CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 「オレオレ詐欺」、まだまだ多いそうです | Main | 「雪根開き(ゆきねびらき)」のお話 »
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「スノーハイク体験ツアーin野草園」のご紹介[2019年02月05日(Tue)]
   (山形暮らし)

昨日、避難なさっている方向けの
「スノーシューツアーin月山」というイベントを
当ブログでご紹介しました。
http://blog.canpan.info/soudan/archive/547?1549343078

一般の方も参加出来る同じようなイベントは
ないだろうか?と思って調べたところ、
「スノーハイクツアー」が冬季閉園中の
山形市野草園を会場に行われていることが分かりました。
今回はこちらをご紹介しようと思います。

☆スノーハイク体験ツアー☆
※ 主催= 山形・上山・天童三市
     連携観光地域づくり推進協議会
日時:2月9日(土)・10日(日)・11日(月)
   16日(土)・17日(日)・23日(土)
    3月2日(土)・3日(日)
   9:30受付 10:00〜14:00
会場:山形市野草園内及び周辺エリア
対象:小学校中学年以上(ブーツサイズ22cm以上の方)
定員:各日10名(先着)
参加費:大人3,300円、中高生2,500円
    小学生1,800円
   ※ガイド料、レンタル料、保険料込
持ち物:服装その他注意事項多数あり
    必ずサイトにて確認のこと
申込み:参加日の2日前締切(要予約)
    この記事最後に掲載のサイト内
    メールフォームより申込み
問合せ:IDEHA(いでは)
    TEL 090-7067-0667

「スノーハイク」とは、スキーと
スノーシュー(西洋かんじき)の長所を併せ持つ、
新感覚のウインタースポーツだそうです。
短めのスキーの裏に滑り止めのシールを貼り付け、
雪の上を歩いたり、斜面を登ったり滑り降りたり
(昔流行った「ミニスキー」のような感じ、と
書いてあるサイトもありました)。
用具についてのレクチャーや基本動作練習の後、
野草園内のショートツアーを行うとのこと。
山形市野草園のHPを見たら、雪の上にくっきりと残った
ノウサギやテンの足跡が載っていました。
「スノーハイク体験ツアー」では、そのような
動物の足跡や、春を待つ植物の冬芽などが見られるそうです
(運が良ければ動物そのものが見られることも…)。

ちょっと参加費はかかりますが、面白い体験が
出来るのではないかと思い、ご紹介することにしました。
興味のある方は、↓のサイトをご覧ください
(問合せ・申込み受付フォーム、
持ち物に関する注意事項などが
掲載されておりますので、必ずご確認ください)。

※「スノーハイク体験ツアー」詳細については
 こちらをご覧ください。
http://www.ideha.jp/snowhike.html
※山形市野草園「スノーハイク体験ツアー」
 紹介ページへはこちらから。
http://www.yasouen.jp/%E5%86%AC%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AE%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%BF.html



タグ:山形暮らし
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/551
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml