CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「若年認知症サポートセンター」平成24年1月27日 | Main | 「空知ひまわり4周年」»
プロフィール

若年認知症家族会・空知ひまわりさんの画像
若年認知症家族会・空知ひまわり
プロフィール
ブログ
にほんブログ村
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
ランキング参加中
クリック応援
よろしくお願いします

<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログ内の記事に関する
 検索はこちらから▼
Google 
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/sohimawari/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sohimawari/index2_0.xml
リンク集

「深川市認知症ケア研究会」平成24年2月5日 [2012年02月11日(Sat)]
深川市認知症ケア研究会




平成24年2月5日(日)



独立行政法人長寿医療研究センター内科総合診療部長遠藤英俊氏

 深川市認知症ケア研究会第3回研修会が、深川市板倉会館で開催されました。 独立行政法人長寿医療研究センター内科総合診療部長遠藤英俊氏より「認知症について」のご講演がありました。



独立行政法人長寿医療研究センター内科総合診療部長遠藤英俊氏 



  認知症でご家族が在宅介護をする際、困った時や対応に苦慮している時など、いつでも相談出来る体制をその地域につくること、特に事業所マップを作成することによって地域全体が変わっていく、とのお話をされました。


 北海道では、既に本別町が実施している徘徊・見守りSOSネットワークや病院・事業所などと、それぞれの町にある地域包括支援センターとの連携(医療と福祉)など、誰かが発信し「やろう」とする意思表示をすることによって地域が変わっていくなど、詳細にご教示頂きました。



 




 認知症の方々を支えるためには、認知症の病気を知り、地域の方々の支援や見守りを通じてネットワークを構築し、その町にあった地域包括ケアシステム、定期巡回や随時対応型訪問看護・介護、複合型サービスなどと関わりをもち、多種多様な職種との連携を図っていくことが、今後の高齢化社会での町づくりに必要であると提言されました。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント