隣にそのようなスポットを作ることは避けなければなりません。地域全体としても同様でしょう。太平洋島嶼国と先進国の協力が必要になるかもしれません。
オフ [2019年08月18日(Sun)]

昨晩帰国し、簡単に食べたら荷物もそのままに寝てしまいました。

4時に目が覚めたので、荷物をとき、風呂の用意をしつつ、米をセットし、洗濯も開始。

EEF9495A-FCCF-4743-B268-D7EF48B63262.jpeg

出てきました!フィジーでフィリピン人の友人からいただいたバナナ・ケチャップ!

12年くらい前に、JICA専門家研修でフィリピンに行ったときにはまったものです。昆布の出汁に似たうまみと、甘みと酸味が揚げ物にピッタリです。フライドチキンがベスト。

レーチェルだったらどんな風に使うだろうか。


467C2FEB-D88B-42FD-850E-4BD705D2A5A5.jpeg
ウェリントン空港で攻殻機動隊。ボスそっちのけで興奮してしまいました。

11254B44-11BC-4716-A586-4E795C416355.jpeg
オークランド空港で、爺爺ではなかったので良しとしよう。



そして、まだ朝が新しいうちにと、走りに出ました。

今日は気分を変えて、Broods, Glades, Robinson, Alison Wonderlandを聴きながら。ググってみたら、皆、オーストラリアかニュージーランドの出身とか。

それにしても、走った後の水シャワーが気持ちいい。今の季節だけ味わえる幸せな瞬間。



オーストラリアやニュージーランドの夏にはフェスとかあるだろうか。

LAだけど、来年もコーチェラに行けるよう頑張ろう。
太平洋島嶼国事業担当研究員を募集しています。 [2019年08月20日(Tue)]

現在、当財団では、太平洋島嶼国事業担当研究員を募集しています。

h_logo.jpg

https://www.spf.org/careers/

(リンク先にある『→太平洋島嶼国事業担当/研究員の募集』をクリックしてください)



ここで、国際協力分野のキャリアパスについて考えてみたいと思います。例えば次のようなものがあるでしょうか。

1.JICAボランティア
2.大使館派遣員
3.国連ボランティア
4.JICAジュニア専門員、外務省専門調査員、JPO

次のレベルがJICA専門家、国連専門家、JICA職員、外務省職員、国連職員、ADB、世銀など。

当財団研究員は開発援助専門家とは異なりますが、各自のキャリアによりこのパスのいずれのレベルにも当てはまるように思います。

実際に当財団には、新卒の方からさまざまなキャリアを持つ方々まで研究員として勤務しています。

今回募集している太平洋島嶼国事業担当研究員は、研究だけではなく、実際に課題解決に取り組むため、1つの専門分野だけにこだわらない柔軟性や事務処理能力が求められます。


また、太平洋島嶼国が好きか嫌いかではなく、問題意識や、どのように課題解決をしていくのか、その考え方が大切かと思います。

採用された後には、しばらく自分と事業実施に取り組んでいただくことになるので、20代や30代前半で経験値が少ないと思われる方でも、徐々に経験を積み太平洋島嶼国に対する理解を深めることができます。

詳しくは、上記のリンク先で確認して下さい。

(この記事は、いずれかの時点で削除されます)
太平洋島嶼地域の新たな変化 [2019年08月21日(Wed)]

Broods, Glades, Alison Wonderland, Robinson, 良い感じです。年末にNZでフェスがあるようなので、ちょっと考えてみよう。


さて、ツバルで開かれた第50回PIF総会後、豪州メディア、NZメディア、太平洋島嶼国の現地メディア(特にフィジー)でさまざまな報道がなされています。

いずれの場合でも、現地を良く知っている人が書いた記事でないと、本当のところはわからないでしょう。

どこかに書く機会があればと思いますが、ここでは少しだけ、気になる点だけを。

・PIFの枠組みでは、何カ月も前から、総会に向けて、事務レベル、閣僚レベルで議論が詰められ、PIF総会で首脳レベルに挙げられて最終的な合意がなされます。準備なしには行われていません。

