CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第50回PIF総会合意できず、とありますが…。 | Main | オフ»
PNGブーゲンビル [2019年08月17日(Sat)]

今年11月ごろ、パプアニューギニアのブーゲンビル自治州で、独立に関する住民投票が実施される予定です。
29218970-399C-4ECF-9C97-6998B46A80A5.jpeg

何年前か、フィジーで人と話したときに、「ブーゲンビルは、地理的意味でのソロモン諸島に属している」と聞きました。

西パプア問題についてパプアニューギニアがインドネシアを擁護しているのは、これも背景にあるのでしょうか。

2つあります。

1つは、住民投票がスムーズに行われるのか。その時期の治安問題。

2つ目は、ブーゲンビル自治州が独立する流れとなった場合の地域安全保障(越境犯罪含む)、領海、EEZ、法執行能力、その他、多くの取り組みが必要となるでしょう。


見る人は、常に地域における法の支配(法執行含む)が脆弱なポイントを探しています。

例えば、豪州にとっては、近隣にそのようなスポットを作ることは避けなければなりません。地域全体としても同様でしょう。太平洋島嶼国と先進国の協力が必要になるかもしれません。
コメントする
コメント