CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
1時間の作業を頼んでみました。 [2016年11月14日(Mon)]
昨日、豊平方面に行くと道路の端に雪山ができていました。
手稲方面から残雪がなく、雨の予報だったのですが・・・
雪の季節がやってきています。
インフルエンザも流行りはじめました。
無理をしないで体調を整えていきたいですね。

一昨日は、業者さんをお願いして、
大きな箪笥の方向を替えてもらいました。
引っ越しから20年、突っ張りタイプの留め具はあったものの
大きな地震がきたら、ベットに直撃する方向にありました。
家具の後ろには、20年間のほこりがたっぷりでした。
作業員がふたりで1時間以内の作業が6480円
気になっていたことが一つ解決できました!
ありがとうございます!

今年の庭木の雪囲いの作業後、足の筋肉痛がひどくて・・・
もしかして一年に一度しか使わない筋肉?
高いところに上ったり、重たい物を持ったり
思わぬところでケガすることもあります。
屋根の雪下ろしの事故は毎年ありますね。
気軽に依頼できる業者さんをみつけて
暮らしを助けてもらうのもいいのではないでしょうか。

旭川で講演 [2016年11月01日(Tue)]
最高気温が5度曇りと冷え込んでいる札幌です。
10月10日 旭川で日本尊厳死協会北海道支部旭川地区懇話会が主催し、
「自分らしい旅立ちのかたち」と題して代表が講演しました。
下から記事が読めます。

あさひかわ新聞2016.11.01.bmp


「葬送フェア2016」講演内容記事 [2016年10月03日(Mon)]
今日の北海道新聞 朝刊の生活面に
先日行われた「葬送フェア2016」で講演した3人の講演内容が載りました。

「変わるお墓 埋葬多様化」
樹木葬、散骨、合同墓など選択肢が増えている中
それぞれの特徴や注意点やお墓の持つ意味など
下の記事から ご覧ください。


IMG.jpg





葬送フェア 2016 [2016年09月23日(Fri)]
22日の秋分の日、札幌はさわやかな秋晴れ
葬送フェアは、 たくさんの方にご来場いただきました。

ドイツで樹木葬墓地と出会い研究されていて、森林の活用のひとつに
北海道で樹木葬墓地ができないか模索されている上田裕文先生は、
「注目されている樹木葬墓地」

民俗学が専門の斉藤弘美先生の「目からウロコのお墓の話」は、
日本各地のお墓のようす。時代により変化してきた弔いのさま。
いろんなお話が聞けました。

代表の澤 知里は「遺骨の弔い方いろいろ〜合同墓・散骨」

山崎石材さんの「お墓なんでも相談」コーナーには、
相談される方々の真剣な姿がみられました。

折りしも、前日のNHKのクローズアップ現代+で、
「あなたの遺骨はどこへ〜広がるゼロ葬の衝撃〜」の放送がありました。

不安をあおられたり、早計にお墓を購入してしまったりで
後悔される方もいます。
会では、いろいろな情報の収集と発信の活動をしています。
今回も、多くの方と一緒に良いお話が聞けたと感謝しております。
ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。


「葬送フェア2016」ご案内 [2016年09月14日(Wed)]
いつのまにか秋らしい風が吹き始め、
路地にはコスモスが咲き始めています。

毎回好評の葬送フェアを開催します。

っておきたいお墓あれこれ」
〜お墓・樹木葬・合同墓〜


9月22日(木・秋分の日)
11時~16時
札幌市社会福祉センター


北海道新聞の生活面に掲載されました。
是非お友達等お誘いあわせの上、お越しください。  
参加無料
です。

IMG.jpg



情報誌「札歩路」取材記事 [2016年08月11日(Thu)]
今日は山の日。15日まで事務所は、夏休みでお休みになります。

どうしん生活情報誌「札歩路(さっぽろ)」に
和ごころの囲み記事に手元供養の取材記事が掲載されました。

IMG.jpg
みんなでビアガーデン [2016年07月29日(Fri)]
7月27日(水)
雨に時折吹く強い風の中、ビアガーデンに行ってきました。

会報87の発送を終えてのお楽しみ企画です。
ボランティアで発送からお付き合いいただいた会員さんと
直接会場に来ていただいた会員さんと夏を感じるはずが・・・
雨もはげしくなり、肌寒さを感じるほどです。

全天候型の席は、席にいて注文もでき、運んでくれます。
このような日ですので、混雑することもなく、
会話を楽しみながら、限定ビールなどを楽しみました。

スタッフが一番飲んでしまいましたが、
楽しいひと時となりました。

もしも自分や家族ががんになったら [2016年07月04日(Mon)]
7月3日(日) 杉山絢子さんの講座がありました。

P7031241.JPG

混同しがちなことや誤解しがちなことを○×クイズで
わかりやすくお話していただきました。

延命治療に抱くイメージと、苦痛を取り除くための処置を
知ることもとても有益だと思いました。
何もかも拒否という考えもありますが、いくつもの選択肢があり、
がんの種類、場所、人によってケースは様々です。

P7031222.JPG

腫瘍内科の医師である杉山さんは、一般社団法人 CANnet代表で、
CANnetは、いろいろな専門家や、がん患者さんがや家族の方、
それぞれの経験や知識で力になってくれるところです。
ボランティアで活動している方たちの、笑顔に秘めた熱い想いも
ご理解いただけますように。
詳しくは、ホームページをご覧になってください。
地域新聞「ふりっぱー」に掲載されました [2016年06月23日(Thu)]
札幌市内や近郊の密着した地域情報が満載の
フリーペーパー「ふりっぱー」7月号に
この会のことが、紹介されています。

終活していますか?
という題で終活の必要性や内容など
代表と副代表が答えています。

こちらから 見ることができます。
臨時総会 [2016年06月20日(Mon)]
6月19日(日) 臨時総会を終えました。

会の監事の西原要吉さんが急逝されました。
今も信じがたく、にこやかな笑顔だけが思い出されます。
ありがとうございました。

認定NPO法人の規定もあり、後任の監事をできるだけ早く
決める必要がありました。
臨時総会を開き、監事の選任の承認を受けました。

会の顧問弁護士 斉藤健太郎さんから推薦をいただいた
市田勝さん(税理士)に引き受けていただくこととなりました。
「相続の味方」で税の相談もできます。

少し緊張されていた。市田(いちた)先生です。
よろしくお願いいたします。

P6191162.JPG