・バイニマラマ首相は、2000年の文民クーデター(日本政府はHPで「武装グループによる国会占拠事件」としていますが、現地で背景を調べれば、その背後に何があり、何故現地で文民クーデターと言われているかがわかります。その規模を維持する金は?武器は?民間人だけでできるわけがない。インド系住民に対する無情な惨殺もあったと当時を知るインド系の友人に聞いたことがあります(報道はされていません)。それがあったことから、2014年の選挙前にあった先住民系急進グループ(反バイニマラマ側で現在の野党側)による脅しにより、インド系住民が豪州、NZに避難しようとする動きがありました。実際に国外に出た方々もいました。)を軍司令官として鎮圧し、その後、自身に対する暗殺の企てを紙一重で切り抜けたことがあり、2006年の無血クーデター直前には、NZでのフィジーのガラセ首相(当時)との協議の際には、やはり身柄拘束の動きを察知し帰国(その後、すぐにクーデターを行った。1年以上前から警告していたので、クーではないという人もいる)するなど、周囲の情報収集能力が高く、軍司令官として現実的で戦略的な判断をし、行動してきた人物だと思います。民政復帰のために2014年3月に軍司令官を辞しましたが、現在も特に地域や国際社会の中で、その戦略性を垣間見ることができます。

・過去10年の間にフィジーではありませんが、ある太平洋島嶼国(複数)と援助に関する協議・交渉に関わったことがある方であれば、想像できることがあります。

・中国カード。島嶼国側は分かっています。

・島嶼国側は豪州の支援には感謝しつつも、それが豪州自身のメリットでもあると理解しています。


第50回PIF総会を経て、豪州と太平洋島嶼国との間に明確なギャップが生じました。この状況は中国に利することはあっても、安全保障上は日本には利はありません。

今後、このギャップは容易には埋められないかもしれず、地域秩序の観点から、地域の不安定化要素になるかもしれません。

このような状況の下、ギャップの間に立ち、地域の調和を維持できるのは、NZと日本ではないでしょうか。日本にとっては2009年、2015年に続く機会ですが、さて。

一方で、おそらく太平洋島嶼国の視点は、国連の舞台に移っていくでしょう。(すでに移っていると思います)

26BF0AE0-9D7C-4E11-81F7-3A6A307D58B1.jpeg

想定よりも長くなりました。
東アジア・北太平洋地域の色分け? [2019年08月23日(Fri)]

自分は米国や伝統的安全保障について、素人ですが、太平洋島嶼国側からの観察者の視点で米国のこの2年の北太平洋の動向を見ると、大きな流れの中で変化が起こっているように思います。

・パラオへのレーダー施設設置と米軍の関与強化
・ミクロネシア3国大統領とトランプ大統領のホワイトハウスでの歴史的首脳会談
・ポンペオ国務長官のミクロネシア連邦、マーシャル諸島訪問
・両国のコンパクト改定交渉早期妥結に向けた米国の明示的働きかけ(コンパクトでは、各国の安全保障・防衛の権限・責任を米国が有する)
・台湾への関与強化とミクロネシア3国に対する台湾との関係重視意向の共有(ミクロネシア連邦は中国と30年の国交があるが。。)

(コンパクトの下では、ミクロネシア3国各国のパスポート保持者でかつ各国出身の人は、米国でビザなしで生活できることになっていますが〔例えば、かつて外国人が米国に移住するためにマーシャルのパスポートを取得するということが行われていたため、2003年からのマーシャル米国コンパクトでは厳しくなった〕、社会保障目的の移住については認めないようにする動きがあり、例えばマーシャルではこれに反発する声もあります。)

このような流れを見ていると、昨日の韓国によるGSOMIA破棄の決定(やるかもなと思っていたら、本当にやった) は、タイミングが良いのか悪いのか、引いて見ると東アジア・北太平洋の色分けや線引きがわかりやすくなるような気もします。

そういえば、6月から大韓航空のパラオ便が運休していて、10月にはナンディ便(フィジー)も運休すると聞きました。

F1486417-714D-42AE-ABE4-259BDE515161.jpeg