CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«広島出張III−(特)みはら介護はけんセンターまっぷ「Piano2」− | Main | 新人研修ーホスピス分野を説明するー»
プロフィール

さんの画像
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
最新コメント
濱崎 恵美男
バレリーナ、吉田都について (03/04)
NPOおかやま犯罪被害者サポート・ファミリーズ
「夢の貯金箱」より〜犯罪被害者支援ブログスタート! (05/27)
しおり
memento mori 広島2007速報 (04/24)
しおり
移民、という立場 (04/24)
しおり
移民、という立場 (04/24)
しおり
手紙ーWatch wiht Me 試写会ー (04/24)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/smile/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/smile/index2_0.xml
バレリーナ、吉田都について [2007年04月24日(Tue)]
見ている人は多いと思うけれど、私もNHKの番組「プロフェッショナル」が好き。
今日は英国を中心に活躍するバレリーナ、吉田都さんだった。
詳しくは番組HPへ。

ストレッチ、基礎練習、体力づくり。他人から見れば「過酷」な訓練の日々。
それでも、拍手をもらってお客さんがこれだけよろこんでくれているのだ、と思うと、またがんばろ、って思ってしまう。
プロフェッショナルとは、「戦い続けられること」だと吉田さんは言う。



そんな戦士の吉田さんが、若手ダンサーに対する接し方が印象的だった。
本番9日前、吉田さんの相手役が怪我のため、別の若手ダンサーが急遽登板することになった。
彼は練習を重ねて技を洗練させてきたが、前日になると緊張のあまり感覚がつかめなくなっていた。
本番前のリハーサルで、初めて吉田に不安を口にした。

「2幕って緊張しません?あのパ・ド・ドゥ。」
吉田は諭すでも、励ますでもなく、おちゃめに明るく答える。
「あぁもう、ステップとか考えないで(やってる)。」「愛のパ・ド・ドゥって感じで。」
41歳の世界的ダンサーが、27歳の若手に発した言葉なのに、
あえて先輩ぶらない。あえて「教える」立場をとらない。等身大の包容力。

数秒後、舞台裏に歩きながら言葉をつないだ。
「あぁでもわかる気がする。雰囲気がね。」「歌いながらやろ、歌いながら。」
若手ダンサーは思わず
「ありがとうございます」
と口にしていた。


自分と向き合うときは戦士でありながら、周りの人を包み込むことのできるダンサー、吉田都さんから学ぶことは多い。

私は、41歳になったとき、どんなことをしているんだろう?
どんな仕事のプロフェッショナルになっているのだろう。なれるのか?
「プロフェッショナルとは?」との問いに、なんて答えるんだろう。

今週もまた、一度はバレエに行こうと思った。

ーーーーー以下、NHKのホームページより、番組の概要ーーーーー

プロフェッショナル 仕事の流儀
 「自分を信じる強さを持て〜バレリーナ・吉田都〜」
午後10:00〜10:44
 世界的バレリーナ・吉田都(41歳)。29歳のとき、最高峰の英国ロイヤルバレエ団の最高位・プリンシパルに日本人女性として初めて就任、世界の観客を魅了してきた。昨年から日本のバレエ団に移籍し、東京とロンドンを往復しながら活動を続けている。今年1月には英国バレエ界のオスカーとも言われる英国批評家協会の最優秀女性ダンサー賞を受賞した。
 吉田の日常は、驚くほど地道で過酷だ。毎日変わらぬストレッチに、徹底的な練習。食事は夜の1回のみ。舞台に立つときも、「ジンクス」や「お守り」にあえて頼らない。必要なのは自分を信じる強さ、と言いきる。
 今年2月、吉田はかつて封印した、ある難役に挑んでいた。バレエの人気演目、「白鳥の湖」。背を大きくそる白鳥のポーズがもたらす腰への負担、そして初めてペアを組む相手とのコンビネーション。過密スケジュールの中、舞台は刻一刻と迫っていく・・・。
 知られざるバレエの舞台裏に密着。その華麗で過酷な「仕事術」に迫る。
 
[司会] 茂木健一郎、住吉美紀アナウンサー

[番組ホームページ] http://www.nhk.or.jp/professional/
コメントする
コメント
NHKの番組感動しました
あなたのようがな女性が日本にいることが、誇り思います。
バレーのことは、全くわからないのですが
メジャーで活躍していろ一郎選手のようですね
これからもお体に気をつけて御活躍を祈っています。
Posted by: 濱崎 恵美男  at 2011年03月04日(Fri) 21:46