CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年01月 | Main | 2011年03月»
プロフィール

若年認知症家族会・空知ひまわりさんの画像
若年認知症家族会・空知ひまわり
プロフィール
ブログ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加中
クリック応援
よろしくお願いします

<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/sohimawari/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sohimawari/index2_0.xml
リンク集

全国若年認知症フォーラムIN福岡 平成23年2月20日 [2011年02月28日(Mon)]
全国若年認知症フォーラムIN福岡






シンポジウム


地域のネットワークを広げるために


比留間ちづ子若年認知症社会参加支援センタージョイント所長

 若年認知症社会参加支援センタージョイント比留間ちづ子所長のコーディネーターにより、シンポジウムが開始されました。

 コーディネーター


 
パネリストとして、今回3名が発表しました。最初に、私達の家族会「空知ひまわり」の活動を事務局中村道人が発表させて頂きました。
 

空知ひまわりの実践報告 空知ひまわりの実践報告

空知ひまわりの実践報告 空知ひまわりの実践報告


 続いて、福岡天神オアシスクラブ中島七海施設長様が発表されました。

天神オアシスの実践報告 天神オアシスの実践報告

天神オアシスの実践報告 天神オアシスの実践報告


 最後に、若年認知症サポートセンター「絆や」恩塚浩史センター長が発表されました。

サポートセンター絆やの実践報告 サポートセンター絆やの実践報告

サポートセンター絆や恩塚浩史氏 サポートセンター絆やの実践報告





 それぞれの活動報告が終わり、コーディネーターより3名に対して質問がされました。

比留間ちづ子氏

 私達の家族会に対して、比留間ちづ子氏より「東京から北竜町に来られた際に、一番最初の町民皆さんの反応は如何でしたか」「若年認知症の方を支援する際に難しいと感じられたところはありますか」「実際に支援活動を通じてサポーターの皆さんが感じたこと、また、思ったところは」の質問を受けました。


天神オアシス中島七海氏 空知ひまわり中村道人



若年認知症サポートセンター小野寺淳志理事

 まとめ・閉会挨拶を行う、若年認知症サポーター小野寺淳志理事




全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会参加団体


 若年認知症サポートセンター(東京都新宿区)

 ゆうゆうスタークラブ(東京都新宿区)

 若年認知症社会参加支援センタージョイント

 若年認知症家族会彩星の会(東京都新宿区)

 愛都(アート)の会(大阪府大阪市)

 おおぞらかぞく(千葉県柏市)

 北海道若年認知症の人と家族の会「北海道ひまわりの会」(北海道札幌市)

 空の会(SKY) (新潟県南魚沼市)

 若年認知症サポートセンター「絆や」(奈良県奈良市)

 (社)認知症の人と家族の会兵庫県支部(兵庫県神戸市)

 若年認知症ぐんま家族会(群馬県前橋市)

 若年認知症グループどんどん(神奈川県川崎市) 

 若年認知症家族会空知ひまわり(北海道雨竜郡北竜町)

 おりづる苑せりがや おりづる工務店(東京都町田市)

 オアシス虹の会(福岡県福岡市)

 あゆみの会(広島県東広島市)

 朱雀の会若年認知症家族会(奈良県奈良市)

 特定非営利活動法人ぐるーぷ麦(神奈川県川崎市)

 認知症の人とみんなのサポートセンター(大阪府大阪市)

 目黒認知症家族会たけのこ(東京都目黒区)

 (有)イトーファーマシー沙羅グループ(三重県鈴鹿市)

 世田谷区社会福祉事業団ディ・ホーム太子堂(東京都世田谷区)

 認知症友の会(京都府宇治市)

 医療法人天仁会天久台病院(沖縄県那覇市)


 欠席された団体

 いきいき福祉ネットワークセンター(東京都)

 サルビアの会(滋賀県)

 りぼんの会(香川県)

続きを読む・・・
全国若年認知症フォーラムIN福岡 平成23年2月20日 [2011年02月27日(Sun)]
全国若年認知症フォーラムIN福岡



平成23年2月20日(日)



 「全国若年認知症フォーラムIN福岡」がふくふくプラザ福岡市市民福祉プラザふくふくホールで開催され、北海道から九州・沖縄まで、全国より関係者、一般の方々を含め約160名が参加しました。







立て看板 開催の挨拶をされる宮永和夫会長

 進行役 前田隆行氏

 若年認知症サポートセンター理事長宮永和夫氏の開催挨拶でフォーラムが開始されました。



厚生労働省老健局高齢者支援課認知症・虐待防止対策推進室係長桜井宏充氏
「国の若年認知症対策の現状」と題して、ご講演をされる桜井宏充氏。


 認知症の医療と生活を高める緊急プロジェクト、若年性認知症対策総合推進事業、地域包括ケアシステムなど、国の現在取り組んでいる事業報告がありました。




福岡大学 山田達夫教授
「最近の認知症診断・治療のトピック」と題して、ご講演される山田達夫教授


 今年3月発売される新薬の効用、認知症の病気の特性や病状、更には、認知症予防に力を入れられた安心院プロジェクトの取り組み、有酸素運動やグループワークの必要性、また、最新医療診断技術のお話などをされました。


桜井宏充氏 山田達夫教授

会場内 


 


 
ロビーでは展示コーナー、販売コーナーが設置され、各団体の活動が紹介され、大勢の皆さんがご覧になられました。


 

 

 
 
活動の様子、作品が出来上がるまでの内容など、会話が弾みました。

 

 



 休憩を挟み「若年認知症介護家族の健康調査報告」が首都大学東京健康福祉学部勝野とわ子教授より行われました。

首都大学東京 勝野とわ子教授


 

 


 勝野教授は、最後に家族介護者のストレス、睡眠時間、主観的健康は、被介護者のケアの場(在宅、施設間)において有意差は無かったと締めくくられました。







 勝野とわ子教授の報告書はこちらからです。 
続きを読む・・・
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会第2回全体会議 平成23年2月20日 [2011年02月26日(Sat)]
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会「第2回全体会議(その3)」



平成23年2月20日(日)



 平成23年2月20日(日)午前10時よりふくふくプラザ201号室で、前日の第2回全体会議の総括を行いました。協議をした結果、取りまとめたものはPDFのとおりです。





 また、会議の中では全国連絡協議会のあり方、今後の運営方法、会議の持ち方など、幅広い議論がなされました。

 

 

 
事務局の負担を軽減する方法などの議論も行われました。





 今後とも、お互いの会の情報共有・交換、それぞれの地域での活動推進、また、若年認知症への理解や社会保障制度の確立に向けて、更には、まだまだ普及したとは言えない家族会や支援機関の紹介など、情報発信をする取り組みを行っていくこととしました。



 

 

 

 

 

 

 

 
 
参加者の皆さんからは、それぞれが熱い想いで発言されました。
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会第2回全体会議 平成23年2月19日 [2011年02月25日(Fri)]
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会「第2回全体会議(その2)」



平成23年2月19日(土)


各班に分けられた課題はこちらからです。




グループディスカッションの様子
会議後半には、3グループに分かれてグループディスカッションが行われました。


 

 
 
A、B、Cの3グループに分かれて、それぞれの課題を協議しました。


 

 
 
どのグループも白熱した議論が続き、会場は熱気に包まれました。


 

 
 
それぞれの課題は、地域の特性、理解度など、まだまだ現在進行形にあります。


 

 
 
時間を忘れるほど、熱心に議論が続きました。



 

 
 
意見交換後、それぞれのグループより協議結果の「まとめ発表」がなされました。



 
 

 


続きを読む・・・
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会第2回全体会議 平成23年2月19日 [2011年02月24日(Thu)]
全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会「第2回全体会議」


平成23年2月19日(土)
 


 第2回全体会議が博多駅前ビジネスセンター5階株式会社九電工第2博多事務所で午後1時より午後4時45分まで開催されました。

 冒頭、宮永和夫会長よりご挨拶があり、昨年2月に全国組織が結成されたことの意義、まだまだ進んでいない若年認知症に対する社会的認識の普及、介護保険制度と自立支援制度の狭間にある若年認知症に対する社会保障制度、地域包括への取り組みなど、今後における制度の確立に向けて、お互いに情報交換、共有を図り、1歩でも2歩でも前進しましょう、とお話がありました。

 会議は、宮永和夫会長より「若年認知症の治療と支援」と題して情報の提供がなされ、新規参加者のご紹介、その後、昨年9月に東京で開催された第1回全体会議での協議事項に基づき、事前にいくつかの課題をアップし、それぞれグループ分けによって「グループディスカッション」が行われました。

ご挨拶をされる宮永和夫会長


 

 
 
第2回全体会議の様子です。


厚生労働省老健局高齢者支援課 桜井宏充氏 

 

 厚生労働省老健局高齢者支援課認知症・虐待防止対策推進室係長桜井宏充氏にも参加を頂きました。


 

 

 
全国より24団体、44名の参加で会議は進行しました。


 

 
 
皆さん、真剣な眼差しで当面する諸問題・課題について議論されました。


 

 
 
それぞれの想いを熱く話されました。

 


当日のレジュメはこちらからです。
 




宮永和夫会長「若年認知症の治療と支援」はこちらからです。





 福岡まで飛行機で移動した際、雲から頭を出した富士山を見ることが出来ました。

飛行機から見た富士山


福岡 天神オアシス訪問 [2011年02月23日(Wed)]
 
「福岡 天神オアシス訪問」 



平成23年2月19日(土)



 全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会第2回全体会議及び全国若年認知症フォーラムIN福岡の参加に併せて、、天神オアシスを訪問させて頂きました。福岡市天神の中心街(福岡ビル7階)にある事務所は、北竜町では考えられない立地条件にありました。


中島七海施設長と平原一寿介護リーダー

 ご多忙の中、対応をして頂いた中島七海施設長様、平原一寿介護リーダー様をはじめ、スタッフの皆様の温かい歓迎を受けました。本当にありがとうございました。


天神オアシス 天神オアシス
 
 介護リーダ平原さん 守田さんによる言葉の訓練

皆さんで考えます
 
訪問した際は土曜日でしたが、ディサービスが行われていました。言葉で頭の回転を促し、体操で身体を動かし、また、歌で声を出すことによって脳を活性化し、大変研究をされたプログラムでありました。


音楽に合わせて体操

 音楽に合わせて、約15分間連続して体操をされていました。



クラブでの作品 クラブでの作品

クラブの作品 クラブの作品

 クラブで製作された作品です。


現在、工事中の福岡ビル

 現在、工事中の福岡ビル

クラブの理念
天神オアシスの理念です。 


 
スタッフの皆さんの笑顔、利用者の皆さんの笑顔にパワーを頂きました。ありがとうございました。



天神オアシスのパンフレットは、こちらからです。 








太宰府手天満宮飛梅の蕾

 
太宰府天満宮にも行って来ました。


平成23年2月19日現在の飛梅(とびうめ) 本殿と飛梅



 
御神牛
 
藤原道真公が丑年生まれであることや、亡骸を乗せた牛車が止まった場所が現在の本殿であることなど、天神さまと関わりの深い牛を「神牛」として称えています。



九州は暖かいと思いましたが、それほどでもなく、少し寒いくらいの気候でした。 
「今日も絶好調」平成23年2月10日 [2011年02月22日(Tue)]
「今週の信さん」



平成23年2月10日(木)




「今日も絶好調」





いつもの前傾姿勢

 
今日も、絶好調の信治さんでした。



準備完了、早速開始です エンジン全開です

今日の調子は? バックハンドは・・・

フォアーハンドは・・・ 球を追います
 
いつものように、かけ声も出て、気合十分です。



しっかりと打ち返します

 
しっかりと球を見て、打ち返します。



真剣です 球をよく見ています

反射神経も・・・ 瞬発力も・・・

 
単調に見えるスポーツですが、1つ1つのプレーに意義があります。



集中力も・・・ 今日もバックハンドは好調

スマッシュが決まり、タッチを 自然と汗が出ます

 
今日も1時間以上、プレーをしました。


自信溢れる顔です
自信に満ち溢れています。
「卓球台を出します」平成23年2月10日 [2011年02月21日(Mon)]
「今週の信さん」



平成23年2月10日(木)



「卓球台を出します」






慣れた手付きです

 
福祉センターに到着後、卓球台を慣れた手付きで運びます。



長靴に履き替えます  これから卓球に向かいます

ご支援を頂く高島さんと 信治さんにとって安心な環境にあります
 
ご支援を頂く高島さんと、一緒に歩いて通います。



自分で卓球台を運びます
「干場功代表と一緒に」平成23年2月9日 [2011年02月20日(Sun)]
「今週の信さん」


平成23年2月9日(水)



「干場功代表と一緒に」




真剣です

 
2ヶ月ぶりの作業となった干場功代表も、真剣に製作されました。




久しぶりに干場功代表も陶芸を いつもご支援を頂いている、出家さん、大場さん

信治さんも一生懸命です 皆さんと仲良く

 
信治さん、干場代表と一緒に製作出来ることに嬉しそうでした。




笑顔が堪えません
いつもように、笑顔が堪えません。




熱が入ります

 
干場代表も作品作りに熱が入ります。


黙々と 時間を忘れて

お茶で休憩 お菓子を食べました

 
途中、おやつを食べながら、作業は進行しました。



本日の作品です
信治さん、本日の作品です。



自然と笑顔が出ます
充実した笑顔です。
「作品作り 陶芸」平成23年2月9日 [2011年02月19日(Sat)]
「今週の信さん」


平成23年2月9日(水)


「作品作り 陶芸」





前回の作品チェック

 
前回製作した作品のチェックをする、信治さんです。



点検中 気になることろが・・・

今日の作品に取りかかります 力が入ります

 
次は、いよいよ本日の作品の製作に取りかかります。



真剣です
今日は、ろくろを使用しませんでした。



集中しています 粘土が引っかかるため、爪切りを
| 次へ