CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 2/15広報やまがたお知らせ版から | Main | (重要)平成31年3月1日以降の一部負担金免除の取扱いについて »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「仙台防災未来フォーラム2019」のご紹介[2019年02月28日(Thu)]
  (イベント情報)

来る3月10日、仙台市で開催される防災イベント
「仙台防災未来フォーラム2019」を
ご紹介します。

では、このイベントの基本情報を。
☆仙台防災未来フォーラム2019☆
日時:3月10日
   9:30~17:30
会場:仙台国際センター展示棟
  (地下鉄東西線「国際センター駅」下車)

   ※託児サービスあり(予約締切2/28
内容:防災に関する取り組みの紹介や、
   様々な団体によるプレゼンテーション、
   防災に関するワークショップなど


このフォーラムの今回のテーマは
「主役はマルチステークホルダー
わたしたちが知る・行動する 防災の未来へ」
だそうです。
「マルチステークホルダー」とは耳慣れない言葉ですが、
このイベントのチラシに掲載されている説明によると
「国籍、年齢、性別等によらない、行政・企業・個人・
市民団体・研究機関・報道機関など
さまざまな立場の人や団体を指す」言葉だとのこと。
イベントのチラシに載っていた内容をみてみたところ、
このフォーラムはまさに「マルチステークホルダー」向け、
どなたにとっても有意義なイベントだと感じました。

地下鉄東西線に乗れば、仙台駅からすぐ。
仙台市博物館にもほど近い、
青葉山のふもとの素敵な場所ですので、
お時間のある方はぜひお出かけくださいぴかぴか(新しい)

※このイベントの詳細については
 ↓をごらんください。
http://kizuna.yamagata1.jp/modules/xelfinder/index.php/view/161/20190310sendaibousaiforum.pdf
※公共交通機関利用を呼びかけているイベントです。
 お出かけの際はご協力くださるようお願いいたします。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/568
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml