CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
地域新聞に掲載されました [2017年06月23日(Fri)]
札幌市内で無料配布されている地域新聞「ふりっぱー」に
終活特集の取材を受け、会のことが掲載されました。

早速ふりっぱーを見て、無料配布している冊子
「知っておきたいこころの準備 葬儀とグリーフケア」
をもらいに事務所に来た方もいました。

先日から新聞などの掲載もあり、問い合わせなど
たくさんいただいています。



img002.jpg
北海道新聞に掲載されました。 [2017年06月19日(Mon)]
今日の北海道新聞朝刊の生活面に
会の代表理事 澤知里のインタビューが、
興味深人という記事欄に掲載されました。
今年20年を迎える会の活動に
会の考えなど紹介していただいています。

記事を見ていただいた方からの共感の電話、
お問い合わせなどいただいています。

IMG_4203.JPG
平岸霊園 合同納骨塚見学 [2017年05月25日(Thu)]
5月12日 お天気に恵まれ、地下鉄南平岸駅から徒歩です。
初めて行きましたが、気持ちのいい所だと感じました。
新しい合同納骨塚、一時預かりの納骨堂等を見学させていただきました。

18685291_1914700602108591_1241998680_n.jpg

18685348_1914700472108604_756177078_n.jpg

納骨の受け入れ申請に、埋葬する遺族が札幌市民であること。
このような文言が書き加えられていました。
長年、札幌市民として生活してきた人が、納骨できないことになるの?
こどもや親族が、ほかの地域に住んでいる方は、めずらしくありません。
札幌市に質問に行って、お話しを聞いてきます。
第17回 通常総会 [2017年05月23日(Tue)]
5月21日 札幌は、ライラックが咲いています。
遅咲きの八重桜につつじが咲き、チューリップや
ムスカリなど花がいっぱいです。

通常総会は、和やかな雰囲気に終了しました。
監査の市田税理士は、2回目の参加で、
「このような総会はめずらしい」とほめられました。

議長を引き受けていただいた会員の青木さんは、
「会は会員のために、会員は会のために。
何ができるか考えたり、提案していけたら会の存続にもつながる」
という言葉で締めくくっていただきました。
ありがとうございます。

P5210857.JPG

P5210864.JPG
冊子「葬儀とグリーフケア」無料配布中 [2017年05月12日(Fri)]
札幌も過ごしやすい季節になり、
大通公園の花壇も一段と華やかになってきています。

北海道新聞社社会福祉振興基金による助成事業で
昨年度、グリーフケアの講座を開催し、
A5判 31ページの冊子「葬儀とグリーフケア」作成しました。

冊子の主な内容は
グリーフをなぜ知っておいた方が良いのか。
傷つけるかもしれない言葉など気を付けたいこと。
グリーフの観点で葬儀で気を付けたいことや事例など。

P4080824.JPG

事務所や各種講座で 限定1000部 無料配布中です。

また不定期ですが、大切な人を亡くした方の
60歳以上を対象にしている集まりを行っています。
「茶話会〜大切な人と死別された方の集まり」 
今回は親との死別された方が対象です。
6月7日(水) 13時〜15時  定員8名
詳しくは事務所までご連絡ください。
講座「グリーフから見た葬送」新聞掲載 [2017年03月27日(Mon)]
今年度も残り少なくなってきました。

19日に行われた「グリーフから見た葬送」の講座内容が
今日の北海道新聞 生活面に掲載されました。
孝勝寺副住職 上川泰憲さんと会の代表の講座内容が
写真入りでてています。

IMG.jpg
講座「仏教と樹木」 [2017年03月12日(Sun)]
日差しが春らしくなり、雪解けが進んでいます。晴れ

日本で最初に「樹木葬墓地」を作った岩手県一関市にある知勝院
の住職 千坂英俊さんに「仏教と樹木」という演題で
禅と自然のかかわりをお話ししていただきました。

三大聖木
無憂樹(むゆうじゅ)お釈迦さま誕生の花
菩提樹(ぼだいじゅ)お釈迦さま悟りの木
沙羅双樹(さらそうじゅ)お釈迦さま入滅(にゅうめつ)の木

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者心衰の理をあらわす」
『平家物語』の冒頭の一節にもあります。
よく聞く菩提樹は、お釈迦様に関係する木だったのですね。

樹木葬の関心度が高く
知勝院での 樹木葬の方法 管理方法 契約など、たくさんの質問がありました。


DSC_0061.jpg



 
地下歩行空間で展示イベント [2017年03月01日(Wed)]
3月2日(木)、3日(金)
チカホの東側 出口3の近くで
11時から17時半まで、展示イベントします。

会の活動や、終活の情報など広く知っていただくため
パネルの展示、旅立ち衣装の紹介など行います。

無料の企画ですので、お立ち寄りください。
今日から3月です。
日も長くなり、お出かけしやすくなってきました。
お待ちしています。
ダブルケアを考える [2017年02月20日(Mon)]
日の出が早くなってきました。
気温は真冬日ですが、少しずつ春の気配を感じています。

会報NO.90にダブルケアの記事が載っています。
あまり聞きなれない言葉ですが、
育児と介護が同時におこなわれていることをいいます。

3月24日(金)13時30分〜15時  参加費500円
おしゃべり勉強会のテーマは 「ダブルケアについて」です。
育児だけでも大変なのに、そこに介護が加われば
想像を絶する大きな負担になるのは明らかです。
一日でも早く、サポート体制ができていくことを願います。

参加申し込みは事務所まで

今朝の北海道新聞の社会面に
スタッフの野嶋成美さんが実際体験した記事が載っています。

IMG_0001.jpg

野嶋さんのブログは こちらから






グリーフケア 新聞記事 [2017年01月31日(Tue)]
2017年一月最終日、明日から2月。exclamation&question
年が明けたらあっという間と感じるのは自分だけでしょうか。

去年の12月11日に行った
「大切な人を失ったときにおこること〜グリーフケアについて知りましょう」
天使大学看護学科助教の横山聖美さんが講師で行った講座内容が
新聞に載りました。

IMG.jpg

横山さんが行っている サポートグループ
「グリーフピアカフェ札幌」がありますが、
griefcafe.sapporo@gmail.com ( 連絡先)
対象者は10代〜50代です。

60代以上の方は、葬送の会で行っていますので、お問い合わせください。

| 次へ