CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 本日14時まで!「震災と復興写真展」のご紹介 | Main | ヒバリ&ウグイス初鳴き、そして暴風雪 »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
四季咲きの桜?のお話[2019年03月12日(Tue)]
  (山形暮らし)

霞城公園の梅も文翔館の梅も咲き、
例年より3週間以上早く目や鼻にも本格的な春到来、
今年の春は突如としてやって来た感じがします。

梅が咲けば、「桜はまだか?」と思うのが人情で。
山形市中心部の駐車場に「年に二度咲く桜」があると、
こちらのブログで何度かご紹介したと思うのですが、
最近この桜が常に咲いている状態になっておりまして。
もちろん、常に満開ではありませんが、数輪の花が
常に咲いている状態になっているようです。

何とも不思議だな、そういう品種があるのかな、と
ちょっと調べてみたところ、面白い記事を見付けました。

「仁科乙女」という品種の桜に関するものです。
これは、「山形13系敬翁(けいおう)桜」に重イオンビームを
照射して突然変異を誘発させ、作り出した新しい品種。
真夏以外の春から秋にかけての時期に
花を咲かせ続けるのが特徴なのだそうです。
温室で栽培すれば、文字通り一年中花を咲かせ続けるのだとか。

そもそも、この桜を作るきっかけとなったのは、
地球温暖化。
日本の桜は
>一般に日本のサクラは、夏につくられた花芽(はなめ)が
>晩秋に休眠します。花を咲かせるには、
>冬の寒さによって休眠を打破することが必要で、
>早春に花芽が生長し、開花に至ります。
>元品種である敬翁桜は、8℃以下1000時間程度の低温が、
>休眠打破に必要です。

ということだそうです。
そして、この「仁科乙女」という桜は
>仁科乙女は休眠打破に低温を必要としません。
>つまり、低温にさらされなくても
>花を咲かせることができることが最大の特徴です。

という桜、つまり、将来的に温暖化がもっと進み、
日本から冬がなくなってしまったとしても花を咲かせられる桜、
なのだそうです。

ここ山形県でも1990年代から桜の花の数が
減少を続けているのだとか。
これも、もちろん地球温暖化の影響です。
「二度咲き」だったはずの桜が、ずーっと
咲き続けるようになった理由も温暖化なのかも知れませんね。

※記事内の引用部分はこちらから転載しました。
http://www.riken.jp/pr/fun/sakura/
※こちらも参照しました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1504/16/news109.html

タグ:山形暮らし
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/584
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/1434445
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml