CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2018年11月 | Main | 2019年01月»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS取得
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
パプアニューギニアAPECの影で [2018年12月01日(Sat)]

自分が青年海外協力隊の視点から、外交の視点に移ったのが、2006年に在マーシャル日本大使館の専門調査員になったときからでした。

協力隊、マーシャルのとき(高校理数科教師)は、隊員経験者を対象とした、リリーフのような短期隊員の立場でしたが、ザンビア時代の失敗と後悔と懺悔といろいろな経験をベースに、非常に濃い活動を行うこととなりました。できる限り、何というか、現地に入り込むことを最優先事項とし、活動していました。結果、彼らが普段外部の人には見せないリアルな悩み、笑顔の裏に隠れている影、話をある程度理解できるようになりました。また、一緒に食事をしていたことで、2年で20キロ以上太ったという副産物もあり、現在の生活習慣病対策の実践・実験に繋がっています。

専門調査員の試験に合格し、2006年2月、外務省大洋州課で1か月の研修を受けました。研修というより、実戦投入。自分は、茨城から出たのは、ザンビアの2年とマーシャルの2年半だけで、東京での生活は初めてで、例えば駅と駅の距離を歩けるということがわからず、霞が関、日比谷、新橋、有楽町など距離感が全くわかりませんでした。当時はスマホもなく、方向もわからず。

その年は、太平洋・島サミットを控えており、議長国パプアニューギニアのナマリュー外相(当時)のリエゾンを担当しました。右も左もわからず、いえば先進国でない国で一般の人々と同じ生活をしていた人間が、東京のど真ん中で外交に関わるという、今考えると恐ろしい状況。

今でも覚えているのは、麻生外相(当時)との外相会談で、飯倉公館まで同行したとき。外相がナマリュー外相を迎えるタイミングをぴったり合わせるため、飯倉交差点を曲がるときに連絡するなど、ロジの一旦を学ぶことができました。車寄せに到着すると、麻生外相(当時)が満面の笑みでナマリュー外相を出迎え、肩を抱き寄せ、自分が会釈すると手を振っていただいたという場面が鮮明に残っています。

早朝、築地に同行したときには、自分はもともと理系で留学経験もなく、英語論文とボブ・ディランで英語を基盤に、ザンビア英語とマーシャル英語のミックスくらいのバックグラウンドしかなかったのですが、いきなり通訳を任されました。職員の方に日本語で長く説明していただいたのですが、自分の通訳は明らかに短く、”エッセンス”を3行にまとめたと、繕いました。その際、当時の大洋州課長も同行していただき、終了後、朝6時ごろ、一緒にお寿司を食べたということもありました。

この常識が違う自分のような人間を、外務省大洋州課はよく暖かく包んでくれたなと、冷や汗と共に思い出しますが、故に自分は大洋州課、外務省、政府、JICAに勝手に恩義を感じています。大学院も家が経済的に余裕がない中、授業料を免除していただけたことで修了でき、道は違ってしまいましたが、何とか国に恩返しをしなければという気持ちが薄っすらとあるように思います。

あ、なぜ過去を振り返ったかというと、それまで自分にとっての太平洋島嶼国はマーシャルだったからです。人もマーシャル。マーシャルの人々は優しく、自分が小さいときのおばあちゃんのように、何というか甘えさせてくれるような、国を離れるときには後ろ髪を引かれるような、常に心配し、気にかかるような存在です。そのような状況の時に、パプアニューギニアのナマリュー外相に会いました。そこで自分のパプアニューギニアの人の印象は「武士」となりました。堂々として、カッコいい。パプアニューギニアの国旗も赤と黒と南十字星と極楽鳥。カッコいい。



前ふりが長くなりましたが、そのパプアニューギニア。先日のAPECで米中の摩擦で、首脳宣言が出せなかったことが注目されたりしましたが、無理にまとめないのもパシフィックウェイの一つだと思います。

パプアニューギニアは大洋州になりますが、地政学的にはインドネシアに隣接しており、自由で開かれたインド太平洋戦略の文脈では、大洋州の中で最も重要な位置にあります。さらにエネルギー供給元として、日本経済の土台を支える大切なパートナーでもあります。また先の太平洋・島サミットで、日本の自由で開かれたインド太平洋戦略に対して明確な支持を表明した5カ国のうちの1つでもあります(他の国々は、フィジー、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、パラオ)。

APECに合わせ、中国はパプアニューギニアと自由貿易に関する20を超えるMOUを結ぼうとしていたそうです。一方で、あちこちから完成するインフラの質への懸念が少なからず現地にはあるそうです。パプアではありませんが、自分が大洋州のある国に公務で訪問していた際、現地政府高官から「この建物は中国の支援で建てられたものだ」「当時、中国だけがこれに支援してくれて、大変感謝している」「しかし、ここを見てくれ、完成して直ぐにひび割れがあちこち見られるようになった」「車両もたくさん支援してもらったが、まだ2年程度しか経っていないのに(広場を指差し)あそこにあるバスはもう動かない。」などという話を聞いたことがあり、以前として質の問題は残るようです。

おそらく、パプアニューギニア政府が日本の自由で開かれたインド太平洋戦略を支持した背景には、日本のインフラ支援の質を求めるという強いメッセージがあるのだと思います。


しかし、事は単純ではありません。例えば無償資金協力の場合、予算規模が小さいと、企業側にメリットがなく、何段階か省きますが、結果的に期待されている「日本の質」に達しないケースが発生することがあります。

また、有償(ローン、借款)だと、基本的に国際入札となるので、資金は「日本」だが、施工業者は「中国企業」ということもありえます。例えば中国企業が受注し、建設した際に、日本レベルの質を担保できるようになれば良いのでしょうが。。。仮に質が同じになった場合は、途上国側にはプラスですが、今度は日本の優位性が薄まるということにもなるという、。。


パプアニューギニアは他の太平洋島嶼国と比較するよりも、アフリカ大陸の途上国と比較した方がわかりやすいかもしれません。東南アジアに近く、経済ボリュームも大きく、経済成長の伸びしろが高く、投資先として未開拓の土地と言えるかもしれません。そのため首都ポートモレスビーでは、外資による投資が盛んで、高層ビルが次々に建てられているとも聞きました。民間の影響力は政府間では何ともできませんが、経済的にはプラス、政治的にはどこかで影響があるのでしょう。

APECに話を戻すと、実はパプアニューギニアは議長国として重要な役割を果たしていました。初めて他の太平洋島嶼国をAPEC会議に招待し、APEC加盟国との対話を促しました。太平洋島嶼国経済が過去5年でアップトレンドに転じた背景もありますが、もともと経済規模が小さく視界に入っていない国々とAPEC諸国・地域を繋ぐというのは、太平洋島嶼地域を世界に開く意味があったように思います。これはこれまで豪州、NZが議長国のときにも行われていなかった事です。

この結果、NZ政府は、自らがAPEC会議を主催するときには、太平洋島嶼国を招待すると表明したそうです。

パプアニューギニアは、他の20のAPEC諸国・地域と15太平洋島嶼国・地域を受け入れたわけで、よく切り盛りしたと思います。大変な苦労だったのではないでしょうか。

その中で、パプアニューギニア政府は、安倍総理を代表とする日本代表団に対し、心のこもった細やかな配慮を示していたとも言われています。

自衛隊によるパプアニューギニア軍の軍楽隊支援は、援助額でいえば小さいものかもしれません。しかし、人と人の心が強くつながる支援であり、日本とパプアニューギニアの戦時中を含む特別な関係の基盤を強化するものです。これはおそらく、他の先進国にも、中国にも難しい事ではないでしょうか。金額に現れない、深い意味があるものであり、日本は日本の支援について、もっと誇りを持って良いと思います。

日本代表団に対し、パプアニューギニア軍楽隊は演奏を披露し、「ふるさと」を日本語で歌ってくれたそうです。

パプアニューギニアも他の国々も、バランスを取らなければならない状況にありますが、二国間で考えた場合、日本とパプアニューギニアがより信頼の置けるパートナー関係に発展する可能性があると感じます。
WTOで台湾は先進国扱い [2018年12月02日(Sun)]

というニュースについて、台湾の友人と10月か11月に話したことがあります。

台湾の友人は、先進国に迫られて、渋々従ったんだと言っていました。

そこで、太平洋地域情勢について、自分の見立てを少し話してみました。

簡単に言えば、
ー戦後、国連があり、いわゆる旧宗主国が同地域の秩序を担ってきた。
ー日本が先進国になり、この秩序に加わった。ちょっと差はあるけど。
ー中国が目覚ましい経済成長を続け、地域への影響力を示しているが、先進国の秩序に入ろうとはしていないようだ。
ー中国はむしろ途上国として、途上国間開発協力(南南協力)という文脈の代替的秩序を作ろうとしているように見える。

先進国側か、途上国か、で線引きがあるみたいだよ、と。
紅葉より銀杏、銀座でくまモン [2018年12月02日(Sun)]

自分はこの季節、紅葉よりも青空に映える黄色い銀杏が好きです。
D027758A-3A77-48ED-B271-91276CFA10AE.jpeg

FAEFAF63-1665-4D97-8C50-7C6F4E64A95A.jpeg

その足で、どの足で?、銀座の熊本館へ。

9D115C1B-E6A1-4367-9EEB-83F5A2B40DF6.jpeg

パラオの地域密着型エコツーリズムのメンバーがくまモンにハマっているので、お土産を買ってきました。

何が良いって、買った数だけついてくる袋。

1F0C7012-A9E9-460A-9B30-5DE2E0DDE136.jpeg

自分はくまモンの横顔が好きなんだけど、特に横から見た鼻と口のあたりを再現しているぬいぐるみが見つからないんだよなあ。
ツカレナオスしたい [2018年12月03日(Mon)]

一昨日、2時に寝て5時起き。昨晩パラオに到着しました。
グアムの乗り換えでは、イミグレの人に、働きすぎだ、休めと言われて苦笑いし、フライトが少し遅れパラオに夜9時半着。

ホテル送迎の問題で30分足止めをくらい、10時半にホテル着。滞在中の日程や宿題について、ジョンさんと午前0時過ぎまでロビーで会議。

2時に寝て、6時に起きて、30分走って、あとは一日中外で仕事でした。新しい体験もできたので、自分にとってもプラスな1日でした。

ただもう、午後に入ると、さすがにヘロヘロになってきました。

ビールは飲まないけど、ツカレナオスしたい。
何かが足りない感じがする。 [2018年12月04日(Tue)]

先日、勝谷誠彦さんが亡くなりました。個人的には薄い繋がりでしたが、何かこう「あれっ、何か伝えようとしても、もういないんだ?」と感じる瞬間があります。
日本、太平洋の島、パラオとか、何か話せるレベルになれば、勝谷さんときっと何かができると頭のどこかで思っていたのかもしれません。

必ずそこにいるはずの人がいないというのは、こういうことなのでしょう。

この20年、勝谷さんの近くにおり、特に勝谷さんがうつ病になってから亡くなるまでの3年間、まさに近くで接していたヨロンさん(高橋茂さん)が、記事を寄稿しています。



これを読んで、本当の状況がよくわかりました。
パラオ貿易投資観光セミナー [2018年12月05日(Wed)]

昨日、パラオで貿易投資観光セミナーが開催され、日本の民間代表団の一員として参加しました。

先日の地域密着型エコツーリズム日本研修に手ごたえがあり、出口がある程度見えてきたので、この機会にそのプロジェクトについて説明させていただきました。関係者以外にこのプロジェクトの詳細を説明したのは初めてのことでしたが、新しい繋がりもでき、参加した甲斐がありました。

9F3A10AD-53DA-4D98-B776-336801C424F2.jpeg

日本研修にも参加した政府の規制側の観光局長(事務次官クラス)のケヴィンもいました。11/21に日本研修から帰国したのち、11/24に出国してオーストラリアで会合に参加、昨日4時過ぎにパラオに戻ってこのセミナーに参加したそうです。

最後のレセプションでは、レメンゲサウ大統領、日本側代表団長の鈴木政務官と写真を撮るサービスもありました。

0EC5D872-1E4F-4420-9C49-CB7C9308197D.jpeg

パラオに来ても、直接の関係者ではなかったり、お互いに予定が合わなかったりして、なかなか会えない友人がいるのですが、今回のセミナーでは、その友人らもいろいろな役割で会場にいたので、久しぶりに話ができました。

例えば、地域密着型エコツーリズムの構想段階で、話をしていた人たちが何人かいますが、今回、この2年の成果を伝えることができたので、その点でもセミナーに参加させていただいた甲斐がありました。

今日は、全体の動きから離れて、何人かの州知事らとの会議です。

忙しいが充実した1日 [2018年12月05日(Wed)]

まだ夜にレセプションが残っていますが、今日は朝から夕刻まで、一気にものを動かせた感じがします。

先日の日本での地域密着型エコツーリズム研修ののち、参加した12名と自分は、冗談を言いながら今後の展開について協議を続けて来ました。

日本研修では国レベルから、規制側の天然資源環境観光局長のケヴィン、プロモーション側の観光局からコミュニティ担当のケイトが参加しましたが、昨日のセミナーを経て、ケイトのボス、ステファニーが今日の会議に加わってくれました。

今日の会議には、参加している6州のうち、こちらが呼びかけた3州から、知事、議長、州選出下院議員、酋長などが参加し、このプロジェクトの哲学から現状、今後の展開に対する考え方まで報告し、議論を進めていただきました。

3F745CB0-2048-4FC6-9019-A8E3812530CF.jpeg

自分は、水面に石を投げる役割で、その後はパラオ語で議論が始まります。

D91F84DA-A911-407B-88A3-E52D643E37A4.jpeg

自分はニコニコしながら様子を見ています。

25699830-C8D4-4B8F-8842-12613492214B.jpeg
あとは資料を見せたり。

何人かは、2年前から粘り強く、我々を見守っていてくれた方々で、ようやく現実的な成果が見えて来たことに関し、最後には、とても温かい言葉をいただきました。

また一歩前に進めることができました。

あと日本研修中に初めてアレルギーが出て、病院に連れて行ったレイナ。元気に仕事していました。

DBF6A10F-6899-4102-9190-8FA6A9E4E168.jpeg

でもみんな何か、日本で見た時よりも、体がでかくなった気がする。


その後は、コロール州政府の関係者と個別に協議しました。

こちらも忙しいですが、相手も忙しいので、お互いに労わりあいの精神で協力しあう雰囲気になっています。

行くところ行くところ、責任感の強い優秀な人材が見つかります。

最後の最後に、2か月前のサモアでの会議で初めて会った方が、会議から抜け出して時間を作ってくれたので、こちらも次の展開が見えて来ました。

滑り込みセーフ!
大丈夫か? [2018年12月05日(Wed)]

自分は基本的に相手をけなすようなことは書かないようにしています。

しかし今回の経済ミッションについて、書き残しておきたいことがあったので、このブログを読んでいる方は限りなく限られていると思いますし、ちょっと書いてみます。

今年のある時点で、今回の経済ミッションの準備段階でミッションの計画に関係している方から、我々が進めている地域密着型エコツーリズムについて紹介するのはどうかという話がありました。

自分からは「有難い話なので、ミッションを主導する立場にある外務省大洋州課に伺って、担当者にプロジェクトの説明をしますよ。」と回答しました。

すると大洋州課からは、「話を聞く必要はないので、A4一枚に情報をまとめて提出して下さい」との回答がありました。

皆さんはこのような回答があったとして、どう思うでしょうか?自分としては、蔑まれた印象を受け、その後、一切外務省大洋州課に積極的には情報を提供しないこととしました。

我々のプロジェクト実施については、外務省からは何も支援を受けていないし、人脈も情報も我々が独自に築いてきたものです。自分が反対の立場であれば、情報を取ろうとするくらいの情報を持っていると思います。

いやいや、現地の日本大使館は、日本研修の招聘時のビザ発給について協力しただろうという指摘もあるかもしれません。しかし、民間の立場、もしくはフィジー大使館での業務経験から言っても、むしろ何度か嫌がらせと感じられる対応をされたことがあります。

我々は世界各国から人を招聘しますが、ビザが必要な場合に発出する文書があります。しかしパラオからの招聘に関しては、止められることがありました。直近の過去まで何も問題がなかったにも関わらず。例えば国内の移動を証明する国内便のチケットの控えがなければビザを出さないとか。今はそういう規定になっているのかもしれませんけれども、先日の日本研修でもフィジーからの招聘でも問題ありませんでした。


今回のセミナーに関連して、政務官が日本財団が供与した巡視船と海上保安庁庁舎を視察されたそうです。

それについて、こちらには何の話もありませんでした。鈴木政務官は、先日都内のパラオ独立記念式典で挨拶させていただいたため、話しかけていただきましたが、大洋州課の方からも、日本大使館の方からも、一切話がありませんでした。

日本側一行の名簿ができていて、笹川から人が来ることがわかっているのだから、せめて事務方くらい一言話があってもいいように思います。実際のところ、視察についてはパラオ側の海上保安当局から連絡があって初めて知った話でした。

「何を偉そうにしてるんだ、自分から挨拶しなさい」と言われるかもしれませんが、上記の経緯があるため、様子を見ていたというところもあります。

しかし。誰が政務官に対して、日本財団と笹川平和財団の海上保安能力強化プロジェクトについて説明したのでしょうか。ODAではないし、大使館に正確な説明ができる方がいるとは思えないのですが。

例えば先日、我々はODAではありませんが、我々の仲間が大使館に呼び出されて、クレームを受けたという話もどこかから聞こえてきました。

我々は日本の対パラオ外交に関して、何か悪いことをしていると思われているのですかね?

以前は大洋州関連の外務省の方々は、各方面にかなり気配りをしていたと思いますが、もしかすると、そのような余裕もなくなるほど、大変な状況にあるのかもしれません。そう思いたいほど、いろいろな話が耳に入ってきてしまいます。
日本パラオ貿易投資観光セミナー! [2018年12月07日(Fri)]

先日、12/4、パラオのコロールで日本パラオ貿易投資観光セミナーが開催されました。

これまでPALM首脳宣言に基づき、毎年1国を選び、政府が日本から経済ミッションを現地に派遣し、セミナーやBtoBのマッチング機会の提供を行ってきています。

これまで、サモア、トンガ、フィジー、マーシャルに派遣され、今回のパラオが5カ国目になります。

自分は今回初めて参加しましたが、過去全てのミッションに参加してきた方からは、相手国にこれまでで一番熱気があったと話していました。

正直、今回はあまり期待できないのではないかとハスに構えて見ているところがありましたが、全体の調整を行った太平洋諸島センターの斎藤所長と高橋次長の周到な準備のおかげで、素晴らしいセミナーになりました。

国際機関太平洋諸島センター(PIC)、正式名称南太平洋経済交流支援センターは、日本と太平洋島嶼国間の経済関係強化の中心となるべき組織です。

日本政府と太平洋諸島フォーラム(PIF)が理事会を構成し、現在協定に基づき両者が9:1の割合で運営予算を負担しています。

日本が設立を表明した1993年頃からPIF総会コミュニケで、その期待が表明され、1996年開設されました(中国は同様の事務所を翌年開設)。

自分が知るようになったのは2006年頃からですが、現在のPICは過去に比べて、よりプロフェッショナルに経済分野に注力した活動をしていると思います。PIF事務局にいる友人からも、今のPICへの評価が上がっているようでした。

自由で開かれたインド太平洋構想も、太平洋島嶼地域安全保障も、民間経済部門が大きな鍵を握っています。

その観点からも、ますます太平洋諸島センター(PIC)の役割は、日本にとって重要になるでしょう。

外務省、ジェトロ、JICA、太平洋諸島協会など共に、PICが経済部門のコアとなる活動ができればと思います。
今日は完全休養 [2018年12月08日(Sat)]

太平洋島嶼国に限らないことですが、良い仕事をするためには、現地に入り込んで現地の友人達と話したり仕事をしたりしつつ、一方で引いて俯瞰して全体を冷静に分析する必要があると思います。

研究者の数が少なかったり、情報が限られている国、しかも太平洋島嶼国は規模が小さいゆえに変化が速いので(例えば住民レベルの話が国レベルに反映されるスピードが速い場合がある。国レベルから住民レベルの動きも同様)、既存の情報については疑ってかからなくてはなりません。

既存情報の原典にあたることは当然のこと、複数の信頼できる現地の情報源を確保しなければなりません。

そうしないと、例えば、センセーショナルな情報に惑わされ、現実の対応を誤りかねません。例えば、先日パラオが日焼け止めクリームを禁止するという情報がBBCなどを通じて世界中に報じられました。しかし実態はパラオの責任ある観光政策枠組みの1つの話で、これから数年かけ実現に向けてステークホルダーと協議していくというものでした。

バヌアツでは中国の支援で港を整備しているという話がよく取り上げられます。場所はジュゴンも生息する第二の都市ルーガンビル。もともとバヌアツは観光産業の活発な国で渡航者の6割程度がニューカレドニア、オーストラリアなどからのクルーズ船によるものです。

数年前、政府高官と話した際に、観光を促進する国の政策として首都や離島空港、首都ポートビラとルーガンビルの港を整備したいという話がありました。結果、空港は世銀、ポートビラは日本の円借款、ルーガンビルは中国の借款で事業が進められることとなりました。これら港湾整備は、自然災害が多いバヌアツにとっては災害救助の際にも重要なインフラ整備になります。

本来の整備に比べ、資金を提供した国がどのような情報を得て、本当はどのような設計をするのかというのは、陰謀論に近いため何も言えませんが、インフラの使用については国の政策の下にあるので、単純に1つの国が占有するということは簡単なことではないと思います。

バヌアツはまた強かで、かつて2000年代に、財政赤字の補填を中国から引き出すため、一瞬台湾と国交を結ぶという動きを見せたこともあります。

フィジーの場合もそうですが、2000年代と近年の借款(先進国、ADB、世銀、中国など)や無償資金協力と、2010年代のそれとは、おそらく様相が異なります。2000年代は国の財政赤字を巡り巡って補填する目的が強く、国の発展に向けた長期ビジョンに必ずしも一致していなかったと思います。しかし、近年のものはいわゆる経済成長のための投資という見方ができ、投資によりGDPが伸びれば、結果的に債務のGDPが下がる傾向に転じています(近年は地域にさまざまな財源から資金が流れるようになり、安定的な経済成長を続けていることも背景にあります)。

IMF資料によれば、昨年のバヌアツの債務GDP比は50%を割っていましたが、中国だけではなく日本の円借款(90億超)を含め、これから返済猶予期間が終わるため、同比が最大で60%超になるとありました。だからといって、日本が債権を放棄するというのも規律を守るには受け入れ難いでしょうし、中国の債務の罠と言えるような単純化できません。(例えば中国への債務負担を軽減するために日本が債権放棄するというのは違う)

ただ流入する資金が増えれば増えるほど、透明性、説明責任、腐敗防止が重要になります。ここに、先進国もしくは地域機関を通じて、影響力を保つ隙があるように思います。

1つの国のちょっとした話題を取り上げるだけでも、上記のようになります。太平洋島嶼国は全部で14カ国、さらに8地域があり、それぞれについて本当の情報を掴み続けるのは、まあ簡単ではないですね。

今日は久しぶりに完全休養(走るには走るけど)。自分はそれほど頭が良いわけではないので、今日のように、時々頭を緩めて、ただただ眠る日が必要になります。
| 次へ