CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」は、NPO法人山形の公益活動を応援する会・アミルが2016年6月より開設しております、福島県県外避難者向けの相談支援室です。このブログは、「情報発信事業」の一環として2016年12月20日より継続しております。
« 台風21号について | Main | 平成30年山形県避難者アンケート集計結果が公表されました »
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
返還不要給付型奨学金「まなべる基金」のご紹介[2018年09月13日(Thu)]
  (支援情報)

東日本大震災で被災し、平成31年4月1日時点で
高校等(高等学校、中等教育学校、特別支援学校、
高等専門学校、高等専修学校等)に在籍していることが
見込まれる生徒さんを対象とした、給付型奨学金
「まなべる基金」第8期の募集が始まっております。
これは、3年制の高校等の場合年間17万円の給付金を
最長3年間、4年制の高校等の場合年間12.5万円の
給付金を最長4年間、それぞれ受けられるものです。

「まなべる基金」に応募できるのは、
次の要件を全て満たす生徒さんです。
(以下「まなべる基金」HPより転載)

資格1:生年月日
平成11年4月以降に生まれ、平成31年4月1日時点で
高校等に在籍していることが見込まれる生徒。

資格2:東日本大震災発生時の居住地
東日本大震災発生時に岩手県・宮城県・福島県の
小学校に在籍していた生徒で、かつ、
その生徒の家庭で主に家計を支える方も
岩手県・宮城県・福島県に居住していた。

資格3:被災をしていることが証明できる
東日本大震災発生時に岩手県・宮城県・福島県で
被災したことを、罹災証明書(原則半壊以上)
または被災証明書の提出により証明できる。

資格4:所得の合計基準
応募者と家計を同一にする18歳以上の家族の
「平成30年度所得証明書(平成29年1月〜12月分)」の
所得合計が以下の基準を下回っている。
 応募者と家計を同一にする家族の人数
   2人…213.6万円
   3人…302.3万円
   4人…370.5万円
   5人…430.8万円
   6人…507.6万円
   7人…579.9万円
   8人…651.2万円
   9人…721.7万円

資格5:他の奨学金との重複受給がない
他の給付型奨学金と重複受給はできません。
貸与型奨学金でも高校卒業で返還免除となる
実質給付型奨学金(例:宮城県被災生徒奨学資金)を
受給している場合も重複受給はできません。

資格6:配慮すべき経済負担がある
以下の配慮すべき経済負担の事象の
いずれかに該当する家庭の生徒。
@-a震災当時の持家が震災により居住できなくなり、
自宅を新たに購入し再建した。
@-b震災当時の持家が震災により居住できなくなり、
家賃の自己負担がある賃貸住居に入居している。
A震災当時の持家が震災により修繕が必要になり、
修繕に自己負担額が50万円以上かかった。
B福島第一原発事故の影響で避難し、二重生活を
送っており、避難先で住居費を自己負担している。
C-a福島第一原発事故の影響で一家全員で避難し、
避難先で住居を新たに購入した。
C-b福島第一原発事故の影響で一家全員で避難し、
家賃の自己負担がある賃貸住居に入居している。
D福島第一原発事故の影響で6か月以上避難し、
震災前に居住していた市町村に帰還して生活している。
E事務所等が罹災して、自営業再建のため
機器類再購入に自己負担額が50万円以上かかった。
F-a震災が起因で主に家計を支える方が
平成30年9月現在、病気等の理由で働けない状況にある。
または、雇用保険受給期間満了前で、
かつ転職活動中で無職状態にある。
F-b震災が起因で主に家計を支える方が
平成30年9月現在、非正規雇用で仕事をしている。
F-c震災が起因で主に家計を支える方が
平成30年9月現在、正規雇用で仕事をしているが、
過去3年間に2回以上転職を経験し、いずれかの転職で
「自己都合以外」の理由により転職をしている。
F-d震災が起因で主に家計を支える方が震災以降に起業し、
平成30年9月現在自営業を営んでおり
不安定な経営状況にある。
(転載箇所ここまで)

募集人数は120名で、応募受付期間は
9月1日(土)から10月5日(金)までです。
現在在籍している学校を通して応募する
形となりますので、希望する場合はお早めに
奨学金担当の先生にご相談ください。

※詳細については、↓をご覧ください。
「まなべる基金」HP
http://minnade-ganbaro.jp/manaberukikin/

タグ:支援情報
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/431
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/1389605
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml