CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«観光とか投資とか。中国とか韓国とか。 | Main | フィジー!»
プロフィール

塩澤 英之さんの画像
塩澤 英之
プロフィール
ブログ
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS取得
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/spinf_shio/index2_0.xml
クエスチョンズ、クエスチョンズ [2019年07月10日(Wed)]

今回の出張中、日本について良く聞かれることが2つあります。


1つは、日本の「自由で開かれたインド太平洋」戦略改め、構想とかビジョンとか。

もう1つは、捕鯨再開。

1つ目については、昨年2月の開発協力白書に明記され、昨年5月の第8回太平洋・島サミットに記載されているにもかかわらず、皆が頭にクエスチョンマーク「?」を掲げています。もう、1年以上経っているのに、まったく理解が進んでいないとの印象です。

日本側があえて触れないようにしている?無かったことにしようとしている?


そんな訳はないでしょうが、別に中国の取り組み一帯一路構想とぶつかるような二者択一のものではないし(グッドガバナンス、法令遵守、透明性の確保などが担保される限りにおいては)、太平洋島嶼国首脳が合意しているブルー・パシフィック・アイデンティティを支える内容でもあるし、持続可能な開発目標の実現に貢献できる内容だし、堂々と丁寧に説明していけば良いと思います。

詳細は書けないですが、第8回太平洋・島サミットの数年前、日本がかつて、数カ月にわたり事務レベルで太平洋島嶼国側に水面下で協力を求めて、いくつかの国の首脳が日本の意思を汲み取って、地域機関にも根回しをし、正式に支持するという話になったことがありました。しかし、その動きの前後に、日本側がすっと手を引いて、なかったことにしてしまった事象がありました。(聞かれても「何のこと?」という感じです)

それらの国々では、「日本が望んでいるのだから、助けよう!」と、首脳レベルまで真剣に国内で調整をしていたので、「失望感」が生じたり、「日本は…。」などと呆れたかもしれません。

彼らは外交をわきまえているので(自分が外交といっても素人に毛が生えた程度ですが)、直接言いません。事情も汲み取ってくれたのでしょう。ただ、事務レベルで話をすると、表情や態度、言葉の端々にいろいろ現れるし、支持云々に関してもハードルが高くなったり影響が出ました。日本が相手を軽視しているように捉えられたかもしれません。

首脳は交代していきますが、事務方は結構残っていたりしてるので、当時の印象が残っている国もあるでしょう。

情勢が変化すれば、変化するのは必要な場合もありますが、無かったことにせず、しっかりと丁寧に説明することが大切だと思います。

0C81AA69-6EC6-486A-8E96-8BB837E369FB.jpeg


2つ目は捕鯨。これはパラオでも聞かれました。

「なんで日本は今になって捕鯨を再開したの?」

一般人としては、「もともと日本人にとって鯨は食料だし、IWCももともとは持続可能な捕鯨を目的としていたでしょ?」「自分が小さい頃は、肉なんて家では週に2回くらいしか食べられないし、牛肉は高いし、そのかわり時々硬い鯨が食卓に出てきたりした。」「今では、自分もそうだし、若い世代の人も、日常的に食べるものではなくなっているけれど、食料であることには変わらない。自分も食べるときは食べる。」「パラオでは若い世代は、ウミガメは友達という教育を受けて来たから、その世代はウミガメを食べなくなってるし、日本も世代が代われば変わるかも。でも、伝統的に捕鯨をしている地域は残ると思う。」「日本は自国のEEZで操業するので、これで南氷洋の鯨は、調査捕鯨であれ捕られなくなったので、サンクチュアリはより良く維持されるんじゃない?」
などと話したりしています。

驚いたのは、日本国内で感じるよりも、太平洋島嶼国では、「捕鯨再開」という言葉に強いインパクトがあるということです。

太平洋島嶼国では、この20年で、環境意識が一般市民まで浸透し、環境保護と鯨が強くリンクされているようです。それ故にインパクトがあるのかもしれません。

*パラオやマーシャルでは、50代より上の世代に、今でも鯨の大和煮を食べたいという人がいます。
*島嶼国では小型の歯鯨はともかく、伝統的に大型の鯨を取ることは難しかったのではないかと思います。ただ何かの理由で座礁した鯨は、大切なタンパク源として、消費されていた国もあると思います。マーシャルとか。
コメントする
コメント