CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 熱中症対策 | Main | お見舞い »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
令和元年度 福島県奨学資金《震災特例採用》奨学生〈追加募集〉のご案内[2019年10月01日(Tue)]
令和元年度福島県奨学資金《震災特例採用》奨学生〈追加募集〉のご案内

■対象者
1年生以外の学年の方も応募できます。
・保護者が福島県内に住所を有する高校生、専修学校(高等課程)生、特別支援学校高等部の生徒
・勉学に意欲があり、 学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認める生徒
・東日本大震災により被災し、下記のいずれかの事由で家計が急変したことにより修学が困難で、生徒の生計を主として維持する方の所得金額が所得基準額以下 (※) であること。

※所得金額:総収入金額から必要経費及び特別控除額を差し引いた額(目安:父・母・高校生・中学生の4人世帯の場合の所得基準は、給与 所得者の場合785万円以下、給与所得者以外の場合330万円以下)

(1) 申込者の居住する家屋が全壊 ・ 半壊又はこれに準ずる被災をした場合
(2) 警戒区域又は計画的避難区域内に居住していて避難した場合
(3) 緊急時避難準備区域、屋内退避指示が出た区域等に居住していて市 町村の判断により避難した場合
(4) 主たる生計支持者が死亡・行方不明又は重篤な障がい・疾病を負った場合
(5) 主たる生計支持者の勤務先等が被災したことにより失業又は収入が著しく減少した場合
(6) その他、被災により、申込者の属する世帯の家計の支出が著しく増大又は収入が減少した場合で、 学校長が特に必要と判断し県教育委員会が認める場合

■貸与月額
      自宅通学 自宅外通学
国公立   18,000円  23,000円
私 立   30,000円   35,000円
※ 保護者と同居の場合は自宅通学扱い

■貸与期間 平成31年4月〜令和2年3月

■返還
卒業から6ヶ月経過後より7〜8 年間で返還。ただし、卒業後の奨学生本人の向こう1年間の収入見込み(税等控除前)が一定額を超えない場合、願出により返還義務を免除します。
《返還免除基準となる年間収入見込額》
高校等卒業(進学者を除く) 340万円未満
短大・専門学校に進学・卒業 370万円未満
大学に進学・卒業 400万円未満

■貸与方法
採用決定後、 年2回に分けて奨学生本人の口座に振込み

■利 子 無利子

■保証人 連帯保証人1名(原則保護者)

■申込方法
願書に必要書類を添付し、在学する学校へ申し込んでください。 申込み手続き等については、学校へお問い合わせください。

■申込締切
・締切学校から県教委への提出
令和元年 11月15日(金)必着

【お問合せ】
福島県教育庁高校教育課
〒960-8688 福島市杉妻町2-16/TEL:024-521-7775

★詳しくはこちら
2020年度福島県立高等学校入学者選抜実施要綱が発表されました[2018年10月09日(Tue)]
   (福島県の生活情報)

再来年2020年度の福島県立高等学校
入学者選抜実施要綱が福島県HPに
掲載されました。

2020年度から選抜方法が大きく変わります。
一番大きな変更点は
従来のT期、U期、V期の選抜が
前期、後期の選抜になることです。
前期選抜は
 出願する各高等学校の特色を踏まえた選抜
 (特色選抜)と、中学校のおける学習活動の
 成果を総合的にみる選抜(一般選抜)の
 いずれか又は両方を受験できる
というものです。
従来のT期とU期を統合した形になり、
「特色選抜」と「一般選抜」は併願が可能です。
また、出願者全員に学力試験が実施されます。
後期選抜は
 前期選抜と中高一貫校の連携型選抜で
 定員を充足しない高等学校で実施されるもので、
 前期選抜又は連携型選抜に合格した者は
 出願できない
というもので、従来のV期選抜にあたります。

前期選抜は出願書類提出が2/6〜2/12、
出願先変更は2/13〜2/17、
学力検査・面接等は3/4〜3/6、
合格発表は3/16。
後期選抜は出願書類提出が3/17、3/18、
出願先変更は3/19、
面接・小論文(又は作文)は3/24、
合格発表は3/25となります。

実施要綱には詳細が掲載されております。
2020年度以降に福島県の公立高等学校を
受験予定のお子さんをお持ちの方は
こちらをごらんくださいぴかぴか(新しい)
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/edu/shinnyushi.html



平成31年度福島県立高等学校入学者選抜実施要綱が発表されました[2018年10月09日(Tue)]
   (福島県の生活情報)

平成31年度福島県立高等学校入学者選抜実施要綱が
福島県HPに掲載されました。
また、各高校ごとの選抜方法も掲載されております。
来年度福島県立高等学校を受験予定のお子さんをお持ちの方は
是非ご一読ください。

ご不明な点などありましたら、
「ここふく@やまがた」までお問い合わせください。

※平成31年度福島県立高等学校入学者選抜
実施要綱についてはこちらをごらんください。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/edu/h31koukounyushi.html

※平成31年度は従来の選抜方法(T期、U期、V期)で
入学者選抜が行われる最後の年となります。
翌2020年度からは選抜方法が大きく変わります。
詳しくは当ブログの次の記事をお読みください。
福島県の高校入試模擬試験が自宅で受けられます[2018年09月25日(Tue)]
  (福島県の生活情報)

福島県での高校受験をお考えのお子さんを
お持ちの福島県外在住の方向けの情報です。

福島県内の中学生も高校受験判断の目安に
している「新教研」の模擬試験を、
ご自宅で受けられるそうです(有料)。

中学1年生〜中学3年生向けのものがあり、
業者に申し込むと模擬試験の問題がご自宅に
郵送されて来ます。
解答・志望校名(4校まで)等を
返送すると、合格可能性の判定や
偏差値などの情報が送られて来る、
ということです。

こちらのサイトに詳細がありますので、
興味のある方はご覧くださいぴかぴか(新しい)
https://shop.tokyo-shoseki.co.jp/products/list?category_id=301



敷金・礼金、保証人、更新料不要の低価格民間賃貸情報[2018年08月30日(Thu)]
  (福島県内の生活情報)

8月19日付福島民友新聞に
掲載されていた情報です。

厚生労働省が管轄していた勤労者向けの
「雇用促進住宅」が、民間運営の低価格住宅に
生まれ変わっているそうです。
福島県内だと、13の市町に約1800戸あります。
約40年前に建てられたものが大部分ですが、
和室の洋室化や風呂やトイレの改装、
間取りの変更などの各種リフォーム済みで、
大変きれいな状態だそうです。
敷金・礼金、保証人、更新料不要、
ひとり親世帯や生活保護受給者、高齢者なども
積極的に受け入れているとのこと。
2K~3DKの間取り中心で、
月額賃料は相場より2〜3割低い額に
設定されていますが、認知度が低いため、
入居率は福島県内で約4割程度となっているそうです。

お問い合わせは↓のフリーダイヤルへぴかぴか(新しい)
0120-830-201(ビレッジハウス・マネジメント)
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml