CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「笑い」で楽しく健康に![2017年11月28日(Tue)]
   (雑記帳)

11月22日に元木公民館で開かれた
避難者交流サロン「花はな会」に
うかがいました。
その時に、参加者のお一人から
「ねえ、今日は、あれ、やらないの?
『あっはっは!』っていう、あれ!」と
言われまして…。
とても嬉しかったのです。

「あっはっは!っていう『あれ』」とは、
9月、10月の「花はな会」でさせて頂いた、
「あいうえお笑い」のことです。
皆さんと一緒に歌を歌う前に、
ためしに恐る恐るやってみました。
文字にすると何ということもなくて、ただ
「あーはっは」「いーひっひ」「うーふっふ」
「えーへっへ」「おーほっほ」と笑うだけ。
ただ、それだけなんですけどね。
「普段、大きな声で笑ったりなかなか
出来ないから、とても楽しかった!」
と言ってくださる方がほとんどで、
「バカみたい!って怒られないかな?」
と内心ビクビクしながらだったのが
杞憂に終わってホッとしました。

この「あいうえお笑い」は、
仲間と一緒に6年以上続けている、
老人ホームでのボランティア活動の中で
始めたものです。
「小学生は一日に300回以上するけど、
70歳以上になると一日に2回しか
しなくなっちゃうもの、なーんだ?」
というクイズからいつも始めることにしています。
正解は「笑うこと」、子どもの元気の源は
実はよく笑うことだったんですよ!

そもそも笑うことには、「副作用の全くない
お薬」と言ってもいいくらい、身体に
いい働きがたくさんあります。
免疫力が高まり病気と闘う力が強くなること、
痛みがある場合は痛みを忘れられること、
呼吸を深くすることにより心肺機能が高まること、
頭の回転が良くなること、などなど。
糖尿病の患者さんを2つのグループに分け、
片方には偉いお医者さんのためになるお話を、
もう片方には落語や漫才などを聞かせ、
血糖値を測ると、お医者さんの話を聞いた
グループは血糖値が上がったのに対し、
落語や漫才を聞いたグループは明らかに下がった、
という実験結果も出ているくらいです。
ガン細胞をやっつけるナチュラルキラー細胞の
働きも笑うと活性化するそうですし、
本当に「笑わな、損、損!」なのですね。

確定ではありませんが、12月の
「花はな会」ではまた少し時間が
頂戴できるかも知れません。
そうなったら、
「年忘れあいうえお笑い」を
皆さんと一緒にやりたいと思っています。
乞うご期待、ということでぴかぴか(新しい)

※笑いの本場大阪府ではこんな小冊子を出しています。
 実はわたしの「元ネタ」もこれなんですよ。
 http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4002/00029624/waraisasshi.pdf#search=%27%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C+%E7%AC%91%E3%81%84%27

Posted by kokohuyamagata at 16:08 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml