CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「ここふく@やまがた」だより
「ここふく@やまがた」相談支援室は、全国26か所の「福島県県外避難者生活再建拠点」の一つ。「避難なさっている方々が『ここで暮らそう』と選んだ場所で、『幸福』になるお手伝いをしよう」という思いから「ここふく」の愛称を付けました。2016年12月開設の当ブログは「心のへえ〜ボタンを押すブログ」がモットー。支援情報だけでなく、日々の暮らしが楽しく豊かになるような情報をどんどん掲載していきます。
« 天童市美術館「てんてん展」について(無料入場チラシあります) | Main | (至急)「12/9もちつき体験会」参加申込み本日締め切りです! »
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
まど・みちおさんの詩「おかあさん」[2017年11月30日(Thu)]
   (雑記帳)

「ここふく@やまがた」の事務所には、
福島民報と福島民友の二紙が届きます。
わたしたちの仕事に関わる内容の記事を
切り抜きするために、
ひと通り目を通すのですが…。

11/18(土)の福島民友1面の「編集日記」で、
まど・みちおさんの「おかあさん」という詩が
紹介されていました。
短い詩なのですが、心に残ったのでご紹介します。

「おかあさん」  まど・みちお

 おかあさんは
 ぼくを 一ばん すき!

 ぼくは
 おかあさんを 一ばん すき!

 かぜ ふけ びょうびょう
 あめ ふれ じゃんじゃか

「編集日記」ではこの詩を
>風が吹こうと、雨が降ろうと、
>お母さんは僕を守ってくれる。
>何があっても、僕がお母さんを
>好きな気持ちは揺るがない。
>まどさんの詩からは、
>子どもの素直な感情が伝わってくる
と評していました。

そうだなあ、そうなんだよなあ、
「四季の歌」の中でも母親は
「根雪をとかす 大地のような…」
と歌われているもんなあ…と思いました。
それと同時に、
「私はそんなにどっしりとした存在に
なれているだろうか?」などと思って、
ちょっと不安になったり、
ちょっとだけ反省もしたりして。
全然「大地のような」母親ではないことに
今さらながら気付かされたのでした…。

※まどさんの「おかあさん」は、
 童話屋から出ている「赤ちゃんとお母さん」に
 収録されています。(現在品切れ、重版未定)
http://www.dowa-ya.co.jp/books/poem/enjoy/akaoka.html
タグ:雑記帳
Posted by kokohuyamagata at 11:41 | 雑記帳 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/soudan/archive/229
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山形の公益活動を応援する会・アミルさんの画像
http://blog.canpan.info/soudan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/soudan/index2_0.xml