CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1時間の作業を頼んでみました。 | Main | グリーフケアを考える  絵本・童話からヒントを得て»
スタッフ研修会 「グリーフについて」 [2016年11月20日(Sun)]
11月20日(日) 今日は雨。明後日からは、雪になるようです。

今日は、横山聖美さんにスタッフ研修をしていただきました。
天使大学看護学科で教鞭をとりながら、看護師として勤務。
さらにグリーフピアカフェ札幌を運営されています。

3時間にわたり、グリーフ(悲嘆)を学びました。
横山さんも、ご自身の喪失体験をお話くださり、
スタッフにもそれぞれに喪失体験がありました。
死別の他にも職を失ったり、災害で家を失うこと
コミュニティを失うなども喪失体験です。
心理面・精神面での反応だけではなく、
身体症状として睡眠障害や食欲不振が現れたりもします。

自分たちの力の及ばないところではありますが、
必要としている人に、情報や語り場などをお伝えすること。
お話を聞くことなど、できることはあると思いました。

PB200791.JPG

PB200772.JPG

一般の方も対象にしたグリーフの講座をお知らせします。
出村百合子さんの講座を、11月26日に社会福祉センターで、
横山聖美さんの講座を12月11日に、社会福祉センターで予定しています。

グリーフという言葉は、聞きなれないものでも、
なにかしら失うことで、つらい状況にある自分自身を受け入れて
自分を癒す一歩になるかもしれません。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1230533

コメントする
コメント