CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«キリバス、台湾と断交 | Main | 中国と関係の強いある島嶼国の反応»
キリバス、台湾と断交2 [2019年09月20日(Fri)]

ネットに出ている台湾(日本語)やNZ発の報道を読むと、台湾政府はキリバス政府から航空機数機とフェリー数隻を求められ断ったとあり、キリバス政府はこれらを中国から得るのだろうといった事が書いてありました。
まあ、日本が要請を受けたとしても、2〜3年かけてフェリー1隻が可能かどうかだし、そもそも国のキャパシティとして、一度にそんなに物が入って、しっかり運用していけるのか不明です。

日本の場合は、国民の税金が原資なので、しっかりと運用できるか見極める必要があります。さらに、援助し過ぎて相手国内の秩序が崩壊しないようにしなければなりません。

別のニュースでは、国連の会議に台湾が参加できるよう求める書簡が18日に出され、それにキリバスは署名していました。最後の義理を果たしたということなのでしょう。ただし、ニカラグアは署名しなかったということで、こちらも怪しい気がします。

別のニュースでは、気候変動サミットに関して、先進国が発言機会を失ったというものがありました。最も多くの火力発電所を建設する計画を持つ中国は発言機会があるそうです。

国際社会の中における、先進国と途上国の分断?中国は途上国側にいます。
コメントする
コメント