CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 3月11日は「3.11」で検索を | Main | 山形のベストセラー、差し上げます! »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「3.11キャンドルナイト」に参加して来ました[2018年03月12日(Mon)]
  (山形暮らし)

昨日山形市の文翔館で行われた、
「3.11キャンドルナイト」に参加して来ました。

初めての蜜蝋キャンドル作り。
DSCN1072.JPG
最初はキャンドルの「芯」になる糸だけの状態。
これを溶けた蜜蝋に一瞬だけ浸し、
「1,2,3」とゆっくり引き上げます。
1回だけ浸したところ。
DSCN1073.JPG
列を作って順番に何度も何度も
溶けた蜜蝋に浸す作業を繰り返します。
DSCN1078.JPG
12,3回繰り返すとキャンドルらしくなりました。
ちゃんと立つように端を切って
DSCN1080.JPG
余分な糸を切ってもらえば
双子キャンドルの出来上がり。
DSCN1082.JPG
片方をガラスのビンにセットして並べます。
もう片方は持ち帰り用。
DSCN1084.JPG
暗くなるのとほぼ同時に雨が降り出しました。
キャンドルの灯りが濡れた石畳に映って
幻想的な光景になりました。
DSCN1092.JPGDSCN1096.JPG
時折雨がぱらつく生憎の天気の中、
老若男女、沢山の方々がキャンドルの灯りに
祈りを込めておられました。
私が作ったちょっと不格好なキャンドルも
温かな光を放っていました。

震災から8年目、私たちに出来ることを
一つ一つ丁寧に行っていこうという
思いを新たにした、「キャンドルナイト」でした。

タグ:山形暮らし
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/289
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml