CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2017年11月 | Main | 2018年01月 »
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
今年もありがとうございました。[2017年12月28日(Thu)]
   (山形暮らし) 

雪の一日となりました。
山形市の現在の積雪量は33cm、
双葉町の事務所から見える景色は、
白、白、白、白一色です。

「ここふく@やまがた」は
この雪の中御用納めを迎えました。
今年1年、いろいろな方々や
いろいろな団体の皆さんにお世話になりました。
本当にありがとうございました。

私たち相談員2名、それぞれ
「今年の漢字一文字」を選んでみました。
「粛」と「疾」になりました。
「粛」の方は、生活再建拠点としての
業務が2年目となっても初心を忘れないよう、
気を引き締めつつ、
粛々と業務に当たった1年だったことから。
そして「疾」の方は、個人的に
家族内で様々な動きがあり、1年が疾風のように
駆け抜けていったように感じられたことからです。

2018年はどんな1年になるのでしょうか。
「ここふく@やまがた」相談支援室は
新年4日から通常通り開室いたします。
来年も相談員2名体制で頑張りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、皆さま、よいお年をお迎えくださいぴかぴか(新しい)

あらためて「民賃補助」について[2017年12月26日(Tue)]
   (支援情報)

現在、避難者生活支援相談員さんが
いらっしゃる県内9つの社協さんを回り、
様々なお話を伺っています。
置賜、村山が終わり、庄内地区を
残すだけとなりました。

訪問活動の中でビックリしたのが、
「うちは該当しない…」と思い込んでしまい、
申請自体全く行っていないという方も
少数ながらまだいらっしゃるということ。
今からでもまだ間に合いますので、
どうぞ申請を行ってみてください!!!

「ここふく@やまがた」で作成した、
民賃関連の資料を再掲します。
難しい文書が大の苦手な相談員が
「これなら分かる」と思えるように、
分かりやすく且つ見やすく作りましたので、
どうぞご活用くださいぴかぴか(新しい)
福島県民間賃貸住宅等家賃補助事業補助金交付について 事前受付終了後.pdf
(県チェック済み)福島県民間賃貸住宅等家賃補助事業補助金交付開始後の流れ.pdf
民賃補助第3号様式記入上の注意(表).pdf
民賃補助第3号様式記入上の注意(裏).pdf
平成29年6月第8号様式記入上の注意.pdf


Posted by kokohuyamagata at 15:39 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
クリスマスあれこれ[2017年12月25日(Mon)]
  (雑記帳)

今日12月25日はクリスマス。
そんな訳で今日はクリスマスについての
あれこれを記事にします。

クリスマスとは、一体何の日なんでしょうか。
一般的には「イエス・キリストの誕生日」という
ことになっていますが、
キリストの誕生日には10月説や5月説など
いろいろあり、実ははっきりしていないのだそう。
12月25日は元々古代ローマ時代に
「冬至の祭り」が行われていた日。
太陽の復活を祝う「冬至の祭り」と
キリスト教が結びつき、12月25日を
「イエス・キリストの誕生日」として
祝うようになったのだそうです。
ちなみに日本で初めてクリスマスをお祝いしたのは
今から450年以上前の1552年のこと。
宣教師コスメ・デ・トルレスが日本人の
信仰者に呼びかけて祝ったのが最初です。

さて、サンタクロースにはモデルがいます。
4世紀ごろ、東ローマ帝国のミラ
(今のトルコのあたり)に
実在した教会司教の聖ニコラウスです。
聖ニコラウスは貧しさのため、娘を身売りしなければ
ならなくなった家の煙突から金貨を投げ入れ、
娘たちを身売りから救ったそうです。
その際、投げ入れた金貨が暖炉近くにつるしてあった
靴下の中に入ったことから、
現代でも「クリスマスソックス」をつるす風習が
欧米を中心に残っています。

サンタクロースと言えば赤い服に白く長いひげ。
これは19世紀にドイツ人の画家が描いたのが
始まりとされています。
その後1930年代にコカ・コーラ社の宣伝で
「赤い服に白いひげの、恰幅のいい陽気なサンタ」
のイメージが世界中に広まりました。

さてさて、ドイツではクリスマスプレゼントが
なんと2回もらえるのだそうです。
1回目は12月6日に聖ニコラウスから。
そして2回目は12月24日の夜に
ヴァイナハツマンまたはクリストキントから。
しかし、聖ニコラウスは子供たちの
行いを記した「黄金のノート」を持っており、
悪い行いをした子供には、まるで「なまはげ」
みたいな魔物によるお仕置きもあるとか!
ドイツの子供たちは「プレゼントが2回もらえる!」
と浮かれてばかりはいられないようです。

クリスマスに欠かせないご馳走も、
鶏の丸焼きだけでなく、実に様々。
どこかの国ではクリスマスに
川魚を食べる風習があり、浴槽で
数日間飼っておくのだそうです。
そこでうっかり子供たちが魚に
名前を付けてしまい、食べるに
食べられなくなって川に放した
…という話を数年前にネットで読みました。
魚からすれば「ラッキー!」
という感じだったことでしょうねわーい(嬉しい顔)

…何はともあれ、読んでくださった方みなさんへ、
心から、メリー・クリスマス!!!

Posted by kokohuyamagata at 15:39 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
祝ブログ開設1周年!!![2017年12月20日(Wed)]
   (雑記帳)

本日、平成29年12月20日をもちまして、
当ブログは開設からちょうど1年となりました。
これまでの閲覧数は31,226pv(14:06現在)。
これもひとえにご愛読くださっている皆さまのお陰です。
「ここふく@やまがた」相談支援室一同、
たった2名ながら心より感謝しております。

明日からは2年目に入ります。
私たちの本来の業務である、
東日本大震災に伴って山形県へ福島県から
避難なさっている方々向けの
支援情報を素早く発信するのはもちろんのこと、
読んだ方が楽しくなるような情報や、
山形での暮らしが愉快になるような情報も、
どんどん載せて行こうと思っております。

当ブログの目標として、1年目は
「心のへえ〜ボタンを押すブログ」を掲げました。
2年目はそれに加えて、
山形県出身の作家である、
故井上ひさし先生の言葉も目標としたいと思います。

>むずかしいことをやさしく、
>やさしいことをふかく、
>ふかいことをおもしろく、
>おもしろいことをまじめに、
>まじめなことをゆかいに、
>そしてゆかいなことはあくまでゆかいに


火星のオリンポス山もビックリ!の
あまりに高すぎる目標に
「おいおい、大丈夫か?!」と自分で自分に
内心ツッコミを入れてしまったりもする訳ですが、
少しでも目標に近づくことが出来るよう、
記事の更新を続けて行こうと思います。
これからも変わらずご愛読くださいますよう。
どうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)

※井上ひさし先生の言葉は
 こちらから引用させて頂きました。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000158633

※火星のオリンポス山については
 こちらをご覧ください。
https://matome.naver.jp/odai/2143387120212384601


Posted by kokohuyamagata at 14:06 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
ADR関連の各種資料差し上げます(郵送可)[2017年12月18日(Mon)]
   (支援情報)

福島第一原子力発電所事故による
被害を受けた方向けの支援情報です。

ADRは損害を知ったときから10年で時効となり、
以降申立てが出来なくなります。

当支援相談室にADR関連の資料が
各種届いております。
かなりの部数ございますので、
ご希望の方にお渡しできます。
遠方の方には郵送も可能です。
お気軽にご連絡くださいぴかぴか(新しい)

※ADRに関してのチラシデータはこちら。
ADRチラシ表.pdf
ADRチラシ裏.pdf
※お渡しできる資料はこちらの2種です。
ADR資料.JPG

ご希望の方はこちらへどうぞ。
NPO法人アミル内
「ここふく@やまがた」相談支援室
TEL 023-674-0606
   (平日9時〜17時)
mail tosoudan@amill.org
   (24時間受付)

 
Posted by kokohuyamagata at 13:50 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
民賃補助関係で変更があった場合の手続きについて[2017年12月14日(Thu)]
  (支援情報)

福島県から山形県に避難なさっている世帯のうち、
「福島県民間賃貸住宅等家賃補助交付金事業」
(以下「民賃補助」と省略)を受けている
世帯向けの情報です。

民賃補助に関して何らかの変更があった場合は
変更手続きが必要になります。

手続きが必要なケースは大きく分けて次の三つです。
1.家賃等の金額が変わった場合
2.住所が変わった(=引越しした)場合
3.家賃等を支払う必要がなくなった場合
 (中古・新築に関わらず家を購入した場合や
 親戚宅など家賃が発生しない家へ引っ越した場合)

上の三つにあてはまる場合は、
変更承認申請書(第6号様式)の
提出が必要になります。
また、上の1番については
変更になった金額に応じて家賃補助継続、
3番については家賃補助終了となります。
2番については家賃補助が継続になる場合と、
終了になる場合の両方があります。

2番はさらにいくつかの場合に
分けて考える必要があります。
・引越し先が公営住宅の場合→家賃補助終了
 ・引越し先が公営住宅以外の場合
  山形県内→家賃補助は変更・継続
  福島県内(避難元市町村)→終了
   〃  (避難元以外の市町村)→妊婦がいる
      またはH28.10.1の時点で18歳以下の
      子供がいる世帯→変更・継続
      それ以外の世帯→終了
  山形県・福島県以外の場所→終了

…となりますが、いずれの場合でも、
まず変更承認申請書(6号様式)の提出が必要です。

ちょっと複雑ですねあせあせ(飛び散る汗)
民賃補助変更手続きについてご不明な点がありましたら、
どうぞお気軽にご相談くださいぴかぴか(新しい)

「ここふく@やまがた」相談支援室
TEL 023-674-0606
mail tosoudan@amill.org
Posted by kokohuyamagata at 10:34 | 支援情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
小学生対象の「忍者体験教室」のお知らせ[2017年12月14日(Thu)]
   (イベント情報)

山形市東部公民館で来年1月に開催される
小学生対象のイベントのお知らせです。

題して
「忍者VS妖怪烏天狗 〜妖怪烏天狗を封印せよ〜 」!!!
山形市内を拠点として殺陣(たて)の指導をなさっている
「山形殺陣乃会 紅蓮羽(くれは)」の皆さんによる
忍者の舞台を観たあと、
忍者の動きや手裏剣の投げ方、
秘剣の使い方などを教わろう!という催しです。

日時:2018年1月14日(日)
    午前10時〜 正午
会場:東部公民館(福祉文化センター)
対象:小学生 30人(申込み多数の場合は抽選)
費用:無料

希望する方は以下に従ってお申し込みください。
ハガキ、FAX、E-maiまたは窓口で、
講座名(忍者体験教室)・氏名(ふりがな)
学校名・学年・性別・住所・電話番号・保護者名を
ご記入のうえ、1月5日まで東部公民館まで。
山形市東部公民館
  〒990-0021  山形市小白川町2−3−47
  電話642−5181  FAX625−2150
  E-mail tobu@city.yamagata-yamagata.lg.jp


参加すると「修了証」がもらえるそうです!
参加ご希望の場合はお早めにお申込みくださいぴかぴか(新しい)

※山形市役所のこのイベントを
 紹介するページへはこちらから。
https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp/event/kosodate/8c683ongakudeasobou.html
※山形殺陣乃会 紅蓮羽さんのブログへは
 こちらから。
https://ameblo.jp/henzerutoglayteru/



ついに雪の季節到来です[2017年12月12日(Tue)]
   (山形暮らし)

とうとう降りましたね…雪がバッド(下向き矢印)

いやいや、下向き矢印なんか付けてはいけないですね、
スキーやスノーボードが好きな方にとっては
待ち望んだ雪かもしれません。

それにしても、山形市では急に沢山降った感じがします。
現在の双葉町事務所から見た景色は
171212雪もよう.JPG

昨日同じく双葉町の事務所から見えた景色は
171211虹.jpg

昨日までは周囲の山にもほとんど雪がなく、
虹まで見えていたのに!
突然、冬将軍がやって来た感じです。
今朝は山形市内の道路もノロノロ運転でした。

歩く際も車を運転する際も、これから先は
時間に余裕を持ってスリップに注意!ですねぴかぴか(新しい)
今日は「漢字の日」!恒例の「今年の漢字」は…。[2017年12月12日(Tue)]
   (雑記帳)

今日12月12日は「漢字の日」だそうです。

「今から1200年ほど昔、
中国大陸より我が国に初めて漢字がもたらされたのが
今の暦で言うと12月12日のことだったため…」と
言うような由来なのかな?と思ったのですが、
何と、またしても語呂合わせ!
「1212=いい字ひと字」、ということだそうです。

毎年、この日に「今年を表す漢字ひと文字」が発表となり、
清水寺のお坊さんが墨色も鮮やかに
揮毫するのが通例となっています。
今年の漢字も発表されました。
今年を表す漢字は「北」!
ミサイルを発射するあの国とか、
九州北部豪雨とか、北海道のじゃがいも不足とか、
「北」にまつわる話題が多かったためのようです。
ちなみに、「今年の漢字」は
日本、中国、台湾から広く募集したものを集計して、
一番得票数が多かったものを選んでいるのだそう
(過去の「今年の漢字」を見てみると、不思議なほど
「金」が多い理由が分かった気がします。
人気投票みたいな感じだからだったんですね)。

今年を表す漢字一字が「北」とは…。
皆さんにとっての2017年はどんな1年でしたか?

※この記事を作成するために
 以下を参照しました。
http://japan-gyouji.com/kotosinokannji-2017-happyoubi/
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%C1%BB%FA%A4%CE%C6%FC
https://resemom.jp/article/2017/12/12/41812.html

Posted by kokohuyamagata at 15:06 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
福島市で「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」開催中![2017年12月12日(Tue)]
   (イベント情報)

福島県文化センター
(=とうほう・みんなの文化センター)にて
「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展
〜天空の城ラピュタ・火垂るの墓・時をかける少女〜」
が開催されています。

山本二三(にぞう)は数多くのアニメーション作品で
背景美術や美術監督を務めた人。
代表作には「未来少年コナン」をはじめ、
「ルパン三世カリオストロの城」
「天空の城ラピュタ」「もののけ姫」「火垂るの墓」
「千と千尋の神隠し」「時をかける少女」など、
新旧の名作アニメーションの名前がずらりと並びます。
特にボリュームのある雲の描き方に特徴があり、
(「天空の城ラピュタ」の「龍の巣」などでしょうか!)
「二三雲」という呼び名まであるそうです。

今回の展覧会では、
『天空の城ラピュタ』『火垂の墓』『もののけ姫』
『時をかける少女』などの背景原画を中心に
イメージボード、レイアウト等、約220点が展示されています。

会期は来年1月28日(日)まで。
期間中12/31と1/1は休館です。
開館時間は午前10時から午後5時、
土曜日のみ午後8時まで開館しています
(最終入館は閉館時刻の30分前まで)。
観覧料は一般1,000円、中高生800円、
小学生以下無料となっています。

福島へは「日本最長の無料トンネル」を通れば
山形からもすぐ!
原画が見られるまたとないチャンスですので、
どうぞお出かけくださいぴかぴか(新しい)

※この記事を作成するために
 以下を参照しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E4%BA%8C%E4%B8%89
https://www.yamamoto-nizo.com/news
今日12月11日は「胃腸の日」![2017年12月11日(Mon)]
   (雑記帳)

今日12月11日は「胃腸の日」だそうです。
なぜかと言うと、
1211=胃にいい、だから!!!
11月22日=いい夫婦の日、
みたいな感じの記念日ですね。
この時期、忘年会などで
どうしても暴飲暴食してしまいがち。
語呂合わせとは言え、
いい時期に設定された記念日だと思います。

さてさて、「甘いものは別腹」と
よく言いますが、胃袋は一つしかないのに、
本当に「別腹」なんてあるのでしょうか?
これ、あるんだそうですよ。
以前テレビで見たことがあるのですが、
「もうお腹いっぱい」という状態まで食べた人に
大好物のスイーツを見せたら、
胃の中のものがグググッ!と動いて
スペースができたのです!
「ご覧ください、これが『別腹』の
正体です!」という映像を見て
びっくりした覚えがあります。
今回調べてみたら、
大好物を見ると「オレキシン」というホルモンが出て、
そのホルモンが食欲を刺激し、
「大急ぎで消化せよ!」という命令が出されることで
「別腹」が出来る、ということだそうです。
大好物とは何もスイーツに限らず、
ステーキでもうなぎでもOK。
とにかく大好きな食べ物を見ると
オレキシンが出るらしいです。

これは元々、人間がまだ狩猟採集に頼っていた頃、
とにかく飢え死にしないで済むように、
食べ物があるときはあるだけ
胃に詰め込むことができるようにするため、
身体に備わったシステムなのだそう。
太古の人類が飢えと常に闘っていた
名残りなのだそうです。

今は「飽食の時代」ですから…。
「別腹」も程ほどに、ということでしょうねふらふら

※この記事を作成するために
 以下を参照しました。
http://kerokero-info.com/what_today_calendar/what-today-1211-2/
https://matome.naver.jp/odai/2138940915995030901
Posted by kokohuyamagata at 16:24 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
相馬市で故高倉健さんの写真展開催中![2017年12月11日(Mon)]
   (イベント情報)

2014年11月10日に亡くなった高倉健さんの
写真展「逢いたい...言葉はいらない、
寄り添うだけで」が福島県相馬市の
ショッピングタウンベガ・イオン相馬店にて
現在開催されています。

今回展示されている写真は、
20年以上にわたり、高倉さんの撮影を続けた
専属カメラマンで写真家の
山川雅生さん(川崎市)の作品約100点。
映画やドラマの撮影時だけでなく、
旅行などのプライベートを捉えた
写真もあります。
また、高倉さん愛用のジャケットなども
展示されており、等身大の高倉さんを
偲ぶことができる展覧会となっています。

会場は2階のニコロポーロ相馬店隣、
観覧時間は10:00から18:00まで。
この展覧会は東日本大震災の被災地支援の
一環として開かれており、入場は無料です。
今月25日(月)まで開かれています。

高倉健さんと言えば、「私生活が謎に包まれた人物」
として有名でしたね。
プライベートな旅行などを捉えた写真は本当に
貴重なものだと思います。
あと2週間ほど開催されておりますので、
どうぞお出かけくださいぴかぴか(新しい)

※この写真展に関する福島民報の記事へは
 こちらからどうぞ。
http://www.minpo.jp/pub/topics/odekake/2017/12/post_6294.html
原子力損害賠償に関する個別相談会のお知らせ[2017年12月11日(Mon)]
   (支援関係のイベント)

山形県弁護士会による
原発事故についての無料個別相談会ですが、
来年1月、2月はお休みです。
山形県内で開催される相談会は
来年3月24日(土)が今年度最終となります。

無料個別相談は1回1時間以内、
年間6回までご相談可能です。

個別相談をご希望の場合は、
事前に申込みが必要になります。
お申込みは12/29〜1/3を除く毎日、
9:30〜17:00まで可能です。
相談希望の方は予約受付電話
0120-330-540 までご連絡ください。

※来年3/24の無料個別相談会の
 チラシはこちらからご覧頂けます。
原発賠償無料相談会チラシ.pdf
「やまがた冬のあった回廊」のご紹介[2017年12月07日(Thu)]
   (イベント情報)

復興ボランティア支援センターやまがたの
多田さんから「ブログのネタにどうぞ」と
資料を頂きました。
多田さん、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

…という訳で、早速頂いた資料を使って記事をるんるん

まずは「やまがた冬のあった回廊」のご紹介です。
「からだもこころもあったまるべ(=温まりましょう)」
がキャッチコピーのこのイベント、
冬の置賜(おきたま)と上山を楽しんで頂こう、
というキャンペーンです。
頂いたパンフレットが手元にあるのですが、
上山、南陽、長井、白鷹、小国、川西、飯豊、高畠、米沢の
9市町の地図中に書いてある温泉マークがなんと22か所!
特に米沢市には「米沢八湯」の名の通り、
湯の沢、小野川、大平、白布、新高湯、姥湯、滑川、五色の
八か所も温泉があります…すごいいい気分(温泉)
「冬のあった回廊」は、温泉をベースに
「食べて」(米沢牛やそば)
「飲んで」(造り酒屋やワイナリー)
「遊んで」(スキー場)
「まつりに参加して」(各地の雪まつりなど)
冬の上山と置賜地方とを楽しんでもらおう!という
キャンペーンなんですね。

パンフレットを見ると、来年3月にかけて
各地で開催予定のイベントがまさに目白押し。
フラワー長井線を「ワイン列車」が走ったり、
スノーモービル、パラグライダーのタンデム体験や、
メープルサップ(シロップの原料になる樹液)採取、
「滑り下駄(昔の子どもの冬の遊び道具)」の世界大会、
スノーシュー(西洋式かんじき)を履いての雪中ハイキング、
雪灯籠まつりに酒蔵めぐりに3月の「雛めぐり」と、
とてもご紹介しきれないくらいのボリュームです。
パンフレットを見ているだけで楽しくなってしまいます。

百聞は一見に如かず。
「やまがた冬のあった回廊」キャンペーンのHPを
是非ご覧になってみてくださいねぴかぴか(新しい)
http://attakairou.oki-tama.jp/


山形のイルミネーション情報[2017年12月07日(Thu)]
   (イベント情報)

今日12月7日は「クリスマスツリーの日」!
1886(明治19)年に、横浜で日本で初めて
クリスマスツリーの飾りつけが行われたからだそうです。

山形市内もクリスマス一色。
イ○ンなどの大きなお店だけでなく、
小さなお店や個人のお宅の窓からも
ツリーライトの輝きが漏れて来る季節になりました。

ライトの輝きと言えば…イルミネーションぴかぴか(新しい)
お隣仙台市の「光のページェント」が有名ですが、
山形県内にも隠れた名所が。
今日はいくつかご紹介します。

・霞城セントラルビル
 「ノエル デ スィウー 天空のクリスマス」24F
  青を基調としたイルミネーションと、
  山形市で一番高い展望フロアから見える夜景の
コラボレーション。
   点灯時間:16:00〜23:00
   点灯期間:11/11(土)〜来年2/18(日)
 「Xmas イルミネーション」1Fアトリウム
  高さ約20m、ツリー状のピンクと白のLEDがキラキラ。
  中に入って写真が撮れる(地元中高生に大人気)。
   点灯時間:9:00〜22:00
   点灯期間:11/11(土)〜12/25(月)

・山形市七日町(なぬかまち)通り(十日町〜文翔館前)
 「光のプロムナード」
  富岡本店隣りの「ほっとなる広場」の飾りつけが
特にきれい。
  12/9(土)には今年最後の
「七日町ナイトバザール」開催。
   点灯時間:16:00〜23:00
   点灯期間:11/24(金)〜来年1/10(水)
   ※最終日である1/10は「初市」の日です

・さくらんぼ東根温泉街イルミネーション 
  通りや足湯、開湯100周年記念公園などを
ライトで飾り付け。
   点灯時間:17:00〜24:00
   点灯期間:12/1(金)〜来年2月中旬

・道の駅「月山」月山あさひ博物村
 「ふれあい橋 イルミネーション点灯」
  梵字川渓谷にかかる吊り橋とその周辺を
  1万5千個の青色LEDでライトアップ。
   点灯時間:15:30〜20:00
        (橋の通行は18:00まで)
   点灯期間:〜12/25(月)

・鶴岡冬まつりライトアップ
  大宝館(鶴岡公園内)と
旧西田川郡役所(致道博物館内)とを
  ライトアップ。冬景色の夕暮れ時が特にオススメ。
   点灯期間:12/23(金)〜来年2/27(月)
   点灯時間:16:30〜22:00
        (12/31は翌7:00まで終夜)

鶴岡冬まつりライトアップの
「冬景色の夕暮れ時」というのが魅力的ですね〜。
雪に夕焼けの色が映ってきっときれいなんでしょうね!
また、霞城セントラルの「ノエル デ スィウー」の
「スィウー」の意味が気になって
いろいろ調べたのですが、
どうしても分かりませんでした。
「スィウーのクリスマス」、
「スィウー」って何なんでしょうか。
とても気になります…。

※この記事を作成するために
 以下を参照しました。
http://www.shend-trend.com/post-3689/
https://illumi.walkerplus.com/list/ar0206/
http://www.nanokamachi.com/
https://loco.yahoo.co.jp/event/107f39a34a6d6c0a6b1efc3190c9937d37c11915
https://loco.yahoo.co.jp/event/0ccf1e65671f3d45a03c556c23de24de5b178414/
https://www.tsuruokakanko.com/season/fuyu/light.html
 
虹はどうして虫偏なの?[2017年12月05日(Tue)]
  (雑記帳)

山形市双葉町の事務所から見える低い山々も
てっぺんが少し白くなり始めました。
これから先、「降るもの」と言えば、ほぼ雪。
そんな訳で、そろそろ「虹の季節」もおしまいです。
今季もかなり虹を見ました。

…それにしても、どうして虹という字は
虫偏なのでしょうか?
常々不思議に思っていたので、
今日はその辺りを記事にします。

漢字の基を作った古代中国では、
今の昆虫を表す漢字は「蟲」
(風の谷のナウシカに出てくる、
「あれ」に使われている漢字です)。
「虫」は蛇を象った象形文字で、
「キ」と読み、元々は毒蛇を意味したそうです。
また、その頃の中国では生き物をその外見から
「鳥」「獣」「魚」に分けており、
そのどれにもあてはまらない小動物を
総称として「虫」と呼んでいました
(例えば蛙、蛤、蟹など)。

古代中国の人々は時折空にかかる
不思議な色をしたアーチ状のものを
「天に住む龍が作っているのだ」と考えていました。
そこで「虫」に「貫く」ことを意味する
「工」をくっつけて「虹」と表すことにしたのだそうです。

虹を蛇に見立てて、「縁起の悪いもの」
「恐ろしいもの」とする言い伝えが
世界中にあるのだとか。
虹を見た時の対処法も、蛇を見た時と同じように
「指差してはならない」
「手刀や鎌などで切る仕草をしなければならない」
「まじないの言葉を唱えなければならない」など。
蛇と虹を同一視するなんて…とびっくりしてしまいました。

でも、考えてみれば無理もなかったのかもしれません。
「虹は太陽光線が雨粒で反射して出来る」とか
「虹が出るために必要な条件は…」など、科学のお蔭で
現代の私たちは知ることが出来ますが、
昔の人々は空いっぱいにかかる虹が何なのか、
なぜ時折見えるのかが分からず、
ひたすら畏れるしかなかったのだと思うので。

虹を見て、無邪気に「きれいだなあ」と思えるのが、
実は科学のお蔭だったなんて面白いなあ、
と言うのが今回の感想です。
でも、七色の龍が天駆けているところ、
と想像してみるのも楽しそうだな、と思いますぴかぴか(新しい)

※今回の記事を作成するために
 以下を参照しました。
http://suwa3.web.fc2.com/enkan/zatu/17.html
http://www.jma-net.go.jp/matsue/chisiki/column/phenomena/rainbow.html
https://matome.naver.jp/odai/2140185817928971001
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13137442298?query=%E8%99%B9+%E8%99%AB%E3%81%B8%E3%82%93&status=solved
Posted by kokohuyamagata at 09:52 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
書初め教室(12/24)のお知らせ[2017年12月04日(Mon)]
  (支援関係のイベント)

山形県に避難していらっしゃる方
向けのイベント情報です。

夏休みの小学生を悩ませる宿題、
それは「自由研究」と「読書感想文」。
では、冬休みの宿題で大変なものは…と
考えると、私は「書初め」でした!
うっかり墨をこぼしたり跳ねさせたりすると
大変なことになりますし、
鬼より怖い母親(!)が
後ろからにらんでいる視線を感じつつ
慣れない筆で文字を書くのがどうにも…あせあせ(飛び散る汗)

閑話休題。
来る12/24(日)、
「 寺子屋子ども大学 〜 避難者世帯向けの学習支援〜
 特別授業『楽しい書道教室〜書き初めを極めよう!〜』」
が山形市にて開催されます。
 
(以下は復興ボランティア支援センターやまがたさんの
当該ページからの引用です。)
●日時:12月24日(日)
    午前の部 9:30〜(2時間程度)
    午後の部 13:00〜(2時間程度)
●場所:真宗大谷派山形教務所
    (山形市木の実町9-26)※駐車場有(無料)
●参加費:100円(保険代)
●持ち物:書道の道具、お手本、半紙
    (1,2年生は硬筆指導・習字の指導も可)
●講師:書道家 支部蘭蹊先生
●対象:小・中学生 小・中学生
   (定員 午前・午後、各回 20 名 先着順 )
●お申込み:参加者名・学校・学年・連絡先・
  希望時間帯を明記の上、
  メール・電話・FAXでお申し込み下さい。
●申込締切:12月22日(金)11:00まで
【お問い合わせ】
寺子屋子ども大学事務局
 山形大学都市・地域学研究所事務局
 (山形大学人文学部松尾剛次研究室内)
TEL&FAX:023-628-4871
      (平日午前) 担当:結城
※希望する方は山形県が派遣する
臨床心理士による個別カウンセリングが受けられます。
こちらの予約受付電話番号は
 070−6656−3599 です。
※子ども寺子屋教室の活動の様子は
 こちらをご覧ください。
http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~kmatsuo/
12/10うつくしま会「クリスマスリース作りの会」のお知らせ[2017年12月04日(Mon)]
   (支援関係のイベント)

福島県から山形県へ避難なさっている方
向けのイベント情報です。

来る12/10(日)に、
「クリスマスリース作りの会」が
開催されます。

(以下復興ボランティア支援センターやまがたさんの
当該ページからの引用です)
●日時:12月10日(日)13:30〜15:30
●場所:山形市総合福祉センター3階 会議研修室4
●参加費:300円
●お申込み:メール、お電話にてお申し込みください。
●申込締切:12月8日(金)
【お問合せ】
NPO法人コミュラボ-地域生活研究所
TEL:090-3983-6945/E-mail:commulabo@gmail.com

子どもさんから大人の方まで
楽しく作れるイベントのようです。
希望なさる方は参加申込みをお忘れなくぴかぴか(新しい)

※こちらから復興ボランティア支援センターやまがたさんの
 当該ページへジャンプできます。
http://kizuna.yamagata1.jp/modules/con04/index.php?content_id=1324
(至急)「12/9もちつき体験会」参加申込み本日締め切りです![2017年12月04日(Mon)]
   (イベント情報)

山形市で行われる「もちつき体験」の
お知らせです。
避難者限定ではなく、
どなたでも参加できるイベントですが、
参加申込み締め切りが本日12/4ですので、
希望なさる方はお急ぎくださいあせあせ(飛び散る汗)

(以下復興ボランティア支援センターやまがたさんの
当該ページからの引用です)
日時:12月9日(土)10:00〜12:00
場所:山形市常明寺「ふる里さくらんぼ園大曾根館」
          赤い屋根の直売所
参加費:大人600円 子供(小学生まで)200円
◆納豆餅、あんこ餅、きな粉餅にして、
 腹一杯食べ放題です。
◆もち品種「奥白玉」今年5月27日に田植えし、
 10月1日に稲刈りした品種。
 大曽根根餅つき保存会が使用しているモチ品種で
 甘みがあり非常においしいです。
◆注文販売 (参加申込時にお知らせください)
・生もち 1kg 1000円
・コシヒカリ 精米 5kg 2000円
・モチ米「奥白玉」 1.5kg 900円
・りんご「ふじ」 5kg 2000円
・じゃがいも 10kg 1000円

※12月4日まで参加人数、注文品を
 インターネット・SNS・FAXでお知らせください。
【参加申込み】
「山形アグリアカデミー」事務局・代表 齋藤博行
 携帯電話:090-8251-3521
 メール:saito433@ma.catvy.ne.jp
 TEL/FAX :023-645-1802

※こちらからチラシもご覧になれます。
http://kizuna.yamagata1.jp/modules/con04/index.php?content_id=1319
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml