CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2017年07月 | Main | 2017年09月 »
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
福島県の高校受験についてのお話が聞けます。[2017年08月03日(Thu)]
   (支援関連のイベント)

福島県外に避難なさっている世帯のうち、
福島県での高校受験を考えているお子さんをお持ちの
世帯向けの情報です。

来る8月9日(水)、ビーンズふくしまさん主催
「ままカフェminiスペシャル
 福島の高校受験について」が開かれます。
会場は福島市内の「みんなの家セカンド」、
時間は10:30から12:00までです。
福島の中学校の先生から直接お話を伺えます。
参加は無料ですが事前の申込みが必要です。

イベントの詳細や申込み方法などについては、
こちらのチラシをご覧くださいぴかぴか(新しい)
H29ままカフェminiスペシャル.pdf

山形県内の美術館情報[2017年08月03日(Thu)]
   (イベント情報)

せっかくなので、山形県内の
美術館で開催中の展覧会についても
ご紹介します。

・山形市 山形美術館
 日本の現代アートがここにある! 
 高橋コレクション・マインドフルネス2017

  鶴岡市出身の精神科医高橋龍太郎氏が収集を続ける
  日本の現代美術作品を多数展示。
  「水玉模様」で有名な草間彌生をはじめ、
  村上隆、奈良美智など、「あっ、見たことある」
  と思うような有名作家の作品も。  
   開催中(〜8/27) 月曜休館
   入場料については要問合せ
 問い合わせ 023-622-3090

・天童市 広重美術館
 ウキヨエ×クイズ 
  「この人は何をしている?」
  「これはどうやって使う?」などなど、
  いつの間にか「近くて遠い存在」になった江戸の暮らしを
  クイズを通して理解し、より楽しくより深く
  浮世絵に親しめるようになろう!という企画展。
  期間中夏休みのワークショップとして
  「紋切りでうちわ作り」「木版画摺り体験」
  「木のカレンダー作り」「光の万華鏡作り」などを
  連日開催(予約不要)。
  8/5〜8/7はパリ在住の講師の指導による
  「ガラスのトンボ玉作り」も。
    8/4〜8/28 期間中8/8のみ休館
    一般¥600 高・大¥400 小・中¥300
  問い合わせ 023-654-6555

・酒田市 酒田市美術館
 ダンボール遊園地 しんかいせいぶつたんけんたい!
  ダンボールアートの第一人者が作る、深海世界遊園地。
  ダイオウグソクムシやチョウチンアンコウの巨大オブジェや
  ダイオウイカが待ち受ける巨大迷路など、
  すべてダンボール製!
    開催中(〜8/27) 期間中無休
    一般¥830 高・大¥420 中学生以下無料
    ※小学生以下のお子さんには保護者の同伴が必要
 問い合わせ 0234-31-0095

・酒田市 土門拳記念館
 土門拳と18人の写真家が捉えた昭和のこども
  全力で笑い、泣き、遊ぶ子供たちの姿は昭和とともに
  いつの間にか消えてしまった大切なもの。
  日本の国はまだまだ豊かではなかったけれど、
  子供たちがたくましい子供らしさにあふれていたあの頃を
  土門拳と18人の写真家たちの作品を通して振り返る企画展。
   開催中(〜8/29) 期間中無休
   一般¥430 学生¥210
 問い合わせ 0234-31-0028

山形県内の各美術館でも、夏休み期間ということもあり、
非常に面白い展示を行っているようです。
外はいくら暑くても、美術館の中は別世界!
お近くの美術館へどうぞお出かけくださいぴかぴか(新しい)

※各企画展の紹介ページへはこちらから。
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/exhibition/2402.html
http://www.hiroshige-tendo.jp/00new/index.html
http://www.sakata-art-museum.jp/data2017/danbowl.html
http://www.domonken-kinenkan.jp/2017042001/
   
  
    
夏休みに「原画展」にお出かけになりませんか?〜福島編〜[2017年08月03日(Thu)]
   (福島県内のイベント情報)

早いもので8月も・・・もう3日ですね。
お盆に福島へ帰省なさる方も多いかと思います。
その折に「原画展」へお出かけになりませんか?
この夏、福島県内で開催されている「原画展」を
4つご紹介いたします。

・伊達市梁川町 梁川美術館
 西巻茅子(かやこ)展 「絵をたのしむ絵本たち」
 「わたしのワンピース」や
 「もしもぼくのせいがのびたら」などの原作者、
  西巻さんの絵本世界を紹介するイベントです。
   開催中(〜8/27) 月曜休館
   一般¥500 中・高¥200 小¥100
  問い合わせ 024-527-2656

・郡山市豊田町 こおりやま文学の森資料館
 特別企画展 「さとうわきこ絵本原画展」
  1981年に初登場した「ばばばあちゃん」シリーズほかの
  原画や原稿、アイディアの資料、
  掲載雑誌など約100点を展示。
  市内の保育園や幼稚園の子供たちによる
 「こども絵画展」も。
   開催中(〜9/3) 月曜休館
   一般¥200 高・大¥100 中学生以下無料
 問い合わせ 024-991-7610

・喜多方市押切 喜多方市美術館
 どうぶつ画家 「薮内正幸原画展」
  図鑑の挿絵や絵本作家として活躍した動物画家
  薮内正幸さんの「動物の親子」をテーマとした
  絵本の原画や絵画作品の展示。
   開催中(〜9/3) 水曜休館※休館日に注意
   一般¥500 高・大¥300 小・中¥200
 問い合わせ 0241-23-0404

・田村郡三春町 福島さくら遊学舎(旧桜中学校)
 「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」
  「赤毛のアン」「火垂るの墓」などの 
   多数の作品に関わり、「耳をすませば」の監督を務め、
   1998年に夭折した近藤氏を
   アニメーションのストーリーボードや原画、
   イラスト等の展示品から回顧する。
   スタジオジブリ全面協力。
    開催中(〜8/31) 無休
    一般¥1200 中学生以下¥600
  問い合わせ 0247-61-6345

お子さんと一緒でもいいでしょうし、
大人だけでお出かけになっても
きっと楽しめると思います。
(個人的に全部見に行きたいものばかりです!)

各原画展の情報ページへはこちらから。
https://twitter.com/museumyanagawa
http://www.bunka-manabi.or.jp/bungakunomori/
http://www.kcmofa.com/tenji.html
http://fukushimagainax.co.jp/?p=4131


検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml