CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 地域動向・リージョナリズム・安全保障 | Main | 日本国内の島関係»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS取得
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
太平洋島嶼国留学生会議 ISA2012 (3) [2012年03月14日(Wed)]

3月14日(水)
バレンタインズ・デーは意味が分かるけれど、ホワイトデーの意味が分からない。

さて、太平洋島嶼国留学生会議の続きです。

グループディスカッションに続いて、メラネシア、ポリネシア、ミクロネシア、日本の風習に関する発表です。特に婚姻に関する部分。

↓メラネシア(フィジー):左からエモシ、アイセア、テキニ、ルシラ、ジョキム
FijianCustom.jpg

フィジーでは、男性が父親あるいは叔父などを連れて、貢物を持って、結婚したい女性の家を訪問します。この男女はすでにデートを重ねている場合もあるし、男性の一目惚れの場合もあるようです。

この時、求婚されている女性が直接話すことはありません。基本的に求婚する男性の父親(または叔父)が女性の方の父親に話をし、貢物を差し出します。女性の方の父親は、母親と求婚されている女性に意思の確認をし、OKであれば、貢物を受け取り、婚姻に向けた段取りが進められ、拒否する場合(女性自身の意思の場合もあれば、両親の意思の場合もある)は貢物を男性側に返します。

上の写真では、左から求婚する男性、男性の父親、求婚されている女性の父親、女性、女性の母親が演じられています。


パプアニューギニアでは、セシリーさんの出身の村ではということですが、男性が気に入った女性を外に連れ出すために口笛を吹くそうです。基本的に、すでにお互いを知っています。女性が外に出て、単にデートをする場合がありますが、たとえば女性が一人でその男性の家に入ったならば、世間からは婚姻関係にあるとみなされます。

男性側は、女性に子供ができると、家畜としての豚や金銭を女性の家族に支払います。また女性の教育水準に合わせた相場もあるそうです。支払期限は明確に決められているわけではなく、家族間の信頼関係に基づいており、男性側が出世した後、10数年後に支払う場合もあるとのことでした。


↓ポリネシア(トンガ):サロメさん
Salome.jpg

トンガでは、婚姻が決まると、女性が男性宅(夫婦用の家か部屋)に移ります。その新しい家の家具は女性側が用意することになっており、特に寝床となるベッドは必須だそうです。婚姻の儀式まで、その男女は肉体関係を持つことはできません。

結婚式の後、昼間に、ベッドインします。そしてその部屋(建物)を両家族の人々が取り囲みます。目的は女性が性的純潔を守っていたか否かの判定です。

一通りイベント(?)が終わると、男性側の家族が部屋に入り、シーツを確認します。そこに女性が初めての体験であったというしるしが見つかれば、その男性の家族がシーツをとり、家の周りの家族に見せ「やったー」という騒ぎになります。そして、その後の宴で、男性側の家族は、「あなた方は、良く娘さんを育てた」という意味で、料理で出される大切な豚を、頭を女性の両親のところに向けて捧げます。

もし、貞操が守られていなかった場合、その部屋の周りの雰囲気は沈みます。その後の宴では、男性側の家族が料理の豚を、尻尾を女性の両親のところに向けて捧げます。「あなた方の教育の結果だ」という意味合いで。


僕がマーシャルにいたとき、キリバス人の友人から同じような話を聞いたことがあります。男性の家族がシーツを確認するところまでは同じで、その後、女性のそれまでの貞操が確認できると男性の家族がシーツを掲げてピックアップに乗り、車には空き缶をたくさんつけてひきづって音が鳴るようにしているのですが、クラクションを鳴らしながら島中を回るそうです「うちの嫁は貞操を守っていた〜!」と叫びながら。

ポリネシアで共通しているのだろうかと興味を持ちました。


ミクロネシアでは、たとえばミクロネシア連邦のチュークでは、Love stickというのがあるそうです。それぞれの男性が木でできた突っつき棒を持っており、気に入った女性がいると話しかけるのは恥ずかしいのか、そのLove Stickで突っつくそうです。これは国を問わず、今回の参加者全員が、「良い方法だ」と言っていました。男女のことになると、みんなシャイです。

パラオでは、婚姻となると、やはり男性側が女性の家族に多くの貢物をする必要があります。そのため、男子が生まれるよりも女性が生まれた方が、その家族としては喜ばしいとのこと。それもあり、パラオでは「婚姻はビジネスである」とも言われています。

最後は日本学生会議所UNISC http://unisc.jp/の芳賀さんと長山さん↓
UNISC.jpg

日本とミクロネシア地域の関係についてのプレゼンや、日本の歌の紹介、角隠しの話などをしていただきました。


今回は新しい留学生会議を目指して、試験的にこのような内容のプログラムとなりました。参加者の間では充実感があり、会議後、各地に戻ってから、現在もメールベースで意見交換がなされています。

ISAの今後の発展を期待しています。

gathering2.JPG
太平洋島嶼国留学生会議 ISA2012 (2) [2012年03月13日(Tue)]

2gathering.JPG

つづきです。

↓留学生ポールさん(フィジー出身、神戸大学)
2Paul.JPG
マクロ経済の仕組みについて説明がありました。

ポールはフィジー大使館の方からも非常に優秀な人物だと評されています。今月で日本を離れるのが惜しいですが、きっと何らかの形で日本に関わってくれるでしょう。


たとえば、現在のISA代表のサロメさん(トンガ、鹿児島大学、専門:漁業経済−EEZにおけるマグロかつお漁が対象)、シアリアさん(トンガ、東北大学、人間の安全保障)、ノエルさん(パラオ、琉球大学、サンゴ礁生態系)、アイセアさん(フィジー、琉球大学、海洋生物)、トラビス(パラオ、琉球大学、医療系だったような。。。)、などなど、まだまだ面白い研究をしているメンバーがいるのですが、今回はフィジーの3人がプレゼンを担当しました。

留学生たちの専門分野以外の発表でもあり、それぞれの出身地のことを踏まえて聞いていたので、興味が尽きず、それぞれのプレゼン後の質疑応答が非常に活発でした。

昼食をはさんで、日本での生活と問題への対応に関するグループディスカッションです。
↓グループA
2groupdiscussion1.jpg

↓グループB
2Groupdiscussion2.jpg

30分程度、それぞれのグループ内で熱い議論があり、結果が紹介されました。

↓グループBのセシリー(PNG出身、新潟の国際大学)
2Cecily.JPG

彼女は昨年3月の震災後、4月に、日本財団学生ボランティアセンター(Gakuvo)http://www.gakuvo.jp/の活動に参加し、被災地で泥かきなどのボランティアを行った心の温かい方です。写真から雰囲気が伝わるかも。

(つづく)
太平洋島嶼国留学生会議 ISA2012 (1) [2012年03月13日(Tue)]

2012年3月13日(火)

先週3月7日、日本財団ビル2階で第4回太平洋島嶼国留学生会議(ISA: Island Students Assembly)が開催されました。

これまでの経緯は次の通りです。
・2008年、太平洋地域出身の大学院生らによる太平洋島嶼国研究者フォーラム(PIRF: Pacific Islands Researcher’s Forum)設立。
・2009年5月、第5回太平洋島サミット(PALM5)への提言を目的として、PIRFとその他の太平洋地域出身留学生による第1回太平洋島嶼国留学生会議開催。
・2010年10月、太平洋諸島フェスタにあわせ、第2回太平洋島嶼国留学生会議開催。
・2011年3月、第3回太平洋島嶼国留学生会議開催。PIRF新執行部による新生ISAに向けた会議であったが、開催直前に福島原発第3号機が爆発したため、日程を短縮。

昨年3月の新生ISAが不完全燃焼で終わったため、今回はその仕切り直しという意味合いがありました。

これまで単なる交流会と見られがちだったISAですが、今回の会議をきっかけとして、自主性を持ち、日本と太平洋島嶼国を繋ぐ意味のある組織となることを期待して開催を支援しました。

太平洋島嶼国で仕事をすると、すべての国で共通というわけではありませんが、人々は忍耐強く、揉め事や口論を避ける傾向にあると感じることが多くあります。別の見方をすれば、声が大きく、上から指示を出す人物に対して、表面上は従うように見え、指示をする側から見れば、自分の意見を言わない(=何も考えていない、やる気がない)人々だと思われる傾向があります。

僕個人の感覚では、その意見を言えないシャイに見えるところは日本人も似ているところがあり、それ故に、現地では相手の気持ちを汲み取ることができていると思います。

たとえばマーシャルの高校で教員をしていたとき、日本人を含めた外国人の間では、マーシャルの学生も教員も「自分の意見を言わない」、「やる気が感じられない」などということが言われていました。

しかし、一人ひとりの目を見て名前を言って、押し付けるのではなく促すようにすれば、しっかりと意見をいうようになり、意見を言って良い場面なのだと認識されれば、活発な話し合いがされるようになります。

日本でも共通だと思いますが、参加者がお客さんではないのだという状況にすること(参加者自身が気づくこと)が重要だと思います。

さて、今回の会議の準備段階では、僕の方から、
・当基金の下にあるという考えではなく、自立した組織であると認識してほしい。我々としては自立した組織をバックアップする形を考えている。
・当基金の顔色をうかがうことなく、積極的にイニシアティブをとってほしい。当基金がすべてを認めることはないだろうが、是々非々で対応する。
・単なる交流会は認めない。
・たとえば大学院生は、各国で政府機関などでの社会経験があるものもいるので、単なる学生であるとは考えていない。学部生も含めて、意味のある情報共有とネットワークづくりをしてほしい。ほにゃらほにゃら。
・日本学生会議所UNISCと良い関係を構築してほしい。ほにゃらほにゃら。。
と伝えました。

前置きが長くなりましたが、結果、次のようなプログラムとなりました。
1)留学生OBの講話+質疑応答
2)留学生による日本での研究内容のプレゼンテーション+質疑応答
3)グループディスカッション(日本での生活についてなど)+グループによるプレゼン+質疑応答
4)メラネシア、ポリネシア、ミクロネシア、日本に分かれて、各地の風習(特に婚姻など)についての発表+質疑応答
5)総括

↓留学生OBスエナガ氏(チューク出身、ミクロネシア大使館)
1Kunio.JPG
ISAの前代表として、留学生に対する期待が述べられました。島サミット関連会合で超多忙な中、フリッツ大使のご厚意で、ご協力いただきました。

↓留学生OBカッジェン氏(パプアニューギニア出身、民間金融機関)
1Ronald-san.JPG
日本滞在20年の経験について、面白い話を聞けました。特に、日本のNGOなどからの草の根レベルのPNGへの支援に対する仲介役としての役割など、留学生には非常に興味深いものでした。

↓留学生エモシさん(フィジー出身、九州東海大学)
emosi.JPG
再生可能エネルギーに関する研究についての発表でした。

風力、波力発電などが紹介されていました。ただフィジーには3,400万フィジードルの大規模風力発電プロジェクトでたくさんの風車が建設された地域があるが、風が少ないために回らず、当初期待していた電力を生み出していないという失敗例も紹介していました。

ちなみにフィジーにおける安定的な発電方法は水力だそうです。


↓留学生ルシラさん(フィジー出身、琉球大学)
Rusila.JPG
防災、特に河川の氾濫・洪水の予測に関する研究についての発表でした。

Rusila2.JPG
写真では、グニャグニャッと蛇行している河川の20年間の形の変化が示されています。日本であれば、ショートカットさせる水路を作るなり、護岸工事をするなりして治水を行うのでしょうが、フィジーではそれだけの資金はないとのことでした。


(つづく)
3人の太平洋島嶼国留学生の話など [2011年03月16日(Wed)]

3月16日

今日、サモア大使館のマオさんが、茨城県日立市の避難所に退避していた留学生のエドナさんとアルノ君を受け入れたとの情報がありました。

このような非常事態では、在日外国人の方々にとって日本人の言葉や習慣が障害となり、情報や支援物資の調達などを得ることが難しくなると思われます。自分は今、東京で電気も水もガスもある状態にいるので、説得力がなく、また、語弊があるかもしれませんが、これは我々日本人にとって乗り越えなければならない試練であり、彼らにそれを背負っていただくことは心苦しいと思っています。

これも語弊があるかもしれませんが、立場を置き換えて、例えば、自分がザンビアなりマーシャルなりで災害にあったとして、市民権があるわけでもなく、せいぜい2年か6年程度しか生活していない余所者である場合、やはり現地の人の抱えるものを背負うことはできない。無駄に気を遣わせてしまうこともあります。

そこで彼らが今日避難生活から脱することができたことは非常にうれしいニュースでした。


また、マーシャル人留学生のリン。縁あって僕がマーシャル大使館在勤中に試験をした学生で、合格後も日本語を教えたりしていたのですが、マーシャル人には珍しく、彼女はそれまでマジュロから離れたことがありませんでした。それが、異国の地、しかも東京で3年間のプログラムを乗り切り、見事地震当日に卒業しました。

このような非常事態で、しかも現在の地殻のひずみが偏在している状況では安定状態に至るまでにまだ時間がかかると思います。プログラムは3月31日までですが、早めの帰国を勧めました。

↓京都大学防災研究所地震予知研究センター:「東北地方太平洋沖地震にともなう静的応力変化(第三報, 3/15):内陸地震・プレート境界地震活動への影響」
http://www.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/events/110311tohoku/toda/index.html
赤いところがバランス悪いようです。


彼女たちには、復興期に、持ち前の明るさで我々を助けていただきたいと思います。



福島原発の状況も厳しく、現場で命がけで闘っている方々を思うと言葉もありません。総理が「覚悟を決めてください」と言ったとニュースがありますが、言われなくとも現地では決死の覚悟で闘っているはずです。敬意を持って、もっと現場を勇気づけることができないのでしょうか。

また、今、世間にはデマも含めた情報が溢れており、不安感があおられることもあるかと思います。これもどこまで信頼できるかわかりませんが、チェルノブイリでは半径30Kmは現在も人が住めない状況にあるということですが、当時住民には危険性などの情報が伝えられず、住民が放射能が残留した水や食料を摂取したことによって大きな被害があったという話をいろいろなところで目にします。風向きと、水と食料に気をつけることが大切なのだと個人的には理解しています。


東北の被災地の方々の状況は気温が低いことと暖房用の燃料不足と救援物資の不足が伝えられています。現場の状況が分かるこの時代に、何も支援の手が及ばないということに忸怩たる思いです。

地元日立ではライフラインもまだ完全復旧せず、物流も完全復旧していないようですが、気温は東北ほどではないようですので、何とか健康を維持してもうしばらく乗り切っていただきたい。

実家では、僕が地震学を専攻していたせいで、自分の顔を見るたびに地震の話をしていて、先日一時帰宅した際も、いつ来てもおかしくないから、数日分の食料と水は確保しておいた方が良いと伝えていました(高校時代から20年来言っていたことですが)。また自分がアフリカ時代の感覚で買っておいた練炭が残っていたらしくそれを利用しているとのこと。さらに父は今は好々爺みたいになっていますが、幼い時にはキャサリーン台風の災害を乗り越え、若い時には自衛官で新潟地震の災害救助を行い、70歳近い今でも筋トレを欠かさないそうです。きっと平然と日々を過ごしていることでしょう。

最後は本日発せられた、天皇陛下のビデオメッセージです。


救難活動を行っている、自衛隊、警察、消防、海上保安庁、国・地方自治体の人々、海外からの救助隊、日本の救難支援機関、その他の人々への労いの御言葉と、国民がこの苦難を分かち合い、共に乗り越えていこうということなど、おっしゃられています。

被災地にいない我々は、状況に胸を痛めているとしても、すべてを背負うことはできません。しかし直接的であれ間接的であれ、必ずそれぞれに役割があるはずですから、復興期に備えて、心身共に健康を保つよう心がけたいと思います。

まだまだ先は長いですが、がんばりましょう。