CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 「オレオレ詐欺」にご注意を!その2〜こんな手口でだまして来ます!〜 | Main | 3.11 キャンドルナイト「追悼・復興への祈り」のお知らせ »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
インフルエンザまだまだ流行中[2019年02月25日(Mon)]
   (山形暮らし)

なんと、11日ぶりのブログ更新です。
…こんなに長い間更新しなかったのは
多分初めてではないかと思います。
先週、同居人(夫とも言います)からインフルエンザを
もらってずっとお休みしておりました。
お陰さまで完全復活、またどんどんと
ブログを更新しようと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、気になったので現在の山形県内の
インフルエンザの状況を調べてみました。
県内4地域とも、新規患者数は減少傾向にあるものの、
依然「警報レベル」の状況です。
昨年の状況を見てみても、「警報レベル」から
「注意報レベル」になったのは3月末でしたので、
あと1ヶ月くらいは注意が必要だと思います。

症状が重かった同居人はたった1回の服用で
効くと言う話題の新薬「ゾフルーザ」を処方されましたが、
劇的に効いた感じではなかったようです。
熱が下がるまで3日かかりましたし、
起きていられるようになるまで5日必要でした。
インフルエンザは「ウイルス」によるもののため、
やはり薬の効き方は限定的なようです。

栄養と休養をしっかり取りながら、
クヨクヨせずにわはは!と笑って免疫力を高めつつ、
流行の終息を待つしかなさそう…皆さま、ご自愛のほど。

※この記事を作成するために
 以下を参照しました。
http://www.yamagata.med.or.jp/modules/main_contents/kansen.html
http://www.eiken.yamagata.yamagata.jp/pdfshuho/2018/201852g.pdf
http://amr.ncgm.go.jp/general/1-1-2.html
https://note.mu/hiroyukimorita/n/n0c4f22ecee16
※当ブログのインフルエンザ関連記事はこちら
http://blog.canpan.info/soudan/archive/538?1551058395
http://blog.canpan.info/soudan/archive/535?1551058464

タグ:山形暮らし
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/560
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml