CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«第50回PIF総会ニュース・SNSなどから | Main | NZ. MFAT»
勘と偶然と [2019年08月15日(Thu)]

今回のフィジー出張では、会議以外の時間に、誰と会うべきか、悩みました。せっかく20数年ぶりに茶野常務がフィジーを訪問できるということだし、何か意味を持たせたいと。

例えば、UNDPのナニセさん。前回初めて会った時に、この人の経験と知識を共有して欲しいと思い、車で1時間離れたUNDPのワークショップ会場まで会いに行きました。

B75C7D80-2980-4A81-BB4E-EF0765A607E1.jpeg
茶野さんとナニセさん。

自分としては、太平洋島嶼国を捉える上で、新たな軸が見つかりそうな感触を得ることができました。

南西太平洋海上保安長官会議の初日、夜、ちょっとだけ写真をSNSにアップしたところ、以前一緒にガバナンス関連のプロジェクトを立ち上げ実施したことがあるUNDPの友人から、会えないかと連絡がありました。翌日、会議2日目の昼に時間が見つかったので、これは一人で行きました。

77C47331-77D7-4C09-BE23-FE507020BCA3.jpeg
モジームさんと。

モジームさんに会ったのは何年振りだろうか。5年振りか。当時はUNDPで、イスラエル出身でUN地域代表オスナットさん(当時)と時々意見交換をしていました。例えば戦後70年を機に、国連としてミクロネシア地域への関与を高めるために現地事務所を構える計画があり、また日本のこれまでの貢献も目立つようにしたいという話がありました。ミクロネシア3国で仕事をするコツや現地の関心事項などをアドバイスさせていただき、それなりに活用していただけたのではないかと思います。

1、2年前に国連の各国事務所構造の再構築があり、現在モジームさんはUNDPではなくUN Resident Coordinator Officeで専門家として仕事をしているとのことでした。オスナットさんの後任にあたるResident Coordinatorに会わせたいと言っていました(今回は自分の方にも時間がなく、次回、どこかで)。

久しぶりに会って話したら、どんどんビジョンが広がっていきました。刺激的。


そして、その第1回サミット(2013)から、近くで見てきた太平洋諸島開発フォーラム(PIDF)。近年、PIDFは国連南南協力事務所(UNOSSC)の地域担当機関の性格を持つようになっています。加盟国・地域・機関も12になり、台湾承認国6カ国も加盟しています。

今年スバで開催されたサミットでは、途上国として南南協力を進めている中国の影響が強かったように感じられたこともあり、実際の感触を確かめたり、日本人も見ているよと楔を打つつもりで事務局を訪問しました。(南南協力の枠組みからなら中国も台湾承認国に関与できそうだし)

C2AB2C1E-DAFA-4273-92B4-DA9905B1A3D4.jpeg

実際に話してみると、中国だとか日本だとか、開発パートナーにあたる国々のあれやこれやは太平洋島嶼国にとっては小さなことであり、彼らは真剣に、彼らが直面している脅威や課題に何とか対処しようとしているように思われました。

今年10月から、フィジーが議長国となり、より強力な活動を行っていくと思われます。

PIDFはCROP機関であるSPREPやFFAとは協力関係にありますが、CROP機関ではありません。また設立当初から日本政府や専門家の間では、「PIDFは中国のものだ」という見方が支配的であったこと、太平洋・島サミットの相手はCROP事務局でもあるPIF(太平洋諸島フォーラム)事務局であることなどから、日本政府は関与し難いのかもしれません。今回、一切日本政府の話が出なかったので、関与はしていないのでしょう(中国の話もありませんでした)。

ただ、何がどう転んでいくのかわかりませんから、日本のどこかが楔を打つのは必要じゃないかと思います。

それよりも何よりも、今回話を聞いて、PIDFに関して中国云々はほぼどうでも良くなりました。純粋に面白い可能性がある地域機関なので、今後も見ていこうと思います。
コメントする
コメント