CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2018年10月 | Main | 2018年12月 »
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
12月のイベント情報〜その1〜[2018年11月29日(Thu)]
   (イベント情報)

…早いもので、明日で11月が終わります。
明後日からは師走です。

12月と言えばクリスマスシーズン。
コンサートにワークショップと、
様々なイベントが予定されているようです。
今日はその中から山形市で開催予定のものを
いくつかピックアップしてご紹介いたします。

☆第18回障がい者週間記念 
 まちかどコンサート☆ 
日時:12/1(土)
   10:00〜13:00
会場:霞城セントラル1階アトリウム
内容:来場者に玉こんにゃくプレゼント!
   ダンスにバンド演奏、コーラスなど。
参加費:無料
問合せ:023-633-3192
    (メディアかがやき 高橋さん)

☆キラキラクリスマスコンサート☆
日時:12/2(日)
   14:00〜14:45
会場:山形市立図書館2階集会室
内容:山形市役所ウインドアンサンブルによる
   子供向けの楽しい演奏
対象:幼児〜小学生
参加費:無料
   ※申込み不要、時間までに会場へ
問合せ:023-624-0822
    (山形市立図書館)

☆クリスマスをカラフルに彩る
 オーナメントづくり☆
日時:12/1(土)〜12/24(月・振休)
   10:00〜17:00
会場:山形まなび館
   (山形市立第一小学校敷地内)
内容:星やプレゼントボックス型の
   カラフルなオーナメントづくり
   (キット使用)
参加費:200円
    ※先着100名に達し次第終了
時間:30分〜40分くらい
問合せ:023-623-2285(まなび館)
 ※キットが無くなり次第終了なので、
  事前に確認の電話をしてからお出かけ下さい。

☆guraクリスマスマーケット☆
日時:12/15(土)
   11:00〜16:00
会場:gura(山形市旅篭町)
内容:@トントン・オーナメント作り
   「タガネ」を使って金属の表面に模様を付け、
   世界にたった一つのクリスマスオーナメントを
   作る
   A森の花びん作り
   モミ、スギなどの針葉樹を使って小さな
   花びんを作る
   ※バラのミニブーケ付き
    Bフレグランスハーバリウム作り
   小さなびんに好きな植物を閉じ込めて。
   いい香りもプラス、ディフューザーとしても
   使えるハーバリウムを作る
参加費:@、Aは500円(@はオーナメント1個につき)
    Bは800円
対象:@は小学校低学年〜大人
時間:@は30分〜60分(1回3人ずつの入替制)
問合せ:023-674-0943(gura)

☆クリスマスこけしの
 絵付けワークショップ☆
日時:12/15(土)、16(日)
   11:00〜13:00、15:00〜17:00
会場:S-PAL山形 3階サニーコート
内容:こけし作家志田菊宏さんがこの日のために
   木地引きしたこけしに絵付けして
   世界に一つだけのクリスマスこけしを作る
参加費:1,000円(定員60名)
問合せ・申込み:023-628-1232
        (S-PAL山形2F尚美堂)

☆山形学院高校 
 第14回ハンドベルコンサート☆
日時:12/23(日・祝)
   18:00〜
会場:山形学院高校チャペル
   (山形国際ホテル南向かい)
入場料:無料
    (要整理券 未就学児入場不可)
問合せ:023-641-4116(中村さん)

街のそこここでイルミネーションも
キラキラし始め、いよいよ年の瀬も押し迫り…
という雰囲気になって来ました。
何かと気忙しい師走ですが、イベントなどに参加して
この季節を楽しみたいものですねぴかぴか(新しい)

※イベントの詳細は以下でご確認ください。
まちかどコンサート
http://www.kajocentral.com/%E7%AC%AC18%E5%9B%9E%E3%80%80%E9%9A%9C%E3%81%8C%E3%81%84%E8%80%85%E9%80%B1%E9%96%93%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%80%80%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%8B%E3%81%A9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88/
キラキラクリスマスコンサート
https://lib.city.yamagata.yamagata.jp/info/12%E6%9C%882%E6%97%A5%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%80%8C%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8D%E3%81%AE/
山形まなび館クリスマスオーナメント作り
http://yamagatamanabikan.jp/news/13415
guraのクリスマスマーケット
https://www.facebook.com/gurayamagata/
クリスマスこけし絵付けワークショップ
https://www.s-pal.jp/yamagata/event/?doing_wp_cron=1543477104.3416640758514404296875
山形学院高校ハンドベルコンサート
http://www.y-gakuin.com/club/culture/handbell/4609.html


   
相双地区での就職を後押し!する各種制度のご紹介[2018年11月26日(Mon)]
  (福島県の支援情報)

今月20日付のニュースが、葛尾村の帰還困難区域で
除染作業が開始されたことを伝えていました。
「特定再生復興拠点区域」整備がいよいよ
本格化して来たことを感じました。

葛尾村を含む被災12市町村(田村市、南相馬市、
広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、
双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)で就職を
希望する方のために、様々な支援制度が
整備されています。
いくつか挙げると
・入社支援サービス(被災12市町村)
 人材コーディネーターが相談者に合った
 仕事を探して紹介します
・転居支援(被災12市町村)
 対象となる事業者に雇用された方へ
 移住・引越しにかかる費用を一部助成します
・就職応援交通費等助成事業(相双地区)
 就職を目的とした面接やインターンシップ等に
 かかる交通費・宿泊費の一部を助成します

また、福島へのUターン、Iターンをお考えの方のために
情報サイト「Hook」も開設されています。

詳しくは↓をごらんください。
被災12市町村入社支援サービス.pdf
被災12市町村転居支援制度.pdf
相双地区交通費等助成事業.pdf
Hook(表).pdf
Hook(裏).pdf

※リアルタイムの求人情報はこちらを
 ごらんください。
https://jp.stanby.com/feature/fukushima_fukko

※福島で働く、移住きっかけwebマガジン
 「Hook」へはこちらから。
https://fukushima-hook.jp/news/open/


赤いペンを使うと成績が下がる?!〜今日11/26はペンの日〜[2018年11月26日(Mon)]
  (雑記帳)

今日11月26日は「ペンの日」。
1935(昭和10)年のこの日、
日本ペンクラブが創立されたことに由来します。
ペンクラブとは
「世界各国の文筆かの親善を通し、
言論や報道の自由を擁護することを目的とした、
国際的な文学者の団体」のこと。
日本ペンクラブの初代会長は島崎藤村だったそうです。

さて、「ペンの日」ということで調べていたら、
ネットで面白い記事を見付けました。
曰く「赤ペンを使うと成績が下がってしまう」。
一体全体どういうことかと言うと…。
表紙が赤い冊子とグレーの冊子を用意し、
それぞれに書かれた同じ問題を解いてもらったところ、
赤い冊子のグループの正答率が有意に低かった、
という実験結果が出たそうなのです。
その理由として、本来赤は物事を避けさせたり
危険を伝えたりする色であるため、赤いものを
目にすると人間は消極的になってしまうため、と
考えられるのだとか。
そのため、赤いペンを使ったり赤い色のものが
視界に入っただけで、勉強など頭を使う作業に
影響が出てしまう、ということなのだそうです。
よく暗記用に赤いシートが付いた単語帳などが
ありますが、もし「赤い色は勉強にマイナス」が
本当だとすると…???

今朝、「センター試験まであと54日」と
ラジオが伝えていました。
受験生は最後の追い込みに入る時期。
試験当日には赤い色のものは身に着けない、
持って行かない方がいいかも知れませんね。

※この記事を作成するために
以下を参照しました。
https://matome.naver.jp/odai/2135379146100928001
http://kerokero-info.com/what_today_calendar/what-today-1126-2/
http://karapaia.com/archives/52017014.html

Posted by kokohuyamagata at 10:37 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
今日11/22は「小雪」です[2018年11月22日(Thu)]
  (山形暮らし)

今日11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。
「小雪」から「大雪」(今年は12/7)までの期間も
「小雪」と呼ぶのだとか。
「小雪」とは「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだる」
時季のこと、つまり平地でも少しずつ
雪が降り始めるころを指すそうです。
…確かに、明日の天気予報には今季初の雪だるまが。

先ほど霞城セントラルビルに用事をしに行ったら、
こんな光景を見かけました。
何をしているところか分かりますか?

DSC_0503.JPG

山形駅西口霞城セントラル前広場の木に
イルミネーション用の電飾を付けているところです。

さらに霞城セントラルに入ると、こんなものが。
DSC_0504.JPG

DSC_0508.JPG

恒例のクリスマスイルミネーション!
いつもの「笑顔のサンタ」が浮かんでいました。

鮮やかな赤や黄に染まっていた木々の葉も
かなり散って、冬支度が進んでいます雪



東京で研修を受けて来ました[2018年11月22日(Thu)]
  (支援者向けのイベント)

昨日、東京で研修を受けてきました。
全国に26ヵ所ある「福島県県外避難者
生活再建拠点」(「ここふく」は山形拠点)のうち、
15団体が昨日東京に集まり、「どのようにしたら
より良く避難なさっている皆さんのお手伝いが
出来るか」について一日話し合い、知恵を出し合い、
共通理解を深め合って来ました。
一日研修でしたが、本当に内容が濃くて
あっという間に時間が過ぎた感じでした。

今回の研修では「新たな気付き」が沢山得られました。
「ここふく」事務所2名の相談スキルがちょっと(うんと?)
グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)したように思いますわーい(嬉しい顔)
これからも「生活再建拠点」として、皆さんの
お手伝いが出来るよう、頑張ります。

※研修会場から見えた景色。
 東京駅の丸い屋根が見下ろせる場所でした。
CIMG0289.JPG

早めにスタッドレスタイヤに履き替えを![2018年11月20日(Tue)]
   (山形暮らし)

今朝、出勤時に通った城南陸橋から辺りを見たら、
遠くの高い山々の頂が全て真っ白になっていました。

週間天気予報によれば、あさって木曜日は雨模様。
翌金曜日には気温が一気に低下し、
最低気温だけでなく最高気温も一ケタとなるとのこと。
そして、とうとう今シーズン初めての
「雪だるまマーク」が予報に(泣)

そろそろスタッドレスタイヤに履き替えた方が
良さそうです。
峠越えの予定がない方も、早めに履き替えておけば
急な雪にも慌てずに済みますし。
…などと言いながら、先週末にお隣さんの車のタイヤが
スタッドレスになったのを見て、
「しまった!」と内心焦っていたのですがふらふら

気が付けば、今日は11月20日。
2018年も残すところあと1ヶ月と10日です。
「山形市防災・健康ガイド2018年度版」のご紹介[2018年11月19日(Mon)]
  (山形暮らし)

復興ボランティア支援センターやまがたさんから
「山形市防災・健康ガイド2018年度版」を
2部頂戴しました。
↓がその表紙です。

防災・健康ガイド2018年版.pdf

内容は、
「災害への備えと対応」
「山形市洪水浸水想定区域図」
「融雪型火山泥流避難地図」
「健康マップ(病院)」
となっています。

近年、「これまでこんな災害に
遭ったことがなかった」と言う場所で
大きな災害が次々起こっております。
この小冊子には非常持ち出し品リストや
家の中の危険箇所、水害や火山の噴火時の
災害想定地図(ハザードマップ)などが
コンパクトにまとめられていて、
いざという時にすぐ役に立つと思います。

残念ながら全戸配布ではなく、
市内の医療機関、文化センター、市民センター等に
設置の形になっているそうです。
「ここふく」事務所に2部ありますので、
ご希望の方はご連絡ください。
(復興ボラセンさんにはさらに数多くあります)

ご参加・ご協力ありがとうございました[2018年11月19日(Mon)]
  (支援関係のイベント)

当ブログでも何度かご案内しておりました、
「福島県説明会・個別相談会・交流会」ですが、
昨日無事終了いたしました。
気持ちの良い秋晴れの中、たくさんの方に
お運びいただくことができました。
当日ご参加くださった皆さま、お忙しい中
おいでくださいましてありがとうございました。
また、共催の山形市避難者交流支援センター様をはじめ、
たくさんの方々にご協力いただきました。
厚く厚く御礼申し上げます。

今日は事務所から久しぶりに虹が見えました。
とても淡くて見えづらいのですが、
衛星放送用アンテナの辺りから、
うっすら架かった虹が見えるでしょうか?
(クリックして画像を拡大し、さらにクリックして
拡大するとおぼろげながら確認出来ます)
181119虹.JPG

今後とも、「ここふく@やまがた」相談支援室を
どうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
18日の説明会・交流会にお出かけください♪[2018年11月15日(Thu)]
  (支援関係のイベント)

いよいよ、私たち「ここふく」と
山形市避難者交流支援センター様が
共同で開催するイベントが迫って来ました。

しつこいようですが、イベントのチラシです。
181118相談会チラシ(表).pdf
181118相談会チラシ(裏).pdf

説明会と個別相談会は「民賃補助」の
対象世帯のみとなっておりますが、
交流会は福島県から避難なさっている方なら
どなたでもご参加いただけます。
事前申込みも不要です。
どうぞお気軽にお出かけください。
お茶とお菓子をご用意して
お待ちしております。
説明会や個別相談会への参加申込みも
まだまだ受付中ですぴかぴか(新しい)

秋から冬へ[2018年11月15日(Thu)]
   (山形暮らし)

昨日(11月14日)、山形市内で
季節を感じる写真を撮ってきました。

東原町の「もみじ公園」。
11日に撮ったものと比べてみてください。
CIMG0237.JPG

池の周りも大分色づきました。
CIMG0242.JPG

日の光に葉が透けて、まるでステンドグラスのよう。
CIMG0254.JPG

霞城公園へ移動する途中、
冬桜が咲く場所へちょっと寄り道
(「ザッコや」さん隣)。
紅葉と桜の花が同居していました。
CIMG0259.JPG

霞城公園は雪吊りや雪囲いの
真っ最中でした。
CIMG0266.JPG

霞城公園内の旧済生館。
CIMG0269.JPG

イチョウがとてもきれいでした。
CIMG0274.JPG

文翔館。
丘の上に建っているように見えます。
CIMG0278.JPG

傘のような形に枝を広げた木の
下に入って撮ったら、世界は全て紅色に。
CIMG0280.JPG

雪吊りや雪囲いも始まっていて、季節が
秋から冬へ移り変わろうとしていることを
実感させられました。
秋を感じにお出かけになるなら、
どうぞお早めにぴかぴか(新しい)
11/18(日)説明会・個別相談会・交流会のお知らせ[2018年11月13日(Tue)]
  (支援関係のイベント)

福島県から山形県へ避難なさっている方向けの
イベント情報です。

今度の日曜日に、私たち「ここふく」と
山形市避難者交流支援センターさまと共同で、
説明会・個別相談会・交流会を開きます。

説明会と個別相談会は、来年3月末終了予定の
「民賃補助」対象世帯の方向けです。
「民賃補助」終了時に福島県へ提出することになっている、
「実績報告書」について、書き方や〆切などご説明したあと、
個別相談会を行います(要事前申込み)。
当日は美味しいお菓子とお茶をご用意いたしますので、
堅苦しくない雰囲気の中、ご相談いただけると思います。

交流会は避難なさっている方ならどなたでも、
事前申込み不要でご参加いただけます。
もちろんお茶やお菓子がありますので、
飲食しながらご歓談ください。
交流会は説明会・個別説明会とは別会場で行います。

時間や会場等詳細については、お気軽に「ここふく@やまがた」
までお問い合わせくださいグッド(上向き矢印)
181118相談会チラシ(表).pdf
181118相談会チラシ(裏).pdf



11/27(火)「わくわくのたねの会」開催のお知らせ[2018年11月13日(Tue)]
  (支援関係のイベント)

今年度の「わくわくのたねの会」は、
残すところ今月と来月の2回になりました。

今月は「美味しいお茶とお菓子で茶話会しましょう♪」
でするんるん

わたしたち「ここふく@やまがた」相談支援室を
正しく且つ真面目に紹介しようとすると
↓のチラシの中にも書いたとおり、
「2016年6月から福島県県外避難者生活再建拠点
(山形)として活動中」
となる訳ですが…これじゃあ、なかなか
事務所に来ていただけませんよねもうやだ〜(悲しい顔)
皆さんからの「相談」を受けて「支援」するための場所、
と言われたら、敷居が一挙に
グググググっと高くなってしまう感じがします
(そういう「堅苦しくて敷居が高い感じ」を何とかしたくて、
このブログを始めた部分もあります)。

事前のお申し込みは必要ありません。
どうぞお気軽にお越しくださいねぴかぴか(新しい)

※このイベントのチラシは
 ↓をごらんください(12月の予告付きです)。
181127第7回用チラシ(修正版).pdf
「メープルシロップの香りがする葉」のお話[2018年11月13日(Tue)]
  (雑記帳)

先日、ラジオを聞いていたら、
「秋になるとメープルシロップの香りを放つ
木の葉がある」という話題が
取り上げられていまして…。
今回はその木の葉について記事にします。

その葉は、カツラの木の葉だそうです。
「カツラの木の葉」と聞いてもすぐには
どんなものか思い浮かばなかったのですが、
画像を見てみたら、ハート状の丸い葉が
一対ずつ枝から出ている特徴的な葉でした。
葉が緑色をしている間はあまり香りはせず、
秋になって黄葉し落葉すると特に強く香るのだとか。
その香りは「醤油せんべい」や「わたあめ」、
「キャラメル」に例えられることもある、
甘い香りなのだそうです。
ラジオでは、「こんな山の中にカフェなんかないよなあ、
と思って周りを見ると、必ずカツラの木があって
黄葉している、というくらい強く香る」
「葉っぱを拾って持ち帰っても数日は香りを
放ち続ける」と言っていました。

とても興味が湧いたので調べてみたところ、
カツラの木の葉を粉末状にしたものは、
昔東北地方の農村でお香代わりに使われていたため、
カツラは「マッコノキ(抹香の木)」とも
呼ばれていたそうです。
昔は自生していたこの木(やネムノキ)の葉を集めて干し、
自家製のお香を作っていたのだとか。
1年で1升分も作っていたのだそうです。
(カツラ=香出る(かづる)から音が変化した、との
説があります)。

植物としてのカツラは、雌雄異株で風媒花、という
非常に効率の悪い殖え方をするそうです。
これは、なんと数千万年以上前から変わっていない、
とのこと。
そんな訳でカツラは「生きている化石」とも
呼ばれており、地球上で中国と日本以外の場所では
すでに絶滅してしまった、古い古い植物なのだとか
(カツラが北半球の広い範囲に生えていたのは、
古第三紀=6600万年前から2303万年前までの時代)。

山形は今ちょうど黄葉のシーズン。
ハート型した黄色い葉の木のそばを通ったら、
「メープルシロップの香り」が
漂って来るかもしれませんねぴかぴか(新しい)

※この記事を作成するために、
 以下を参照しました。
http://www.forest-akita.jp/data/2017-jumoku/29-katura/katura.html
http://www.jugemusha.com/jumoku-n-ZATnioi.htm
https://www.kahaku.go.jp/research/db/geology-paleontology/kaseki/zukan/page.php?p=1&pid=075

Posted by kokohuyamagata at 10:45 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
農林水産省「ごはんにぴったりレシピ」のご紹介[2018年11月12日(Mon)]
   (雑記帳)

山形県産「とのセルリー」を買いまして。
シャキシャキの茎の部分は中華風の炒め物にして
美味しく食べたのですが、葉の部分がたくさん
残ってしまいました。
何か美味しく食べる方法はないかな?と
ネットで色々探していたところ、
こんなものを見つけました。
農林水産省「ごはんにぴったりレシピ」!

曰く、「ますますごはんが美味しくなる、
約200種類もの豊富なレシピをご用意しました。
限られた時間でも今ある食材でサッと手軽に、
しかも低カロリーで出来上がり。
目的や調理法などから、
ピッタリのレシピを見つけてください!」

…「限られた時間」、「今ある食材」、
「サッと手軽」、「低カロリー」だなんて、
忙しい女性の心をくすぐる
魅惑のキーワードばかりじゃありませんか。
試しに見てみたところ、
本当に美味しそうなレシピがずらり!
しかも約200種類のレシピが、
食材別または調理時間別に
素早く検索できるようになっています。
調理時間5分以内というスピードメニューだけで
28種類も掲載されていました。

余っていた「とのセルリー」の葉っぱは
半端に残っていたちくわも入れて
「セロリの葉のきんぴら」に。
ちょっと甘めの味付けが嬉しい、
今日のお弁当の箸休めになりましたるんるん

農林水産省のサイトには、受験生のための
「合格サポート朝ごはん」など、
役に立つ面白い情報がたくさん掲載されていますし、
小麦アレルギーの方が活用できる、
米粉のレシピもいろいろ揃っていますので、
ぜひごらんになってみてくださいねぴかぴか(新しい)

※農林水産省「めざましごはん」へは
 こちらから。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kakou/mezamasi.html
※「とのセルリー」については
 こちらから。
https://www.pref.yamagata.jp/ou/somu/020026/mailmag/series/choice/celery.pdf#search=%27%E3%81%B2%E3%82%81%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%AA%27

Posted by kokohuyamagata at 14:05 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
11月11日のもみじ公園[2018年11月12日(Mon)]
  (山形暮らし)

※臨時駐車場の情報を一部訂正しました
(11月12日10:48)


昨日、市内東原町の「もみじ公園」に行って
写真を撮ってきました。
「もみじ公園」は住宅地の真ん中にあるためか
紅葉の進み具合が遅く、まだ見頃には
ちょっと早いかな?という感じでしたが、
お天気が良かったこともあってすごい人出でした。

入口にある由縁書。
CIMG0226.JPG

池の周囲はこんな感じに色づいていました。
CIMG0198.JPG

見頃になると、清風荘(奥の建物)手前の木の葉も
真っ赤に染まります。
CIMG0204.JPG

ため息が出そうなくらいきれいな紅葉。
CIMG0201.JPG

CIMG0224.JPG

人気者のカモたち(もちろん野生です)。
CIMG0195.JPG

青い空と紅葉のコントラストが見事。
CIMG0212.JPG

赤、黄、橙と様々な秋の色合い。
CIMG0200.JPG

CIMG0207.JPG

CIMG0208.JPG

入ってすぐ左手にある大きな木や、
清風荘手前に写っている木などは、
見頃にはあと数日かかりそうな感じでしたので、
これからでも十分紅葉狩りが楽しめると思います。

ただ、「もみじ公園」入口は東原町の住宅地の真ん中、
細い細い路地に面していることと、
駐車場が非常に狭いこととで、
昨日も車で来園した方たちがお困りになってました。
歩くのに支障のない方は臨時駐車場のご利用を
おすすめします(下記追記をお読みください)。
昨年までは五小前の道路拡幅工事の工事現場を
一部臨時駐車場として利用出来ましたが、
今年はすでに工事が終わっているため、
公園から徒歩5〜6分のところにある
山大駐車場(マックスバリュ東原町店北側)が
臨時駐車場となっています。
※11月12日10:48追記。
臨時駐車場の利用は土日祝のみ、
9:00から16:00まで。
なお、18日(日)で終了になります。

また、山形駅前バス乗り場から
「東くるりんバス」に乗り、
「五小前」で降りると徒歩3分くらいで
公園に着きます。
(「東くるりんバス」は小荷駄町先回り、
東原町先回りどちらに乗っても大丈夫ですが、
東原町先回りの方が早く着きます。
なお、料金は大人100円、子供50円です)

もみじ公園の近くには美味しい和菓子屋さん
(戸田屋さん)や美味しい洋菓子屋さん
(ミキヤさん)などもあります。
ぜひお出かけになってみてくださいねぴかぴか(新しい)

※「もみじ公園」については
 こちらをごらんください。
http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/db/cgi-bin/search/search.cgi?panel=detail&d01=887
※「東くるりんバス」時刻表はこちら。
https://www.yamagata-u.ac.jp/jp/files/2215/2228/3770/2018bus_07.pdf#search=%27%E6%9D%B1%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%82%8A%E3%82%93+%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8%27


ムクドリ、ムクドリ、ムクドリ!!![2018年11月09日(Fri)]
  (山形暮らし)

…今日16:25頃の双葉町事務所近くの
電線の様子です。

181109ムクドリ.JPG

携帯電話のカメラで撮ったためちょっと
分かりにくいですが、電線にご注目。
まるで黒いゴマを等間隔でくっ付けたみたいに
見えるのは…すべてムクドリ!

一体何羽いるのか、そして何羽来るのか。
夕焼けをバックにこの電線目がけて飛んでくる
無数の鳥のシルエットが見えます。
見る者にヒッチコックの「鳥」を連想させて、
少々怖い感じです(鳥好きですが、これは
ちょっと遠慮したいレベル)。

…と記事を打っていたら、いつの間にか外が
シーンと静まり返っていまして。
無数のムクドリたちは示し合わせたかのように
ねぐらにしている街路樹へ飛び去った後。
一糸乱れぬ団体行動に、思わず「どうやってるのかねえ」
と事務所内で声が上がりました。

今ごろは山形駅西口の街路樹周辺が
騒がしくなっていることでしょう。



「てんてん展」入場チケット兼チラシ差し上げます♪[2018年11月09日(Fri)]
  (イベント情報)

天童市美術館で今月24日から来月2日まで
開催される「てんてん展」。
これは、「アートと地域の新しい関係性を
作り出すこと」を目指して活動している、
「天童アートロードプロジェクト」の方たちが
中心となって行うイベントです。
今回は、天童市美術館を大きな一つの「箱」と
考えて間仕切りを取り去り、広々とした空間の
中で作品を楽しんでもらったり、
近くにある私設の「広重美術館」との連動企画
「Shop Ten Ten Ten」を開いたりするとのこと。

チラシを見ると、ただ作品を鑑賞するだけでなく、
様々なワークショップや出展者とのおしゃべり会など、
「地域とアートとのつながり」を重視したイベントが
数多く開催されて…本当に楽しそうるんるん

こちらのイベント、チラシを持参の方は
入場無料になります。
双葉町事務所に10部ありますので、
希望なさる方はご連絡くださいぴかぴか(新しい)
(連絡先はこのページ最上部にございます)

※このイベントの詳細については、
↓をごらんください。
てんてん展2018.pdf
てんてん展2018(裏).pdf
ビーンズふくしま「みんなの文化祭」のお知らせ[2018年11月08日(Thu)]
  (支援関係のイベント)

ビーンズふくしまさん主催のイベント
「みんなの文化祭」が今月開催されます。

では、このイベントの基本情報を。
日時:11月16日(金)17日(土)
   10:00〜15:00
場所:復興交流拠点みんなの家セカンド
   (福島市笹谷字道場24-9)
内容:大人の部活(エコクラフト、写真
   羊毛フェルトほか)作品展示・即売
   無料カフェ、ワークショップ(つまみ細工)、
   パンやお菓子・ビーンズ畑の野菜の販売など
 ※17日のみ浜・中・会津「ふくしま料理対決」

詳細については、↓をごらんくださいぴかぴか(新しい)
181116みんなの文化祭.pdf
181116みんなの文化祭(裏).pdf




11/18開催「いろいろな武道を楽しもう」のご紹介 [2018年11月08日(Thu)]
   (支援関係のイベント)

福島県から山形県内へ避難なさっているお子さんと、
山形市内在住の小・中・高校生向けの
イベント情報です。

来る11月18日(日)、「いろいろな武道を楽しもう
〜手裏剣、吹矢、弓、剣道〜」が行われます。
福島県から避難なさっているお子さんたちの支援を
行っておられる「寺子屋子ども大学」さん
主催のイベントです。

では、このイベントの基本情報を。
日時:11月18日(日)
   9:30〜(2時間くらい)
場所:山形大学小白川キャンパス
   第二体育館 1階
対象:小・中学生(小学校4年生以上)
定員:先着18名
参加料:100円(保険代)
申込み:メール、電話、FAXにて
   (氏名・学校・学年・保護者名
    住所・電話番号 明記)
 ※11/16(金)午前11時締め切り

教えて下さるのは、山形大学地域教育文化学部
地域教育文化学科の竹田隆一教授。
スポーツ科学がご専門の先生とのことです。

手裏剣や吹矢、弓など、ふだんなかなか
体験出来ない武道が体験出来る機会のようですので、
興味のある方はどうぞお申込みくださいぴかぴか(新しい)

お問い合わせ・お申込みは
☆寺子屋子ども大学 事務局☆
(山形大学人文社会科学部 松尾剛次研究室内)
 TEL&FAX:023-628-4871
 E-mail:kmatsuo@human.kj.yamagata-u.ac.jp
 HP「松尾研究室へようこそ」

※詳細については↓をごらんください。
http://kizuna.yamagata1.jp/modules/con04/index.php?content_id=1488
※寺子屋子ども大学のこれまでの
 活動についてはこちら。
http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~kmatsuo/寺子屋子ども大学.html





インフルエンザ対策最新情報[2018年11月08日(Thu)]
  (生活情報)

昨日11月7日は「立冬」でした。
暦の上ではもう冬になったんですね。

冬と言えば毎年「インフルエンザ」が流行する季節。
昨夜聞いたラジオでは特集コーナーが組まれ、
お医者さまが対策についてお話なさっていました。
今回はその内容を中心に記事にしようと思います。

☆予防ワクチンについて☆
・10月中若干品薄だったワクチンは、
 11月以降安定して供給できる見込み
・流行予測に基づきA型B型各2種類の混合。
・13歳未満は2回、13歳以上は1回接種する
・寝不足や栄養不足などで免疫力が低下していると、
 ワクチン接種を受けていても発症することがある
☆薬と異常行動等について☆
・インフルエンザ発症時子供や未成年者に異常行動
 (ウロウロする、急に走り出すなど)が
 起こることがある
・以前は特定の薬による副作用と思われていたが、
 現在は薬との関連は否定されている
・異常行動の原因はインフルエンザそのものだと
 思われるので、未成年者が発症した場合、少なくとも
 2日間は1人にせず、目が届く状態で看護する必要がある。
 また、全ての窓の施錠、1階で寝かせること、ベランダに
 面していない部屋で寝かせることなど、
 万が一異常行動を起こした場合の事故を防ぐ工夫が必要。
・インフルエンザによる発熱時に市販の「鎮痛解熱剤」を
 服用させないよう注意する(子供のけいれんを誘発する)
☆効果的な予防法☆
・基本は手洗い、うがい、マスク
・睡眠や栄養をきちんととり、免疫力が低下しないようにする
・ワクチン接種を受ける

流行している時期に高熱や悪寒などインフルエンザを
思わせる症状が出た場合、市販の総合感冒薬や
鎮痛解熱剤を服用したりせず、必ず医療機関で
受診するようにしてください、とのことです。

手洗い、うがい、マスク。
これから先の時期、人混みに出掛ける際には
忘れないよう心がけましょうぴかぴか(新しい)

※厚生労働省作成「インフルエンザQ&A」へは
 こちらから。
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html
※昨日放送のラジオ番組「NHKジャーナル」へは
 こちらから(11/14の23:20まで)
http://www4.nhk.or.jp/nhkjournal/
Posted by kokohuyamagata at 11:00 | 生活情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml